わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
平和・・・が嫌いな庶民っているんだろうか?
戦争を推奨するのは・・・かならず特権階級。
自分達は命令するだけで、行かなくていいからね。

そう言えば・・・
戦時下では暖かい部屋で地図を広げて、
そこに置いたコマを動かして戦略をたてる。
ブッシュ君たちもそうやってるんだろうな~。

人気blogランキングへ    FC2blogランキングへ
平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。
よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま~す!

らんきーお玉喜八アブナイから・・・
玲奈さんとむ丸号も、絶妙なばらんすで頑張ってるよ~!
現政権に「ノー」を突きつけるために・・。 



今日は、夜中の帰宅・・・。(汗)
なので、すみませんが、ご紹介だけですが、
この度の裁判に関わっていらした
天木さんの記事に強いメッセージがありました。

[公式] 天木直人のブログ
http://www.amakiblog.com/archives/2008/04/18/#000826

2008年04月18日
下された正義 ー
名古屋自衛隊イラク派兵違憲訴訟の判決と真の立役者

 
 17日、名古屋高裁は、4年余りに及ぶ自衛隊イラク派兵違憲訴訟を終えることとなる、歴史的な判決を下した。

 その事実関係や、下された判決の評価については、今日の各紙に取り上げられているのでここでは述べない。

 しかし、次の諸点だけは、どうしてもこのブログで強調しておかなければならないと思う。それは、この訴訟にかかわってきた一人である私の義務でもある。

  まずこの判決は、戦後の憲法9条(戦争放棄、武力の不保持)をめぐる数ある違憲訴訟の中で、政府が決定し、実施した自衛隊の活動が、たとえ一部であるとしても、「違憲である」と司法が明確に判断した、戦後初の画期的な判決であるということである。

 この点はいくら強調しても強調しすぎることはない。「画期的判決」、「歴史的判決」という言葉が平凡に聞こえるほど、大きな意味を持つものである。

 次に、私が注目したのは、判決文の周到さである。すなわち判決文は、たとえ政府と同じ憲法解釈に立ち、イラク特措法を合憲とした場合であっても、自衛隊の活動の一部、つまり航空自衛隊のバグダッド空港への多国籍軍の兵員輸送活動は、イラク特措法にも、憲法9条にも違反している、と断じたことである。

 首都バグダッドが、もはや戦闘地域であることは今では誰の目にも明らかである。また、空輸という名の後方支援が武力行使と一体であることは世界の常識(軍事評論家江畑謙介)である。
 
 福田首相、町村官房長をはじめとした政府関係者が、そしてその政府に加担する有識者が、この判決にどのような不快感を表してみたところで、その物言いに説得力はない。

 それどころか、政府側が反論をすればするほど、ごまかし続けてきた自衛隊のイラク派遣そのものの不当性が明るみになっていくのだ。物言えば唇寒し。反論しようがないのである。

 三番目に強調したいことは、市民が裁判官を動かしたという事実である。弁護士たちがするどく弁論し、学者が論理を提供し、そして市民の応援が彼らを支えるという形で、平和を願う市民の熱意と協力が、裁判官を動かしたのだ。

 この事は、裏を返せば護憲政治家に責任を迫ることでもある。そもそも政府の違憲的政策を阻止するのは政治の役目である。

 小泉元首相の「どこが戦闘地域か聞かれてもわからない」とか「自衛隊の派遣されるところが非戦闘地域だ」などというふざけた答弁を許してきたのは誰だったのか。そんな首相に好き放題をさせ、政府の違憲行動を阻止できなかった責任は護憲政治家、政党にこそある。

 今こそ護憲政治家は、この判決を追い風にして、一日も「早いイラクからの自衛隊撤収実現に向けて行動を起こさなければならない。
 
 最後に私が強調したいことは、終結した名古屋イラク派兵違憲訴訟の真の立役者は、この判決を下した青山邦夫名古屋高裁裁判長であり、その裁判長をささえた二人の裁判官であるという事である

 青山裁判長については、大学の教授に就任するために定年を2ヶ月残して3月31日付で依願退職しているから、このような判決が書けたのだと言う向きがある。

 しかし、そのような事を軽々しく言えるものは、自分の進退を賭けて行動する状況に追い込まれたことのない幸せな者だ。

 というよりも、自らを決してそのような状況に置こうとしない、保身に汲々とする臆病者だ。

 この判決は、裁判官を辞した裁判長であれ、これからも裁判官人生を送ることになる二人の裁判官であれ、彼らに一生ついてまわる。それを覚悟をした上での判決であった。その決断は重いものがある。

 2008年4月17日の終わった4年余りに及ぶ名古屋のイラク派兵違憲訴訟の主役は、数々の陳述を重ねた原告、それを弁護した弁護団、法的論理を展開した学者、そしてそれらを応援してきた市民たちである。その熱意が裁判官を動かした。

 しかし真の立役者は、この判決を下した裁判官に違いない。私は原告の一人として、そして国家権力の下で働いた経験のある元国家公務員の一人として、その勇気と決断に、心からの敬意を表したいと思うのだ。


(太字・色文字・下線・改行修正など by わんばらんす)

青山邦夫名古屋高裁裁判長さんと
その裁判長をささえた二人の裁判官さんに


感謝します!

総選挙。自公落として明るい未来。!
       ( Saudadeな日々 Franciscoさん作成)

いのち 小

_______________________________________ by わんばらんす^^

人気blogランキングへ   FC2blogランキング

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/718-32118267

危険で違憲な自衛隊派遣恒久法
今国会での提出は見送られたが、民主党の一部も巻き込んで成立が図られようとしている、自衛隊(海外)派遣恒久法。 私は、今回の名古屋高裁のイラク空自派兵違憲判断以前から、この種の法律は違憲であると述べてきた。 http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/910716...

2008.04.19 04:24 | 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう

【日記】電子投票判決(青山裁判長)、ネット規制、ラジオ感想など
今週、日経新聞を読んでいて目を引いた記事3つ。 一つは、4/17名古屋高裁でイラクでの航空自衛隊の空輸活動を憲法九条に違反すると違憲がでました。(今、記事を見ていたら、天木さん、原告だったんですね。)http://www.amakiblog.com/archives/2008/04/18/#000826 私?...

2008.04.19 16:06 | 散策ツー!

08年4月19日 土曜日 後期高齢者医療
08年4月19日 土曜日 後期高齢者医療  後期高齢者。昔の老人たちは医療費はあまり使わなかったと言われるが、人生50年と言われた時代から見ると日本人の寿命も30年以上も伸びたのだから医療費が若い者の10倍に増えても当たり前の数値だと思う。しかし其れすら想定でき?...

2008.04.19 20:44 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

【判例】イラク空輸違憲判決・名古屋高裁判決文(全文)
---- 上記の記事にあるように、17日に名古屋高裁が下した自衛隊によるイラク空輸業務に関する違憲判決について、ネット上ではトラバ先にもあるように判決文の要旨([http://www.news-pj.net/siryou/pdf/iraku-nagoyayoushi_20080417.pdf PDF])は出回っていますが、判決?...

2008.04.19 22:55 | ニッポンを改造するBYかんすけ

◆イラク派遣・違憲/判決要旨や各種声明など/裁判長のこと
 一昨日の自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の控訴審判決、全国に衝撃が走った。  政府は、裁判所のいったこと、と知らないふり。  「典型的な蛇足判決。裁判所による重大な越権行為。裁判官が個人的心情を述べているだけ」(=井上薫弁護士)  当初から加わっているもの...

2008.04.22 20:55 | てらまち・ねっと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。