FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気blogランキング  
平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張っています。
ワンクリック・・・どうぞよろしくお願いします!<(_ _*)>



■「打ち水大作戦」 と 地球温暖化近未来シュミレーション2001

世界がもし100人の村だったら
世界がもし100人の村だったら
世界が100人の村だったら・・・
「打ち水」ですべて解決して快適な毎日を
遅れるんだろうな~!って、ふと思っちゃいました。
そして、争いもきっと話し合いで解決できる。
なんて素敵なんでしょうか。^^

いつも思います。改憲派であり、集団的自衛権の行使賛成派の方々に聞いてみたいって。お子さん達に「お友達を助けることは大切なことです。だから、お友達が棒で殴られていたら、相手と話し合いをする努力はしないで、あなたも棒をもって叩きのめしなさい!」と言うのでしょうか?

もっともっと「話し合い」をする努力をすべきです。それでも解決しなかったら、どこまでもどこまでも「誠意をもって話す」という努力をすべきです。そして、「お互いが譲歩をする」という姿勢を、国家レベルでも大人が子供たちに見せていく。それが本当の意味での教育であり、大人のやりかたじゃないでしょうか?

JANJAN に おもしろい考察があった。最近ちょっとばかり気になっていた「打ち水大作戦」。最終日が23日らしいので、ちょっとばかり旬は過ぎていますが。(笑)ところが、これについてバッサリと切り捨てている記事をみてビックリした。それと、地球温暖化の近未来シュミレーションがあまりにもピッタリなので、これまたビックリ。

◆「戦車に竹槍」を想い起こす倒錯の「打ち水大作戦」 2007/08/18
http://www.news.janjan.jp/living/0708/0708170922/1.php

 終戦記念日の前後は、毎年猛暑のニュースが伝えられる時期でもある。

 戦時中、戦局が不利になればなるほど、冷静な状況判断から目をそらす一方で、空想的・精神論的な作戦が繰り返し遂行されたが、ほとんどの場合、局地的な戦術効果すら挙げられないまま、徒に将兵と非戦闘員の人命を失って自滅を迎えた。この経緯に照らして最近の環境政策、ことに温暖化対策を検討すると、戦時中と同じ誤りを繰り返していると思わざるをえない。


 『エネルギー・資源』という専門誌の2001年7月号に、都市気候の専門家である一ノ瀬俊明氏の論説(*1)が掲載されている。その中に「200X年8月X日のフィクション」として次のような現象が予測されている。

○ 午前5時、気温28℃、湿度75%、今朝も寝苦しい夜が明けようとしている。
○ 正午、住宅地の一部で、火災報知機の誤作動が始まった。
○ 東京の風下にあたる浦和、熊谷などでは40℃に達しようとしている。
○ ここ数年、関東では珍しいクマゼミの声がごく普通に聞かれるようになった。
○ 梅雨が明けてから今日で10日目、この間一雨も降っていない。


 この論稿から6年後のいま、これに「フィクション」とされた現象が、実際にここ数日間のニュースで各地から伝えられている。筆者の家は団地の4階だが、エアコンも扇風機も置いていない。4階なので、窓を開放しても蚊が入ってこない点は助かるが、どう工夫しても、外気温より温度を下げる手段がない。最近は夜も気温が下がらず、食事をして出かける仕度をしただけで、汗だくである。

 筆者は以前のJanJanの東京の中心で暑いと叫ぶという記事で、都市の気温上昇について述べた。昨今の猛暑は、地球的な気候変動(いわゆる温暖化)とも関係はあるが、都市での気温上昇には、また別のメカニズムが関与している。


 このような深刻な状況のもと、あたかも「戦車に竹槍」とも言うべき、非合理で精神論にすぎない環境保護活動が奨励されている。その代表的なものは、2005年から開始された「打ち水大作戦」であろう。
・・・・・・(略)


 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)


注: 「打ち水大作戦」
http://www.uchimizu.jp/07/

いやはや、6年もまえに書いたものがこれほどピタリとハマるというのは凄い事です。短期間なので誰でも想像はつくのかもしれませんが、それにしてもニュースなど、まるで今夏に書いているようで、マジにお見事です。・・・と感心している場合ではないんですが、ビックリでしょ?

政治家のかたがたも、官僚のかたがたも、環境問題やら、危機管理やらというものは、「予知能力」を養えとまでは言わないけれど、「先見の明」というものが必要なんだと思う。そうでなければ、なんでも事が起きてから、あわてて対処にあたるという馬鹿げたことになるのは必至。超能力がなくても、馬鹿げているというのは、ど素人でもわかる。それがわかっていても、危機に備えるということがまったく出来ないというのはどういうことでしょうか?

この記事のことはさておいても、国家運営の専門家たちは、いったいどんなことをやってきたのだろうか?エリートというのは、「仕事ができない」というのが条件なのかと、ときどきガクッと、脱力感にさいなまれる。それとも故意にやっているのだとしたら、もの凄く罪は重いです。何をするにも血税が使われる。ポケットマネーでやる人なんか何処探してもいるわけがないし、何百億の箱物から消しゴムの果てまで税金なのですから。

前にも書いたけれど、心配性の私は「遊園地の事故」も「プールの事故」も、ず~っと前から言い当てていました。それくらいは素人でもわかるってことです。何かあってから動く。それでは、最初にその事故に遭った人々は人身御供(ひとみごくう)にされてしまう。

地震予知じゃないけれど、6年も前から予想できていたら、どんなことだって準備ができるんじゃないんですか?専門家のどんなデータも手に入るのに、そんなことも出来ないなんて、能力の問題ではなくやる気がないから出来ないと考えるしかない。日本は、どんなデータだって揃えることが可能なのであって、そのデータをどう使うのか、ということが問題なんだけど、はなからやる気がなければ、どんな単純なことだって成し遂げるのは不可能だと思う。社保庁の問題がいい見本ですよね。こうなるまえから、その場その場で解決していれば、数字と名簿の単純作業なんですから、正直プロじゃなくても真剣にやれば出来るような仕事でしょ。それをほったまま遊んでいるからこういうことになる。

本当にもっと真剣に仕事をして欲しい。命に関わる危機管理においては特に。


本題の「打ち水大作戦」については、プロパガンダなのかもどうなのか?それが本当であれ、ガセであれ、日本の昔からの習慣である打ち水は、「涼」を呼ぶことは確かで、それをして気分がよくなれば何でもやってみるのも一考かとも思います。私の想像では、必ず一時的には、「涼しくなる」と思います。夕立のあとは涼しいですものね。地球規模での作戦などにはなりえないけれど、科学的に熱を奪うことは確かなので、やってみても損(雨水や風呂の残り湯)はないし、きっと涼しくなるだろうと思う。昔からの知恵って、不思議なことに自然に科学に裏打ちされていることが多いので、いつもそのことには素朴な疑問を持っています。「科学も知らないのに、なんで昔の人はそれを当たり前のようにやっていたのかな~?」ってね。^^


どんなことでも、昔の人のほうが頭も心も質が良いように思うのは私だけでしょうか? 



衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

 人気blogランキング    FC2blogランキング
多くの人に伝えるためにクリック応援よろしくです!^^
    
人気blogランキング   FC2blogランキング (バナーが見えないかたのために。)

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

> いつも思います。改憲派であり、集団的自衛権の行使賛成派の方々に聞いてみたいって。お子さん達に「お友達を助けることは大切なことです。だから、お友達が棒で殴られていたら、相手と話し合いをする努力はしないで、あなたも棒をもって叩きのめしなさい!」と言うのでしょうか?

たしかに!

さらに「棒では生ぬるいから、金属バットにしなさい」とか「ナイフを使いなさい」なんて子供に言う親なのかもしれませんね(笑)。

それが「彼ら彼女ら」の「美しい国」の定義なのか・・・。

2007.08.19 20:59 URL | 喜八 #WE/hy34. [ 編集 ]

>そして、「お互いが譲歩をする」という姿勢を、国家レベルでも大人が子供たちに見せていく。それが本当の意味での教育であり、大人のやりかたじゃないでしょうか?

まさに、その通り!、です。

政治家を筆頭に我々大人世代は、知らず知らずのうちに人間の根幹である「思いやり」を忘れてしまっているようですね。しっかり話し合いをし、譲るべきところは譲り、間違いがあれば反省し相手の前まで行って謝罪をする、という当たり前のことができなくなっているようですね。

反省心なき人間に思いやりなし、と私は考えるのですが、日本の子への継承として、正しい反省の仕方を教えたいですね。

2007.08.19 23:27 URL | see21 #Q139f35Y [ 編集 ]

打ち水作戦、小池百合子嬢か婆かマダムかのパフォーマンスで、私にとってすっかり眉唾物になってしまいました。
でも、庭の植物への水やりをしながら毎日やっていますよ。それも井戸水です! 

でも、街中に住む、ことに東京や大阪の街中に住む人にはできない相談なのだろうな、なんてふと思ったりします。
それに今の住宅そのものが昔の開放的な作りと違ってエアコンの使用を前提にしたものですしね。

やはり打ち水は、情緒的なものが大きいかな?

2007.08.20 09:06 URL | とむ丸 #rZtJR6xo [ 編集 ]

喜八さん
こんにちは~。^^
これ、本当に素朴な疑問なんですよ~。
戦いの歴史は、敵より上の兵器を求めた歴史でしたから、もちろん木から金属に‥^^;たとえ、子どもにそう教えなくても、子ども達は、世間の大人の行動をちゃんと見ていますからね。ましてや、親がそんな不遜な態度で生活していたらどんな子どもが出来上がるのか心配です。

大本営発表の「美しい国」って、どんな国なんでしょうね?v-388

see21さん
こんにちは。いつも頑張っていますね。^^
おもいやりをもって相手の立場になってみても100%気持ちを察することはできませんよね。でも、相手の身になって考えることすら出来ない人は、推して知るべしです。

>反省心なき人間に思いやりなし‥
これがね~。そういう人にかぎって自分がそうだと一生気づかない。処置なし‥ってことです。日常の些細のことならまだしも恨み骨髄に達する命に関わることにおいて「和解」へのきっかけには、「謝罪」は不可欠だと思います。
今の子どもは、親にも怒られない。これは「反省」には、致命傷ですね。v-388

とむ丸さん
こんにちは。暑いですね~。
ちえこ:東京には空がないと言う‥
ココロ:東京には庭もないと言う‥(爆)

どんなに良い提案だろうと、環境破壊大臣が
推奨したものは、イメージダウンですね。「美しい」という日本語も‥日本破壊政府の提言ですしね。「美しい」のイメージダウンは痛い!

日本の情緒‥は大切にしていきたいですね。v-472

2007.08.20 13:37 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

もちろん言うと思います。
見て見ぬふりは卑怯者だと思いますし。

交渉ごとで最初から譲歩を考えて交渉するのは良いとは思えません。相手に譲歩させるぐらいの気構えがないと。足元を見られるだけです。私の仕事では。

2007.08.20 18:17 URL | 改憲派 #9q2FTWbs [ 編集 ]

ココロ様 こんにちは。
先週8/17の昼下がりに、友人に会う為、東京・日本橋の
地下鉄「三越前」から出ようとした時、いきなり消防隊が大勢で
改札を封鎖していてキモを冷やしました。
暑さによる火災報知設備の誤発報だったようです。
やっと地上に出たら、消防自動車が次々駆けつけ、大騒ぎでした。
オウムの毒ガステロの朝を思い出して反対側の改札へ小走りに急ぎ、
イヤーな汗をかいてしまいました。
温暖化の招いた、ささやかな事件でしたが、
リアルに何かが起こると、心臓がバクバクしてビビってしまいますv-12

2007.08.21 12:35 URL | Francisco #- [ 編集 ]

改憲派さん
こんにちは。はじめまして。
「叩きのめしなさい!」と‥?@@
そうですか‥‥‥。子どもにね~。

仕事の交渉とは、ぜんぜん違うと思うんだけどな~。それに、ケンカ腰では仕事はとれないですよねぇ‥自信がないならば別ですが。
気構えの問題ならばいいんですが‥。(苦笑) 

調和のためのものか?陣地取りのためのものか?
仕事の場合、殿様商売じゃなければ、調和のための対話が重要ですね。でも、陣地取りの場合は、話し合う前に先制攻撃というのも当然でてきますが、ケンカを止める努力だって、「勇気のある行動」だと思います。

お互いが結果として譲歩しなければ、交渉ごとは決裂になりますが、最初から自分の主張だけを通そうと考えていれば、最初から交渉しないで戦争(闘争)を選択するということになりますが? コメントありがとうございました。v-22^^

2007.08.21 12:46 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

Franciscoさん
こんばんは。遅くなっちゃってごめんなさい!^^;
え~っ!?北海道だけじゃなかったんですね。でも、そんなことがあったら誰でもビビリますよね。そういう時って、どっちに逃げるか瞬時には判断できませんから恐いですね~。しかし、なんでもなくて良かったですね~ドキドキッ!

温暖化は、何が原因だろうと、地球規模でまじめに考えないと大変なことになりますよ。v-493

2007.08.21 22:37 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

 拙著ご利用いただきありがとうございました。
 2002年に放送されたNHK特集を製作する際に、企画段階であれこれdirectorさんとあることないことならべた中から、現に起こりそうなものだけ拾ってみたものです。
 打ち水には私も懐疑的です。というか、その場の表面温度だけ下げる方法をヒートアイランド対策と呼べるのか、、という疑問を持ち始めました。
 空間的な広がりを確保できないものは、気候の改善という視点では議論できないと思います。

2007.08.26 01:51 URL | 一ノ瀬俊明 #ck1vx9Ag [ 編集 ]

一ノ瀬俊明さん
こんにちは。こちらこそ貴重な記事を勝手にリンクさせて頂きありがとうございます。
政府や国の対策になると「臭いものにフタ」的なまやかしということになってしまい、情緒へのイメージダウンになってしまいます。「美しい」が地に落ちたように。しかし、日本では、昔から「情緒」という感覚があります。打ち水は「涼」を呼び心地よいものですから、民間でみんなで楽しみたいものですね。v-472^^

2007.08.26 12:51 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

冥王星です。
「先見の明」とは予言でしょうか?科学的根拠のない未来予想図を政治が描くことは首肯しかねますが、地球温暖化の視座でいえば、半信半疑な冥王星ですが、少し理解できない問題があります。
「結局は、電力料金あげてないじゃん」というものです。
あれだけエネルギー問題を取り上げながら、ほとんどが口にしない「電気料金値上げ」という手法は誰も論述しないに近いものがあります。
安易に電気料金をあげるべきではないことは否定しません。しかし、エネルギー消費に対する責任の本質として、我々消費者はエネルギーに対する高い対価を払うべきではないでしょうか?打ち水などの代替的手段を否定しませんが、それは水資源が豊富な日本だけしか取りえない措置であり、その水資源によってエネルギー問題が根本的に解決するわけではありません。あくまでも対処策です(しないよりはマシですが)
うちのメルマガの総論は「電力料金の引き上げ」という痛みですが、値上げの利益を新エネルギーの開発や逐電技術などの進化として世界的規模で有用なものになってほしいとは思います。
 (もっとも、冥王星個人は、温暖化問題に対しては地球規模での必然という見解ですが)

さて、一方危機管理問題ですが、政治だけの問題ではないことは言うまでもありません。しかし、我々個人が誰ほどの危機管理をしているのでしょうか?
このコメント見てる人の中で、職場被災における退避場所、自宅における退避場所を知ってる人はいますか?そこまでの距離は?
 行政責任があることは否定できない事実です、しかし、行政責任が及ばないレベルでの個人の危機管理は大丈夫なのでしょうか?
 行政を批判することは有権者としての権利があります。しかし、有事における行政機能の停滞と行政責任が発生するまでの自助努力の時点で日本はまだまだ未熟ではないでしょうか?(少なくとも危機管理のステージは個人、地域、地方自治体、国家というステージがあり、個人の領域での自助努力をEUほど感じません)
 その傾向は都市部に顕著です。自警団、自社消防があれども機能せず、それすらない地域は珍しくありません。
 防災訓練に出てますか?とは言いません(ちなみに、やらざるをえない立場だったりします)
 行政は万能ではありませんし、その限界を含めて、自助努力をするべきということは念頭におくべきではないでしょうか?
 大規模災害で移動手段が死滅してる状態でも自動車乗りますか?自転車もってない人いると思いますが、そんなあたなの危機管理・・・・という指摘はなんでもないです。

2007.08.27 12:08 URL | 帰国してるけど、ネットカフェの #- [ 編集 ]

ネットカフェの冥王星さん
>「結局は、電力料金あげてないじゃん」というものです。‥
お~それはそうですね。

>温暖化問題に対しては地球規模での必然という見解ですが‥
オゾン層に大きな穴が開いたのも地球の自然の流れなのでしょうか?ずっと疑問なんですよね。
どちらにしても、国なんかではなく地球人全体で深刻に受け止めて対処していかないと、温暖化であろうと、逆(逆説:寒冷化)であろうと普通に暮らせない温度になったら大変ですね。

>我々個人が誰ほどの危機管理をしているのでしょうか?‥
そうですね。阪神淡路大震災後には、しばらくやっていました。ベッドの上にはコートそして横には靴まで用意してましたが今はまったくです(苦笑)。とにかくいろんな見方があります。個人レベルでやれること、国レベルでやれることを着実にやっていくことですね。v-22^^

2007.08.28 11:49 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/429-7432e0c6

拡大解釈の危険「文民統制はどうなるか?」
戦争の加害者と被害者。殺人事件の加害者と被害者。時間と空間の4つのパラメーターの1つでも一致させなければ、この悲劇は避けることができる。もし、ドラえもんのポケットがあれば、それも可能なのだが、現実には武器

2007.08.19 21:52 | みどりの館・紫陽花の歌

政治家になっての最初の仕事が「憲法違反」発言かぁ ・・;やれやれだぜ。
人気ブログランキング ← に参加中! 読んだついでにポチっとヨロシクです。集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO(国連平和維持活動)を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつけ警護」を認める

2007.08.19 23:50 | らんきーブログ

日本の安全保障の在り方を考える
← クリックすると拡大します!「どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ」の記事に、日本が戦後、戦禍に一切巻き込まれなかった要因として、下記3つが挙げられていた。1.日米安全保障条約(在日米軍の存在)2.年間5兆円近い防衛費を投じて....

2007.08.20 09:08 | 現政権に「ノー」!!!

「ある歌い手が語る海」…諦めないでいようよ、ね!!
 いま記事を書いている机上の箱にはiTunesという音楽を録音/再生する付録アプリが用意されていて、今では、2000曲弱の楽曲が登録されている。BGMとして流されているのだが、ほとんどが60年後半から80年前半の邦楽洋楽のフォーク、ロック、ブルースか、60年以前のジャズで

2007.08.20 13:57 | dr.stoneflyの戯れ言

「日本の外交と安全保障」、私の考え。
(引き続き【宿題】は、「http://www.dff.jp/」から、毎日募金することです。) こんにちは。「猫の教室」、非常勤臨時代理講師補佐手伝いの眠り猫です。 人並みに夏休みとっています。土日は長野の湖に遊びに行きましたが、日光に当たりすぎて、飲んでいる薬との相乗的ア

2007.08.20 14:32 | 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう

少しだけホッとする日
 07年8月20日・月曜日  少しだけホッとする日 此処のところ、新聞でもTVでも殺伐としたニュースや災害のニュースが多く、自分の周りでは平和そうに見えても、世界のどこかや社会の片隅で不幸なことが日常茶飯事にある社会に嫌気がしている。しかし何の因果か人間として

2007.08.20 14:58 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

ごまめのブログ  第二部 白い恋人 日の丸弁当
07/08/20  ごまめのブログ  第二部 雪印・不二家・ミートホープ・今回の石屋製菓の白い恋人問題。私は氷山の一角の事件で、日本中を検証すればもっとゾロゾロと出てくると思っている。 なぜなら、巷には食べ物が溢れている。消費者に迷惑をかけるのは駄目ということか

2007.08.20 17:19 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

言葉でごまかされない
 地理上の位置といい、受け入れ国支援いわゆる「思いやり予算」といい、日本に基地を置くアメリカ側のメリットは計り知れないようです。 私が高校生の時、爆撃機は岩国基地からベトナムへと出動しましたし、湾岸戦争の時に

2007.08.20 17:55 | とむ丸の夢

159347 警察官僚に牛耳られる内閣~アメリカの圧力により日本もいよいよ警察国家になる?
159347 警察官僚に牛耳られる内閣~アメリカの圧力により、日本もいよいよ警察国家になる?   猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/08/20 PM01 『防衛次官 もうひとつの問題“警察官僚に牛耳られる内閣”』リンクより転載します。 --------------------------------

2007.08.20 22:11 | サラリーマン活力再生

「ベルサイユのバカ」と化したアベシンゾー
昨日(8月17日)の読売新聞一面に、「なるか再生」と題して、なぜか題字の左下に安倍晋三首相の顔写真が付された特集記事の第一回として、堺屋太一氏のインタビューが掲載されている。おそらく、安倍内閣の再起のための提言を行いた

2007.08.21 01:36 | きまぐれな日々

水俣病は終わっていない
 JCJ贈賞式のスピーチのまとめ。最後は中村梧郎さん。世界中の水銀汚染が深刻なことはあまり報じられないように思います。 JCJ大賞は〈新聞長期企画と写真集〉『水俣病50年』の熊本日日新聞が受賞。編集局社会部次長の山口和也氏と写真集を編集した同編集本部編集一

2007.08.21 12:31 | JCJ機関紙部ブログ

生き残るために・7 CO2は無罪かよ?
北極の氷が夏になると消えちゃうのが2070年、という予測は30年以上早まり、 今世紀前般の2040年ごろってことで修正されつつある。 →暑すぎる夏、北極海の氷の融解も史上最速で進行(Technobahn:070814) 事実、この30年弱で北極圏の平均気温が4度も上がってるし。 →温暖化

2007.08.21 12:36 | Saudadeな日々

3人とも辞めちまえ!
北極の氷がドンドン解ける。。。 パソコン部屋あづい (;´Д`) カラダも溶ける。。。 更新をサボってる間にも、次々と目まぐるしく世の中は動いている。 コイケ防衛大臣と塩崎官房長官のサヤ当てで紛糾してた防衛次官の人事。 守屋次官の往生際の悪さもひどいけど、じっと

2007.08.21 12:36 | Saudadeな日々

「駆け付けて」「巻き込まれる」自衛隊マニュアル
 ヒゲ隊長こと佐藤正久氏の発言について,非常に重要な事柄が,昨晩に報道されました。 これは,報道の前提となった自衛隊内部資料「武器使用権限の要点」(情報公開されたもの...

2007.08.25 13:50 | 津久井進の弁護士ノート