FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

まるで盗人、追いはぎのような「安倍内閣」の強行採決!!!
議席搾取内閣なんだから・・・これって当たり前???


■恥ずかしい国です / 国民投票法案

とうとう委員会で強行採決されてしまった!
決まってからマスコミが報道していたけれど
計算の分母のことも何も知らない人が半数近くもいたらしい。
こんな状態で国民投票が機能するはずがない。

正しい結果がでるはずがない!!!

◆◆◆ 国民投票とは名ばかり ◆◆◆ 
国民の手に主権が確立される
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
  真っ赤な嘘!!!


全有権者が分母ではありません!

投票率が50%ならば・・・

全有権者の半分しか分母がありません。

そして・・・

投票権のない未成年者の数は入っておらず

国民全体からすれば半分以下の分母です。
 


仮に・・1億とします。

投票率50%の場合・・・
1億人×50%=5千万人   

過半数で決定とする場合・・・
5千万人×50%余=2千5百万人余

全国の有権者数は1億327万3872人 (2005年現在)

 たった25%です!

投票に行かなければもっと最悪・・・

投票率が下がれば15%や20%で決まってしまうのです。

逆に言えば・・・

80%、85%が反対していても・・
決まってしまう可能性があるんです!



新聞というのはどうしてここまで相対的な報道ができるんだろうか。
大手企業経営者らがとっているであろう新聞と庶民愛読者が多いで
あろう新聞には大きな開きがある。
勝ち組におもねる新聞の偏向報道はおよそ公平なものとは思えない。

※参照

◆東京新聞 2007年4月13日
『拙速、もっと議論を』 国民投票法案 与野党、飛び交う怒号
田中真紀子氏(無所属)は「自民党の委員席は、一年生議員が入れ代わり立ち代わりで埋めていた。こんな議論の質では国民の納得は得られない」と批判。最後の質問者となった辻元氏は「なんにも答弁できていなかった。これが美しい国ですか」と怒りをあらわにした。
◆nikkei 2007/4/13
社説1 国民投票法案の衆院可決は当然だ
 ― 以上一部引用 ― (色文字・下線 by わんばらんす)

 
議会の論理以前に・・・

民主主義は、国民のためにあるんじゃないんですか?

これがホンモノの民主主義でしょうか???

安倍内閣の理想って何ですか?


世界の誰が・・・

これを「美しい国、日本。」と認めるでしょうか???



恥ずかしい・・「汚い国、日本」!!!



■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
桜が散った13日の金曜日に起きたこと 2007年04月13日
今日の衆議院本会議で、改憲手続きの国民投票法案、そして昨日書いた米軍再編3兆円支出法案、さらに「教育3法」特別委員会設置の3つが通過した。忘れられぬ櫻の散った「13日の金曜日」となった。
(中略)
今日の本会議では、最後まで拙速な採決に反対してきた辻元清美さんが反対討論に立った。
(中略)
憲法は、政権交代があっても揺るがない長い歴史に耐えうるものでなければなりません。ですから、憲法改正には、国民の総意に近いコンセンサスを得て、憲法の正当性を確保することが、なによりも重要です。そのためには、最低投票率や絶対得票数の導入が必要です。この点だけをとっても、両案は認められません。・・・・・・
 
 ― 本文は長いので以上一部引用 ―


安倍さんさぁ~
憲法は「私たち国民のもの」なんですが・・。
なんか・・
自分のものだとカンチガイしてませんかぁ~???



_________________________________________ by わんばらんす^^
統一地方選は、まだまだこれから・・・。
日本に押し寄せる閉塞感をブログ共闘で打開しましょう!


人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

この国民投票法は酷いですね。

民主主義の法治国家で最も重要なことは『国民がその法を理解した上で遵守することに同意すること』です。
これは憲法に限らず、法律全般に関して同じことですので、「有効投票数の~」というのはさすがにいただけない。

そして「発議してから60~180日に国民投票を行う」というアバウトさ。これもきちんと定めないといけません。

賛成派と反対派が、国民に対して同等に意見広告を表明できるようにしておかねばならないでしょう。
その一方で、教職員のように「子どもに多大な影響を及ぼす身分」の場合は、「児童生徒に対して政治的発言をしてはならない」というにとどめ、土日や勤務時間後の「子どもに影響を及ぼさない活動」はきちんと認めるということも規定されないと、拡大解釈される危険性もあります。

あと、投票形式ですね。これも具体性があまりになさすぎです。

国民投票法そのものは、憲法第96条の規定についての手続法であり、そもそも憲法制定権者たる国民が憲法を改正する手続きがないという方が問題ですから、私は必要だと考えます。
しかし、中身はとても評価できるものではないですね。

ちなみに、私は改憲派ですが、主に改正したいことは「国会議員・国務大臣・裁判官に対する国民のリコール権を保証する」という規定を加えることです。
その他も改憲したいことはありますが、政策で対応できるものも多いですから、早急にすることもないと思っています。

2007.04.15 11:25 URL | wakuwaku_44 #- [ 編集 ]

wakuwakuさん
こんにちは。はじめまして。コメントありがとうございます。初めてほような気がしませんが^^;
たぶん他の「改憲反対」のかた達もそうだと思いますが、私は「まやかし」を伝えたくてあえてインパクトのある「改憲反対」という言葉を使っていますが、何もかも何がなんでも「反対」とは思ってないんです。この自公政権では危険だと思っているんです。
国民は「国民のためのより良い改正」ならば誰も反対なんかしないでしょう。しかし、この政権は「自分たちの都合が良い方向での改正」しか見えてきませんよね。古くなればメンテが必要ですが、今の状況ではやはり改善ではなく改悪に向かうとしか思えません。そのまえに、手続き法である国民投票法をつくるのは当然でしょうが、その内容が大問題で、国民への目くらましの「姑息な票搾取マジック」は、必ずや未来に禍根を残すはずです。きちんと民主的に進められる政権でなければ許すことはできません。

2007.04.15 12:56 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/231-2764f591

国民投票法案 衆院を通過
ここでも何度か書いている通り筆者は憲法は改正出来るべきだと考えている。だいたい改正出来ない法律などナンセンスである。もし憲法改正出来ないのなら、我々は未だ大宝律令に従わねばならない。租庸調を国家に納めねばならないとしたら大変だ。ただし「改正」という名を使

2007.04.13 22:45 | しっとう?岩田亜矢那

我々が一緒に持ちこたえるならば
グルグルと何かが頭の中でうごめいてる・・・。 この状況をどう打開すれば・・・。 平和を願う全ブロガーに「IF WE HOLD ON TOGETHER」を贈る。 でわ。 IF WE HOLD ON TOGETHER=DIANA ROSS 利権家+創価の「自主憲法」恥ずかし~い 「憲法改悪」に断固反対する!

2007.04.14 01:01 | 競艇場から見た風景

国民投票法案強行採決 & 石原さん弱い人間でも生きていていいですか。
国民投票法案が、一応民主主義のこの国で、またまたまたまた強行採決されました。またまたまたまた暴挙です。※とってもおすすめ記事[公式] 天木直人さんのブログ[2007.04.12] 国民投票法案の強行採決を前にしてゲー

2007.04.14 01:10 | 言ノ葉工房

強行採決X2で押し切る安倍の「政治スケジュール」・・・キミらに「国民主権」を語る資格はない!
案の定と言おうか・・・12日に憲法改正の手続き法案が、衆院憲法調査特別委員会で強行採決された。 野党が委員長席の周りに集まって抗議中に、ドタバタした中で採決が行なわれたので、民主党案の採決は、いつ行なわれたのかわからないような感じだった。<自分んとこ

2007.04.14 02:16 | 日本がアブナイ!

07年4月14日・土曜日 国民投票法 公務員制度、政府与党と自民党が合意した
07年4月14日・土曜日     昨日、国民投票法は衆議院で賛成多数で可決成立されてしまった。 国民投票法はあって呵るべきなのだが、この法案は国民に目を向けているのでなく、自民党が憲法改正のために政治家に都合の良いようにしている感じだ。 民主党も憲法は改正し

2007.04.14 11:53 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

郵政民営化の票を憲法改悪に利用するな!
 ああ~小泉さんにはすっかり騙された。私ともあろう者がまんまとしてやられた。 目的は憲法改悪にあったのか?郵政民営化はどうでも良かったのだ。 「郵政民営化は単なるコマセ・・・それに引っかかる奴等が悪いのだ。お馬鹿な日本国民を操ることなどたやすいわ」と、自

2007.04.14 12:41 | 風の気のままに記

衆議院の次は参議院。(内容も形式も反民主的な自公の「国民投票法」は道義的にも認められないと言い続けます。)
自公の改憲手続簡略化法(いわゆる「国民投票法」)が強行採決の末に衆議院を通過しました。ならば次は参議院議員に対して同じく反対の声をあげましょう。よろしかったら引き続きこちらを使ってください。参議院 日本

2007.04.14 15:33 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室