わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人気blogランキングへ
いつもクリック応援ありがとうございます~!
競り合っていた某政治家ブログ「山本なんたら・・」は
下のほうに・・。嬉しいです。感謝です!!!^^


ここ数日ランキングの全体的なクリック数が上がってるみたいですね。
いったい何が原因なんだろうか?FC2のほうまで上がっているように
思うんだけど、選挙が近いってことかしら?もしかしたら
気づいていないのは私だけ?原因知ってたら教えてくださ~い。^^;


■今、「日米軍事同盟」 の 実態を知るチャンスです! 


一寸先は闇・・・それが政治。

平和国家日本か・・・?
戦争国家日本か・・・?


このどちらを選択すべきだと思いますか?

先日、私は、「小沢さんを信じる」と書いたけれど、政治家としての小沢氏は信じるに値すると思う。信念のある政治家として・・ね。だけど、政治は生きていて、日々アメーバーのごとくうごめいて変化していて、素人の一般庶民が把握できるわけはないんです。議員さん達でさえ判ってないんじゃないかな?だから、私なんかなおさら日々悶々としているに決まってるじゃない。でも、いつも行き着く答えは「自公打倒!」でしかない。「自公打倒!」するには、どうすればいいのか?ただそれだけ。それには、時系列で基本的な事実を知っておく必要もある。そして、刻々と変化する事態に即して判断していくしか、庶民の私たちにできることはないんですよね。ある意味、政治って株式よりも目を離せない怪物なのだから・・・。

真の政党政治とは、憲法9条改憲の是非、すなわち日米軍事同盟をこのまま一気に強化させていくのか、それともここで踏みとどまって米国から自主・独立した平和外交に舵を切るか、その根本問題に沿って正面から国会論戦ができるような政治状況にならなければ嘘だ。

・・・と、天木直人氏は書いている。

◆天木直人のブログ から

2007年10月16日
いまこそ日米軍事同盟の実態を直視する時だ(後編)
http://www.amakiblog.com/
archives/2007/10/16/#000569

2007年10月15日
いまこそ日米軍事同盟の実態を直視する時だ(前編)
http://www.amakiblog.com/
archives/2007/10/15/#000568


日米軍事同盟そのものが違憲なのに・・・
なぜ、それを誰も言及しないの???


自衛隊―変容のゆくえ (岩波新書 新赤版 (1082))という本のまとめを、
天木氏が記事に書かれていたので、そこだけ抜き出してみた。

自衛隊―変容のゆくえ (岩波新書 新赤版 (1082))  冷戦構造を前提に作られたこの日米安保体制は、しかし、1989年の冷戦終結とともに根本的に見直される必要に迫られた。そしてこれに対応する米国の動きはすばやかった。

  1993年に発足したクリントン政権は「ボトムアップレビュー」と呼ばれる「軍事力と基地配置の全面的な見直し」をはじめる。
  1995年2月、クリントン政権の国防次官補ジョセフ・ナイ(国際政治学者)はナイ・リポート(イニシアティブ)と通称される文書を公表し、「日米同盟はアジアのみならず世界の平和と安定の維持という広範な利益をもたらしている」事に言及し、冷戦後の日米同盟のあり方について日本側に見直しを迫る。
  1996年4月、来日したクリントン大統領と橋本龍太郎首相との首脳会談で、「日米安全保障共同宣言―21世紀に向けての同盟」が発表される。この宣言は、ナイ・イニシアティブに沿って、地理的範囲を取り払った共同行動への移行宣言であった。つまり本来ならば安保条約を見直すべきところを、政策決定の形で安保再定義を行うという超法規的ごまかしの始まりであった。

  同時にこの宣言で1978年に合意された「ガイドライン」(日米防衛協力のための指針)の見直しをはじめる事に合意する。
  1997年9月、「新ガイドライン」の最終報告が両国政府に報告、了承される。この新たな文書の中で、唐突に、「日本周辺における事態=周辺事態」という言葉が現れる。この周辺事態の概念は、地理的なものではなく、事態の性質に着目したものであるという、最後まで曖昧なものである。
  1998年4月、「新ガイドライン」の実効性を確保する為の「周辺事態法」が閣議決定され、直ちに国会に上程される。
  1999年5月 周辺事態法が成立。国会審議の過程において政府は最後まで周辺地域の地理的特定には応じようとしなかった。法案には自衛隊による米国軍への後方支援もあわせ定められた。交戦中の米軍を後方支援することは憲法に違反することはないと、政府は突っぱり続けた。
  2000年11月、船舶検査活動法成立。周辺事態法でいう後方支援活動の中に、政府は当初外国船舶の臨検も含めようとした。しかしこれは「国の交戦権」の行使に触れるきわどい支援活動であったため、国会論戦を切り抜ける自信がなかった政府は法案から一旦外した。しかし米国からの強い要請に抗しきれず翌年、名前を「臨検」から「船舶検査活動」に変えて成立させた。
  村山、橋本、小渕、森の間に進められた一連のわが国の防衛政策の対米従属の動きは、小泉首相の5年半で完成された。そしてその間に9・11が起きて、米国が終わりのない「テロとの戦い」に突入して行った。ブッシュ政権は米軍の再編を進め、在日米軍の再編と自衛隊の従属を小泉政権に求めてきた。小泉首相はこれをすべて丸呑みした。
  2001年10月、テロ対策特別措置法成立
  2003年12月イラク人道復興支援特別措置法成立
  2005年10月29日、日米安保協議委員会(いわゆる2プラス2)で「日米同盟:未来のための変革と再編」文書が採択される。これは「テロ」と戦う米国の米軍再編に対する全面的協力であり、95年のナイ・リポートから始まる「安保再定義のフナーレ」である。本来ならば安保条約改定、憲法9条改憲という形で国会、国民の前で議論さるべき歴史的一大事を、政府間の合意文書で応じてしまった。

  小泉首相が完成させた米軍への従属への置き土産は、安倍政権になって2007年1月9日、自衛隊法の改正という形で実現される。これは表向けには防衛庁の防衛相への昇格であるが、その実態は自衛隊の海外活動を「公認」し、さらにそれを「本来任務」としたことであった。
  もはや日米政府に残された課題は憲法9条の破棄だけである。しかも9条改憲はもはや急ぐ必要はない。憲法9条の下で、憲法9条を完全に否定する事を粛々と進めていけばいいからだ。大手を振ってどんどんと憲法9条違反が積み重ねられていく。もはや憲法9条が有名無実となり、皆があきらめた時に論争なく改憲すればいいのだ。

  今の国会議員の中から一人でもいい。現れてくれないだろうか。憲法9条を掲げて日米軍事同盟のこれ以上の進行を食い止める事の出来る政治家が。斉藤隆夫や石橋湛山の如く、その言葉で平和を訴え、米国からの自立を国民の心に共振させる事のできる最強の護憲政治家が。 


(太字・色文字・下線・改行修正など by わんばらんす)


今、国民はこのことを改めて思い出し・・・
自国の一大事であると認識すべきです。
どこにでもいる一般庶民の一人一人が自分の力で
「真の平和」を取り戻すことを考えたい。

それは・・・
まさしく有権者が真剣な1票を投じることです。




衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

        
人気blogランキング   FC2blogランキング

◆ トラックバックピープル「自民党」 ← 自民党についてのエントリーを集積♪
◆ 【オルタナティブ道具箱】          ← 必見♪ 真実の情報の宝庫です。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.10.21 09:46  | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.10.21 15:09  | # [ 編集 ]

こっちにも。
エエと、こないだ検索していたら、偶然、
「神奈川の基地と米軍再編 調査レポート」
050530というのがヒットしまして・・。
http://www.jcpkanagawa.jp/seisaku/images/050530.pdf
凄く詳しい、いい資料やな~、と感心しました。
首都圏で、こんなに基地があるン化~。
基地の事故や米兵の起こす事件で困っているのは、沖縄やヒロシマだけやないんや。
米軍の飛行機、落ちたりもしてたんや!等々。
大阪という田舎モンの僕がほとんど知らないことばかり・・。
そっちではそんなの常識ですか?

2007.10.23 00:43 URL | 三介 #CRE.7pXc [ 編集 ]

三介さん
お~~~っ。これはいい資料ですね。^^
関東では、各施設まで細かくは知らないんだけど、「座間基地、横須賀基地、厚木基地・・・」と、ま~これくらいは、誰でも知っているわけです。意識している人は、だけどね。だから、騒音被害やら何やらかんやらと、いろいろ問題はあるわけで、その基地のおかげで、東京の空は米軍が大きくぶんどっていて、日本の旅客機は自由に飛べないのです。ようするに、空間まで日本は米軍に乗っ取られているわけです。ただ、単に騒音だけじゃないし、私にはそのほうが許せないです。v-389

2007.10.23 01:41 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/506-33f27e1a

報道されなければマスメディアに文句を言って報道させる。審議されなければ国会議員に文句を言って審議させる。民主化運動はこれの繰り返し。(日米規制改革要望書と共謀罪の報道の不在に思う)
(人気blogランキング参加中。)前のエントリーでお知らせしたように、今年の日米規制改革要望書(2007年10月18日付け)がアメリカ合衆国通商代表部(Office of the United States Trade Representative, USTR)のホームペ

2007.10.21 03:09 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

ホームページ
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページこちらもご覧ください。また、ホームページまたはブログをお持ちの方は、もしよろしければ、ご自身のHPまたはブログの「リンク」や「お気に入り」などに当ホームページへのリンクを加えてください。宜しく....

2007.10.21 03:46 | 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ

戦争は終わってない
1.「軍命は無かったと署名してくれ」...沖縄集団自決(強制集団死)の事実 鳥居正宏様がご自分のブログで、フォト・ジャーナリストの森住卓さんが 沖縄での集団自決について配信されたレポートを紹介されている。 涙なしでは読めないくらい凄絶な内容だけど、これがわずか6

2007.10.21 04:30 | Saudadeな日々

米兵強姦事件 揺らぐ治安、募る不安 広島・岩国
 米兵強姦事件 揺らぐ治安、募る不安 広島・岩国 米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)の米兵4人が広島市内で19歳の女性を集団で強姦(ごうかん)した事件が明らかになり、広島市や岩国市では不安や怒りの声が上がった。米軍再編に伴う空母艦載機移転が実現されれば、同

2007.10.21 08:31 | 未来を信じ、未来に生きる。

沖縄で初の抗議集会-米兵の女児暴行事件
 「黙っておれぬ」 沖縄で初の抗議集会-米兵の女児暴行事件(1995年09月23日)  沖縄駐留米兵三人による小学生女児暴行事件で二十二日夕、同県婦人連合会(赤嶺千寿会長、約四万人)主催の抗議集会が那覇市内の小学校体育館で開かれた。事件後、初めての抗議集会で、参

2007.10.21 08:31 | 未来を信じ、未来に生きる。

あえて「B層」とか「愚民」などという言い方をしたくない理由(3):少しずつでも有権者は「劇場型選挙」から脱しつつある
 「大衆」とか「B層」と言われ、(特に「反自民」「反市場原理主義」の立場の人たちから)批判を受ける人たちがいます。 私もそういった人たちに対して、批判的な言説を展開してきました。 しかし、そういった人たちに

2007.10.21 09:42 | 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)

帝国主義とグローバリゼーション
19世紀以降に、帝国主義という思想・政策のもと、他国を軍事的に侵略し植民地にするという国際情勢があった。1980年代に新自由主義という概念が台頭し、それまでインターナショナリゼーションと呼ばれていたものが、1980年代後半頃からグローバリゼーションと....

2007.10.21 13:05 | 現政権に「ノー」!!!

「蟻の法則」でブログ論 ・・・ってほどでもないがw 
人気ブログランキング ← に参加中です! ポチっと応援募集中です♪ ↑ 全盛期の半分くらいになっていますね~w 政治の事書くブログって難しいのねww蟻の世界もこの間...

2007.10.21 14:40 | らんきーブログ

教育は金だ(亀田ではない)という米国型教育のコピーでいいのか?
素朴な疑問である。米国型の功利的教育というのはそんなに素晴らしいのか?アメリカの切り捨て型医療制度とはそんなに優れた制度なのか?人を殺してまで金持ちになる社会がそんなに素晴らしいのか?弁護士を増産し訴訟社会を製造するのがそんなに良いことなのか?あらゆる手

2007.10.21 15:16 | kimera25

いわゆる「民主的」と自称するブロガーの人権感覚。『彼の「痴漢ごっこ」の性癖もかなり広く知られているようです。。。』の無神経伝聞(笑)
 対象エントリーの全文は末尾に採録。 また、彼の「痴漢ごっこ」の性癖もかなり広く

2007.10.21 16:45 | 雑談日記(徒然なるままに、。)

07年10月21日 日曜日 今日のテロップと会計検査院
07年10月21日 日曜日 今日のテロップと会計検査院1・今日の報道2001の関東四府県の投票予定    2・報道2001のテロップ二つ。与謝野さんのつぶやき・自民党の2025年度に必要となる増税額の見通し。 {/arrow_r/}(ここをクリック)3・会計検査院が初めて省庁の随時契約を

2007.10.21 19:12 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

マスメディアに「いちゃもん」
(人気blogランキング参加中。)「かめ?」のgegengaさんからコメントで、『いちゃもんはもっと下品につけましょう!「クソ」とか「ケツの穴」などの言葉を多用すると、言語指導の方が現れて面白いですよ。』というご指

2007.10.21 20:09 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

グローバリゼーションは完全なダブスタ。「貿易の自由化」も「民営化」も搾取のための詭弁
今回は、『世界に格差をばら撒いたグローバリズムを正す』(ジョセフ・E・スティグリッツ著)を手がかりに、グローバリズムに苦しむ世界の動きを紹介する。{/face_warai/}続きを読む前にクリックで応援おねがい!    ↓         ↓         ↓  まず

2007.10.23 02:20 | にほん民族解放戦線^o^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。