FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気blogランキング  
いつも応援クリックありがとうございます。
1ページ目継続中・・・。(笑)


今日は、すみませんが長いです。(爆)


■国民をしあわせに導く「憲法」への思い・・・

私の悲願は・・・「憲法9条堅持」「非武装中立」です。(苦笑)

とは言え、これは遠い夢・・。実現可能かもしれませんが、今すぐに実現するとは到底思えません。永遠に無理かも・・。しかし、「夢を持つこと」は、他の誰からもとやかく言われることはないんですよね(笑)。でも、人間が社会生活をするうえで協調することは不可欠です。民主主義からすれば不可欠なわけで、大勢の人にとってより良い結論を見出すことにほかなりません。それには、成熟した本物の民主主義のうえでの議論がもっともっと・・・もっと不可欠なのだと思うわけです。


「護憲」とは・・・何でしょうか?

憲法を一字一句変えないこと?たしかにそれも「護憲」でしょう。しかし、国民にとって今以上により良くすること、国民を今以上に最高に守ってくれる憲法をつくることも「護憲」じゃないでしょうか?

先日、当ブログ 民主党 「日本国教育基本法案」 への提言 で、 「私は完全な護憲(一言一句変えない)である必要はないと思っています。」と書いたのは、護憲の否定ではなく、言ってみれば「国民をしあわせに導くパワーアップ憲法」ならば、考えてもいいということです。


ただ・・間違ってもらっては困るのは、今の政権与党である自公政権には、絶対に改憲はしてもらいたくないということです。その答えはもう明らかです。憲法を改悪するからです。 国民の権利を奪う憲法に変えるなど、もっての他! 憲法の意味を考えれば「憲法違反」だと思います。 どんなことがあっても改憲する資格などない。だから今は、私は政府与党にたいしては「完全護憲」を叫ぶしかないんです。「あなたたちには絶対にいじる資格はない!」ってね。 


いったい・・・いつになったら信頼できる政権が誕生するのでしょうか?

本来なら、「改憲に関しての私のスタンス」を、きちんと自分で書くべきなんですが、間違ってもいけないし、なかなかそのへんは難しいので、ちゃっかり人の意見をお借りしてしまおうと思います。人間完全に一致などありえませんが、95%くらいは同意であり、ほとんどが賛同できるエントリーです。残りは5%は、反対というよりも意味の理解度の問題もあるのかな?こういうことは数学と違い割り切れないものもありますが、そのへんはご容赦ください。政治は生き物、だからこれも今のところ‥としか言えませんが。 眠り猫さん・・・勝手に転載してすみません。お借りします。


強く同意できるところにピンク色の文字

・・・にしてみたいと思います。こうやって他のかたの意見で自分の考えを確認したり修正したりしながら、より優先順位が高く、なおかつ実現の可能性も高い「最善の方法」を導き出していきたいと思っています。最高のものでも実現率がゼロでは仕方がないと思っています。

「改善」と言うことに心配や危惧を感じるかたもいらっしゃいますよね。私もその意味はよ~く解っています。何故なら、この世の偽善者たちは、揃って「美辞麗句」を使います。「美しい国」・・のようにね。ですから、今、私が一番望んでいるのは・・・

「正しい議論」 の出来る 「正常な政府」 です!


◆「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう から

2007年09月01日
改憲に関しての私のスタンス
http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/53475171.html

 9月になりました。
 このブログを始めたのが昨年9月15日。約1年が経ちました。
 戦後、もっとも復古的で危険な安倍内閣の誕生に危機感を覚えて始めたこのブログですが、1年を経て、いまだ安倍退陣にまで追い込めていません。また「次」と目される麻生も、安倍に近い復古主義者であり、改憲志向も変わらず、このブログも当面は終われないな、と考えています。

「わんばらんす」も、去年の9月に始めました。 「きまぐれな日々」もチョッピリだけ先輩です。偶然なのか必然なのか・・。きっと、触発される何かが一緒だったのかもしれませんね。(笑)

本当にやっと・・という感じです。我ながらよく続けてこられたもんだって思います。一年きっかりでやめちゃおうか・・なんて思いも正直あります。ほんとに何かの役に立ってるんだろうか?なんていっつも思ってるんですよね。これはブログ書いている人はみんなそうじゃないかな?^^;アーティストじゃなくてもスランプってあるんですよね、それも度々。伝えたいことが溢れてきたり、何度も書き直してそれでもうまく書けなかったり、ま~ほんといろいろあります。外的な要因もありますしね(苦笑)。それでも、また思い直して頑張ってるわけです。大袈裟だけど・・・日本のために。(笑)

さて、またまた横道にそれちゃったんで転載のつづきの本題に・・・

 さて、そうは言うものの、私自身の改憲、各種政策に対する態度を再度確認し、明言しておきたいと思います。

 最近の安全保障に関する記事の中で、私は軽武装全方位外交による、事実上の中立を目指し、国連決議に、国内での承認があれば、PKOへの警察部隊の派遣は認めるべき。しかしそのためには改憲が必要と言う意見を述べてきました。

 と言うことで、私は改憲論者だと思われた方も多いでしょう。そこで、改めての自分の態度の表明です。
 私は、基本的に現在の憲法を変える必然性を感じていません。ですから、基本的には「護憲」です。
 ですが、「憲法絶対墨守」の立場でもなく、まず「論憲」を十二分に行い、その結果、改憲に向かうのであれば、私としても自分の意見を反映させていきたいという考えを持っています。

 上記の、軽武装の警察部隊なら、改憲して派遣を、っと言うのは、結論ありきではなく、もし、海外派兵が必要だという国民の合意になれば、そのような形で行うべきと言うロジックを展開したに過ぎません。

 私のスタンスに近い立場を表明しているのは、民主党と公明党です。しかし、どちらも私よりは自民党に近い政治姿勢だと感じていますので、直ちに両党の改憲に関する姿勢に賛同しているわけではありません。
 特に民主党の改憲試案の、国連PKO活動への派遣部隊を別途新設するという部分には、もっと議論があってしかるべきだと考えています。
 また、自衛隊は縮小方向を希望していますので、自衛隊の存在を明記する民主党案とは微妙に異なる意見を持っているのも確かです。 

 ですから、私は民主党改憲案を支持しているわけではありません。



 そして、戦術的には、今の自民党改憲草案は、完全に否定されるべきであると考えているため、それに対抗するため、現行憲法護憲のスタンスを取ります。
 わかりにくくて申し訳無いですが、これが私の憲法に対するスタンスです。

 憲法以外の政策については、基本形はリベラル思想です。その結果、高福祉高負担もやむをえないと考えており、財源として消費税上げが「本当に必要なら」ば、それもやむなしと考えていますが、昨日の舛添厚労相の発言は、安直過ぎて賛成できません。いつのまにか4兆円を越すまでになった軍事費の削減を考えるのが先で、増税の議論はまだ先でしょう。

 経済思想は修正資本主義、政治思想はヨーロッパ型社民主義を目指しています。

 当面の目標としては、自公政権の打倒。自民党の完全な下野。そして利権漁り構造の、政官財の癒着の破壊。それを目指しています。
 この目標の中で、現状は、民主党の勢力拡大による自民党の下野がもっとも現実的であると考えている一方で、民主党の体質及び内部分子の動向を見る限りでは、現状、自民党への対抗勢力としての価値は認めるものの、全面的に支持は出来ない。国会には護憲第三極が欲しいと思っているのが実情です。

 今は、民主党に対する意見送付を逐次行っています。内容としては、小沢路線をよりリベラル、護憲よりに引き寄せる内容の意見を送付しています。

 とにかく、悪い意味での「戦後レジーム」=自民党一党支配の完全な打破を目指しているのは間違い無いです。その意味で連携できる方とは全て連携して行きたいと思っています。
 先日の、共産党の、参議院院内での他の野党との協調路線の明言は、価値のある判断だと評価しています。今は、反自公政権の勢力が割れているときでは無いと考えています。ここで自民党を完全に破っておかないと、安倍、麻生とそれに続く右傾化勢力による、日本のアメリカへの追従、軍事国家化を止めることができなくなります。今は野党は一致団結して、自民党政治の打破を目指すべきときだと考えています。


 以上が現状の私のスタンスであり、当面の目標です。

 究極の理想は非武装中立。科学技術立国で、核融合発電システム水素燃料システム、公害防止、除去システム、温暖化防止対策技術、海底資源探査・採掘技術を世界に提供し続けることにより、世界にとって無くてはならない国となることにより、中立を保ちつつ世界に貢献するということを夢見ています。

 このような展望を持たない、今の自民党政権は早く政権を去るべきであると考えています。

 今後も、このスタンスで、記事を書き続けて行きたいと思っています。
 応援、よろしくお願いします。



核融合発電システムは同意できませんが(悩)。そして、自衛隊は「国際緊急援助部隊」のようなものに変えるのが、本当は望ましいと思っています。教育は、きちんとした正常な政府のもとで、「日本らしい情緒や日本古来の常識」を大切にできる人間形成は必要かと思います。・・誤解を受けるかもしれませんので、一つ例を言えば・・「外国人のかたのほうが理解しているようにみえる昔ながらの日本人の精神」は、やはり必要なんだと思います。でもこれが、「まやかし:美しい国、日本。」とダブルのでややこしいのです。そして、それは国家の強制でなく自然に身につくように大人がまずそれを実践するべきなのです。

「人へのおもいやり」「人への感謝」「人に迷惑をかけない」みたいなことをです。

「自分がされてイヤなことは人にもしない」・・これが大前提です。自分が死にたくないなら人も殺さない。自分が刺されたら痛いと思うのならば人にもしない。人の気持ちを想像してみることが出来なくなっていると思います。想像力の欠如です。今の殺伐とした重大犯罪ばかりの日本は、少しまえの日本を思い出すと、どれだけ異常なのか判ると思います。ちょっとまえの日本では、殺人事件の犯人や被害者の名前を、何年何十年と覚えているくらい「のどか」だったのですから。それをここまで異常にしてしまった責任は、「日本丸」を操縦してきた自民党以外に考えられません。

「KY(空気が読めない)」は・・・想像力の欠如の最たるものです。

だから、その教育さえも今の与党には語る資格もないと断言しておきます。



政治は生き物ですから、自分の思いも少しづつは変ってくるかとは思いますが、今は民主を支え、そしてしっかり監視し叱咤激励するしか方法はないと思います。その上で、100点の党は当然ないのですが、社民党も最善の道を模索していると思いますので、今のところ考えかたが一番近いのはやっぱり社民なのかな~と、これからも応援していきたいと思います。もちろん与党以外の野党、諸派全部ですが。

優先順位を間違えると叶うものも叶わないと思います。

私の考えも最善の方向へと修正しながら、これからも模索していくということです。



確実に言えます・・結果として・・
自民党では「しあわせ」になれなかった!



結果がすべてです。「理想」と「現実」は掛け離れていますが、試行錯誤しながらそのギャップを、少しでも理想にむけて縮めていく努力をしていくことが大切なのかなって思います。道のりは遠いけれど・・。

そして最後に・・・国際貢献。これはやはり重要です。しかし国際貢献とは、本来なんであるかを考えていきたいと思います。アメリカの武力行使を応援することだけが国際貢献ではないはずです。他にいくらでも国際貢献はあります。「テロとの戦い」という言葉が、「錦の御旗」になっているように思えてなりません。アメリカがその「印籠」を出せば世界中が踊っている。変だと思いませんか?そんなものに踊らされるのはごめんです。平和のための貢献が武力行使だなんて・・・「まやかし」はもうたくさんです。「米=国際」ではない。それとも「世界のボス」はアメリカなんですか?

「アメリカ貢献」は、即やめましょう!
「本物の国際貢献」をしましょうよ!
それを日本がリードするのです。




衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

        
人気blogランキング   FC2blogランキング

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

わはは、お互い同じブロガー2年生ってとこですね。

郵政総選挙にショックを受けてブログを始めた、という間もなく3年生になろうかという方は多数おられますが、私たちは、その方々よりちょっとだけ後輩にあたりますね。昨年、2006年という年は、選挙のない年ではあったけれど、あの時期に種をまかずしてその後はない、というそれなりに重要な年だったと思います。年の前半は耐震偽装問題やライブドア事件もありましたが、それらへの追及が中途半端で終わったこともあって、しびれを切らしてついにブログに参入したというのが、正直なところです。これからもお互い頑張りましょう。

なお、核融合発電は、放射性廃棄物を出さないし、現在の核分裂発電とは比較にならないほどスジの良い発電システムですが、実用化への道のりはまだまだ遠いと思います。

2007.09.04 23:10 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

こんにちは。

>「正しい議論」 の出来る 「正常な政府」 です!

これは、非常に難しいなぁ、と感じますね。希望としては、正常な政府を望みたいところですが、「越後屋お主も悪よの~!」というセリフにあるように、官と財の癒着は永遠に繰り返されているわけで、財の中の悪しき国民の意識やモラルの向上がないと実現には結びつかないと思います。

私の憲法論議に関しては、現状絶対護憲という立場を取ります。ココロさんの言われる通り、今の自公政権、民主党では、改悪の可能性が100%に近いと考えられるからです。となると、いつなら改憲論議をしてもいいか、と言われれば、世界の核廃絶が完了した段階で、初めて改憲論議の舞台を設定してもよいと考えています。

核が地球上に存在しているうちは、政治家のメディア戦略で、どうしても偏向極まりない結論に行き着くことは自明であり、その段階での議論は、核恐怖の扇動により、強引に持っていかれると想定できるからです。

そういう意味では、核廃絶は急務と言えるのではないでしょうか?

ちなみに、安全保障関係のエントリーを載せておきます。

http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50167900.html

2007.09.04 23:12 URL | see21 #Q139f35Y [ 編集 ]

とりあえず、現行憲法と帝国憲法を学習し、論憲した上で、改憲する必要性があれば改憲すればいいと考えますが、第一に、現行憲法と帝国憲法のことが知られていない。第二に、改憲する必要性があるのかないのか?あるとする勢力の焦点は憲法9条ですから、現実的には改憲はなしでしょう。

2007.09.05 01:06 URL | 東西南北 #- [ 編集 ]

ココロさん
ココロさんの記事に書いておられる事、読ませていただいて、ココロさんの憲法への深い想いと考察を、あらためて知ることが出来て、とても安心しました、そして共感いたしました。

太田光も著書の中で語っていましたが、日本国憲法は戦後、奇跡的に出来上がったものだと思っています。
平和への希求を謳い、基本的人権を何よりも優先した立憲主義に基ずく日本国憲法を、既に権力を手中に収め、登りつめた日本人達だけで、はたして作れたのかは疑問に思います。
そして現代も未来に向けても日本では、権力の頂点に近い人間になればなるほど、もし改憲作業に臨んだ時に、自らの権力行使を制限する憲法を作れるのかは疑問なのです。
欧米には作れて、なぜ日本には基本的人権を基調とする憲法が作れないのか?長くなりそうなので止めておきます。
それと、ココロさんが、理想として語っておられる、国の在り方や、世界に向けての日本国の立ち位置は、日本国憲法の前文に書かれている事と、同じ内容ではないかなとも感じました。さすがですねココロさん。
これからも、いろんな視点からのエントリー読ませて下さいませ。

2007.09.05 10:48 URL | まつお #aR5DLEYU [ 編集 ]

 をっ・・・。
 私の文章がここにも増殖しているにょ。
 こんにちは、ブログ休止中の眠り猫です。私のエントリーの引用感謝です。
 と言うか、これは自分自身への宣言なので、賛同者がいるとは心強い限りです。
 核融合と水素エネルギーは、日本が世界で一番進歩している技術分野です。核分裂よりはるかに安全で、廃棄物も少ないという優れものです。2050年までには実現する見通しですが、その主導権は日本とヨーロッパが握っています。
 水素燃料も含めて、このエネルギーの問題は、アメリカやロシアによる資源寡占による世界支配に風穴を開ける唯一の手段です。
 石油による世界支配に汲々としているアメリカは核融合研究で遅れをとっています。
 日本がアメリカのくびきから脱するためにも、核融合と水素燃料は必要なのです。
 ではでは。

2007.09.05 11:47 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

kojitakenさん
こんにちは^^そうそう、やっと2年生です。
>耐震偽装問題やライブドア事件‥
私も、まさにこれです!これがなければブログ書くことなんかなかったです。それほど大変なことだと思いました。

>核融合発電‥
知識がないので「賛同できない(悩)」でした。ま~眠り猫さんが、危なげなものに賛成するわけはないですが。でも、私たちがいなくなった未来のエネルギーですね。なら、水素エネルギーのほうが早いですね。v-22^^


see21さん
こんにちは^^エントリーの貼り付けありがとうございます。

>これは、非常に難しいなぁ‥
あははっ。そうなんですね~これが。ニュースを聞く度に「越後屋お主も悪よの~!」というセリフが浮かんできますよ。ただ、なんでここへきてこんなにボロがでてくるのか不思議です。

>現状絶対護憲という立場を取ります‥
>世界の核廃絶が完了した段階‥
この「現状」というのがミソなんですよね~。核廃絶‥きますかね?地球が滅亡したら?たしかに廃絶しますね(爆)v-22^^


東西南北さん
>第一に、現行憲法と帝国憲法のことが知られていない‥
これは庶民もそうだけど、議員さん達だってそうでしょうね。それで改憲を叫ぶのは間違っていますよね。改憲したい議員は両方とも熟知してから言って欲しいですね。v-22^^


まつおさん
憲法や法律、そして思想などのことは白か黒には割り切れないものがあり、重なるところと重ならないところがあります。それを人に伝えることは、本当に難しいと思います。ピッタリと一致する人っていないかも。日本国憲法が、神の手でつくるほど完璧かはわかりませんが、人間がつくるうえでは最高の「枠」には入っているのだろうと思います。戦争で人の血を流さなかっただけでも、それは言えるんじゃないかな?

不幸にも戦争があり、その結果ではありますが敗戦において奇跡的にできた‥というよりも「敗戦の場でなかったら成立することは不可能(平常時には)」だったとも言えます。なぜなら、敗戦によって「政府抜きで、民間(憲法草案製作者)と第三者(GHQ)が接触可能だったからできたのだと思っています。
時の政府がつくった草案はろくでもなかったわけですからね。そうでなくても、自分達がのうのうと生きられる手段に余念がなかった。「対テロ戦争」などという悪魔の呪文の流れを変えたいです。やればやるほどテロは増えると言いきれます!v-22^^


眠り猫さん
ありがとうございました。はいはい。増殖させました。

>日本がアメリカのくびきから脱するためにも、核融合と水素燃料は必要‥
なるほどね~。水素はちょっと知ってましたが、核融合の知識がなかったので悩んでしまいました。できれば核ではなく、他の代替エネルギーを希望しますが、私の知識不足なのでしょうか。でも、核が地球の破滅を招くと信じている私は、核と聞いただけで寒気がしますので‥。(爆)これからも、よろしくお願いします!v-21^^


2007.09.05 14:21 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

>>国際貢献。これはやはり重要です。しかし国際貢献とは、本来なんであるかを考えていきたいと思います。アメリカの武力行使を応援することだけが国際貢献ではないはずです。他にいくらでも国際貢献はあります。

現在,日本は国際刑事裁判所(ICC)の加盟国なのですが,ICCへの協力などは最高の国際貢献なのではないでしょうか。

多くの日本人はアメリカの色眼鏡を通してしか国際政治を見ないので,"武力がなければ平和は維持できない。憲法9条は非現実的である"という意見が主流だと思いますが,現実には,"実効性ある国際刑事司法制度の確立"というかたちで,世界は日本の憲法9条が目指すような方向をかなり本気で考え始めているわけです。9条は変えるべきでないと思います。

私のところから先程TBさせていただいた記事に「ICCで『人間の安全保障』」というサイトからのTBがついていると思いますが,ICCについてはこちらの方が専門的ですので,もしご存じないようでしたらご訪問をお勧めします。

2007.09.06 00:06 URL | Niphonese #lkVMYx.U [ 編集 ]

そうです。私が、「憲法は戦後、奇跡的に出来上がった」と表現したのはそういう事です。時代背景含め、政府抜きで民間の憲法創始者と、GHQのケーディス大佐等達との合作によって作り出された事を奇跡と表現しました。私は理想主義者ではないです。人間である以上は悪も善も内包しているのが当然です。そうじゃないと生き残れない部分があるわけですから。しかし、人間には知性があります。知性を持って現実的に、なが~いスパンで日本国の生き残りを考えたら、今の憲法を生かす事が現実的ですね。天木さんも書いてらっしゃいますが、日本は戦争出来ない国です。国土狭く人口密集、原発55ヶ所ミサイル対応されてない、ってか出来ない。核で防衛って成ったらアメリカは警戒し緊張関係発生、同時にアジアの周りはビビって、まともに貿易出来ない、核には核で、核の先制攻撃受けちゃう可能性大で、要するにどんどんエスカレートして民主主義なんてすっとんじゃって、日本国と国民はとことん疲弊しちゃうのは冷静に分析すれば判る事実ですよね。故に憲法擁護で平和志向は現実的な判断なのです。長くなってすみません。以後控えますです。

2007.09.06 12:07 URL | まつお #8bB0t8uA [ 編集 ]


Niphoneseさん
こんにちは。とっても貴重な情報をありがとうございました!^^
もちろん存在はしっていましたが、詳しいことは知りませんでした。さっそくいって拝見しました。すばらしいことだけど、ぜんぜん有効に作用していないんですね。これでは、ポーズとしか思えませんね。とにかくこっちの方向で、私たちもたまには強行にいきましょう(って言ってもどうしたらいいのかな?^^;)。これからもいろいろ教えてください。お願いします!v-22^^

まつおさん
こんにちは。みんなその価値をわかっていないですね。なんでかって本当にイライラしてストレスになります。まだまだ「100%アメリカの押し付け憲法」だと思っている人がとても多いですね。困ったことです。
これは故意に伝えない方向できたことが原因だと思います。控えないでどんどん書いてください!^^アップするのにも、これでいいのかと、けっこう迷いがありますので忠告も含めて‥心強いかぎりです。v-22

2007.09.06 12:47 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/448-e365f0ac

クローズアップ現代「”キレる大人”の謎」(後編)
(前編の続き)そもそも、人というのは、不浄極まりない存在であり、不完全な存在であって、マナーを平気で破る輩も、世界を見渡せば星の数ほどいるのが当たり前だ。それを自分の勝手な思い込みや妄想によって、「人というものは斯くあるべし」との真実でない事実を絶対....

2007.09.04 22:27 | 現政権に「ノー」!!!

TV嫌いの私が朝ナマテレビをウン年ぶりに見ました。「イラクの自由作戦」を考えよう!+いやぁ~、掛値無しに民主党にスゴイ勢いを感じました!
  大島監督と野坂が出なくなって、  「朝ナマ」も、そしてTV自体も  見る気を無くし、見なくなって、  もう、ウン年なりますか。 ▼NHKの芸術劇場 8月31日(金)(放送時間 22:25~0:40)【演目】●歌舞伎「仮名手本忠...

2007.09.04 23:12 | 晴天とら日和

【署名のお知らせ】 柏崎刈羽原発停止を求める坂本龍一さんたちによる呼びかけ
柏崎刈羽原発停止の署名(坂本龍一教授らによる)の情報をいただきました。ありがとうございます!取り急ぎ転載させていただきます。(お知らせいただいた中で最初についていた元メールにはヘッダの一部があるため引用していませんが、もし問題があればお知らせください)

2007.09.05 00:17 | Like a rolling bean (new) 出来事録

「政治、3日語らざれば、刮目して……ッて刮目するわいッ!こんな後から後からッ!」
さて今日は駆け足で。まずは民主党。参院選が終わって1ヶ月がたちましたが、横峰パパ、姫チャンとつづいて、小沢代表の秘書に選挙違反の疑いがあるとの報道もあります。小沢サンの件については法的な解釈や問題があるので、今の段階ではどうなるのかわかりませんが、今後の

2007.09.05 00:23 | 逍遥録 -衒学城奇譚-

麻生と与謝野の新政権確立!叩けこいつら!
9月2日の昼、赤坂プリンスで麻生と与謝野は遠藤と坂本の辞任勧告を決めた。そしてすぐに与謝野は両名を呼びつけて辞任勧告を言い渡す。翌3日両名辞任。明けて4日高村が修正申告小林議員辞職。身体検査身長でも測るのか?情報が官邸に集まらないのではないか?事務次官を

2007.09.05 01:12 | kimera25

農相の早期辞任は、参院選&民主主義効果のあらわれ。but・・・ + イチロー7年連続200本安打
 今朝も、嬉しいスポーツ・ニュースが。 3日、米大リーグで、イチローが、ヤンキースのクレメンス投手から本塁打を打って、7年連続200本安打を達成した。(*^^)祝! ちなみに米大リーグでは、1894~1901年に8年連続で200本安打をした選手がいるらしい。

2007.09.05 06:07 | 日本がアブナイ!

百年河清を待つ?
テレビは言います。『小泉前総理の飯島秘書官は優秀だったから、安倍内閣のように大臣が不祥事で辞めねばならなくなる事はなかった・・・・・」本当にそうでしょうか?安倍総理の秘書官の身体検査なるものが甘いから、不祥事が

2007.09.05 09:40 | Dendrodium

07年9月5日・水曜日  政治の乱れはそく社会にも反映する
07年9月5日・水曜日  政治の乱れはそく社会にも反映する 内閣を改造して顔ぶれを見ていると、少しはましかいなと思っていたら、新聞種には事欠かない。 私も昔、ある政治団体に属していたが、選挙の時には秘書さんに選挙違反について細かく注意をされた。 と言うことは

2007.09.05 16:47 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

年金横領問題
みなさんお疲れ様です。年金横領問題で舛添厚生労働相がえらい怒ってましたねぇ。刑事告発してやる!!言うてましたね。当たり前ですが・・・「横領したような連中はきちんと牢屋(ろうや)に入ってもらいます

2007.09.05 18:47 | ☆色々ありますよね^^☆

【祝】日本が105番目のICC加盟国に!
 今日7月17日はなんの日かご存じでしょうか? まあ,かく言う私も実は今日まで知らなかったのですが,1998年にイタリアのローマで,国際刑事裁判所(International Criminal Court; ICC)ローマ規程が採択された日なのです。以来7月17日は「国際司法の日」(World Day o

2007.09.05 23:46 | 人工樂園

安倍政権の生命線・テロ特措法をぶっつぶせ!
古木杜恵の闘う! 居酒屋安倍政権の生命線・テロ特措法をぶっつぶせ!   アメリカ同時多発テロ事件から6年――中間選挙・参院選に大敗した日米の両政権がレームダック(死に体)に陥っている。 ブッシュの「中東

2007.09.06 01:21 | JCJ神奈川支部ブログ