FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

何度もローカルの話題で恐縮です。
・・・が・・・
どうしても書かずにいられない。
伝えずにいられないんです。
私の懸念していた通りになったから。
地方選ではあるけれど・・・

これを、ここを解決しないことには

7月の参院選・・・

現与党には勝てないのだから・・・。
これは「日本のゆくえ」に関係大あり。

どうぞ・・・
その見本になるような経過を見てください。

◆janjan
世田谷区長選:漁夫の利で保守の現職が勝利
◆シモキタな日々
一本化 2007年 04月 21日

 肝心な時に一本化できなければ必ず・・・負けます!


■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
法務大臣、現在も14歳未満で少年院に入っていると誤答弁
2007年04月25日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
あきれた答弁が飛び出した。・・・・・・
(中略)
「14歳未満の少年が現在も少年院に入っているのか」と聞いたら、2度にわたって「もちろんあるわけです」「当然あります」と長勢法相は答弁した。・・・・・・
(以下略)

統一自治体選挙・開票結果を受けての走り書き 2007年04月23日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
定数52の区議会議員選挙で自民党候補が11人も落選するなど「異変」が起きている。参議院補欠選挙での沖縄選挙区での野党統一候補の敗北は痛かったが、有権者にとってもっとも身近かな自治体選挙では前回、前々回あたりから起きていた変化が決定的な傾向となった。当選回数を重ねてきたベテラン議員が苦戦し、地盤・看板もない若手議員が大量得票をして上位当選するという流れだ。

「公選法改正・インターネット解禁」が封印されている 2007年04月22日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
それにしても、自治体の首長選挙でマニフェストが解禁されただけで、一昨年の「自民党大勝」の後は明日にもやりそうだった「選挙活動におけるインターネット解禁」は、いっこうに進まない。支持率の低下とともに起きた風向きの変化を感じて、与党が難色を示しているからだ。 

「金のかからない選挙」を理想とするなら、候補者がインターネットで政策を提示し、有権者がここにアクセスして判断材料とすることを禁止しているのは、ナンセンスだ。 

(太字・色文字・下線 by わんばらんす)


少~しだけイイ流れになって来ているとは言え、まだまだ
安心なんかできない。民主党にはもっと肝を据えて掛かって
欲しいですね。かと言って・・・

安倍・・あ~どうしても首相って言いたくない。(笑)
そのボンボンが選挙演説で叫んでいた・・・

「野党が今まで何をしてきましたか~~~?」
「文句を言ってただけじゃないですか~~~!」


・・・ってのにマジムカついたんですけど。オカマか!?
言い方もムカつくけど、内容もバカじゃないかって思った。
そして、あまりの理不尽さに・・・
本当に吐きそうです。だってそうじゃないの・・・。

「貴方が何もさせなかった」
「自公の数で抑え付けた」
「本物の民主主義を冒涜した」

結果でしょ~~~!!!


だから、何も出来なかったわけでしょ~が!
バカ言ってんじゃないわよ!!!
うわ滑りの演説なんか聞いてこっちは耳が汚れたっちゅうの。
永く生きてるけど、こんな気持ちの悪い演説聞いたのは
生まれてはじめてだわ。
本人威勢がいいつもりだろうけど、ぜんぜんです!!!
心がないから「もにゃもにゃ」しちゃって語尾が変ですって。

「みなさ~~~~~~ん♪」・・・
だって~気持ち悪いったらないってば。


そして・・・国民の多くのかたに
もっと危機感を感じて欲しい!



これは批判ではありません。単なる感想ですので誤解の無きように。
_______________________________________ by わんばらんす^^
みなさま・・いつもクリックありがとうございます。本当に感謝しています!^^
一人でも多くのかたに伝えるためにこれからも応援よろしくお願いします。


人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^

「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

私は都知事選で思い知りました。野党は野党が長過ぎて、正しい判断が出来ない。参議院選もあまり期待していません。諦めると言う意味ではなく、その先も見据えてやって行くしかないかなと・・。それにしても、はちまき巻いた壷三の演説は気味が悪かったですねえ。こんな人が首相って、裸の王様とは言え、ホント悪夢です・・。

2007.04.25 22:00 URL | メロディ #- [ 編集 ]

こんばんわ!
ブログ紹介して下さってありがとうございました。

2007.04.26 00:06 URL | とらちゃん #- [ 編集 ]

メロディさん
こんばんは~♪^^そうですね。たとえ奇跡的な勝利があったとしても、今の与党の何でもありの言動では「最後は衆院の強行採決でひっくり返せばいいんだ」って腹ですから、参院の議員さんが頑張っても意味がないのかも。あまり期待すると‥身体に悪いですから私もそうすることにしようかな。
演説‥ほんと変なもの観てしまいました。とっちゃん坊やの受験生みたいでキモイとはこのことですって感じ。悪夢~v-393

2007.04.26 00:36 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

私は、日に日に危機感を募らせているんですがね~^^;
周りはというと・・何処吹く風~です。

元学会信者の告白を「灰色のベンチから」さんで見て、
あそこは、本当に恐ろしいトコだな~と思いました@@;

2007.04.26 13:46 URL | una #- [ 編集 ]

>「金のかからない選挙」を理想とするなら、候補者がインターネットで政策を提示し、有権者がここにアクセスして判断材料とすることを禁止しているのは、ナンセンスだ。

確かにインターネットを駆使すれば、カネはかかりません。
しかし、インターネットの「欠陥部分」として、「記録が残りにくい」というのがあります。
紙ベースにしたものは「証拠」として残りますが、インターネットの場合は誰かがコピー&ペーストして残さなければならない。それもコピーガードをつけられたりすれば、不可能なわけで、「不正記述」がやりたい放題になってしまう、という欠点があります。

従って、ホームページの様式と記載内容についての法整備と監視体制を構築しておかないと、リスクがあるかな、という感じですね。
(あるいは紙ベースと同じ内容を記載するように決めておくというのもいいですね。)
そのあたりのリスクヘッジを整備した上でご提案なさった方がツッコミを入れられずに済むかと思います。

>最後は衆院の強行採決でひっくり返せばいいんだ」って腹ですから、参院の議員さんが頑張っても意味がないのかも。

これは現実的には非常に難しいんです。
参議院で否決したものは「原則として廃案」です。
例外として「両院協議会で協議し」「それでも決まらないときは、衆議院の2/3以上の多数の賛成で議決」という手続きを踏む。

そして、議院でも討論は議事録に記載されるほか、公開されているので、強行採決ばかりやるとイメージダウンは避けられないので、本音部分では、むしろ自民党が嫌がっています。

というのは、強行採決が国民に対して正当化できるのは「野党に理が確実にない」ときに限定され、与党側に理がない、あるいは野党の側にも一理あるという状態での強行採決は、政権支持率の低下=次の選挙での敗北リスクにつながります。
従って、現実的には、そうそう強行採決できるものでもありません。

現在の議席配分でも、国民投票法案の強行採決の結果、憲法改正はほぼ不可能になったといってもいいでしょう。

今回の強行採決についていえば・・・・民主党がだらしなさすぎでしたね。
自公が譲歩し、民主党の若手の大半が同意していたはずのものであっても、共産党と手を組んだり政局にしたいのがミエミエの「ドタキャン」が多すぎました。
それさえなければ、民主党も自民党に代わりうる政権担当能力を十分持ち合わせているんですけどね・・・・・。

2007.04.26 16:36 URL | wakuwaku_44 #- [ 編集 ]

正直、現状では与党が勝とうが野党が勝とうが、過半数原理による強行採決が連続する政治は変わらないと思います。
細川内閣以後始まる小選挙区制度から顕著なのだが審議時間の問題や審議拒否を回避しないなどの政党政治の歪みが平然と発生しています。55年体制末期にもこのようなケースはないわけではなかったわけですが、現状においてこのような状態を国民が放置していることを考えれば、おそらく政権交代しても、多数決原理の民主主義(議論する努力の意識の低い民主主義)が蔓延るだけのことだと断定します。
実際、細川内閣も含めてしばしば発生した小選挙区制度以後の醜悪な国会運営は、民主党の前身である新進党、太陽党も行っており、民主党の基盤と同じものである。

2007.04.27 16:44 URL | 冥王星 #- [ 編集 ]

こんばんは。
また遅くなっちゃってごめんなさい!^^;

とらちゃん
いえいえ~こちらこそ貴重な情報を<(_ _*)> アリガトォですv-22

unaさん
ほんとに町を歩くとみんなノウテンキそうで私の気持ちとのギャップに、私がヤキモキしてもどうにもならないんだな~って思ったりしてしまいます。なんとかしたいですね~。v-22

wakuwakuさん
>憲法改正はほぼ不可能‥
ほんとですかね~?ほんとなら嬉しいですが‥ちょっと信じられません。
>ミエミエの「ドタキャン」‥
これって、わざと上記のようにための二重の仕掛けだったのかも?なんてことはないんでしょうか。v-22

冥王星さん
「(´へ`;ウーム‥困ったもんですね。選択肢のない選挙。商品のない店での買い物ほど空しいものはないです。新しい商品を仕入れたいですね。v-22^^

2007.04.27 21:13 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/240-d0cde6d2

「憲法改正手続法案」を廃案に!
拙ブログでは「国民投票法案」=(憲法改正手続法案)については幾度もエントリーしているが、まだ内容を理解できない人が多いので「しつこく、ねちっこく、ねっちり」とエントリーを続けます。 最初に与党は「国民投票法案」を憲法改定に限定し、衆議院を通過させたので、

2007.04.25 21:55 | 競艇場から見た風景

選挙が変える、議会を変える。滋賀・新幹線新駅凍結へ、シモキタも頑張って!
選挙では何も変わらない、という退廃的な諦めの雰囲気が国民の間に蔓延していて、その閉塞感から「何かしてくれそう」という印象だけで小泉純一郎や石原慎太郎などのトンデモ政治家が選ばれる、という現象が続いているが、それでも、市民(有権者)が主役の地域では、少しず

2007.04.25 22:02 | あんち・アンチエイジング・メロディ

切れてないですよ^^ byアベチンゾー (笑)
ブログを書いていると色々ある。励ましのメールを頂いたりしてジ~~ン誰にも知れず感動したり。あるいは私のブログの悪口をどこかのブログで見て一人、落ち込んだり(笑)それも若い人が書いたようなブログで「逝っ

2007.04.25 22:29 | らんきーブログ

長崎市長選・久間参入で故・伊藤一長市長が浮かばれまいぞ!
告発超大スクープ:<辞任した佐田玄一郎前行革大臣より悪質だ!!> 「雀荘」と「元秘書の自宅」が久間章生防衛大臣の「政治団体事務所」だった! 前代未聞!久間防衛大臣「雀荘」が政治団体事務所だった 佐田玄一郎行革相(54)が辞任に追い込まれた「事務所費問題...

2007.04.26 00:05 | 晴天とら日和

原発事故隠し→SLOW SMALL SIMPLE、そして人の連帯を!(『さらば、欲望の国』中村敦夫)
2007.3.15.18:00ころ 志賀原発で99年に臨界事故/北陸電、国に報告

2007.04.26 06:12 | 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」

大東亜戦争肯定論者の不思議
右翼を名乗る人達の間で、大東亜戦争肯定論が、もてはやされているらしい。そしてこの大東亜戦争肯定論の支持者たちが、憎んでやまないのが、中国、韓国という、嘗て日本が大東亜共栄圏を作ろうと働きかけていた国々であるら

2007.04.26 10:06 | Dendrodium

07年4月26日・金曜日  ト部元侍従の日記  宇宙の夢
 07年4月26日・金曜日 今日の朝日のトップは、ト部元侍従の日記について一面にデカデカと載っていた。昨日。関東と関西では同じ新聞社でもトップの見出しが違うと言ったが、今日の内容は一緒だが編集が違っていた。 あさずばの記事の紹介では、いつもトップに紹介するの

2007.04.26 14:12 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

敗北の翼 トロント映画祭
朝のニュースから引用。 カナダのトロントでは、毎年、ドキュメンタリー作品の映画祭が開かれ、ことしは1700点余りの応募作品から選ばれた129点が11日間にわたって公開されています。 監督を務めた日系2世の森本

2007.04.26 17:23 | とむ丸の夢

07年4月26日・木曜日  第二部  集団的自衛権の有識者の名簿
07年4月26日・木曜日  第二部    新聞でもテレビでも安倍総理が憲法改正に向かって走り出したのがよく分かる。 テレビ番組からその見出しを取り出してみた。 護憲+のブログにも此のことが掲載されているが、集団的自衛権の有識者の名簿も作ってしまっているので掲載

2007.04.26 20:27 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

ナンミョー票に勝て!
 4月22日に行われた地方選挙後半と参議院議員補欠選挙について。 ちょっと遅くなってしまったが。 さて、地方選挙は前半のとおり「自民退潮」「民主伸長」「社民・共産退潮」となった。やはり全体としてはこの傾向で

2007.04.27 00:47 | 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)