わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いつも拙ブログにきて頂いてありがとうございます。
おかげさまで「50000アクセス」を超えました♪^^
そして、お忙しいのにポチッと応援もありがとうございます。
毎日、ランキングをみる度にアリガタイと思っています。

さて・・今日は日曜なので昨日と今日のテレビ番組の話題です。
昨日、お玉さんが、「NHKスペシャル 日中戦争」について・・・
「今晩この番組を見て頂いて、作品についてのご意見ご感想、批評がお聞きしたいな。」というエントリーをみたので、番組を観ることにした。そして、庶民の私が感じた気持ちを書いてみることにした。


■戦争は誰の責任?

NHKスペシャル  第61回 文化庁芸術祭
日中戦争 2007年2月9日(金) 午後10時~11時14分
~なぜ戦争は拡大したのか~

まず最初に言いたいのは、これは一女性からみて感じた感想です。(苦笑)

男性はどうしてこれほどまでに戦争が好きなんだろうか?と思う。誰も教えないのに、幼児の頃から戦闘ゲームが好きなのだから、これはもうDNAの問題なのかもしれないけど、戦争や武器の話を聞くにつけ、なんとかならないのかって情けなく思っている。「威嚇しながらの平和」って本当の平和じゃない。もちろんそうでないかたもいらっしゃるでしょうが、女性とは根本的に違うのは確かだと思う。

◆日本軍部の独走とそれを追認してしまう政府

政府が外交を考えて躊躇するのはわからないじゃない。でも、軍部というのはいつでも暴走しやすいもの。しかし、政府の作戦が機能しないというのは恐ろしいこと。それこそ、「机上」「現場」が一体で事を成すのは無理がある。もちろん政府が本当に撤退しようとした場合の話だけど。

だから、やっぱり戦争するべきじゃない。正義の戦争なんかない!!!

だいたい日本人というのは昔からずっと成長していない。いや、後退しているかもしれない。過去の失敗を繰り返すのは、日本にかぎらず他国にも言えることだけど、特に日本は酷いように感じてしまう。番組では蒋介石の戦略が綿密なものだったことを文書とともに紹介していた。日本はいつだって「戦略ミス」が多いのかもしれない。それは情報収集の大切さをおざなりにしているからじゃないのかって思う。そして、なにより「したたかさ」がないように思う。頭わるいのか?^^;現代の日本もきっと、いろんな意味でおもいっきり立ち遅れているに違いない。情報は大事ですよね。だって、しなくても良い戦争もあった筈なんだから。

現代の若者たちは戦争が起きたら1週間ももたないだろうと思う。生気もないし、強い意志もないんだから厳しい訓練など耐えられる筈もない。小学生へのインタビューなんか観ていると「オッサン」かと思うほど、口だけは達者だけど。こんな子たちの中から「ネットウヨ」が育っていったりするのかな(笑)。 敵を前にしてほとんどが脱走するに決まってる。使い物になるわけがない。いざ、戦場になったら、どんな行動とるのか見てみたい。だからこそ、政府に付け入る隙を与えてしまったってことでしょうけど。

戦争についていつも感じるのは、日本人は「身のほどを知らない」っていうこと。

特に戦争に関しては、男性陣のお叱り覚悟で言っちゃいますが、これは正確にいうと「日本人の男性は身のほどを知らない」ということです。(^^;)ようするに、身のほどを知らずに思い上がっているので、事実を把握して行動することが出来ない国民なんだとつくづく感じます。ただし、これは上層部限定です。権力をもつとそれを誇示したくなるんですね~。国力を考えれば判りそうなものなのに。「弱い犬ほどよく吠える」って言いますけど、それで最終的には大きな犬に噛まれておわり。それがアメリカが落とした広島、長崎の原爆投下だった。そうでもしなければ止めないほど、置かれている状況が見えなくなっていたとしか思えません。いや、状況が判っても日本人の悪いところがでてくる。そう、おとくいの「面子(めんつ)」ってやつ。もうそうなると、国まるごと「ゼロ戦」状態ですよね。

今のどこぞの自虐思想からは想像できませんが。しかしながら、その片鱗は確実に残っていますねぇ~。自民党の多くの議員や大臣をみていれば、よ~く判ります。軍ができれば必ず暴走するアホな輩がでてくる。それは断言できます。 「毅然とした国家づくり」とか言いながら、また国民を地獄行きの船に乗せようとしているんだから。何が毅然なんだか、経済はまだしもこんなに小さくて自給自足もままならない国家には似合わない言葉だと思わないのかしら。それに気づかないのが「裸の王様の安倍内閣」なんだわね。「お坊ちゃま仲良し内閣」なんて、今どき世界中で希少価値であり、絶滅貴種かもしれない。チワワよりもずっとずっと、世界で一番小~っちゃな犬ってのをテレビで観たことあるんだけど、それと同じくらい貴重な犬が吠えてるようにしか見えませんね。きつ過ぎたかしら~?これは失礼しました。(爆)

・・・ってまたまた脱線してしまったので話を戻すと

番組の中で何度も繰り返された・・・
大きな一撃を与えて、矛を納める。そうすれば敵はビックリして降参するにチガイナイ!?とか、まだまだ侵攻は可能だ」みたいな、現状把握と状況判断のできない人たちってのは、ただのバカです。そんな軍人個人のただの感情優先の判断で、国の行方を左右されたら、たまったもんじゃないです。

昔のことだから通信もままならず、タイムラグがあるのを考慮したって軍人の独断がこれほどまでに戦火を大きくする。政府も黙ってみていたとは言いませんが。現場である戦場にいて、目の前で戦友がどんどん死んでゆく。その姿は病気などで亡くなるのとは、雲泥の差。とても平常心ではいられなくなるでしょう。その状況の中で撤退できない心境になるのもわかるような気がしますが、そんな中で、国民である兵のことを思い撤退する勇気が本当の勇気だと思うんですが。

戦争は人を異常な神経にしてしまう。やさしい心の人びとを悪魔に変えてしまうほど、恐いもの。そうやって自国や他国の人民を地獄に陥れる。「戦争は、勝った国も負けた国も戦争を始めた人は必ず罰せられなければならないほどの大罪」だと思う。

戦争なんか消えてなくなれ~~~!!!

◆番組への感想・・・

まず番組づくりで気になったのは、「虐殺」の件・・。「虐殺はあった」という証拠も証言もあるようだけど、それだって捏造かもしれない。そうでないかもしれない。否定しようのない事実だとしても、その人数は数千から数十万と、未だに論争はわかれているわけで、そのわかれている事実をもっと描くべきじゃなかったのか。

しかし、番組では「虐殺が確かにあった」という印象で終わらせている。何千という数字を見せてはいたけど、中国側の主張している「30万」などという途方もない数字が通説になっているからこそ、そこのところをもう少し突っ込んで欲しかったと思った。そこがちょっと疑問ではあるんだけど、NHKとしては、これがギリギリなのかな。おおむね「反戦」のイメージでつくられていたように思ったので、よくできていたという印象ではあった。  (※参照 南京大虐殺論争Wikipedia)

「虐殺」「大虐殺」では大きく違う。1人殺しても、何千人殺しても罪に変わりはないんだけれど、それが国のプロパガンダに使われるとなると話は違う。大きく違うのだ。戦争状態では他国でも国際法を無視した虐殺があったに違いない。現在のアメリカだって、イラクでどれだけの虐殺行為を繰り広げていることか。戦争とはそういうもので、その戦争をしない努力をすべきなんだと強く思わされた。やっぱり平和がいい。

「ガツンとやれば黙るだろう」・・・なんてとんでもない思い上がりなのだ!!!


■おまけ / 大化の改新
645年に起きた古代史最大の事件「大化改新」で蘇我入鹿を暗殺したのちに、中大兄皇子や中臣鎌足たちも唐を攻撃するときも「突進して一撃を加えれば敵は退散する!」なんて言って突っ込んでいって、一撃されたのは自分たちだった。小学生がオリンピック選手に戦いを挑むのを同じだ。どうしてそう思えうるのかが不思議。これはもうアホ意外の何ものでもない。

NHKスペシャル  
大化改新 隠された真相 2007年2月2日(金) 午後10時~10時49分
~飛鳥発掘調査報告~


日本だけでなく、アメリカのイラク戦争も「一撃加えれば終わる」なんていう安易な考えから、大きな泥沼に踏み込んで底なしになっている。ま~アメリカの場合は、国力、体力はあるのだから思い上がりというよりは「楽観思想」「支配病」なのかもしれないけれど・・・。

日本が「股が裂けそうなくらい足を上げて用を足すチワワ」だったら・・・
アメリカは「縄張りの店を脅して金を搾るボうリょくダん」ですね!!!


ちなみに・・・今日10日(土)

ETV特集 22時~23時30分 NHK教育テレビ
焼け跡から生まれた憲法草案



■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記 2007年02月10日
「裁判員制度タウンミーティング」とメディア支配
小泉内閣の5年5カ月で、この国は変調子になった。


_________________________________________ by わんばらんす^^
ポチッと応援していただけるととてもアリガタイです。
立ち込める閉塞感を打ち砕くためにブログ共闘をゆるぎないものに!

人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

ココロさん、お疲れ様です。
えらい問題に触れちゃいましたね^^
僕の祖母などの話によると、先の大戦前の日本人は、天皇陛下の事が好きな人が多かったと言うておりました。確かに今言われるような軍国主義による愛国教育もされてはいたのですが、そんな事よりも自国を愛し、天皇陛下を崇拝している事が自然だったようです。
そして戦争や軍隊にも天皇の子として志願した青年たちも多々居られたそうです。
勿論反対していた人も居たようですが、大半の人は自然とそうした考えになってたようですね。
ある意味では今の日本より幸せな時代であったと思いますね。
しかし、戦争と言うものが卑劣な行為である事に変わりは無く、いくら自国を愛するからと言うて簡単に戦争などしてもらっては困ります。
南京大虐殺などの話しも、30万人もの人を虐殺したとされていますが、これもほんまか嘘かわからん話しですよね。30万人てオイオイってな感じですよね。でも確かに戦争などと言う状況下では卑劣な行為もあったと思いますよ。日本に限らずですがね。そもそも戦争そのものが虐殺ですからね。
日本もまたまたイラクへ米国のケツ拭きに出かけるようですが、まったくこの糞ボンボン総理は何を考えてるのやらさっぱりわかりませんわ。独立国を主張するのかと思えば、米国のポチとなって金魚の糞みたいに付いて行くと言うんですからねぇ。
イラクの問題は、この独立国家日本がなんとかしたるわい、米国なんぞどっかへ行っとけ!くらい言うてみたらまだしもねぇ。
まぁ美しい国にしてくれるんでしょう糞ボンボンが^^;

2007.02.10 22:49 URL | seiryu #- [ 編集 ]

seiryuさん
こんばんは~毎度です~♪^^
あはははっ書いちゃいましたよ。おもいっきり。(爆)あ~いう番組みると書かずにいられませんね。戦争反対!って。そのアホさ加減を叫びたくなるんですね~。でも、番組ってのは、つくり手の思惑がやっぱり入ってしまうわけですが、それにしては上出来ではなかったかとは思います。
大戦前の日本、それも明治の人は昭和初期の人よりも幸せそうなところもありますよね。モボモガって感じで案外オシャレだったんですよね。食べ物も舶来とかいっちゃってシャレたものも食べていたらしいです。昭和初期あたりの人が一番大変だったのかな。これは想像なんだけど、日本が信仰心がないのって‥天皇を信仰してたようなもんだから、本物の宗教にいかなかったのかなぁ?なんて思ったりします。ほらっ信じる者は救われるって、何でも信じるモノがあるってのは、本人はしあわせなのかもしれませんからね。最悪なのは、天皇そのものではなく、天皇の権限を「錦の御旗」にして悪さをする人たちだと思います。昔からそれは繰り返されてきましたよね。昔から利用の対象でしかないような気がします。みんな錦の御旗が欲しいだけですから。象徴になり担ぎ上げることができなくなって良かったです。そうじゃなかったら今頃ボンボンだって旗を奪いに行っちゃうかもしれませんからね。v-496

2007.02.11 01:05 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

歴史物は好きなので見たかったのですが、寝てしまいました。
文章を見ると、ココロさんって女性だったんですね。今まで、男性だと思っていましたので。ずっと前から知っている人は知っていたのでしょうが。みなさん、名前だけでは判断できませんからね。さして重要なことではないのですが。単に私の野次馬的根性です。間違いないでしょうか。

2007.02.11 07:19 URL | ひとみ #- [ 編集 ]

こんちは。こっちにも少し。
『映像の100年』でしたかね、色んなフィルムを編集して20世紀を振り返っていました。中でも第一次大戦、戦間期、第2次大戦の3本は、ヴィデオも撮って何度か見直しました。
第一次大戦が始まった頃、半年位で終わるって誰もが楽観していたんですけど、マシンガンと戦車、飛行船。シェルショック(チャップリンの自伝にも出てきます、戦争爆音ショック症状)。トマス・マンだったかな、戦争は2つの敵対国同士の戦いというよりも、一つの大いなる破壊だって言ったのは。でも、御目出度い戦間期を経て(憎悪にも満ちた戦後処理の結果)、もっと馬鹿でかい破壊が起きた。で、無力な国際連盟の反省を踏まえて、国連に結集したんですけど、米ソ冷戦や植民地独立戦争でした。でも、今の無秩序の増大は、冷戦時の(特に先進工業国にとっての)相対的安定期とは様相が違うような気がしますね。2超大国という重石がなくて、これまでのマグマが噴出しているっていう感じかな?しかも貿易額の数百倍の投機資金が駆け巡るし、監視しきれない量の武器や麻薬や人身売買でしょ。正規の取引が膨大過ぎて、少々捜査官を増員しても、大小さまざまの不正取引が擦り抜けていく世界です。安定を創ろうとする査察は、弱体化を目論む陰謀に思えちゃうし、もう破茶滅茶な疑心暗鬼社会。その隙間を『色んな原理主義』が埋めていく。疑心と憎悪に余計拍車が掛かっちゃう。
大変なのはイラク戦等の熱戦地だけやないンかもしれません。何時何処が「点火」するか分からん「危険物」だらけで。煽られない図太さと生活のゆとり、しかも世界的にそうせんと憎悪って飛び火して来るし、色んな面で大変です。

ほなまた~。

2007.02.11 10:21 URL | ivanat #CRE.7pXc [ 編集 ]

ひとみさん
こんにちは♪^^あははっ。間違いないくオジチャンではなくオバチャンです(爆)。文字にピンクなんか使ってるから当然みなさんご承知かと思ってました。ほんとHNだけでは判断つかないですよね。わかりやすいHNもありますが。ひとみさんは福津市議会のかたなんですね?本名ですから間違いようがありませんね!^^これからもよろしくお願いします!v-22

ivanatさん
こんにちは♪^^私は本当に詳しいことはわからないんだけど、世界は、21世紀は明るい未来じゃなかった‥ということだけは確かですね。昔は世界が混沌としていても武器などの威力がなかったからなのか、世界のバランスが地球規模で大きく崩れることはなかったけれど、ここまでくると本当に地球破壊に繋がるような気がします。一触即発とはこのことですね。二極化で大国が威張っているのは許せないけど、大国のバランスが崩れると世界のゆくえは誰にも予想がつきません。他にも、国まるごと爆弾みたいな国もあることですし。これからどうなるんでしょうか。恐いです。v-40

2007.02.11 10:21 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

私は、歴史モノが苦手でしたので、言う資格などないのですが^^;
原爆投下にしても、「実験の為の投下」という、見方も有力だそうです。
一般的には、「言うことを聞かない軍部への戒め」として仕方なく使用されたことになっていますが・・
何でもそうですが、書き手とか報道する側の立ち位置によって、物事の実態が変わってきますよね。

2007.02.12 11:10 URL | una #- [ 編集 ]

unaさん
こんにちは♪^^いえいえ私は好きなんだけど苦手です。そうそう、実験の話は事実でしょうね。。実験したかったところに懲らしめたい国があった。日本を軸にみるとアレがなかったら、まだまだ降参しないで本土決戦で国民はもっとズタズタで全滅だったかもしれないですよね。
だから何でも複合的ですね。「平和憲法」みたいな良い奇跡もそうだし、逆に開戦もそうだし、考えるとすべてが恐いですね。v-292

2007.02.12 11:38 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

ブログ名どうり、バランス感じました。

2007.02.16 14:47 URL | bando #JalddpaA [ 編集 ]

bandoさん
こんばんは♪^^そういう言葉はとても嬉しいです。<(_ _*)> アリガトォです♪これからもどうぞよろしくお願いします!v-22

2007.02.17 00:07 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

支那事変とは
http://godslounge.seesaa.net/article/22906978.html

2007.02.18 22:16 URL | 武悪堂 #fmxtedD2 [ 編集 ]

武悪堂さん
こんばんは。お知らせありがとうございました!v-22^^

2007.02.19 01:13 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/158-68d99947

えひめ丸事故。少し森元首相
えひめ丸事故。2001年2月9日、ハワイ・オアフ島沖で愛媛県立宇和島水産高校の練習船「えひめ丸499トン)35人乗り組み」が浮上してきた米原潜米原潜「グリーンビル」に衝突され沈没、9人が犠牲になった事故である。

2007.02.10 20:45 | 酔語酔吟 夢がたり

「スーパーノート」は自作自演?
スーパーノート公式名称C-14342 北朝鮮の偽造紙幣「スーパーノート」とは? 米国政府が今月16日(筆者注、2005年の話)、北朝鮮による偽造紙幣のドル製造の証拠だと説明した内容が、少しずつ具体化している。北朝鮮の外交官が第3国の銀行に偽造紙幣を振り込んでいる写真など

2007.02.10 21:27 | 私もひとこと言ってみる

フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物?(4)
2007.2.10.07:07ころ 比看護師の来日は来春以降に(NHKニュース、

2007.02.10 22:09 | 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」

【日記】今週、気になったこと(テロ・組織犯罪謀議罪、都知事選民間候補、植草さん)
昨晩は、歓送迎会に出席できず、申しわけありませんでした、社内A氏。「耐震偽装」、まだ読み終わっていません。これから、P.326「焦土と化すイーホムズ」を読みます。連休中に読み終えて、この本を差し上げますでの、歓送迎会の件は、ご勘弁ください。今週気になった記事と

2007.02.11 10:46 | 散策

今こそ、ジャーナリスト宣言じゃない? 【電波法改正】
「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。」 の素晴らしいメッセージ。いい事言うなぁ~と思ってたら、最後に「朝日新聞」という発信元を聞いた瞬間

2007.02.11 10:53 | らんきーブログ

民権運動の中で生まれた憲法草案
 昨晩のNHKテレビETV特集は「焼け跡から生まれた憲法草案」でしたね。 その中で憲法研究会の鈴木安蔵さんが高知の民権家植木枝盛の憲法草案を見つけ出したときのことが描かれていました。 植木枝盛の憲法草案を初めて目にし

2007.02.11 11:19 | とむ丸の夢

日中戦争~なぜ戦争は拡大したのか
 13日のNHKスペシャル:「日中戦争~なぜ戦争は拡大したのか」を見ました。 廬溝橋事件発生当初の不拡大方針にもかかわらず、戦線は欧米をも巻き込んだ世界戦争へと突き進んでいく。この国の指導者たちの甘い見通しに、またして

2007.02.11 12:40 | とむ丸の夢

イラク…米軍による虐殺、次々と…(虐殺の事実を隠蔽する情報操作)
画像 REUTERS/Jamal Saidi . Common Dreams News Center より「誰がなんと言おうと増派なんだ!」と絶叫する指導者のもと、米国世論と世界世論の反対を押し切って海兵隊を続々とイラクに送り込んでいるアメリカだが、非武装の市民600人が殺され、1000人以上が負傷し

2007.02.11 14:04 | にほん民族解放戦線^o^

株式投資の「カラクリ」
飲み屋で小耳に挟《はさ》んだ「お話」です。  ←blogランキング投票をお願いします(ペコペコ)。とあるバーの「美人ママ」が「実はライブドア株で損した」と爆弾発言(?)をしました。そして今は某証券会社営業マンの「助言」に従って株取引を行なっていると言いました

2007.02.11 16:07 | 喜八ログ

失業率を考える。1・2
>『諸外国並みの比率で、日本の女性(主婦ら)が求職者の列に加わったら、日本の失業率はどのくらいになるのでしょうか?』(今と同条件下で)失業率の定義は、完全失業者数÷(就業者数+完全失業者数)×100である。就業者数+完全失業者数は労働力人口ともい....

2007.02.11 18:33 | 晴天とら日和

騙されないぞ:アナウンス効果ねらい=憲法改悪
政治家の手法はセコイ。人が安心するようなことをして、土俵際で簡単にうっちゃる。その第一弾がまずこれ!汚い!自分で言わないでまず同盟国に援助を求めた究極の一例。次は、自民党からだな。///////////////////////////////////////////////////////////////////////参

2007.02.11 18:46 | kimera25

憲法ー自公政権VS諸野党ー
 まず、自公政権は国民要求、住民要求から逃げるな!ということである。憲法とは何か。憲法とは自公政権に対し、国民要求、住民要求の合意を手段に「生活向上」を達成していく与野党逆転、政権交代である。他方、自公政権の言う憲法とは、国民要求、住民要求を蹂躙、失望さ

2007.02.12 01:02 | 未来を信じ、未来に生きる。

ふぞろいのワンダラーズ(1) ~バブル崩壊と共に、価値観やモラルを失った世代~
 以前から書きたいと思っていたシリーズものを、これから不定期にチョコチョコと書いて、アップして行きたいと思う。 タイトルは、「ふぞろいのワンダラーズ」にしてみた。「ふぞろいの」は、あの有名ドラマ「ふぞろいの林檎たち」から頂いた。「ワンダラーズ」は、”W

2007.02.13 23:56 | 日本がアブナイ!

やたらと“まとも”に見えてしまう加藤紘一議員のインタビュー
2月26日のハンギョレ新聞に掲載されていた加藤紘一議員のインタビューです。まるでコントのようなトンデモ発言や、それに対する(フォローにもなっていない)弁明が絶えず繰り返されている、なさけな~い政府自民党において、加藤氏の発言は妙に“まとも”に見えてしまいま

2007.02.28 18:10 | 薫のハムニダ日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。