わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人気blogランキング  
平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。
いつもクリックしてくれてありがとうございます!<(_ _*)>



■ビルマ(ミャンマー)国民のために日本ができること と 言論封鎖

どうしても、ミャンマーの情勢が気になります。このような軍事政権がどれほど民衆を苦しめているのかを、もっと国際社会全体で考えるべきです。イラク政府が倒れて以降、圧制に苦しんでいるのは北朝鮮だけじゃないということを改めて感じました。世界にはまだまだたくさんあるのだということを。悲惨な戦争を経験した日本が世界のためにできることは、軍事政権へなんらかの制裁措置をとり、対話での抗議をするべきです。これこそが国際貢献であると思う。

何の罪もない一般人が、瞬時に射殺される。これが軍を野放しにした結果です。これは、自由の国と称するアメリカも現にやっていることですが、特に軍事政権というのは、軍部が政権を握っている。当たり前だけれど、これは普通の国家の姿ではない。平和時には、あくまでも国を守るという名目の軍隊ですが、思い上がった軍部が政府を乗っ取り、結果一人歩きした成れの果てが軍事政権だと、私は思っています。

かつて、日本の軍部も天皇直属の機関という驕り(おごり)から、天皇という名の下に好き勝手に暴走した挙句に戦争が拡大し、死ななくても
いい大勢の命を犠牲にすることになったのです。遠い昔から、天皇は「錦の御旗」として使われ、NO!と言えない軍隊にとって都合の良い道具だったのです。ようするに天皇という存在は「水戸黄門の印籠」のように使われてきたに違いないと思っています。

また、話がそれて行きそうなので戻しますが・・・

今回のミャンマーの情勢でも、新聞、テレビの報道をそのまま鵜呑みにはできません。たとえば、新聞の写真一つとっても、毎日新聞と東京新聞以外は、長井さんの倒れている部分をわざと切って載せていません。長井さんの写真を外すことに何の意味があるのでしょうか?その意味は私にはわかりませんが、このように微妙に操作されていることを考えると、何か理由があるはずですから、本文のほうも信頼性に欠けると思ってみたほうがいいと思います。

これは、国際的にはかろうじて民主主義だと名乗っている日本でも、こうした操作が行われるわけで、軍事政権国家が、こういう非常事態に陥ったときには、ある種当然であろう情報操作や言論弾圧がすでに始まっているわけです。


その一部は・・・
「インターネットと電話の封鎖」です。



ミャンマーでも、すでに始まった模様です。これは特別なわけではなく、どこの国でも必ず行われることです。国民を圧力で統制したいと考える政権であれば、国内が混乱していない平常時でも、権力者たちは、国民への情報封鎖をしたくてたまらないものなのです。今の日本でも着々とそれらの準備が行われています。


◆人工樂園 から 全文転載させていただきます。
英文を日本語訳してくれていて、現場の声が伝わってきます。
本当に、真実を知るためには、とてもありがたいことです。

__________________ 転載開始 ___________________

【ビルマ情勢】現地からの声
http://niphonese.jugem.jp/?eid=322

 人によってビルマだったりミャンマーだったりとややこしいのだが,とりあえず旧称のビルマとしておく。軍事政権によるミャンマーという呼称は,少なくとも現時点では民主的な正統性を欠いていると思うので,旧称に従っておいた方が無難だろうというごく消極的な理由である。

 この国が今なかなか大変なことになっていて,日本人ジャーナリストが死亡,あるいは殺害されたりしていることは周知の通りだが,この緊迫した情勢について,BBC NEWSの"Accounts from inside Burma"が,現地市民から寄せられた多数のEメールを掲載して,現状を知らせてくれている。

 以下,私の目にとまったいくつかの文章を,エキサイト翻訳を手直しした拙訳とともにご紹介してみたい。浅学につき訳文の精度は保証の限りでないが,大意は捉え損なっていないと思うので,ご一読の程を。

●Anonymous Rangoon resident (THURSDAY, 27 SEPTEMBER)

At about 12:30 the whole street was filled with demonstrators. Then the soldiers started to shoot and use tear gas and then they charged with batons and took away some of the protesters. I heard that one person was killed. The crowds were yelling at the soldiers "your task is not to kill us citizens".

12時30分頃,通り全体がデモ参加者でいっぱいになりました。すると兵士たちは発砲と催涙ガスの使用を始め,それから警棒で打ってかかり,デモ参加者の一部を連れ去りました。ひとりが殺されたと聞きました。群衆は兵士たちに「お前たちの職務は,私たち市民を殺すことではない」と大声で叫んでいました。


●Anonymous eyewitness, Rangoon (THURSDAY, 27 SEPTEMBER)

I live near the Ngwe Kyar Yan monastery in south Okkalapa. They came to the monastery last night. Only 20 monks escaped out of 200. One monk from this monastery passed away at the demonstration yesterday. The soldiers came at the middle of the night and beat up the monks. The head monk and the other 19 escaped. They beat the monks and loaded them onto a truck like animals. We could hear gunshots, screams and shouting. Soldiers shouted that they are not just going to shoot in the air, but also on people.

私は南OkkalapaにあるNgwe Kyar Yan僧院の近くに住んでいます。昨夜,彼らが僧院にやって来ました。200人のうち,逃げた僧は20人だけです。この僧院の僧侶のひとりは昨日のデモで亡くなりました。兵士たちは夜中にやって来て,僧侶たちを殴打しました。僧院長と他の19人は逃げました。兵士たちは僧侶たちを殴り,彼らを動物のようにトラックに乗せました。銃声や悲鳴,叫び声が聞こえました。兵士たちは,われわれは空中に発砲するだけでなく,人も撃つのだと叫びました。


●B L, Rangoon (FRIDAY, 28 SEPTEMBER)

Now all the internet connections and phone lines are cut. The government worries that we will send evidence of their terrible acts to the outside world. Our people are sad and angry with this government. We are all suffering from their terrible rule. But we don't have the capacity to do anything against them. If we do something, we will be killed and our families will suffer. We don't have any choice, because we are born in Myanmar (Burma). We know it will be over one day. We only wish this day will come soon.

現在,すべてのインターネット接続と電話回線が切断されています。政府は,蛮行の証拠を私たちが外の世界へ送るものと恐れているのです。私たちの同胞はこの政府を悲しみ,憤っています。私たちは皆,政府の暴政に苦しんでいますが,彼らに対して何もできません。何かすれば私たちは殺され,家族が苦しむことでしょう。ミャンマー(ビルマ)に生まれた私たちにはいかなる選択肢もないのです。私たちは,いつの日か終わりが来ることを知っています。その日が早く来ることを願うばかりです。

 最後のメッセージにもあるように,軍事政権は現在インターネット回線を遮断する挙に出てきたようで,大使館や企業などを除き一般市民はアクセスできなくなっているとのことなので,今後,上のような現地からの報告は減ってくるに違いない。



 【追記(22:06)】上の記事を投稿後,BBC NEWSの"Accounts from inside Burma"に新たな更新があり,さらに数通のメールが追加されている。その中から1通,これまた非常に重いメッセージなので,拙訳と共に掲げておきたいと思う。

●Anonymous international resident, Rangoon (FRIDAY, 28 SEPTEMBER)

People seem to be determined to continue, despite the bullets, beatings and killings. I hear right now that shooting is still going on near our office. What we need from the international community is not just discussion on sanction or verbal pressure. Defenceless citizens are risking their lives simply to make their voice heard to live in a country free of oppression and extreme poverty, which they have been enduring for the past 19 years. Now is the time for the international community to take action.

人々は銃弾や殴打,殺害にもかかわらず〔抗議行動を〕続けようと決心しているようです。ちょうど今,銃撃が私たちのオフィス附近で続いているのが聞こえます。私たちが国際社会から必要としているものは,単に制裁か口頭の圧力かと議論することではありません。無防備な市民たちが,抑圧と極貧のない国に生きたいがために,ただただ自らの声を届けようと生命の危険を冒しているのです。過去19年間,市民たちは抑圧と極貧に耐えてきました。

今は国際社会が行動するときです。




 軍事政権の通信・メディア規制については,BBCのこちらの記事がとりあげている。在英ビルマ人ブロガーによれば,今やネットも携帯電話もダメで,たまに固定電話がつながる程度だとのこと:


London-based Burmese blogger Ko Htike said he is getting nothing over the internet from his contacts in Burma and that he can no longer reach them by mobile phone.

He told the BBC News website that he can occasionally reach people in Burma on landline telephones, but even this is sporadic.


__________________ 転載終了 ___________________

日本でも、このまま軍事大好き政府に国政を任せて、アメリカの軍事を手伝うことを続けるためだけに軍備を増強させていては、どんどん軍事大国になっていつどこで暴走するかわかったものではありません。防衛省に格上げしただけでも、防衛庁のときには出来なかったことが容易にできるようになってしまっています。

「防衛大臣」は、防衛庁長官とは権限に雲泥の差があるのですから・・・。


【関連記事】
ジャーナリスト長井健司さん、至近距離から兵士に銃撃され死亡!





衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

        
人気blogランキング   FC2blogランキング

◆ トラックバックピープル「自民党」 ← 自民党についてのエントリーを集積♪
◆ 【オルタナティブ道具箱】          ← 必見♪ 真実の情報の宝庫です。

どうもどうも。拙文をご紹介いただきまして恐縮です。

またちょっと更新しましたので,是非ご覧くださいませ。BBCの投書欄はだんだん読むのをやめられなくなってきましたね。

更新分には出してませんけど,在オーストリアの人からのメールが紹介されていて,一応ネットは復旧しているそうですが,YouTubeとかブログとかはダメらしいです。Googleチャットで20分ぐらい現地とやりとりできたけれども,突然切れたと書いてあります。

デモ参加者の写真を撮ったりもしているそうですし,これから関係者の逮捕とか,中国の天安門事件のときのようなイヤなことがあるんでしょうね。

2007.09.30 22:03 URL | Niphonese #lkVMYx.U [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.09.30 23:17  | # [ 編集 ]

Niphoneseさん
こんばんは。^^
いえいえ、こちらこそ、貴重な訳をありがとうございます。マジにとってもありがたいです。ネットの復旧はニュースでもみましたが、これも世界にむけてのパフォーマンスの一部でしょうね。まだまだ良い方向にはいくわけありませんから、いろんな暴発があるでしょう。恐いです。v-388

管理人のみ閲覧さん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。同じ目的をもった仲間ですから、これからもよろしくご指南ください!v-398

2007.10.01 00:25 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

「ビルマに自由を!」について

私達、国境を越えたブロガー達は、ビルマの平和的な革命を指示するための活動 をしています。
ビルマの皆さんの平和と自由を願うために、ぜひ、署名のご協力をお願いします。
何の武器も持たず、残酷な軍事政権と戦っている彼等に、私達の共感を示し、応 援しましょう。

そして各々のブログに、10月4日(木)に、バナーの掲載と「Free Burma!」(ビ ルマに自由を!)の言葉を、アンダーライン付テキストでポストするキャンペー ンを計画しています。

http://www2.free-burma.org/graphics.php

2007.10.02 10:47 URL | Free Burma #- [ 編集 ]

Free Burmaさん
こんにちは。どなたさまかは存じませんが(笑)、お知らせありがとうございました。エントリー本文でも紹介させていただきました‥。できるだけ多くのブログで掲載してくれるといいですね。v-22^^

2007.10.03 11:11 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/482-446bc0c4

ビルマ(ミャンマー)の情勢を悲しみをもって見ながら、軍隊と独裁政権は民衆を守らずに自己の暴虐を隠そうとするものだとあらためて確信する。
(人気blogランキング参加中)前回のエントリーに続いて、ビルマ(「ミャンマー」は軍事政権による呼び名)での、軍政による民衆への弾圧の件です。まず、駐日ビルマ(ミャンマー)大使館に電話してファックス番号を尋ね

2007.09.30 00:50 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

誤解の解き方
「無期懲役といっても刑期が決まっていないだけで、7年もすれば出てくる。日本は終身刑もなく犯罪者に著しく甘い」といった発言に対し、「たしかに、無期懲役は終身刑ではないが、無期懲役の平均は21年6ヶ月だ」などと言って反論している人をときどき見かけますが、こういう

2007.09.30 04:44 | 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ

紙面から 沖縄 アベ 郵政
 日曜の朝、遅い朝食を済ませて新聞を見ると、第1面に大きく「沖縄11万人『検定撤回』を」の文字。昨日のテレビでも、広い会場をぎっしり埋め尽くした様子が映し出されていました。 あの自公推薦で沖縄知事選を制した仲井間

2007.09.30 14:06 | とむ丸の夢

07年9月30日・日曜日  沖縄11万人抗議行動
07年9月30日・日曜日  沖縄11万人抗議行動 01 沖縄が動き出した。教科書のなかから日本軍が集団自決を強制したと言うことを削除した為だ。 私たち戦時の人間は、当時の教育では辱めを受けるなら自決せよとの教育を受けている。だから沖縄では大変を通り越した経験をさ

2007.09.30 17:19 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

価値を生む力
自由主義国の力の源泉を考えてみる。

2007.09.30 19:16 | 日比野庵 本館

日本国憲法「前文と9条」vs殺戮の軍隊
前 文日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主

2007.09.30 19:32 | kimera25

ミャンマー軍事政権による武力弾圧 世界から批判
ミャンマーの歩み-------------------------------------------------------------------------------- ミャンマー(人口五千万人)は、アジアの二つの大国インド、中国と国境を接しています。十九世紀後半に英国領インドに編入され、第二次世界大戦中(一九四二~四五年)

2007.09.30 20:46 | 未来を信じ、未来に生きる。

ミャンマー 非暴力デモ弾圧-抑えられない軍政への怒り-
ミャンマー 非暴力デモ弾圧抑えられない軍政への怒り-------------------------------------------------------------------------------- 【ハノイ=井上歩】ミャンマーの僧侶を中心とした反軍事政権デモは日増しに規模が拡大し、二十六日には軍政治安部隊が僧侶や市民、

2007.09.30 20:46 | 未来を信じ、未来に生きる。

ミャンマー(ビルマ)情勢緊急集会
日時 10月3日(水曜日)     開場 午後6時30分 開会 6時45分~8時30分 会場 明治大学リバティータワー 1114教室(130名)     JR御茶ノ水駅下車 徒歩3分 定員 130名限定

2007.10.01 23:16 | JCJ神奈川支部ブログ

今ミャンマーで起きてることは、単に中国利権から米国利権へ乗っ取るための策略
今回のミャンマーデモ発生からのメディア報道を見ていると、当初から欧米メディアがやたら煽ってるのが気になってた。911NYテロや、ベネズエラ・チャベス大統領に関する報道の時なんかと同じだ!たとえば、ベネズエラのチャベス政権反対デモの時なんかは、15万人規模のデ

2007.10.02 12:15 | 4つの目で世の中を考える

ジャーナリストの死
 機関紙 「ジャーナリスト」07年10月号1面、長井健司さん追悼の文章。寄稿は広河隆一さんです。 英雄視せず無念さ共有  長井健司さんの遺影を前に               広河隆一 住民の伝えて欲しいという意思と、ジャーナリストの伝えなければならない

2007.10.21 13:25 | JCJ機関紙部ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。