FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「へのこマーク」 を しあわせのマーク に変えよう!

へのこ沖縄の危機は日本の危機です。
みんなで真剣に反対しましょう!
みんなでバナーを貼りましょう!
24時間TVのTシャツをこのマークにして欲しい!
ま~日本TVじゃ無理というものですかねぇ!?^^

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!



■ネットの力 と 今後の展望

当ブログエントリー ネットの力 と 生きている声 で、ネットの非力を憂う記事を書いたら、みなさんも、そのことについては同じ思いを抱いていらっしゃったようで、そういった記事がけっこうあった。しかし、いくらいい考えなどがあっても、バラバラに存在しているだけじゃステップアップしたことにはならない。そこで、どうすればそれを集約して、少しでも改善策をたてられるのかということを、考えなくちゃな~と思っていたら、すぐさま 「参院選の雑感及び憲法9条の堅持の為の戦略等」 をまとめて下さったのが下記のブログです。

驚いたことに、選挙にむけて参院選直前に開設したブログですが、短期間なのにその充実ぶりは見事です。参院選の候補者一覧などをすぐに作ってくださいました。管理人のsee21さん は、出来たばかりにも関わらず精力的につぎつぎと情報をアップしてくださいました。

結果、民主党圧勝であはるけれど、影響力に関して言えば、「ネットの力」がまだまだあまりにも弱いことを憂いて、今回の経験をもとに、何が欠けていたのか、何が原因なのか、小さな世界から広い一般庶民の世界にどうすれば働きかけていけるのか、そしてそのためには何が必要なのか、などの 「総括と指針」 を、投げかけていらっしゃいます。

私たちも、個々に反省やら考察を書いてそれで終りではなく、アイデアや提言を出し合って、より良い、より効率の良い発信の仕方を一緒に考えていきましょう。良かったら、行ってご意見などをお願いしたいと思います。気づいたこと何でもいいと思います。あまり難しく考えないで日頃思いついたことを集約していけたらと思います。

村野瀬玲奈の秘書課広報室 の玲奈さん もそうですが、see21さん も、とても纏めるのがお上手なのできっと、みんなに役立つ方法が絞られてくるかと思いますので、よろしくお願いします!^^価値あるブログなのに、なにせ出来たばかりなのでアクセスはあまり多くないので、よければ是非宣伝してください。

そこここで見かけているかたもいらっしゃるでしょうけれど、まだ目にしていないかたもいるかと思うので・・・ご紹介します。

◆現政権に「ノー」!!! 

今回の参院選を終えて  2007年07月31日

 今回の参院選は、現政権に「ノー!!!」を突きつけた格好で終幕を迎えた。年金記録漏れ問題、政治とカネの問題、閣僚の不適切発言等による与党への逆風がそのまま最後まで吹き荒れ、安倍内閣への不信任が明かになったのは当然といえば当然である。

年金記録漏れ問題は、安倍内閣のみに責任があるわけではない、と擁護する意見もあるが、昨年6月の時点で既に「宙に浮いた年金問題」として指摘されたことを踏まえると、今年2月以降の内閣の非積極的な対応が国民には、年金記録漏れ問題への軽視と判断されたのであろう。しかも、6月上旬の内閣支持率急降下を受けて、支持率確保のためだけに安易な年金対策で対応するドタバタぶりが、安倍内閣への不信をいっそう増幅させたのは言うまでもない。

政治とカネの問題についても、迷走に迷走を重ねることで、安倍内閣への不信を増幅させることだけに寄与した。赤城農相の件については、両親の弁の急展開により、グレーゾーンから限りなくブラックであることを裏付ける格好となり、その後の安倍首相による擁護発言も虚偽の上塗りに終始するに留まったわけで、なんら透明性を訴える結果にはなり得なかった。安倍内閣の方針に追随した赤城農相が優柔不断な態度を世間に晒すことで、安倍内閣の政治資金に対する態度への不信は決定的になった。

閣僚の不適切発言に関しては、柳沢発言、松岡発言、そしてトドメとなった久間発言で、安倍首相の任命責任と危機管理能力が問われる格好となったが、終始擁護し続け、任命責任を無視してきた事で、政治家としては致命的となる政治家としての資質問題にまで発展したのではないか、と感じる。仲良し内閣、論功行賞内閣と揶揄され続けた中での閣僚不適切発言の連発は、安倍内閣の脆弱性を国民に印象づけ、不信任の最大の根拠になったと言えよう。

ところが、安倍首相は、最終結果を待たずに、「続投」を宣言してしまった。自民党内でも、この拙速発言に対しては不快感を露わにする有力議員もいて、その稚拙な行動は国民の常識では図ることはできなく、ここにも永田町の論理が強く働いたと見るのが妥当かと思う。青木参院会長、森元総理、中川幹事長の3者会談が、事前に行われ、安倍続投を決めたとされ、その後に官邸に入った麻生外相も続投支持を表明したという。

国民の審判を仰ぎたい、と豪語していた安倍首相が、この期に及んで、国民の不信任という審判を無視するという暴挙に出た、と感じるが、いかがであろうか?

昨夜のNHKの討論スペシャルで、与野党の幹部が集合し、参院選の総括と今後の国会運営について討論を交わしていた。そこで、見られた風景は、参院選前では恐らくあり得ない風景そのものであった。それは、与党側が、野党の意見にも耳を傾け、野党と協調しながらの国会運営をさせて頂きます、という低頭ぶり、へと姿勢転換を恥ずかしげもなく行ったという惨状。この豹変ぶりには、ビックリであり、人間の強欲、貪欲を垣間見たようであった。政権運営をさせて頂けるならば、野党にも土下座をするという信念なき姿勢には呆れを通り越して、人として情けなくなる。自分達の権力やポジションが危うくなって初めて、自分達の悪行に気づくとは、自浄能力がない無能集団と揶揄されても仕方があるまい。

政治家が政策ありきで政治をしているのではなく、政権ありきで政治をしているのが、今回の与党発言でよく理解できた。権力と地位さえ与えられれば、信念も誇りも人としての一分も、何もいらないという事であり、こういった腐敗した人間に国政を任せることはできないのが実感である。

今回の参院選では、与野党逆転を念頭において述べてきたが、個人的に応援していた天木直人氏が落選してしまったことは、非常に残念である。今の政治腐敗を真っ正面から糾弾し、世界における日本の立場の危機を訴え、憲法9条の意義を説いていた天木氏の奮闘は、今の汚れた日本社会にとっての唯一の光であったわけで、今回の落選は、日本社会にとっての大きな損失と言えよう。

それと同時に、無党派層の方々に、いかに分かりやすく、いかに生活に密着した内容を送り届けるのか、そして、憲法9条の堅持がいかに最高の安全保障になりえるのかを分かりやすく説明するのか、そういった課題が浮き彫りになったのではないか、と思う。

2010年以降、憲法改正発議はいつでも出来るような環境にある中で、護憲勢力は、知略、戦略を結集して、なにがなんでも憲法9条を堅持しなければいけません。一度、タガが外れてしまえば、あとはなし崩し的に徴兵制度を含めた「軍事国家」に変貌する可能性は高いわけで、今、我々日本人は、喫緊の、そして最優先とする課題に目を向けなければならない。



下記に、参院選の雑感及び憲法9条の堅持の為の戦略等をまとめてみた。意見等があれば、コメント下さい。

▼焦点は何だったのか?
①年金問題⇒将来への不安
②政治とカネの問題(事務所費問題)⇒政治不信
③閣僚の不適切発言(不祥事が起きた場合の内閣の危機管理能力)⇒政治不信

▼焦点にならなかったもの
①憲法9条改正論議(日本の重大問題)⇒喫緊の課題
②地域格差等の格差問題(地方切り捨て政策)⇒将来への不安
③貧困層(弱者、若者)のセーフティーネット問題⇒現実の問題

▼無党派層の動向・傾向
・テレビ等のマスコミが煽り立てるセンセーショナルな話題(事務所費問題)に関心を寄せる
・直接的に生活に関わる話題に関心を寄せる(年金問題)
・増税に関心を寄せる(消費税問題)
・知名度のある人に投票する傾向にある(川田龍平、横峯良郎、義家弘介、丸山和也、丸川珠代)
・基本的に政治・社会に対して疎い(マスコミの情報のみで判断している)
・憲法改正等の難しい話題には耳を貸さない
・投票率59%程度ということから、政治不信、政治無関心が依然続いている

▼選挙において必要なこと
・政党としての知名度
・個人としての知名度
・資金力(広告等の宣伝能力)
・マスコミの活用(テレビ、ラジオ、雑誌、本など)
・無党派層にも分かる説明の仕方(噛み砕いた表現)
・無党派層にも関心を持ってもらえる話題の確保(生活密着の話題)
・無党派層には正論だけでは、基本的には通じない
・現段階ではインターネットは戦力になり得ない

▼有権者は何を見ているのか?
・政党としての政治力の有無(胡散臭いと思われる政党には投票しようと思わない)
・政治家個人としての実績の有無(県知事、県議会議員等の実績)
・タイムリーな政治課題の話をしているのか
・その政治家が全ての政治課題を把握しているのか
・政治家の資質、政治遂行能力の有無を感覚的に見極めようとする
・政治課題に対して、全体的視野を持った上で、しっかり優先順位をつけているのか

▼なぜ、憲法9条改正問題は庶民の心を捕らえないのか?
①現実離れの話に聞こえるから(トンデモ話に聞こえる)
②憲法改正に関連した「国民投票」に対する実感が湧かないから
③戦後60年以上経ち、完璧に平和ボケしているから
④憲法9条が改正されたら、日本にどういう危険が及ぶかが具体的に分かっていないから
⑤憲法9条の重みが実感できないから(9条の果たしてきた役割が理解できない)
⑥「憲法9条」と「安全保障」の関係が不透明で分かりづらい
⑦市場原理主義社会に埋没していて、憲法9条を考える余裕がないから
⑧日米同盟を盲信していれば、平和であると思い込んでいるため
⑨現実は厳しい生活を強いられているのに、理想主義的な主張を喧伝しているように聞こえるから(理想主義的な主張を聞くと苛つく人間が多くなっている)
⑩若い世代は、今の不条理な社会に嫌気がさしており、違う社会を求めているから(破滅的思考、憲法改正容認傾向)
⑪自民党が喧伝している、日本国民による憲法草案という考えに心酔しているから
⑫バーチャル世界が浸透し、戦争に対する垣根が低くなっているから(リセット思想)
⑬自国の安全は、自分達で守るという考えにあるから(他国の思想から影響)
⑭現実逃避の風潮にあり、世界における日本の危機を認識しようとしないから

▼護憲政党の敗北
・日本共産党、社民党、9条ネット
・無党派層は、政治・社会に関心が薄く、「憲法9条を守ろう」というスローガンだけではその真意を理解できない
・なぜ、今9条を堅持しなければならないのか、を具体的に、体系的に、分かりやすく伝える必要がある。
・現実離れの話にならない範囲で、現実に即した分かりやすい話の内容を緻密に戦略的に作る必要がある。

▼憲法9条堅持を訴える上での戦略
・憲法9条堅持という政策の他に、ウルトラC級の政策を2つ挙げ、3つの政策で訴える
・選挙前から、様々なメディアでこの3本柱を流布しておく
①憲法9条堅持
②消費税逆進性の解消、累進的課税方式に変更(ウルトラC)
③公務員制度の抜本的改革(ウルトラC)


↓↓↓ 「現政権打倒」「憲法9条堅持」

      を合い言葉に、ワンクリックお願いします!


 ―――――― 転載終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

こういった分析が、今後のブログ展開に重要になってくると思います。是非、ブログランキングも上位になってもらいたいと思います。ランキングからきてくれても、反対側の偵察ってことが殆どかもしれませんが、それでもその中から一人でも何かに気づいてくれたらいいな~という思いは、ずっと変わることはありません。

らんきーブログ でもよく書いているけれど、人にはそれぞれ役割があります。知識、情報、文章、アイデア、宣伝、社交性、リアル、統括などなど、ブログでもそれぞれが出来ることを分担して、ブログをより効率的なものに変身させていくことも、私たちに課せられた義務と言ってもいいかもしれません。これだけ楽しませてもらっているのですから。(笑)・・かと言って、私はたいした特技はないので、ただただ一生懸命伝えるだけですが。

総選挙も、政局によっては、案外すぐかもしれません。
それまでに合理的な方法論を、みんなで考えていきましょう!



衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

 人気blogランキング    FC2blogランキング
多くの人に伝えるためにクリック応援よろしくです!^^
    
人気blogランキング   FC2blogランキング (バナーが見えないかたのために。)

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

おほめの言葉ありがとうございます。でも、字体強調のつけ方、囲みの使い方、ブログのデザインは私よりココロさんの方がずっときれいですよ。私、ココロさんに弟子入りしたいくらい。私はhtml言語もよく知らないし、そもそも、文章を書いたらそれでエネルギーを使い果たしてしまう感じで。爆

それから、see21さんのブログから私のところにもいっぱいトラックバック送っていただいていますが、このエントリーは、なんとか広く広めたいですね。私のところでも宣伝しようと思っています。

2007.08.06 00:46 URL | 村野瀬玲奈 #6fyJxoAE [ 編集 ]

玲奈さん
いえいえ~。私だって、「html言語」なんてぜんぜん把握できてません。ま~そこがブログの便利なところでしょうけれど。ネットを始めた頃はもっとひどかったですが‥^^;

政府にネットを奪われるまえに、なんとかもっと影響力を確保したいですが、なかなか難しいんでしょうか?これからも出来ることを考えていきましょう。v-22

2007.08.06 15:27 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/408-fa9ba2e5

野党大魔神怒る!ほいでもって大逆襲始まる。ワッショイ!
【問1】あなたは次に行われる衆議院選挙では、            どの党の候補者に投票したいですか。自民党 16.8%(↓) 国民新党 0.6%(↑)民主党 34.0%(↑) 新党日本 0.2%(↑) 公明党 4.2%(↓) 無所属・その他 1.2% 共産党 5.8%(↑)....

2007.08.05 22:45 | 晴天とら日和

「税金ぶんどり合戦」という実態
今日のサンデープロジェクトで、愕然とする事実を知った。今頃そんなことに気づいたのか、と批判されるような事ではあるが、とにかく茫然自失状態に陥った。それは、今回の参院選の集票に関しての「政治家」と「地方組織」との関係であり、カネを中心に動いて....

2007.08.05 23:09 | 現政権に「ノー」!!!

政治のことになるとネットは非力の風評の不思議。実は2007参院選はネットが力を発揮した最初の選挙として後世の歴史家に書かれるだろう。
 政治関連と言うのは何らかの政治的な思惑でバイアスがかかっていると見れば間違いな

2007.08.06 12:12 | 雑談日記(徒然なるままに、。)

07年8月6日・月曜日 腹が立つ話
 07年8月6日・月曜日 腹が立つ話 今朝、5時に起床して、毎日、新聞記事のザット見の癖がついてしまったのか、病院に出かける前に新聞を見ると、 原爆症認定『見直し検討』首相、被爆者に表明とあった。 そして、PM3時頃帰宅してDVDに今日の広島の式典のダビングを見な

2007.08.06 20:19 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。