わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
“マイスター”って‥何???

マイスター‥
ドイツの職人を認定している国家資格で、その高い技術は世界でも有名。


転機を迎えるドイツのマイスター制度 (03.08.20)
これまでドイツの産業競争力を支えてきたとされる
マイスター制度がドイツ経済を取り巻く厳しい環境変化の
中で即応できなくなってはいる。


<比較にならないマイスター>
マイスターって、ようはドイツの職人認定制度なんだけど、最近よく日本でもマイスターという言葉を耳にするな~。日本でのマイスターというのは、ドイツのモノとは全く別のモノで、これも国の責任なんだと思う。日本でも最近は行政で認定制度を設けていて、いろいろ試行錯誤の真っ最中ではあるんだけどね。

でもなんだか、流行物的な”ワイン”だとか“野菜”だったりで、本当に伝承しなければならない日本文化とは関係ないモノが多いのも、私は気に入らない!^^;

上記のように、ドイツでもマイスターの制度の存続については、大変な問題を抱えているらしいけど、少なくとも今まで永い歴史の中で保ってきたことは事実なんだし、そういう職人たちの技術は世界でも評価されているから、一朝一夕に仕上がるものではないってこと。どちらにしても、伝統の継承というのは大変だと思うんだけど、それをおして踏ん張って守っていかなければ伝統というのは、なし崩しに消滅していってしまう危うい存在なんだって思う。

“伝統もの”‥日本の民族衣装である「着物」が好きな私は、日本の伝統のことが日頃からとっても気になっている。着物だけでなく伝統文化を伝承している技術者についてもとっても心配しているのです。着物の世界でも人間国宝のかたは知らないけど、あまり守られているとは思えないしね~。

ま~他の分野でも、日本では認定したマイスターをどのように利用しているのかということがとっても疑問だ。まず、日本では悲しいかな職人の地位はとても低い。それなのにこの頃メディアが“マイスター”を飾り立てて取り上げて、さも日本にもドイツのような「堅実な実のある制度」があるかのように伝えているのは何故なんだろう?って。

たぶん、それはドイツのマイスターの高い技能に起因しているに決まっている。しかし、ドイツのそれは少年少女と言えるくらい基礎教育の段階から厳しい訓練と年月を乗り越えた者に与えられるんだから、大人になってからのちょっとした期間の訓練と資格試験を通った人とでは“雲泥の差”があるんだよね。

そうはいっても、無いよりはマシってもんなんだけど‥。その、いろんな技能(ヤッツケ大工的に近いが)を習得した日本の職人たちは、流通や生産者団体などの企業、ようするに○○協会みたいなところを潤すような目的に利用されているようにしか私にはみえない。

本当に大切なのは企業ではなく「伝統と文化」なんだけど~!

ドイツのマイスターという制度は、素晴らしい伝統と、その
技能を伝承するために国が職人(技術者)を育て保護していく
制度だと思うから、日本のそれとは全くもって違う。
日本人として恥ずかしいくらいに違う!ってこと。



育てる→→試験→認定→保護→伝統維持


本来ならば上のように展開されなければ伝統の保護はできない。でも、日本においてのマイスターの認定は、どうみても資格の認定だけであって、それに付随しているイベントなども企業の宣伝みたいなもんだと思う。なんだか職人の保護や、その人材を育てるということが希薄にみえる。そこまで辿り着くのに掛かる時間もぜんぜん違うんだから、その存在もそれなりって感じなのか‥。

それに技能習得には殆どが自費&自力に頼っているんじゃないかな。そして、もちろん技能はそれなりには付くけど、その先も問題でマイスターの一番の目的の伝統の伝承率ってのも低いんじゃないかな?と思う。
それは最初に書いた職人の地位が最大の問題なんじゃないかな?別に勝ち組をつくろうって話ではない。地位が上がれば自ずと収入も上がるってことで生活ができれば継承してくれる若い人たちも増えるってもんだ。しかし下記のように‥悪循環はあまり改善されていないように感じる。

少ない→高い→売れない→生活苦→作り手がいない→少ない



日本の伝統職人はけっしてニーズが低い品をつくって
いるわけではないけど、伝統品なんか今や高級品で買えない
っていうのが実情。この悪循環が大きく立ちはだかって
いるっていうのに、国としての対策を何もしなければ
「国の伝統」は必ず死ぬに違いないって~。


野菜やワインや、その他もろもろの専門知識のプロも必要だし、そういう人もこれからは必要だと思う。各企業や協会団体などが、養成講座を多種多様に設けてカルチャー教室のようにインスタントに“マイスター風”をつくって業界を盛り上げていくのも別に否定はしないけど、それを「国の認定であるドイツのマイスター」とまるで同じかのようにその称号を安易につかうべきじゃないとつよく思う。

でも、なんでもサルマネが好きな日本では仕方ないのかな?^^;


ホントに‥“日本の「マイスター」ってなんですか~~~???”


ブログランキング 
↑「日本の伝統」たいせつだね!ってかたはクリックよろしくお願いしま~す!^^

こんばんわv-280
日本にはまだまだ各地に、各分野に知られて無い素晴らしい伝統がたくさんあると思います。
たまたま、なにかのタイミングでメディアに取り上げられた資格?がもてはやされたりするのは
一時のファッション的な感覚で、底の浅い物に見えてしまうのは私だけでしょうかe-116

2006.09.30 22:00 URL | tuyu #- [ 編集 ]

tuyuさん
コメントありがとうです♪^^ここにも確実に一人いますからv-222v-206
少なくとも二人いますね~^^インストラクターくらいでいいんじゃないかって思ってますが、どうでしょうか?一度絶滅したものを復活させるのは難しいから大切にしたいですよね~v-471

2006.09.30 23:08 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

こんばんは。

日本も、ものづくりを大切にしていて、いい職人さんが
たくさんいたのに。<小さな工場を経営している人とか
含めて>
昔ながらの徒弟制度を行なうのも難しくなって、継承者が
どんどんいなくなっているのは残念ですね。

本当にココロさんの言うように、その技能と立場にふさわ
しい収入や地位(敬意も含む)が必要だと思います。

日本のマイスターは、日本のセレブと同じぐらい、中身の
ないあやうい称号かもですね。(笑)

2006.09.30 23:55 URL | mew-run7 #- [ 編集 ]

mewさん
こんばんは~また夜更かししてしまいました~(--;
>技能と立場にふさわしい収入や地位
ホントに敬意がまったく感じられないですよね。「本当に大切なもの」って、失くしてから気付くのが人間の愚かなところです。悲しいかな‥。

偉い人(?)たちは、そのセレブってやつだから本物の職人の心なんて考えた事もないでしょうし流行のマイスターが似合うかもしれませんね‥きっとv-427

2006.10.01 02:14 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

こんにちわ
日本でもある意味ではやたら資格認定制度が求められる時代になって、それに合格しないと採用されないということで専門学校は大はやりですが中身ははたして。
話は飛びますが、以前広島大学に赴任されていたイギリス人の講師の方とお話したことがあります。そのときの話題は日本のタクシーとロンドンのタクシーの比較だったのですが、ロンドンタクシーが有名なのは職人技といえるほどの完璧さだそうです(当然、試験も難しいみたい)。
でも、話が終わって別れ際に彼がひと言、「そうそう、言い忘れていたけれど、ロンドンタクシーのドライバーの所得は英政府の閣僚並みだよ」。その言葉を残して目の前の日本のタクシーに乗り込むとあっという間に走り去ってしまいました。

2006.10.01 11:28 URL | ゲゲゲのイチロー #aIcUnOeo [ 編集 ]

ゲゲゲのイチローさん
こんにちは~♪コメントありがとうございます!^^
資格ってもっているに越したことはないんですけど、案外アシスタントでついてる人のほうが技量は上ってことが多いみたいに感じます。センスのない人が短期間で必死で取っても芸術的な技は無理ですからね~。

>ロンドンタクシーのドライバーの所得は英政府の閣僚並みだよ‥
へぇ~そうなんですか~!?びっくり!^^やっぱりどっか間違ってるよな~日本ってv-61

2006.10.01 15:46 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

 はじめまして。「未来を信じ、未来を生きる」の東西南北です。

 で、マイスター制度ですね。やはり、国の制度であるだけに、国政選挙の支持拡大運動と投票行動が決定的に必要ですね。

 日本国の民族伝統産業をどのように維持、発展させるかの政策ですね。

 わんばらんすさんの言うととおりだと考えます。

 ①職人の労働条件が低いから、高くすべき。
 ②大企業の利益中心の制度に成っている。止めるべき。
 ③伝統産業の公共的な育成が予算措置を含めて政策上、必要である。
 ④下からのマイスター制度及び職業訓練学校の設立と再構築が必要。
 ⑤ニーズはあるが、高価で手が出ない。価格政策が必要。

 こうしたバラエティーに富んだ民族文化の維持、発展を実現させるには労働、市民、政治運動、支持拡大・選挙・投票行動しかありません。

 是非、野党各政党の政策をホームぺージと機関紙誌で学びながら、政権交代で政治を一新し、社会を革命しましょう。

 今後ともよろしくお願い申しあげます。

2006.10.03 05:38 URL | 東西南北 #- [ 編集 ]

東西南北さん
コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい!^^;
私は、ただただ新しいモノも大切だけど、古いモノは手を掛けないと自然消滅してしまうって気が気じゃありません。国民も自分の生活のことも大事だけど、国の誇りの伝統のこともマジメに考えて欲しいと思っています。本物の改革ができることを願っていますv-22

2006.10.05 11:33 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

日本の職人さんというと、丁稚奉公から始まって、親方と寝食を共にして、何十年も下積みをしてようやく一人前、「親との縁は切れても オヤジとの縁は絶対に切れない」みたいな、そういうイメージがあります。

昔ながらの「職人さん」て感じの人を何人か知ってるんですが、その人たちの 若手の育て方というのが、「見て覚えろ!」「教わるな、盗め!」って昔のまんまで、びっくりするというか、すごいなぁと思います。

ただ、そのやり方で ついて来れる人はいいんですが、たいていの子は、仕事を覚える以前の段階で、何のかのと言って辞めてしまうとか…。

きっともう、現代っ子に合わないんですね、そのやり方は。

だから専門学校に行って資格を取って、ってことになるんだろうけど、師匠や親方から学ぶことって、単に『技術』だけではなく、『心』や『態度』みたいなものも 怒られながら吸収していくものだと思うんですが、そこらへんは学校でちゃんと教わってるんだろうか?? って、ひとごとながら心配になります。

そう言えば、前々政権あたりで国会を紛糾させた「ものつくり大学」はどうなったんだろう…?? 開校したのかな??
国会の代表質問をカネで買ったとかで、防衛のプリンス額賀っちや、今は無き村上正邦氏(死んでへん死んでへん(笑)) が 血祭りにあってましたが… 
職人を育てるってコンセプトはいいけど、やってることがそれじゃあなぁ~と思ったのを覚えてます。

2006.10.12 16:16 URL | 猫だぬき #DdMDrPns [ 編集 ]

猫だぬきさん
全部よんでくれてるんですか?恥ずかしいからって大変だから、いいですよ~。くつろいで休んでください。疲れてるんだし。でも、ありがとう♪(笑)
>「見て覚えろ!」「教わるな、盗め!」
これって積極的な人しかできないから、振り分けにはいい方法なんですよね、昔から。(笑)

>そこらへんは学校でちゃんと教わってるんだろうか??
最近の子どもたち見てると教わってないと思うな~。

> 「ものつくり大学」はどうなったんだろう…??
そう言えば‥そうでしたよね~。あの大学どこに行っちゃったんでしょうね~♪ってか?^^;

現代っ子は‥じゃ~いったい何ができるのか?ん~。フリーターか!v-16

2006.10.12 18:32 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/15-922d5c1c

ワンフレ小泉から安倍こべ時代 「欧米か!」
この情報が本物ならすごい事だ。早速聞きに行ってください。とむ丸の夢さんのブログで知った藤原直哉のインターネット放送局:藤原直哉の「日本と世界にひとこと」小泉政権の後始末 の9月26日分のmp3を聞いてみましょう(

2006.09.30 19:44 | らんきーブログ

ボクの美しい国はカタカナ語のヤブの中に・・・安倍氏の所信表明に 思うこと
<29日23時半追記>   29日、安倍晋三首相が衆参両院で所信表明を行なった。<全文はコチラ、骨子は*1> もう何か感想の書きようもないというか・・・。 ほとんどの人が「結局、何を言いたかったのか、何をやりたいのかわからなかった」という感想を抱いたので

2006.09.30 23:57 | 日本がアブナイ!

07参議院選挙、統一地方選挙に対する基本の考え方と態度
 06年11月には野党5党の統一候補が沖縄知事選を闘います。政党支持率の世論調査でいえば、自民・公明が圧倒的ですが選挙の得票数は必ず世論調査を裏切るというのが選挙史の事実です。 今、ジリ貧なのは自民・公明の議員とその野合のほうであって、野党は団結して与党

2006.10.01 03:36 | 未来を信じ、未来に生きる。

「お金」より「仕事」のほうが大切(ある社長さんの言葉)
「お金より仕事のほうが上」 これはある会社の93歳の社長さんの言葉です。

2006.10.01 16:05 | れっつご~な日々

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。