FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気ブログランキング   追い込みです。よろしくお願いします!^^
人気blogランキング
ぶいっちゃんに叱咤激励されて、無謀にも「政治カテゴリー」にお引越ししました。
おかげさまで1ページ目になりました。ありがとうございます!

「2007年 参院選 投票日」 は下記に変更になりました!
告示日 12日(木)
投票日 29日(日)

命おとすな、自民おとせ!!!

毎日ブログを書いていても、書ききれないくらいに幅広い分野でたくさんのことが起きる。ちょっと油断していると、保坂展人議員のブログ記事がこんなに溜まってしまっていた。

なぜ、私が保坂議員のブログを紹介したいのかというと、それは、単なる庶民にすぎない私たちは、どんなに気張ってみたところで、国会の中の、そのまた裏の情報までは垣間見ることはできないからなんです。では、どこの議員ブログでもいいかと言えばそうではない。やはり、いつも書いているように「その議員の人格をどこまで信用できるのか」という一点に尽きるわけです。怠惰だったり、適当だったり、そのうえ国会で寝ていたら真実の出来事なんかブログで報告できるはずもないのだから。だいたい毎日のように更新しているほうが、めずらしいんだから。

その貴重な情報をこれだけ、リンクしきれないほど発信してくれるのだから、それを見逃したら損だと思っています。やはり、ある意味、「小売店」であるジャーナリズムを信用できない今、国会の、永田町の情報は、新鮮な「産地直送」が一番だと思います。

「消えた年金」の情報は・・・
こちらで仕入れましょう!


■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
年金記録、管理方法の変遷
2007年06月24日
朝、テレビを見ていたら社民党の調査で明らかにした「棄てられた年金記録、83万件」に対して、自民党の中川秀直幹事長が「これは、マイクロフィルムがあるわけですから」と事実を取り違えたコメントをしていた。磁気テープもなく、マイクロフィルムもない記録が「83万件」であり、当初は「全部棄てた」と私たちの調査チームに答弁していたのであった。「まあ、90歳から108歳の人たちのデータですから」とも中川幹事長は言い放ったが、その次に何が言いたかったのかを聞いてみたかった。

灼熱の路上から「捨てられた年金記録」を訴える
2007年06月23日
 83万件の年金記録のうち、71万件が廃棄されていたと言うが、残りの11万件はどこへ消えたのか。また、「その他」に分類された12万件が受給前の人たちだった可能性があり、政府・厚生労働省が「年金記録」の実態をさらに「ひた隠し」にしている現実が明らかになった。「対策」をあれこれと言う前に、隠し事をすべてオープンにすることが先決ではないか。

 おそらく、来週の参議院厚生労働委員会で安倍内閣は、「日本年金機構法案」「特例法」を苦し紛れに強行採決する予定だろう。しかし、たった1枚のねつ造された「旧台帳」の数字を見て、指摘したことから明らかになったこのデタラメは、はたして旧台帳だけの問題なのだろうか。私たちに出来る与党への抵抗は、真実を国民の前に明らかにして強行採決を断念させることだ。

[特報]棄てられた年金記録、83万件。
2007年06月22日
旧台帳の総数は3229万件
・「旧台帳」とは?
・改竄されていた統計記録
・旧台帳の総数は3229万件
・原簿の廃棄は厚生年金保険法違反
・なぜ、83万人分を棄ててしまったのか
・農林漁業団体共済の27万人の行方は
・政府に年金記録の一斉開示を求める
年金記録への不信の理由は、過去に間違いがあったことを糊塗し隠蔽していることにあります。

「年金記録」への徹底した情報公開を求めて、さらに調査を続けたい。

「グリーンピア南紀」の勉強会をひらく
2007年06月21日

年金記録の闇、「旧台帳」の謎に迫る(お詫びと訂正あり)
2007年06月20日

年金法案、抵抗した野党議員への懲罰もまた「強行採決」
2007年06月19日
 懲罰委員会の委員長は横光克彦議員(民主)だ。以前は社民党にいた議員だから、電話して事情を聞いてみた。15日に懲罰委員会を開いて趣旨説明を聞いた。そして、「与野党筆頭理事同士でよく話しあって下さい」と言い続けたという。昨日の18日に横光委員長は、理事会の場で「与野党の意見は一致しましたか。していないのなら、今日は委員会を開けないですね」と言ったとたんに、不信任動機が島村宣伸理事から出され、その後与党のみ出席の懲罰委員会で「委員長不信任決議案」が決められたという。御当人の内山晃議員が一言も発することなく、また懲罰委員会に呼ばれることもなく、「30日間の登院停止」を決めてしまった。横光委員長は、委員長ではあるが、島村代理がいるので委員会を運営することが出来ないという宙吊り状態に追い込まれた。

安倍政権に対しての懲罰は、「一票一揆」で示す以外にないと改めて思う。

安部政権、悪あがきの思惑
2007年06月18日
グリーンピア南紀の「頓挫」は当初の予定通りなのか
2007年06月17日
民意の読めない安倍政権、国会延長へ動く
2007年06月16日
「年金記録1754万件」がすでに廃棄されていた
2007年06月15日
廃棄されていた「永久保存」の年金旧台帳原本
2007年06月14日
超党派チームで怒りのグリーンピア南紀を視察
2007年06月13日
上原ひろ子「社民党が頼りにならない…」そんなこと言っている場合ですか。
2007年06月12日

 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

是非、全文をお読みください。

世の中は・・・政治が変われば変わります!

お願いです・・・
選挙に行ってください!<(_ _*)>




未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

 人気blogランキング    FC2blogランキング 
 
今日も応援クリックありがとうございます。これだけが励みで書いてます!^^

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.06.25 18:53  | # [ 編集 ]

TVのニュースを見ていたら、社会保険庁の職員がボーナスを返上することになったと言っていました。安倍首相と塩崎官房長官、柳沢厚生労働相もボーナスの一部を返上するということですが、国会議員としての分は法律上返上できないとのこと。
ふざけた話です。国会の会期中なのだから法律を改正して返上できるようにすればすむ話です。それをしないならば政治家は私腹を肥やすだけの存在ということになるでしょう。

2007.06.25 23:22 URL | ミーちゃん #clzEvu9Y [ 編集 ]

ミーちゃんさんへ

>ふざけた話です。国会の会期中なのだから法律を改正して返上できるようにすればすむ話です。それをしないならば政治家は私腹を肥やすだけの存在ということになるでしょう。

これは公職選挙法の「寄付」に当たる行為なので、「返上」できない、ということになります。

ただ、これで「ふざけた話です」と考えてはいけません。
それは「国会議員は、あくまでも立法府の人間であって、行政府の人間ではない」ということです。「行政府の人間として返上はするが、立法府の人間としては返上できない」というのがむしろ当たり前なのです。

『不祥事を起こしたB株式会社の専務が、健全なA株式会社の社長である』を例にすると、B株式会社の専務としては責任を取らなければなりませんが、A株式会社の社長としては責任を取る必要はないのです。
そりゃそうですよね。不祥事を起こしたのはB株式会社であってA株式会社ではないのですから。

ミーちゃんさん、それでもこの人に「A株式会社の社長として責任取らないのはふざけた話です」って言いますか?

納得いかないかも知れませんが、冷静にみれば、そういう話なのだ、ということがお分かりになるかと思います。

2007.06.26 08:33 URL | wakuwaku_44 #- [ 編集 ]

wakuwaku_44さん
人間の感情として「理不尽」な法律や制度や政治家の態度を憂いているのですから、ここでは法的なことを分析する必要はありません。みんなそれくらいわかっていると思いますよ。v-390

ミーちゃん(さん^^)
はじめまして。ようこそです☆^^
本当に「ふざけた話」ですよね!これはもう法律の分析なんか必要ないくらい腹立たしい話です。「ふざけるな!」と怒っていいはずです。感情を逆撫でするような対処ばかりですものね。

失われた年金自体を元に戻すのが責任というものですから、だいたいボーナス返納とかってパフォーマンスは、もううんざりですよね。「歴代の責任者‥全財産放出せよ!」って感じですよね~。コメントありがとうございました。またお越しくださいね!v-22^^

2007.06.26 09:45 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

「行政府の人間」は「立法府の人間が」選出するのだから、その責任を負ってしかるべきだと庶民感情では思って当然だとおもいます。ミーちゃんさま、ココロさまに同意ですね。

しかし、現行法制度がそうなっていないというのならいたしかたありませんが、せめてそんな「行政府の人間」を選んでしまった庶民自身の責任をきっちりと自覚し、目前にせまった国政選挙でしっかりと落とすべきものは落として自らの責任を全うしましょうね。

ミーちゃんさまココロさまのブログはとてもあたたかいところです。これからも、思いを遠慮なく綴っいただけたらと思います。それがやがて大きな力になります。

「人間として最悪の思想であり、詐欺師」の薩摩長州より。ちょっと一言。

2007.06.26 12:24 URL | 薩摩長州 #- [ 編集 ]

ココロさんへ

法的というか、話の順序として、というものです。

「行政府の人間として」ということで、年金問題に関係する厚労省や社保庁、内閣の関係閣僚(総責任者の総理を含む)だけが責任をとり、関係のないところまで飛び火することはなかったんです。

これを「国会議員として」とすると、政権与党だけなら別にいいんですが、野党も共同で責任、つまり、民主、共産、社民の議員もボーナス返上しなければなりません。
法律にしろ、内閣総理大臣の指名にせよ、「国会の意思」ですから、個々の賛成反対を問題視しません。「国会が決めた」ということになるということは、その構成員たる議員は与野党問わず「ボーナス返せ」っていうことになります。

でも、それだと、反対していた、特に共産や社民の議員はたまったもんじゃないですよね。(特に支持者はもっと納得しないと思います)

ですから、安倍総理は理性的な対処をしたわけです。

まぁ、納得いかないといえば納得いかないかも知れません。お気持ちはよくわかります。
ただ、ここは物事を正しく理解して、落ち着いた方が冷静な判断ができ、より良い選択ができるようになる、ということです。

2007.06.26 15:43 URL | wakuwaku_44 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.06.26 22:38  | # [ 編集 ]

「人間として最悪の思想であり、詐欺師」の薩摩長州の素朴な疑問。

腹をたてても、落ち着いて冷静になっても、選挙で落とすべき人を落とすべく努力することが当面の課題かなって思うのだけど、他に「より良い選択」って何があるんだろう??みなさんも一緒に考えてみませんか。

2007.06.26 23:30 URL | 薩摩長州 #- [ 編集 ]

薩摩長州さんへ

 「腹をたてても、落ち着いて冷静になっても、選挙で落とすべき人を落とすべく努力することが当面の課題かなって思う」

 拍手喝采。自公政権に投票する態度は論外であり、棄権行為も自公政権を容認する態度
です。となれば、どの野党へ投票するかが態度として問題になります。感情的にも、理性的にも一貫して現状を改善していく態度が当面に必要な態度です。薩摩さんは社民党、9条ネットですが、自公政権に投票する態度、棄権する態度に比較すれば完全に改善です。拍手喝采。東西は社民党よりましな日本共産党支持ですが、反自公で共闘がんばりましょう。

2007.06.27 00:30 URL | 東西南北 #- [ 編集 ]

薩摩長州さん
こんにちは^^
薩摩長州さんが「人間として最悪の思想であり、詐欺師」‥として扱われるような日が最悪の日です。それが着々と近づいているのかもしれませんね。それを考えると・・・やっぱり今はこれしかない!↓

「腹をたてても、落ち着いて冷静になっても、選挙で落とすべき人を落とすべく努力することが当面の課題かなって思うのだけど、他に「より良い選択」って何があるんだろう??みなさんも一緒に考えてみませんか。」

これしかないですね。私の考えは、「日本人は怒らなさ過ぎる」とよく言われますが、冷静でいてはいけない場合があるのだということです。今がそうです。悪意のある人々(魑魅魍魎)には、その理性をさえも利用されてしまうからです。

いつも薩摩さんのコメントに癒されているココロよりv-46

wakuwaku_44さん
「ですから、安倍総理は理性的な対処をしたわけです。まぁ、納得いかないといえば納得いかないかも知れません。お気持ちはよくわかります。」

あなたは政府の代弁者ですか?政府の報道官ですか?私には、ロボットの言葉にしか感じられません。あなたの書いていることは、「詭弁」です。机上の論理でしかない。今ある現象に国民が怒るのに、法的な根拠は要りませんよ。国民全員に法的根拠を示せなどと言えるわけないのですから。

人間としての血の通った感情が感じられない安倍のぼっちゃんの言葉と同じにしかみえません。もうあなたの正論風?な論理を冷静に聞く時期ではなくなっています。いちいち、私の考え方と他のかたからのコメントを否定するのはやめてください!ご自分の場所か同じ考え方のブログから発信してください!v-31

ブログ管理人のみ閲覧さん
ブログで運営の苦労は想像はしていましたが、ここまでとは‥^^;アドバイスありがとうございました。v-22

東西南北さん
ほんと薩摩長州さんに拍手喝采ですね!^^
互いに支え合うことが重要ですよ。^^
共闘がんばりましょう!v-218^^

2007.06.27 13:53 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

>あなたは政府の代弁者ですか?政府の報道官ですか?私には、ロボットの言葉にしか感じられません。あなたの書いていることは、「詭弁」です。机上の論理でしかない。今ある現象に国民が怒るのに、法的な根拠は要りませんよ。国民全員に法的根拠を示せなどと言えるわけないのですから。

人の話を聞いているんですか?まったく。

感情的になることについては、私は同意していますよ。ただ、冷静になって考えればこういうことです、ということを言っているのです。
怒りに任せて「国会議員としての給料も返上しろ」なんてことをしてしまった場合、反対していた野党議員まで巻き込むことになるんです。

机上の論理だとかロボットだとか批判するのでしたら、逆に「あんたは、善意のあなたサイドで頑張った議員にも給料を返せという気なのか」と反論しますよ!

『冷静になれよ。安倍首相がこういうスタンスを取ってくれたおかげで、あなたたちが支持する議員がとばっちりを受けずに済んだんだ。』ということを述べているだけです。
そのあたりを勘違いしていただきたくないと思います。

>人間としての血の通った感情が感じられない安倍のぼっちゃんの言葉と同じにしかみえません。もうあなたの正論風?な論理を冷静に聞く時期ではなくなっています。いちいち、私の考え方と他のかたからのコメントを否定するのはやめてください!ご自分の場所か同じ考え方のブログから発信してください!

今の言葉、何をなさっているのか自覚されています?
ココロさんは、まさに安倍首相が「もうあなたの正論風?な論理を冷静に聞く時期ではなくなっています。いちいち、私の考え方と他のかたからのコメントを否定するのはやめてください!」という態度をとっているがゆえに、「批判を受け止めて国民のために政治をしてくれ」とか「そんな人は国政からいなくなってくれ」と言っているんじゃないんですか?

安倍首相が国民にしている態度とまったく同じ態度を、今、ココロさん、あなたは私にしたんですよ。
それを自覚なさった方がいい。あなたの思考・態度・発言こそが非民主的です。

何度も言いますが、私は安倍首相を弁護して発言したのではなく、完全にその逆です。
「国会議員としての責任を取らない」という態度を取ってくれたからこそ、「安倍首相を批判し、反対してきた野党議員が共同責任を負わなくても良いという状態になったんだ」ということを述べました。

安倍首相を弁護する弁説はいくらでもできますよ。でも、それをしないというのは、私は別に安倍首相を弁護して発言したのではない、ということです。

2007.06.28 10:11 URL | wakuwaku_44 #- [ 編集 ]

wakuwaku_44さん
>怒りに任せて「国会議員としての給料も返上しろ」‥
何か誤解をなさっているのでは?私は上記のような要望を書いたことはありませんが。というより、まったくそうは思っていません。そんなこと(慰謝料のようなこと)は必要ないから、年金自体での適切な処置を求めているだけです。

>人の話を聞いているんですか?まったく。‥
これそのままお返しします。よく読んでください。v-294

2007.06.28 11:32 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.06.28 16:28  | # [ 編集 ]

確かにココロさまは、怒りに任せて「国会議員としての給料も返上しろ」‥とは言っておられません。私もココロさまに同意であります。しかし、あえてここで600歩くらいゆずって言えば、いいんじゃないっすか、野党議員も給料かえしたら。数で勝てないことは事実なのだけど、もっと性根をいれて、体はって頑張ってもらいたいもんです。結果が支持者にとって残念無念なことになっても、私達が支持して国会に送り出した議員さん達は最後までよく頑張ってくれたとおもえるくらいでなければ、市場原理主義の昨今、庶民の大多数は結果がだせないとお給料が少なくなる、あるいは最悪クビになる時代なのだから納得できないでしょう。パフォーマンスでもいいから、野党の議員さんも採決で負けたとき机を叩いて、あるいは床にひれ伏して悔しがるくらいの気概がほしいものです。

それくらいの気概が感じられないから、有権者は選挙に行かなくなってしまうのではないでしょうか、もっともっと庶民も国会も熱く熱く燃えて欲しいものです。1億2千万人の生活と未来はいつだってここに託されているだし、なにより他人事じゃないのだから。


「安倍首相が国民にしている態度とまったく同じ態度を、今、ココロさん、あなたは私にしたんですよ。
それを自覚なさった方がいい。あなたの思考・態度・発言こそが非民主的です。」

こんどは、「非民主的」か~
「批判的発言でストレスに感じる、あるいは耳を塞ぎたいというのは、言論の自由を行使している人の感情ではありません」 (国会会期を12日間延長だって!投票日・・・29日のコメントより)

「私の発言に疑いがあるなら、メディアリテラシーを調べろ。 ちなみに「私はこう思う」は根拠ではない!! 以上、一切の反論を禁止する。」
「メディア・リテラシーの啓発に勤しんでいる方々に失礼だ。 上記2名は、猛省せよ。」(安倍首相 政策秘書宅で13歳少女監禁暴行だって・・・ほんと?のコメントより)

全然整合性がないじゃないか。ネタとしてはおもしろいかもしれないが、氏の発言はもはや説得力を失っている。指摘のとおり「非民主的」ついでに氏にはそろそろお引き取り願ったらいかがでしょうか。

私は初投稿でいきなり、名指しでつっこみをいれられたミーちゃんさまが気の毒です。うっかりこのブログでは、庶民感情を吐露することもでいないと思ったかも知れません。

「人間として最悪の思想であり、詐欺師」と呼ばれた薩摩長州より二言でした。長文ゆるしてチョ!

2007.06.28 19:36 URL | 薩摩長州 #- [ 編集 ]

私もかの御仁から、いつぞや「黙れ」よばわりされたことがありますね。

しかし、冷静に横から放置して見ていると、誰が間違っているか良く分かるので、なかなか面白いのですが(笑)。

自己弁護すればするほど、周囲の評価を下げていくのは、説得できるだけの根拠が示せてない、あるいは論理的でないからです。本人は論理的だと思い込んでるから、始末が悪い。

今の自民党の議員がテレビに出て弁解すればするほど、「違う違う」といいながら泣キベソになるのを見るのと同じようなものでしょう。

議論ではなく、単なる嫌がらせでしかないでしょうが、その嫌がらせにも失敗する始末では、もはや哀れみさえ感じてきます。

見ているこちらは痛快ですが、ついついこちらもやりすぎてしまうので、寛大なところも必要かと思いますね(笑)。

2007.06.28 23:20 URL | mx #- [ 編集 ]

薩摩長州さん
こんばんは。また遅く書いてます。^^
長文歓迎です!なぜなら、私の代わりに書いてくれてるようなものですので、逆にありがたいです。管理人、お願いしたいくらいです。なんてね^^;

「初投稿でいきなり、名指しでつっこみをいれられたミーちゃんさまが気の毒です。うっかりこのブログでは、庶民感情を吐露することもでいないと思ったかも知れません。」

私は、正直これが一番気になっています。迂闊にコメントできないですもんね。いや、できないんじゃなくて、なんでもないことにイチイチ根拠を‥とか、反論されれば気分はよくないはずですから。それもこれも私の管理能力の無さが原因なのかもしれませんね。「規制をかけたくない」ってポリシーも私には100年早かったのかな~?v-388

mxさん
こんばんは。^^ほんとにうちのブログでイヤな思いをさせて申し訳ありません!^^;

私も自民議員相手にカウンターパンチを綺麗に入れる長妻議員のようにできればいいのですが、記事を書くのでイッパイイッパイでして、対応能力の限界です。皆さんの判断に任せて‥って思ってきたんだけど、それにしても、他のかたからも「規制もありだよ」ってコメントやメールもありますし、もうやっぱり限界なんでしょうかねぇ。いつもご心配いただいてありがとうございます。感謝しています。v-398

2007.06.29 02:24 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

ココロさま、おそくまでがんばてですね。毎度ご丁寧なお返事ありがとうございます。

>「規制をかけたくない」ってポリシーも私には100年早かったのかな~?
いえいえ、100年待っても1000年待ってもこのての葛藤はなくならないだろうと思えるほどに人の考えは多様ですね。
その多様さを率直にうけとめ、ひろい心であくまで「わんばらんす」というポリシーにこだわりブログを運営しておられるココロさまの姿勢に改めて感服いたしました。

それに、ココロさまの管理能力は間違っても低いなどということはありません、バッシと言うべきところでは言いっておられるし、かわすところはかわして思わず”おみごと”と思うこともございます。その力量によるものなのか、名うての論客wakuwaku_44さんの論説もこちらでは色あせてみえる、それは凄いことです。私などがしゃしゃりでてくることも本当は無いのかもしれないくらい凄いです。

馬淵議員、長妻議員頑張ってますね。先だって蓮訪議員の質問をTVで見ましたが、根性はいりまくってました。またまた強行採決で国会は燃えています。私達庶民もさめている時ではありません、熱くなりましょう熱い思いをこめ、累々たる屍のうえにもぎとられた貴重な一票を投じる権利を行使しに参りましょう。

まいど、精力的なな情報の発信ありがとうございます。発信者の誠意がこもるブログは一方通行のマスコミを信頼性とその持続性において凌駕する。ただ効き目は遅いけどね漢方薬みたいに。

ココロさまの小さな歩みに人が集いやがて大きな流れをつくり世をかえるそう信じております。応援させていただきたいとおもいます。薩摩長州より三言でした。長文ゆるしてチョ!ご自愛なさってください。

2007.06.29 10:27 URL | 薩摩長州 #- [ 編集 ]

薩摩長州さま^^
こんばんは。ブログポリシーぎりぎりのところにきてますが。^^;頑張ります!

薩摩さんに触発されて、今日は民主の応援をアップしちゃいました。私の一押しはやっぱり長妻議員と蓮舫議員かな~。なんたって二人とも「華がある・活舌がいい」。蓮舫議員は、政権交代で小沢さんが首相になって、後継者になって初の女性首相になってくれたらいいんだけどな~。いっとき野田聖子がそんなこと言われてていたけど、信用に値しないカメレオンでしたね。v-403

2007.06.29 20:53 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

初めまして。唐突に失礼かとは思いましたが、どうもここの皆さんの多くは「メディアリテラシー」というものを根本的に勘違いしているようにお見受けしましたので、敢えて少しだけ口出しさせてもらいます。

まず何より、あなたたちは実際に自分自身で「メディアリテラシー」とは何なのかを調べてみましたか?
もしかして東西南北氏の言ったことを鵜呑みにして疑いもせず、ただそのまま信じ込んでいるだけなのではありませんか?

とりあえずは黙って、東西南北氏が言ったことは一旦全て忘れて、この下に書き出したサイトぐらいは訪れてみてもらえませんか?

NHK週刊こどもニュース「メディアリテラシーってなに?」
ttp://www.nhk.or.jp/kdns/_nattoku/07/0616.html

wikipedia メディア・リテラシー
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/メディア・リテラシー

そしてもし出来ることなら、この本を読んでみてもらえませんでしょうか?これは「中学生以上の全ての人向け」というシリーズの一冊なだけに非常に分かりやすく、メディアリテラシーを知る入門編として最適な本だと思います

ttp://www.amazon.co.jp/世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー-森-達也/dp/4652078218

たとえこの本を読む気がなくとも、せめてこのamazonのサイト、ページ下の方に書かれているカスタマーレビューだけは読んでみていただけませんか?

(なお言うまでもありませんが、どのアドレスも頭に“h”を加えて下さい。)


私はこのブログでは部外者ですので、これ以上のことはもう何も言いません。

あとは皆さんが各々自分自身で、「メディアリテラシー」とは何のことなのかを考えてみて下さい。

2007.06.29 21:11 URL | ジミー・リード #bxvF113M [ 編集 ]

ジミー・リードさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ここの人‥って言っても、別に住みついているわけではないんですが‥(笑) ただ、皆さんそれぞれに考えがあるわけですし、当然基本的なことは踏まえていらっしゃるはずです。東西南北さんの意見を皆が鵜呑みにしているわけでもありませんし、一つの意見として拝聴しているだけです。それは他のかたについても一緒です。ひいては、ここのブログの私の意見も一つの考え方‥であるだけ。ただそれだけですよ。

>メディア・リテラシー‥
もちろん基本的なことは知っています。
『ウィキペディア』では‥「・一つの物事(物、人物、集団、出来事等)についての捉え方は、個人あるいは集団によってそれぞれ異なる」‥
‥とあります。であるからして、平気な人もいるでしょうが、中には給料明細を見た人々が愕然とし、絶望し、判断した選択を誰もマチガイだとは言えません。もともと正解などないのですから。

それは個人の感想であり、それに付随し生まれ出る感情は規定の方程式などには当てはまらないのです。マークシートのテストの答えとは違いますからね。ですから、ここでどんな感想を述べていても、それがカンチガイであるとも言えないのではないでしょうか。

しかしながら、ご助言はありがたく受け止めて、今後のリテラシーに磨きをかけることに役立てたいと思います。ありがとうございました。v-22^^

2007.06.30 00:04 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

>メディア・リテラシー

やはり、少なくともあなたは、未だに全く理解されていないようですね。
あなたが前のコメントの中で述べたことは、いわば「メディアリテラシーを理解するための下準備として、とりあえず頭に入れておくべき様々な事柄のうちのほんの一つ」に過ぎませんよ。(それも何やら、自分に都合がいいように何というか・・・若干手を加えてませんか?)

とはいうものの、「ならばメディアリテラシーとは何だ!?言ってみろ!!」などと言われても私にはうまく説明することが出来ませんので、私が持っている本から説明として適当と思われる部分をほんの少しだけ抜粋して書き記しておきます。


たとえば、メディアリテラシーの基本的な意味を、とりあえず極めて単純に言い表すと(もっともこれさえ、ただ字面を見ただけで理解した気になられてしまうと困るのですが)

『世界を信じるためのメソッド 森達也 理論社 P.42より』

正しい世界観を身につけるためには、メディア・リテラシーが必要になる。
メディアの意味は「媒介」、つまりテレビやラジオ、新聞や本。リテラシーの意味は「識字」、つまり、字を書いたり読んだりする能力のこと。
この二つの言葉を会わせたメディア・リテラシーの意味は、「メディアを批判的に読み解く」とか、「メディアを主体的に受け取る」という意味になる。
「批判的に読み解く」の意味は、何でもかんでも信じ込まないで、いろんな視点から考えること。
「主体的に受け取る」の意味は、情報をそのまま受け取るだけじゃなくて、いろんな推理や想像力を働かせること。つまりぱくりと飲み込むだけじゃなくて、しっかりと噛むこと。味をよく分析すること。


では、なぜそうすべきなのか、その理由の具体的な一例としては(あくまで一例にすぎません。まだまだ理由はたくさんあります)

『メディア・リテラシーの現在と未来 鈴木みどり編 世界思想社 P.67より(レン・レスターマン著「メディアを教える」の邦訳部分)』

(高名なジャーナリストの)クロード・コックバーンは「全てのニュース・ストーリーは反対から書き始められる。ニュースは事実から始まるのではなく、ジャーナリストの視点や概念から始まり、そして事実が組立てられていく」と指摘している。
しかし、実際はこれでも充分ではない。というのは、報道された事実とそれを見る視点はジャーナリストのものではなくて、ニュースの情報源が持つ視点であることが多いからである。


本当は何も言わずにここを立ち去ろうかと思っていましたが、それにしてもあまりに酷いので本当に少しだけ・・・

2007.07.01 04:58 URL | ジミー・リード #bxvF113M [ 編集 ]

ジミー・リードさん
>それにしてもあまりに酷いので‥
その表現はあまりに酷く失礼ではありませんか?あなたが完璧なメディアリテラシーを把握しているのならばここでではなく、その専門サイトでもつくって、これからの有権者である若い人たちに教えてあげてください。ここは「不完全な知識の人々が支えあって助け合っていこうよ」と試行錯誤しているブログですから。(苦笑)

投票に行くほとんどの人は完璧な知識などない国民です。国民のほとんどはテレビ新聞の情報だけで暮らしていて、それでも投票権を有しています。ここはその国民の大多数である庶民感覚で書いているブログです。そして、そのなかでも投票所で「どうしようかな~」と写真で決めてしまうような人々に、「もっと考えましょう」ということを訴えているわけです。だから現実問題として、完璧なメディアリテラシーの概念は必要ありません。あなたがおっしゃっているようにメディアリテラシーを完全なかたちで理解する必要があるならば、国民の選挙なんて成り立ちませんねぇ。

「100年あんしん」などと何も保障のないことをがんがんテレビで垂れ流す事などはリテラシーを語る以前の問題です。「事実そのもの」なんですから。これは大問題です。リテラシーも必要のない「事実」を認識することが大事なのです。

あなたのおっしゃりたいことはわかりましたので、そのレベルのことは専門的なかたがたが集まるサイトで行ってください。よろしくお願いしますね!v-398

2007.07.01 11:00 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

>ココロさん

>そのレベルのことは専門的なかたがたが集まるサイトで行ってください。

前のコメントでも申し上げましたが、森卓也氏の「世界を信じるためのメソッド」などは中学生でもまったく問題なく理解出来るレベルの内容の本ですし、実際に私が話していることもそのレベルのことだけです。

私は別に、たとえあなたがメディアリテラシーを微塵も感じさせないような発言をいくら繰り返そうと、何の文句を言う気もありません。
実際にそういった発言は今の日本、いや今の世界でもごく当たり前のこととして、大手メディアでさえいつでも目にすることが出来るほど普通に蔓延しています。

ただ私があなたに言いたいのは、今後ますます世界中で必要になっていくであろう「メディアリテラシー」という言葉を、自分にとって都合のいい意味に無理やり作り替えて、それをブログとはいえ不特定多数の人が自由に閲覧出来る場で堂々と垂れ流すなどと言う行為だけは、やめていだだきたいということだけです。

それともあなたは、自分の主張を通すためであれば、たとえどのような嘘やデタラメを言い張っても、その結果多くの人にその間違った知識を植えつけてしまったとしても、そんなことは構わないと思っているのですか?

2007.07.01 16:01 URL | ジミー・リード #bxvF113M [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.07.01 23:00  | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.07.01 23:30  | # [ 編集 ]

ジミー・リードさん
拙ブログでは、大人としての裁量で運営しております。しかし、このブログは弱小ブログで訪問者も少なく、あまり影響もないかと思われますので、今までのコメントは、こちら↓へどうぞ!^^
(http://)www.jimin.jp/jimin/jimin/2007_seisaku/nenkin/index.html

ブログ管理人のみ閲覧さまがた
いつも本当にありがとうございます。
これからも微力ながら一生懸命、真摯に書いていこうと思います。変わらぬご支援をよろしくお願いします!v-22^^

2007.07.02 00:15 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

ジミー・リード氏

最高に笑える。(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v

「とはいうものの、「ならばメディアリテラシーとは何だ!?言ってみろ!!」などと言われても私にはうまく説明することが出来ませんので、私が持っている本から説明として適当と思われる部分をほんの少しだけ抜粋して書き記しておきます。」

上記発言から、氏のメディアリテラシーの理解の程がうかがわれる。ネタとしては、最高なんだけどね。これっきり、これっきりといいつつ出てくるから迷惑なんだな。

アベシと日々対峙するココロさまは、いそがしいんだから。わかってね、お願い。<(_ _)>

2007.07.02 00:18 URL | 薩摩長州 #- [ 編集 ]

 まあ、書籍に書いてある定義を教条にして現実を語る人物は聖書を片手に語る宗教家と同じですよ。この人物はフィクションとノンフィクションの区別がつかないようですね?事実と意見を分けてメディアを認識することがメディアリテラシーですが、もっとも重要なことは民主主義社会を実現するにはメディアが国民に事実を知らせることです。その場合に、権力を事実で監視する必要があるのであるということです。それにしても野党の実績や政策も報道してほしいですね。国民がメディアに要求していくしかないでしょう。これがメディアに対する国民の主体性としてのリテラシーです。

2007.07.02 00:26 URL | 東西南北 #- [ 編集 ]

薩摩長州さん
うんうん笑えますね。正直なのか?(≧m≦)ぷっ!でもね~私の相手はふつ~の「おばちゃんたち」ですよ~!^^;しっかしなんだかこんな感じ多いですよね。偏った教育の弊害のような気がしてくるのは私だけでしょうか?

東西南北さん
なんだか、昔、飛行機操縦ゲームが出来るから本物を操縦するためにハイジャックした犯人がいたような気がしますが、現実の生活や現実の戦争を論理で片付けることなんか出来ないんですよね。v-398

2007.07.02 01:56 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.07.02 12:41  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/324-37e75f02

内閣支持率、世論調査結果に注目。
今日も昨日から引き続き、体調が悪いので、短めの記事でご容赦願いたい。 昨日、共同通信社が行った、内閣支持率に関する世論調査の結果が発表された。同社の調査としては、過去最低の、内閣支持率34%と言う結果だった。注目するべきは、参院選で投票するつもりの政党

2007.06.25 07:43 | 平和のために小さな声を集めよう

希望は戦争?
 朝起きて、新聞を眺めていたら「ポリティカにっぽん」(朝日新聞6月18日付け朝刊)に眼が止まり、「『自由と生存』の選挙だ」「希望は戦争」という見出しにどきっとした。 この記事はコラムニストの早野透氏が書き、「フリーターの希望は『戦争』か?」というテーマで197

2007.06.25 09:24 | 関係性

安倍内閣の不信任を私たちの手で
安倍晋三自民党総裁が誕生したときに、いち早く反応したのは、立花隆、保阪正康、小林節らの言論人・知識人だった。彼等は、長いこと政治について沈黙を守ってきたか、保守政治を支持してきたか、あるいは改憲の理論構築に一役買ってきた人たちだ。その彼らが安倍総理の国家

2007.06.25 10:06 | 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

裁判員制度の勧誘映画
先日、近所の市民センターでひっそりと行われた、最高裁判所がみなさんの税金をたっぷり使って、企画・作成した、2本目の裁判員制度のプロパガンダ映画を偵察に行きました。今回の裁判員制度映画チラシは、市民センターや体育館の目立たない所に、これまた、目立たない、わ

2007.06.25 12:46 | 気の向くまま

市議会が全員一致で憲法9条堅持を求める
人気blogランキングへ &larr; 参院選まで頑張ろう、と思っています。 ご協力をお願いいたします。               ありがとうございます。 m(_ _)m 福岡県中間市をご存じでしょうか。 北九州

2007.06.25 22:50 | とむ丸の夢

「成長力底上げ戦略」失敗の段!
「JRANK」で不正投票があったのでしょうか?! 【NEWS】2007/6/25日より不正対策として投票後に表示されるページがTOPページとなるようシステムを変更しました。何卒ご了承願いますm(_ _)m   ということです。1クリックして頂いている真面目な読者の方に無....

2007.06.25 23:12 | 晴天とら日和

悪夢の郵政選挙後の日本国民の生きる力を占う選挙!それが夏の参院選!
人気ブログランキング ← より多くの人に伝える為にクリックのご協力を♪ 政治ランキングにリベラルブロガーが続々参戦中です!皆で応援を^^寄らば大樹の陰長いものには巻かれろ腐っても鯛 日本人はこんな、こと

2007.06.25 23:33 | らんきーブログ

社保庁も自民も年金問題を本当に解決するつもりはないです
先日、年金問題に絡み、関係者の賞与返還する旨の報道があった。こんなの、単なる問題のすり替え、ごまかしで

2007.06.28 12:08 | 陰謀集


磁気テープ磁気テープ(じきテープ)とは、磁性体を塗布(一部は蒸着)した帯状のフィルムに磁力の変化により情報を記録・再生するメディア (媒体)|メディアの一つである。用途によりオーディオ用、ビデオテープレコーダ|ビデオ用、データ/コンピュータ用などがある。また、

2007.08.08 13:42 | 電磁気学・磁気関連についてのWEB