FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

小渕内閣当時に導入された定率減税・・・
私たち庶民は、それで少しだけでも一息つけたのでした。
恒久的なはずだった定率減税をなんの躊躇もなく
潰してくれた自公政権・・・。

1円でも多く国民から搾り取ることだけに力をそそぎ・・
こんなに国民が困窮しているというのに・・
天下りのシステムは看板かけかえだけで断固保持。
そんな自公政権って・・・

素晴らしい政権なんでしょうか???
投票する価値があるんでしょうか???



人気blogランキングへ    FC2blogランキングへ
いつも応援をありがとうございます。できたらまたヨロシクです!

↓新鮮 国会生情報 産地直送↓
hosakanobuto 


定率減税・・・

ちょっと振り返ってみましょう。

2005年9月・・・

大増税時代の幕開け? 定率減税が廃止の方向に
http://ocnspecial.blogzine.jp/weekly/2005/09/post_0fd1.html

所得税や住民税の抜本的見直しに、消費税の引き上げ……。国の財政が悪化するなか、財務省では本格的に増税の検討に入っているが、そのなかで、まず定率減税の廃止が実施されることになりそうだ。

定率減税とは1999年に導入された税制措置のこと。その名のとおり、税額の一定比率分を差し引くというもので、以来、所得税は20パーセント(最高25万円)、住民税は5パーセント(最高4万円)減税されていた。家庭の税負担を減らすことで消費活動の活性化を図ろうとしたわけだ。

ところが、昨年暮れ、この廃止案が浮上。今回の総選挙(投票日:9月11日)の結果次第では見直される可能性もあるが、このまま小泉政権が続けば、2006年度から実施される方向で固まりつつある。いくら国が財政危機にあるとはいえ、いきなり消費税を引き上げたりしたら国民の反発を招くのは必然。その点、定率減税を廃止するというのは、 本来払うべき税金を払え!」ということなのだから、納得してもらえるはず……おそらく、国にはそんな思惑があるのだろう。

では、定率減税が廃止されると、どれくらい家庭の負担が増えるのか。これは家族構成および年収によって異なるが、夫がサラリーマンで妻が専業主婦、子どもが1人(小学生)という家庭の場合、年間の負担増は次のようになる。
・年収500万円:2.6万円増
・年収700万円:4.9万円増
・年収1000万円:9.9万円増
また、夫婦2人だけで子どもがいない場合は、これより若干負担額が大きくなり、単身者の場合は、年収500万円で3.6万円増、年収700万円で6.5万円増とさらにはね上がる。

これを見て「定率減税が廃止されても、今の年収なら、飲みに行く回数をちょっと減らせば何とかなりそう」と考えた人もいるだろう。ただ、そう思うのは早計。 「定率減税を廃止して増税への抵抗感を取り払ったら、次はより本格的な増税を」という狙いが、明らかに国にはあるからだ。

とりあえず、今回の選挙では郵政民営化の是非ばかりに目をやるのでなく、税制改革への取り組みなどもしっかりチェックして投票すべきだろう
  (文:国府田昌史)


(太字・色文字・下線・改行修正など by わんばらんす)


本来払うべき税金を払え!」・・・と言うのならば、

「本来暫定である税金を廃止しろ!」

しっかりチェックして投票・・というのは、今でも同じ、いつでも同じです。
いえ、ますます真剣にチェックをする必要があるのです。
悪法は、あれよあれよという間に、どんどん決まってしまいます。
福祉などはカメのように遅いけれど、税金の徴収だけは仕事が速い。
あっという間に「次はより本格的な増税を・・」の時期にきてしまっています。




お玉喜八アブナイから・・・
玲奈さんとむ丸号も、絶妙なばらんすで頑張ってるよ~!
現政権に「ノー」を突きつけるために・・。 


総選挙。自公落として明るい未来。!
       ( Saudadeな日々 Franciscoさん作成)

いのち 小


_______________________________________ by わんばらんす^^

人気blogランキングへ   FC2blogランキング

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 

暫定であるはずのガソリン税は数の暴力で継続し、恒久的減税であるはずの定率減税はさっさと廃止してますね。
自公政権の目が向かう先は我々庶民でないことはあきらかです。資本主義ですから彼等が金に媚売るのは仕方ないにしても、彼等を選んでしまったのは我々です。我々庶民は目先の利益ではなく、将来的な視点で全体の利益を考える人に政治を託すべきです。国からいくら持ってくるとかいう利益誘導の政治屋に票を投ずるのは、自分の首を絞めるのと同じ事に気付く人が増え、世の中を変えていける日が来るのを信じています。

2008.06.30 21:26 URL | まる出し馬鹿 #xsT9mNhE [ 編集 ]

最近は読むだけで、中々.コメントできませんでした、が、本日はどうしても・・。
支離滅裂ですが読んでください。

定率減税を廃止(全廃)した場合の負担額は、本当は、年収700万円、夫婦と子供(2人の場合)の家庭で年8万2000円の増税。年収1500万円なら29万円です。(http://www.nikkeibp.co.jp/archives/330/330703.html

財務省は半廃づつ2年かけて全廃されたことを悪用して、あたかも4万1千円しか負担が増えていないかのような説明をしました。(http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/zeigen.htm

【(定率減税廃止による所得税・住民税の負担額の変化)
年収700万円(夫婦+子供2人の場合)
16年(度)分の税額377,000円、17年(度)分の税額 418,000円  増加分41,000円

17年(度)分の税額 418,000円 18年(度)分の税額459,000円   増加分41,000円 】

財務省は1年ごとの変化しか記していませんが、本当は16年と18年を比較しなければなりません。当然、負担の増加分は8万2千円になります。

財務省は詰問されれば「ウソは記していない」と開き直るでしょうが、この書き方は人として許されない行為です。マスコミも16年度と18年度の比較は殆ど取り上げませんでした。、

そして挙句の果てに、国民年金の国庫負担分の3分1から2分1への引き上げの為の原資(ameblo.jp/warm-heart/entry-10037421903.html)になる はずだった『定率減税廃止分2兆3千億円)』がどこかに消えてしまったのです
(村野瀬玲奈の秘書課広報室 ガソリン税の話にからめて、コギトエルゴスムさんが定率減税廃止分の行方についてコメントしてくれた・muranoserena.blog91.fc2.com/?mode=m&no=586 )

そして、今現在、この「定率減税廃止分の2兆3千億円の行方」は日本国の最大のタブーになっています。

自公政権と大手メディアはそらとぼけて、今度は消費税を原資にしようとしています↓
http://muranoserena.blog9.fc2.com/blog-entry-755.html
コメント[C3929] [C3938]も参照ください!】

同じことをクドクドと書いてしまいスミマセン。
定率減税廃止の話になると許せないことばかりで怒りのあまり、冷静さを失います。
又、お便りします。

2008.07.02 04:14 URL | コギトエルゴスム #- [ 編集 ]

お返事、亀レスでごめんなさい!^^;

まる出し馬鹿さん
なにしろ、自民はともかく、たとえタテマエだとしても「平和と福祉の党」との伝播を憚らない公明党は何を考えているのでしょうか?恥知らずとしか言いようがありません。そして、信者さんたちが疑問をもたないところが、私たちには大きな疑問ですよね。洗脳というのは恐いものです。v-388

コギトエルゴスムさん
お久しぶりです。定率減税廃止‥酷い話ですね~。小渕さんもさぞや呆れているでしょうね。
>同じことをクドクドと書いてしまい‥
いえいえ、たくさん補足してくださって助かっちゃいます。逆にありがたいですよ。これからも、どんどん書いてください。v-398

2008.07.14 02:23 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/793-357875d9

富裕層の相続税率が低すぎる
富裕層の相続税率を上げるべきだと思います。 現行の最高50%(3億円以上の方に対して)は、一見高いようにも感じますが それでも単純に計算して1億5千万円は残ります。 実際は色々な控除でもっと沢山残ります。 格差社会と言われ国民の貧富の差は広がるばかりです。 ...

2008.06.30 06:31 | 政治

08年6月30日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
08年6月30日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 プメピネラ 1・家族間殺人{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

2008.06.30 20:32 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

スーダンの話(お玉の大きな勘違い)
やっぱ、この位置関係では、ポチ率がかなり下がるので・・ここに貼ろうっと・・さあ、明日は初の50位以下なるか?人気ブログランキングへ  ...

2008.06.30 22:06 | お玉おばさんでもわかる 政治のお話

骨抜き対応で国民を馬鹿にする社会保険庁問題
問題職員「正規」採用の例外規定は削除 年金機構の最終報告書  社会保険庁の年金部門を引き継ぐ「日本年金機構」の基本方針を検討してきた政府の有識者会議「年金業務・組織再生会議」は30日、最終報告書をまとめ、渡辺喜美行政改革担当相に提出した。懲戒処分歴の...

2008.06.30 23:17 | 現政権に「ノー」!!!

収入が最低生活費以下の人に課税するのは憲法違反じゃないですか
収入が最低生活費以下の人への公租公課の賦課は、憲法の要請(応能負担の原則・最低生活費非課税の原則)に、反しています。 介護保険制度創設には、数え切れないほどの問題点や、社会福祉・社会保障の理念を根本的に覆す企図があると指摘してきました。そうした視点のひ?...

2008.07.02 04:26 | 医療制度改革批判と社会保障と憲法