わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
仕掛けられた情報心理戦で惑わされちゃダメ!!!


政府もマスコミも右往左往してどうすんのよ。
もてあそばれてるのよ~日本は。
いつになったらちゃんと危機管理ができるのよ。


安倍こべ内閣・・・頼むよ~!!!


「美しい、日本。」・・・
お笑いです。
ことば遊びはいい加減にして
小学生じゃないんだから・・・
ちゃんと仕事してよね~~~!!!給料分!!!


お坊ちゃまには無理なのか???^^


らんきーブログ
<安倍こべ内閣の周辺事態>でとりあげていたので私も感じたことを書いてみた。


東京新聞<仕掛けられた情報心理戦>(橋本誠、浅井正智)ー以下抜粋ー
独り歩きした誤情報『2度目実験』

日本の危機管理は大丈夫か。

■3時間経過し誤報を認める
結局、日本テレビは十一時半のニュースで
「現時点で北朝鮮が核実験を行ったとの確認に至っておらず、
引き続き情報収集を行うとともに、内容を訂正し、おわびします」
と「誤報」を認めるが 【取材源の秘匿の原則】 を理由に情報の出所
を明らかにはしなかった。

この間、日本列島は上を下への大騒ぎだった。

従来の核保有国は核実験の映像を世界に向けて公開してきた。
「爆発の映像を見せ、相手の国をひるませることで、
初めて軍事的な抑止効果が得られるからだ」と
軍事ジャーナリストの前田哲男氏は話す。

だが北朝鮮は違った。「情報を小出しにしているため、
こちら側が最悪のケースを想定して疑心暗鬼になっている。
主導権が北朝鮮に握られてしまっている。
少ない賭け金で大きな勝負をする、相当したたかなやり方だ」
と前田氏はみる。



そもそも、【取材源の秘匿の原則】って何よ??? 


なぜ、ガセ情報は駆けめぐったのか。ー同上、以下抜粋ー
■政府情報にも問題点あった
軍事ジャーナリストの神浦元彰氏は、今回情報に踊らされた
もう一つの要因として、「日本政府が適切な情報を出さなかった
せいでもある」と強調する。そもそも軍事の世界では、
核実験は短期間の間に複数回するのが常識だ。

■事実を把握し冷静に対応を
危機管理コンサルタント「リスク・ヘッジ」の
田中辰巳代表は、企業の危機管理にかかわった経験から
「暴力団やエセ右翼団体から脅迫されたり、
インターネット上で誹謗(ひぼう)中傷されても、
過剰反応したらかえって相手の術中にはまってしまう。
北朝鮮に対しても同じことだ」としたうえで、こう話す。

「危機管理の第一歩は事実を正確に把握し、
それに即した対応策を冷静に練ることから始まる。相手を過度に
怖がったり右往左往することは、最もやってはいけない愚策だ」


_________________________________________________________________

‥で【取材源の秘匿の原則】について・・・


弁護士“小倉秀夫氏”のブログでのエントリー
「取材源の秘匿」では以下のように締めくくられています。


小倉秀夫の「IT法の Top Front」

ますます急増するネット紛争。
さまざまなインターネット事件を手がけた
弁護士によるネットと法の現在と行方。

<取材源の秘匿>(05.01.03)ー以下抜粋ー
日米の報道機関の「取材源の秘匿」に関する態度の
この顕著な差は「真相を探求して報道する」という
ことに関する意欲の差に端を発しているのかもしれません。
なにせよ、日本の報道機関には、その報道によって
読者又は視聴者が印象づけられる事実が真実か否かを
探求する気が全くありません

自らの報道によって、読者・視聴者が誤った事実認識を
してしまいその結果正しい判断をすることが阻害されること
になろうとも、あるいは報道の対象となった人・企業が不当に
名誉または信用を毀損されて致命的な損害を被ることに
なろうとも、そんなことはどうでもよいというのが、
我が国の多くの報道機関の基本的な発想です。
 

このような考え方でいるものですから、日本の報道機関は、
報道内容の真実性を根拠づける「取材源」をできる限り明示
しようという考えに至らないのでしょう。そして、
2ちゃんねるのような匿名掲示板や匿名blogの隆盛を
見るにつけ、そのとき面白おかしければ、情報の正確性など
どうでもよいというのは、日本社会に根付いた文化なのだろうか
ということで、新年早々暗澹たる気持ちになってしまいます。


_________________________________________________________________

ちょっと古い記事ですが‥
このように日本の報道機関は、視聴率を稼げれば何でもあり。
未だに、サリン事件の時の河野さんにたいして行ったような
ことをまだしているということ。あの時の反省はどこにいって
しまったんでしょうか?呆れ果ててものが言えないよ。

そして、その個人を保護するための秘匿を自分たちのために
行使しているという事実。万死に値するっての!も~!!!

どんなに良さげな法律も権力側の助けにしかならない。
拡大解釈とかっていうヤツでぜんぶ極悪法にすり替わる。



だから信用されないんだよ~!!! 権力側は・・・。



_________________________________________________________________
ブログランキング
↑心理情報戦って恐いよね~~~!!!
ってかたはクリック応援よろしくお願いします!^^


「 AbEnd 」
こっちでも‥いろんな安倍政権情報みつかるかも!?
 トラックバックピープル「安倍晋三」

ジャーナリズム論では、「取材源の秘匿」は、ジャーナリズムにとって必要不可欠な職業倫理です。たとえば、権力による犯罪を内部告発する場合、告発者はジャーナリストにその事実を告げるわけですが、取材源を明らかにされてしまうと、職を失ったり、右翼に脅迫されたりして、生活や、場合によっては生命を脅かされることになります。これを避けるため、ジャーナリストには取材源の秘匿が求められるわけです。
つまり、ジャーナリズムの権力に対するチェック機能を保つための要請が、本来の意味での「取材源の秘匿の原則」です。
この記事のケースだと、権力側に都合の良い誤報を流すもととなった取材源を秘匿しているわけなので、原則の拡大解釈といえるかもしれません。ジャーナリズムには権力による情報操作を許さないことも求められるわけですから、意図的な情報操作であることが確認されれば、取材源の秘匿の原則は適用されず、それどころか情報操作の実態を暴くことが求められると思います。
また、「取材源の秘匿の原則」をたてにとって、ジャーナリズムがプライバシーを侵害するようなことはあってはなりません。松本サリン事件の河野さんのケースは、この例に相当する悪例だと思います。

2006.10.13 22:57 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

kojitakenさん
素晴らしいモノや素晴らしい法でも、使う人間の倫理が破綻していれば、ただの凶器になりうるってことですね。
なにごとも「諸刃の刃」‥ですので、監視は必要ということですよね。今やうかうかしていたら、誰でも罪人にされてしまう時代になってしまったようですが、これじゃ気が休まりません。v-12

2006.10.13 23:44 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

こんばんは。
相互リンク、TB、ありがとうございました。

私の方の記事も、TBさせていただきました。
宜しくお願いいたします。

今日の記事も、また、すご~い!!
メディアの、報道の仕方には、このところ、とても、疑問を持っていました。

モラルと、良心にのっとった、報道を望みたいです。
私達自身も、沢山の情報や、ムードに流されず、本質と、真実を見極める、目をもちたいと、思うのですが・・・。
なかなか、難しい事ですよね・・・。

2006.10.14 00:05 URL | なるほど♪ママ #- [ 編集 ]

なるほど♪ママさん
そうなんです。難しいんですよね~。
でも、意識するのとしないのでは、ぜんぜん違ってくるって思います。凡人の私だって、なんの関心もない人に話すってこともできるし、頭固い父に情報をそれとなく教えることだってできる。その時には、拒否反応があってもきっと後でニュースなんか観てる時に気付いてくれるってこともあるかもしれないから諦めないことですよね。v-278

2006.10.14 01:33 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

TB有難うございます。

本当に最近のマスコミのあり方には、辟易とさせられて
しまいますね~。

憲法21条の表現の自由が強く保障されているのは、主権者たる
国民が、政治や社会のことを知ったり、伝え合ったりして、
きちんと判断できるようにするためなのに。
だから、マスコミにも報道の自由や取材源が認められているのに。
今のマスコミは、そんなことはすっかり忘れてしまっているようです。

大事な時期なので、マスコミにもその使命を思い出して欲しいと思います。

2006.10.14 10:27 URL | mew(mew-run7) #mQop/nM. [ 編集 ]

mewさん
憲法21条の表現の自由‥こうなってくると、これが無くなってしまうのも時間の問題のような気がします。なかなか判らないのでしょう、自分がジダンダ踏むような悔しい気持ちになってことない人には。逆の立場ならどんなにやるせないことなのか。人の立場にたって考えることの難しさがここにあるのではないでしょうか。平然と人をあやめる人もいるのですから、なにをかいわんやですが。

それが人への思いやりに繋がる精神ですし、人間にとって一番大切なことなのに‥。コメントありがとうございました。v-286

2006.10.14 12:03 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

とかく、左右両サイトから、「マスゴミ」とののしられて不信感がつのるばかりのマスコミですが、一昔前とはいえ、元マスゴミ在籍だったわたしは、ついつい擁護側にまわりたくなるのです。
確かに大昔から?いろいろ体質に問題をかかえたまま今日に至っているわけですが、それが今頃になってみなさんに取り上げられるのは市民意識のレベルが高くなったことと、マスコミ以外の情報環境の著しい進歩でしょう。
それに対して既存のマスコミの意識が後追い状態で体質改善が追い付いていないというところです。
それから中立性などのことは、ひと言で語れない色々な問題もあり、これはこれから先も課題を残すことになるでしょう(業界内部的には、改善努力はしているのですが)
結論から先に言えば、マスコミに過大な期待をかけないことです。昔から客観的に自分の姿勢を維持構築するためには複数以上の情報を入手しろといわれています。
ただ、あえて弁護すれば「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」的なブロガー上のマスコミ批判は、わたしは決して適切な批判だとは思っておりません。
これからも監視し、批判し続けることは絶対必要ですが、是は是、非は非という判断で批判をしていかないと、むしろ市民側のほうが誤った方向に陥る危険性も含んでおります。

2006.10.14 19:55 URL | ゲゲゲのイチロー #aIcUnOeo [ 編集 ]

ゲゲゲのイチローさん
丁寧なコメントありがとうございます!^^
そうですね~。なんでも中に入らないと難しさはわからないですからね。マスコミも大変だと思います。どこでも末端の人たちは一生懸命やっているものです。しかし、どこでもTOPが何処を向いているかは、また疑問の余地がありますね。
たしかにブロガーはちょっと行き過ぎのところがありますね~。私も反省しなきゃですかね?^^;でも、市民は、とくに今の日本の市民はあまりにも平和ボケで真偽を見極める力はないように感じています。ネットも見てない一般の方達は、キツケ薬でも飲んで少し気合を入れないとダメなんじゃないかと思います。リアルで話をしてもテレビを信じきっていて、何の関心もありませんので、ガックリしちゃいます。v-286

2006.10.14 21:06 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/29-47d6ab92

安倍晋三 シラを切る の巻
中国訪問への足がかりをつけてくれたのではないかという噂の安倍晋三と「あ、そうか学会」の池田名誉番長との逢瀬記事は嘘だったのか?<安倍首相>創価学会の池田氏と会談 総裁選後に極秘で 安倍晋三首相が先月20日に自民党総裁に

2006.10.13 19:58 | らんきーブログ

原因なくして結果なし、悲劇の結果を招かぬために、うさちゃん騎士団、GO! GO!
2006.10.11.01:30ころ 朝鮮民主主義人民共和国の「核実験成功」発表

2006.10.13 20:01 | 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」

金大中前大統領の死刑廃止論
先日、日本にいらっしゃるおぜう様から「本場の韓国料理を食べたい」と申し付けられましたが、あいにく、その時期は韓国の旧盆で、航空券も手に入らず、またおぜう様が宿泊できるような高級ホテルはすべて満室だったので、日本に留学中の韓国人の後輩、キム・チョルスに代理

2006.10.13 21:53 | 薫のハムニダ日記

最高裁が認めた取材源秘匿の権利
ジャーナリズムにとって、「ニュースソースを秘匿する権利」は必須のものだと認識していたのだが、3日、この問題に関する最高裁の初判断が示された(『「取材源」証言拒絶は正当、最高裁が初判断』=読売新聞 2006年10月4日 0

2006.10.13 23:12 | きまぐれな日々

核実験
核実験情報満載です!

2006.10.14 08:07 | http://10tyouget.livedoor.biz/index20.rdf

国民に及ぶ危険を知りつつも、ついには軍事行動を決めた周辺事態法、敵基地攻撃論まで?!
急に仕事などが忙しくなってしまい<土日も休みでないかも~(涙)>、個人的にPCにゆっくり向かう時間がなかなかとれない状況になってしまった。 気になるプロ野球も楽しめず。<中日の優勝おめでとうございます。落合監督の感涙にこちらもジ~ンと。パは、去年のこと

2006.10.14 10:30 | 日本がアブナイ!

アイ ドント アグリー
あんたが良い者だっていうのかい?でもあんたは悪者みたいだと評判だよ。ああ、俺は同意するつもりはない。あんたのやり口は俺には我慢出来ないぜ。(ザ・ストラングラーズ:アルバム「ノーフォークコースト」よりI

2006.10.14 11:43 | Heaven or Hell?

北朝鮮はどんな態度に出ると思う?
お玉にはよく見えていないのですが・・このまま、北朝鮮への経済制裁を強め、アメリカ軍が臨検をはじめたとして、その後北朝鮮はどのような態度をとってくると思いますか?1.「ごめんなさい、もうしません、核開発やめます。」と総書記が声明出す2.北朝鮮国内の誰かが....

2006.10.14 19:29 | お玉おばさんでもわかる政治のお話

[韓国世論調査]死刑制度を廃止すべきか?
こちらは朝鮮日報の2003年9月28日の記事です。どうやら日本語版には出ていない模様です。それにしても、朝鮮日報も(たまには)いい記事書くねぇ。 [世論調査]死刑制度を廃止すべきか?死刑“維持”52%、“廃止”40%“死刑廃止論”増加趨勢最近、宗教界の元老たちが死刑制

2006.10.14 21:53 | 薫のハムニダ日記

「核実験」その後 -核実験が明らかにしたもの
北朝鮮核実験をめぐって、日本でどんな現象が起こっているのか。過去にさかのぼれば、天変地異にかこつけ国民がおどらされた経験を、関東大震災に求めることができる。事実無根の流言が飛び交い、社会不安はいやが上にも高まった。私たち自身もすでに、北朝鮮ミサイル発射

2006.10.14 22:51 | 花・髪切と思考の浮游空間

格差と思考 ~忙しいあなたへ
ニュースでは、北朝鮮制裁ばかり。国会では、教育基本法も改憲手続法も共謀罪も審議は事実上ストップしたままだ。 こんな中、昨夜私はどえらく長い会議の後、新しく迎え入れた新米弁護士の懇親会に出席し、女性事務局とお酒を飲

2006.10.15 04:25 | 平和志向法律屋 「DANZO」。

北朝鮮に行きました
2000年7月、北朝鮮に行きました。百聞は一見に如かずですね。ニュース見ててもあまりに情報が少なくてピントがずれてるんで、ブログを書く気になりました。

2006.10.15 20:30 | 北朝鮮の秘密

北朝鮮が攻めてきた場合のシュミレーション
昨日のお玉の疑問に答えてくれる本です。自衛隊vs.北朝鮮作者はマガジン九条にも登場下さった半田滋さん。初版は2003年。自衛隊が1993年に核不拡散条約脱退を表明したのを受けて、陸海空の自衛隊トップ防衛庁総合幕僚会議がまとめた文書を元に、もしも北朝鮮が攻めてき...

2006.10.16 11:45 | お玉おばさんでもわかる政治のお話

弁護士と結婚する方法。
弁護士との結婚をしたい人向けに!弁護士と結婚する方法をまとめてみましたよ~~

2006.10.27 12:28 | 弁護士と結婚する方法。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。