わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人気blogランキングへ  FC2blogランキング  
平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。
よろしければ、クリックのご協力をお願いしま~す!
なんだか、イヤなのから追いかけられているなぁ・・・

らんきーお玉喜八アブナイから・・・
玲奈さんとむ丸号も、絶妙なばらんすで頑張ってるよ~!
現政権に「ノー」を突きつけるために・・。


文字は戦争と結びついた文化。
ヒトは誕生してから
長いこと文字を持たなかった。
むのさんによれば
その間は戦争の痕跡がないというのだ。

ブログめぐりをしていると、自分とぴったりの感性のブログに出会ったりする。そういう時はとても感無量になる。そのうえ、そのかたが自分よりも文章に長けていてすてきなエッセー風に書き上げてくれているとなおさら嬉しい。

戦争いらぬやれぬ世へ
戦争いらぬやれぬ世へ
昨日採り上げた「戦争いらぬやれぬ世へ」を検索していたら、またそんなブログをみつけた。このブログは、政治ブログというわけではなく、いろいろなことを「小動物的なカンを大事にしながら感じるさまざまなことをメモにしました。」と説明があった。これぞ、いつも私が言っている「人間は動物、だから動物的な本能で危機を感じてしまう。」というのと似ている感性だと思う。

上記の文章も実は私の文ではなく、そのブログのKATEKさんのものです。リアルタイムでのズレない話題も大事だけれど、それよりもなお大事なのは、人間としての基本の基本、「感性で感じる思いを綴ること」が大切なのだと強く思い、ここに紹介させていただきます。ぜひ、いらして・・・ほんわか癒されてください。

◆風を感じて話しませんか から

戦争いらぬやれぬ世へ 2007年 07月 21日
http://katek.exblog.jp/6137073/


そして、他にも私が心配していることを書かれています ・・・・・・
ことばが空虚になっていく・・・

日本の国会では、最高指導者たちが、ことばを巧みにあやつって、「誤魔化す」「しらをきる」という事を恥ずかしげもなくやり、しでかした事の責任をとろうとしないことが横行しているのに、そんなことを平気でやっている輩が、こともあろうに子供たちへの「教育」を臆面も無く論じている。私は本当に、これからの若者たちへの教育に悪い影響が出るんじゃないかともの凄く心配です。もうすでに影響は出ていると感じています。子供たちは大人の背中をみて大きくなるのに、その大人、それも国民の代表者である人々が「国会」で嘘をつき、人を陥れる。そんなものを日々見せられて、子供たちはどんな気持ちで見ているのでしょうか。何を信じていけばいいのか、何に希望を見出せばいいのか、きっとわからなくなるに違いありません。

その事でもエントリーを立てていらっしゃいます。全部では失礼に当たりますので、その部分だけを引用させていただきます。

ことばを奪うな。 2007年 11月 26日
http://katek.exblog.jp/d2007-11-26
~略~

ところで,今の国会をめぐる政治。
ここまでことばの意味やことばそのものを
台無しにしてしまうとは,
全くどうしようもない。

ことばを使うとき,おそらくお互いに
完全にはわかりきれないことは,
わかっていてもなお,
少しでもお互いの意味に近づこうとして,
そこで初めてことばのコミュニケーションがなりたつ。

反対にそういう手続きをとらない限り,
ことばは意味を失っていく。
こういう雰囲気は,ことばへの信頼を
若者からも奪っていくに違いない。
ことばに信頼が置けないということは,
ことばではないところで
何かを解決していくということと同じ。
これ以上,若者・わたしたちからことばを奪うな。


今の国会答弁は,
守屋前次官と,額賀大臣,首相,官房長官と,
どれも無責任なものばかり。
どこかで誰かが嘘をついていることは確かなわけ。
そして,怒りよりも脱力感が先に出て,
「まただよ。」といってすませてしまう
わたし自身や風潮をを感じる。
これが一番恐いことじゃなかったか。

日本の政治は責任の所在がはっきりしない。
丸山真男が書いたとおり。
これは戦争につながること。

もっともっと怒る持続力を持たないと危ない。
なんだか今の政治は,
わざと人民を政治から遠ざける方向にある。
わかるところからでいいから,
問題の整理と責任のありかを
考えるようにしなくちゃ。
なんて思ったりしています。

【関連記事】
「戦争と年次改革要望書」 ジャーナリズム編


言霊を汚したのは誰でしょうか?


衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

_______________________________________ by わんばらんす^^

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 

こんばんは、ココロさん。
>ことばが空虚に
このテーマに大きくかかわる話が、
janjanで、論じられてまして↓・・。
http://www.news.janjan.jp/living/0711/0711246140/1.php
テロ対策と裁判やメヂアという
デリケート&喫緊の問題ですが、
コメント欄で佐藤弘弥さんが、なかなか難しい提起を投げかけてはる。
これは批判せなアカンなあ、と考え中。

2007.11.28 23:30 URL | 三介 #CRE.7pXc [ 編集 ]

ココロさん、こんばんは。

確かにいいブログですね。紹介していただいてありがとうございます。さっそく秘書課の私的リンク集に入れました。

2007.11.29 00:18 URL | 村野瀬玲奈 #6fyJxoAE [ 編集 ]

三介さん
これもいろいろ考え方があって当然ですし、真剣な議論は必要ですね。難しいことはわかりませんが「ことば」を大切にしていきたいものです。心が反映されるものでなければならないと思います。そして、「ことば」こそ政争の具にしないで欲しいと思います。v-22^^

村野瀬玲奈さん
ありがとうございます。ね、いいですよね。私もあ~いう文章を書けたらいいなって思っちゃいました。っていうか、政治だけだと堅苦しいし、自然でいいですよね。v-22^^


2007.11.30 00:16 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

>政治だけだと堅苦しいし

(^^;;;;;;

堅苦しくてすみません(爆)

2007.11.30 01:16 URL | 村野瀬玲奈 #6fyJxoAE [ 編集 ]

玲奈さ~ん
あははっお互い様です! (^^;;;;;
なんとかしたいんだけど、つい政治になってしまうんだな~これが。v-394


2007.11.30 01:35 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

とってもあったかいコメント,ありがとうございました。これからもぜひ遊びにいらしてください。わたしもおじゃまさせていただきます。

2007.11.30 21:53 URL | KATEK #6s0l6ysA [ 編集 ]

KATEKさん
ようこそ。いらっしゃいませ!^^
KATEKさんのブログ、ちょっといいもんみ~つけた!って感じでした。こちらこそよろしくお願いします。v-22^^

2007.12.03 01:13 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/552-4ac73809

日本の企業負担は高くない
社会保障費や税金が増えるだけでなく、あらゆる物の値段が上がり出し、庶民の悲鳴があちこちで聞こえる今日この頃ですが、こんなご時世に企業減税を訴えるお気楽集団、経団連の会長が作戦を変更してきたようです。

2007.11.28 22:35 | そもそも どーなの?

額賀の強気は日にち間違い?&巨悪をあぶり出せ!
額賀が守屋発言による「濱田屋」同席問題で種々のアリバイを述べて出席・同席していないと否定しているのはどうもいたと言われている昨年の12月4日ではなく12月6日の間違いではないかという日付間違いが言われている。 確かに12月6日も濱田屋で守屋は飲み食いし...

2007.11.29 03:59 | kimera25

「最後の選挙」と小沢氏は言った そして東国原「徴兵制」発言
朝、何気なくテレビのチャンネルを変えると、画面には小沢一郎さんの大きな顔が。うん? と思ってなおも見ると、鳥越修太郎氏らを前に生出演でした。見逃した部分で何が話されたのかは分かりませんが、今、この時期のキーパー

2007.11.29 13:00 | とむ丸の夢

カナダ下院も日本政府に慰安婦謝罪要求
国立でむぱ研究室櫻分室さんから「韓国国会超党派議員が決議案を提出」というトラックバックをいただいて、はや数週間。韓国の方はまだ提出しただけで、東京新聞から引用された記事以上の情報はまだ入っておりませんが、カナダの下院では、日本政府に対する慰安婦謝罪要求...

2007.11.29 17:40 | 薫のハムニダ日記

元従軍慰安婦の訴えを聞きたがらない歴史修正主義の底にある考えを解剖してみる
前回の記事「ある先生の自問『私は南京大虐殺について教えるべきではなかったかもしれない』を読んで」の続きになります。 歴史修正主義の考え方の動機を少しでも理解してみようとするつもりで書いていますが、高崎経済

2007.11.29 21:57 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。