わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
WHOでは、「フェイズ5」になっちゃいましたね。

それよりも・・

危機管理にはいつも愚図な日本政府の動きが
先手先手で、いつもの政府とは正反対なのにも・・

ビックリではありませんか!? きっと・・

こういう時にはたいてい
何か背景があるのよね。




人気blogランキングへ    FC2blogランキングへ
先日、とうとう堕ちていっちゃうのかと思ったら
みなさまのおかげで踏み止まりました。^^;;
いつも、ご訪問&応援をありがと~~~っ!



昨日のエントリー、豚インフルエンザ・・・感染症に国境なし で・・

政府は正確な情報を逐次、
国民に提供しなければならない。
国民も風評に惑わされないように
冷静な対応が求められる。

という中日新聞の記事の言葉を紹介したけれど・・
正直言って、正しい判断なんてできない状況なわけですが、
それでも、なんらかの判断をしながら生活しなければならない
のも一般庶民の辛いところですよね~。
冷静に・・と言ったって、具合が悪ければパニクルのは当然で・・。

だけど、そのなかでも・・

正しい判断は、正しい知識から・・ということで・・
いろいろな情報を把握することが大切かと思われます。
政府の素早い動きに、単純に喜べない背景があるのか?

それでも・・

実際にかかってしまったら冷静ではいられないとも思うけど。


そこで・・らくちんランプ 
のエントリーもその一環をになう重要なものだと思います。

2009年04月29日
「タミフル」は、とても病気を治す薬とは言えない

http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/8320913.html

2009年04月28日
豚インフルエンザ感染拡大は、
タミフル在庫処分を目的の一つとして起こした騒動

http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/8316855.html
~略~
 そもそも「タミフル」は、感染が流行すると考えられていた「鳥インフルエンザ」のH5N1亜型[注:A (H5N1)とも表記する]ウイルス対策用に開発されたものです。そして、今回メキシコで発生した「豚インフルエンザ」のウイルスは、H1N1亜型[注:A (H1N1)とも表記する]です。

 日本を代表する防疫研究組織の国立感染症研究所は、今年の1月19日に「H1N1亜型」のウイルスの98%が、タミフルの効かない耐性ウイルスであると発表したのに、4月24日に米国疾病予防管理センター (CDC) が人から人へと感染したと発表した後、国立感染症研究所感染症情報センターのHPに掲載されている、「ブタインフルエンザとあなた Q&A」の中では、何と治療薬として「タミフル」を推奨しています。
~略~


(色文字・太字・拡大・改行修正など by わんばらんす) 

どの情報を、どう選択するのかは、
各自に委ねられているわけですが・・。


総選挙。自公落として明るい未来。!
       ( Saudadeな日々 Franciscoさん作成)
 

↓ 党派を超えて 保坂のぶと議員 を応援しています ↓
      社民党公認 民主 国民新党推薦 

hosakanobuto
  東京8区から出馬します。 
 杉並区のみなさん・・・
 保坂議員の仕事ぶりを見てから
 どうぞよ~く考えてください。


テレビ は ・・・ BS11 (月) 西川のりおの言語道断
ラジオ は ・・・ JAM THE WORLD

いのち 小
_______________________________________ 

人気ブログランキングへ   FC2blogランキングへ

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 

【政権交代】を目指すブログ結集! 晴天とら日和
The Blogger 現政権に「ノー」!!!

豚インフルエンザにどうしてタミフルが有効なのか???不思議ですね。
誰かに試したのかな???
痛みを緩和するという効き方ならあるのかもね。それだけの効果のはず。
タミフルは、初期に脳に作用して、麻酔と同じ感覚で、痛みを緩和する薬でしょう?
普通に、時間が経てば直る病気の初期の痛みを緩和するだけの薬。それを、脳に麻酔かけるのと同じで、命のリスクを負う薬。
私の認識はそういう薬なんですが。
それより、豚インフルエンザを大騒ぎする必要性は、このためかも。
オバマ米大統領は30日(日本時間1日未明)、経営危機に陥っている米自動車大手クライスラーが連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請をニューヨーク市の連邦裁判所に行ったと発表した。破綻(たん)回避のための債務削減をめぐり米財務省が29日、債権者団と行っていた交渉が失敗に終わったため。
クライスラーの破綻について、これからどれだけテレビ新聞は報道するのでしょうか???
強欲主義がもたらした、世界大不況がどんどん深刻化しています。
日本でも、3月には相当に派遣切り、解雇があったと想像します。
テレビ新聞は、ここに話題が集中しないように、連日情報操作していますね。
麻生首相は、就任当時、日本は被害がもっとも少ないから、世界で最初に立ち直ると発言していましたが、実際は、先進国で経済成長は最悪です。
そもそも認識が間違っているのだから、麻生政権のバラマキ政策&消費税大増税では、日本は再生出来ません。
せめて、民主党のパクリでも、毎日、高速道路の完全無料化すれば景気にも効果があったのにね。
既得権益の延命装置テレビ新聞の情報操作、世論誘導のハードルを飛び越えて、国民の生活を守る=民主主義を守る=小沢代表を守る意識が必要です。
この国を救う、国民生活を守るには、選挙で政権交代するしか方法がありませんね。
民主党も、内部に政権交代阻止することが政治課題の集団抱えていては、大変でしょうね。小沢代表、鳩山幹事長、菅副代表の三本の矢で、地検の恣意的な逮捕起訴にも負けず、政権交代頑張って成し遂げて欲しいですね。国民の生活を守るために頑張って欲しいものです。
それにしても、民主党の代表秘書をいつまで拘束しているのでしょうか?
選挙妨害、人権問題にも思えます。

2009.05.01 02:22 URL | scotti #4SSKmKVw [ 編集 ]

私は医学分野には長けていないので、専門家から聞いた話を開陳するにとどまりますが、それを前提に話せば、タミフルは、症状を抑え、ウィルスをできるだけ少なくしておくというものだそうです。なので、「治療」には使えるんだそうです。
ただし、特効薬ではなく、タミフル単独で「治癒」はできないので、タミフルを投与して、ウィルスを最小限に抑えて、自然治癒力(人間の回復力)で治すということらしいですね。
でも、これは症状が悪化したときは、根幹からウィルスを殺すためのワクチンが必要となるので、その開発を厚労省は進めている、というわけです。

市販の風邪薬も、それで風邪を治すのではなく、症状を抑える作用があるのみで、風邪を治すのは、あくまでも睡眠と栄養がメインとなります。

ちなみに、パンデミックについては、かつての鳥インフルエンザもSARSも、海外からのものは、日本は徹底して水際で食い止めました。日本国内で発生した場合も、早期発見によって最小限に食い止めることに成功しています。
今回、1人が見つかったようですが、非常に早い段階で見つけているようなので、諸外国に比べて発症例が少ないケースで終わる可能性は非常に高いです。

日本の危機管理体制をナメたらいけません。

2009.05.01 12:25 URL | わくわく44 #- [ 編集 ]

そりゃ,私のブログにも書いたように,リレンザの販売妨害と,タミフルの在庫処理に決まっているじゃないですか(笑)

# 要するにODAとして「借りを作る」

2009.05.01 20:03 URL | kaetzchen #HfMzn2gY [ 編集 ]

わくわく44 さん
>症状が悪化したときは、根幹からウィルスを殺すためのワクチンが必要となるので、その開発を厚労省は進めている‥

ワクチンというのは、感染症の予防に用いるものです。ようするに「予防接種」。症状が悪化してから用いるために急いでいるのではありませんよ。

> 日本の危機管理体制をナメたらいけません。

ナメるしかない状態になっておりますね。
5月1日のエントリーをお読みください。^^
http://wanbalance.blog75.fc2.com/blog-entry-1174.html

2009.05.02 02:10 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

あの~(^_^;)

>scotti さん

>タミフルは、初期に脳に作用して、麻酔と同じ感覚で、痛みを緩和する薬でしょう?
普通に、時間が経てば直る病気の初期の痛みを緩和するだけの薬。それを、脳に麻酔かけるのと同じで、命のリスクを負う薬。

デマは止めて下さい(笑) タミフルという薬はリン酸オセルタミビルとも言いまして,カプセルに入っている「未活性体」が肝臓に吸収され,「活性体」に化学変化してから,ヒトA型及びB型インフルエンザウイルスの持つ「寄生した細胞の細胞膜をぶちやぶる」ノイラミニダーゼを阻害して,これ以上インフルエンザウイルスが寄生した細胞から外へ出ないように食い止める薬であって,痛みの緩和とは何の関係もありません.(^_^;)

逆に言うと,タミフルもリレンザも急激な高熱や下痢が生じて48時間以内に服用しなければまったく効果のない薬剤なんです.激しい頭痛などの鎮静のために先に鎮静剤や解熱剤を投与すると,熱暴走する可能性があるので,薬を飲む順番にはくれぐれも気をつけて下さい.

医療関係者でもないのにデマを飛ばさないで下さいね.あたしは内科は専門じゃないけど,このくらいのことは半分眠っていても書けます.(^_^;)

2009.05.02 06:30 URL | kaetzchen #HfMzn2gY [ 編集 ]

ごめん、ワクチンについては間違えました。

まぁ、でも、新型インフルエンザに関して、タミフルについては、そういう使い方をするんだそうです。なので、別に誤魔化したり嘘をついているわけではないんだそうですね。

>ナメるしかない状態になっておりますね。
>5月1日のエントリーをお読みください。^^

新聞記事と私のコメントをよく読んでくださいね。
28日の朝に通知がきて、29日昼ごろまで体制が整っておらず、そのタイムラグが漏れたということですが、「やや遅れた」という感は否めないが、私が誤った発言をしたと思って「^^」という顔文字を出す状態ではない(あなたが、私に勝ち誇った感情を抱くような状態ではない)ので、思考と感情を改めるように。

なお、私は水際作戦のみならず、国内発症事例にも言及しているのでね。

私の指摘に対してストレスを感じたり、あるいは「あ、わくわくに反論できる!」という思考を抱くようなようでは、あなたが支持する候補者の当選は、それだけ遠のくと思いなさい。

以上、必ずUPするように。

2009.05.02 12:26 URL | わくわく44 #- [ 編集 ]

ごめん、また勘違い。
怒りにまかせて、ココロさんの5/1のエントリーを読んでいると書いてしまったようです。これは、完全に勘違い。

でも、その責任は、ココロさんの態度にあるという事実をわきまえよ。
ったく、あれだけ言動に気をつけろって教育的指導をしているのに、態度も感情も改めないとは。本当にネット規制法が必要になるね、ココロさんだとか東西南北がいると。

2009.05.02 12:29 URL | わくわく44 #- [ 編集 ]

釈迦仏の言葉で。
誰かから贈り物をもらった時、それを受け取らなかったらその贈り物は誰の物になりますか。誰かから言葉を頂いた時、それを受け取らなかったらその言葉は誰の物になりますか。
この言葉は受け取っていただかなくても結構です。私は持ち帰りますから。欲しかったらどうぞお持ちください。私は無理矢理持ち帰ることもありません。また、私は誰かさんの言葉を受け取る事はありません。毒まんじゅうは私の口には合いませんから。

この誰かはココロさんではありませんよ。多くの人の言葉を私は受け取ります。全く聞く耳を持たないわけでもありません。

ところで、swine flu(豚インフル)を新型インフルエンザなんて言っていると世界で大恥さらしかねないと思うのは私だけでしょうか?

2009.05.03 00:26 URL | まる出し馬鹿 #AzDyqI92 [ 編集 ]

わくわく44 さん

> ごめん、また勘違い。
> 怒りにまかせて、ココロさんの5/1のエントリーを読んでいると書いてしまったようです。これは、完全に勘違い。
>
> でも、その責任は、ココロさんの態度にあるという事実をわきまえよ。
> ったく、あれだけ言動に気をつけろって教育的指導をしているのに、態度も感情も改めないとは。本当にネット規制法が必要になるね、ココロさんだとか東西南北がいると。

ごめん・・だけで済ませることができないところが、あなたの欠点です。

そして、命令口調で書くのはやめてくださいと、お願いしています。お互いに平等なのですから、お互いさまではないでしょうjか? それから、「^^」を使った意味に関しては、あなたのまったくの勘違いです。「勝ち誇る・・」などには興味がありません。ただ、カドをたてずに伝えようとしただけですので、考えすぎです。 v-31


2009.05.03 00:29 URL | ココロ #.8bT96/M [ 編集 ]

kaetzchen様

タミフルが、薬効としてか、副作用としてかは別にしても、脳に作用することは事実です。
以前、タミフル薬害が問題となった時に、タミフル使用反対の医者が、インフルエンザは時間の経過とともに直る病気、それなのに、脳に作用して、命の危険を伴うリスクを負う必要性を感じないとの文献を読んだ事があります。その時、私の書いたような表現を使われていました。

2009.05.03 10:10 URL | scotti #4SSKmKVw [ 編集 ]

ココロさんへ。
コメントの中で「タミフル」について、放置していたら犠牲者が発生する記述がありましたので、間違いを指摘しておきます。

>逆に言うと,タミフルもリレンザも急激な高熱や下痢が生じて48時間以内に服用しなければまったく効果のない薬剤なんです.

「タミフル」も「リレンザ」も、感染して48時間以内に服用しなければ効き目がない薬であり、感染後48時間以上経過していて、なおかつ発熱等の症状が表れている際に服用したら、副作用のみが薬効となる恐れが高い薬です。
タミフルと解熱剤を、一緒に処方してはいけない根源的な理由を知らないから、「急激な高熱や下痢が生じて48時間以内に服用しなければ」などという誤解が生じるのです。
ただし、多くの医者も同様の誤解をしているので、素人の誤解を攻めはしませんが。

過去に「タミフル」の副作用で脳障害が生じた例は、医者がインフルエンザの症状が表れた時間を基準に「タミフル」を処方したからだと推測しています。
だから、良い医者ほどはタミフルをほとんど処方しないのです。
だって、患者にいつウィルスに感染したかを尋ねても、患者がいつウィルスに感染したかどうかについて、正確な日時を答えられるわけがないのですから。

現在香港のホテルに隔離されている日本人が、予防的措置としてタミフルを服用させられているそうですが、香港当局は人体実験のつもりなのでしょうかね。

2009.05.04 07:30 URL | スパイラルドラゴン #CeIfeFHM [ 編集 ]

>scotti さん

「科学的事実」と「私の書いたような表現」とはまったく別物でしょ(笑)

ちなみに,その文献ってどこに存在するのでしょうか.pdf の url で良いから教えて下さい.

基本的に,インフルエンザウイルスというのは,感染した細胞の細胞膜を破って出てくるまでの時間が勝負です.一般的にインフルエンザ脳症というのは,BBB つまり blood-brain barrier 「血液脳関門」と呼ばれる,大脳へ繋がる大動脈のフィルター(これも血管内の細胞の一種です)を,インフルエンザウイルスが壊すかどうかという問題と絡んでいます.

そして怖いのは,タミフルというのは肝臓で「活性体」と呼ばれる化学物質に変化し,それが心臓を経由して同じく BBB に達した時に,BBB の細胞の破裂を防ぐことができるか,つまりインフルエンザウイルスの遺伝子をタンパク質(エンベロープ)が被うことを阻止し,BBB 細胞の細胞膜破壊を防ぐことができるか,にかかっているのです.そういう意味で,私はリレンザの方が効果が高く安全だと数年前から言い続けているのですけどね.

このように「自分のことば」で説明することができなければ,説得力はないと私は考えますけど (患者さんには噛んで含めるように説明しないと不安がるばかりだし).

さて,明日も救急でレジデント君をねちねちといじめてやろう…….オストロフスキーじゃないけど『鋼鉄は熱いうちに鍛えられたか』(和訳は新日本か大月か岩波のどれかにあったはず)ですわ.

2009.05.04 20:12 URL | kaetzchen #HfMzn2gY [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.05.04 23:44  | # [ 編集 ]

kaetzchen様
当時読んだ文献がどれだったのかは覚えていませんが、下記似た記事だったと思います。
もっと直接的に脳に作用し麻酔のような効きかたをすると書いてあった文章だったのですが・・
この先生以外の方だったようにも思うのですが、今はよく思い出せません。
それで、最初?のマークを付けたのです。

インフルエンザにかかれば暖かくしてよく寝ること
タミフル・抗炎症解熱剤も不要 頭痛時アセトアミノフェン少量程度は可
NPO法人医薬ビジランスセンター  浜  六郎
私たちは、薬の効果と害のバランスをいつもみてその評価をしています。タミフルについても、2003年に検討した結果を『薬のチェックは命のチェック』誌(No12)とTIP誌(2003年11月号)に載せました。喘息をもった小児には効果がありません。大人でもA 香港型には効果が有りません(今年はB型にも効果が有りませんでしたし、今年の検討では、予防効果もありませんでした)。

そのうえ、昨年(2004年1月)メーカー自身が1歳未満に使わないでとの警告を出しています。相当な根拠があってのことだろうと、その意味を調べている途中で、林敬次医師(当センター理事の小児科)が塩見論文を紹介してくれました。その論文には、タミフル服用後に幼児が何人も睡眠中に突然死亡していたのです。当センター発行の『薬のチェックは命のチェック』No12改訂版やTIP誌(2005年2月号)に記事を書いたところ、その後、異常行動後事故死した中高生2人と睡眠中に突然死した2歳の子の遺族から相談を受けました。意見書を書くとともに今年11月12日、三重県津市で開かれた小児感染症学会で発表したところ、大きな反響がありました。

しかし、同学会に来ていた権威筋の専門家は会場でマスメディアに対して「発熱や他の薬の影響なども考える必要があり、副作用と判断するには科学的根拠が薄い」と釘を刺す発言をしていました。このような考えは間違いです。

なぜなら、異常行動例は、熱が下がってきてから起きていますし、タミフルだけしか服用していなくて異常行動を起こしている子もいるからです。それよりも、もっと確実な関連があります。この点について、考えてみたいと思います。

新型脳症が小児用タミフル発売後の冬から発生
異常行動と睡眠中の突然死とは、たいていの方はまったく違う副作用と思われるでしょう。ところが、薬理(中毒)作用からみると一連のものなのです。まず、一番重い呼吸抑制によると思われる睡眠時の突然死とタミフル服用との関連についてみてみます。

以前に問題となっていたインフルエンザ脳症で死ぬような重症例の大部分は 非ステロイド抗炎症剤を解熱剤として使用した場合に生じている(a)。 非ステロイド抗炎症剤をほとんど使用しなくなって以降は、 死亡するような脳症は激減してきました。 代わりに、テオフィリンや抗ヒスタミン剤で重いけいれん(b,c)、 抗ヒスタミン剤と去痰剤で低血糖からけいれんを起こして 重症の身体障害・知的障害を残す例(d,e)など、 非ステロイド抗炎症剤が関係していない例の割合が高くなってきています。
従来、死亡するインフルエンザ脳症は、様子がおかしいので病院へ連れて行っていろいろ医療行為をしたにも関わらずだんだんと意識状態が悪くなり昏睡状態に陥り、亡くなるまでに半日から1日はかかっています。ところが、今回の死亡例は10分から1時間くらいで突然呼吸が止まって亡くなっている。この点が従来のインフルエンザ脳症死亡例と全く異なります。だからこそ新型脳症と言われるのです。
2002年7月幼児用シロップが発売された、まさにその冬から新型脳症が報告されたことも、タミフルとの関連を強く示している理由です。
突然死は動物実験で確認済み
しかも、突然死が動物実験で証明されているという事実です。赤ちゃんラットに1回投与後10分~7時間後に死亡しました。ヒトでもタミフルを服用して突然死した6人中6人とも1回目のタミフル服用後2時間~数時間以内に睡眠中あるいは呼吸異常で死亡しているので、そっくりです。したがって、動物実験で再現されているといえます。
赤ちゃんラットの死亡は、脳内に大量のタミフル(成長ラットの3000倍)が移行し、呼吸が止まる結果であり、ヒト換算で、たかだか26倍超~40倍程。この程度の違いなら、個人差を考えればヒトでも起こりうると考えるべきものです。
成熟していても、インフルエンザに罹ればタミフルが脳内に移行しやすくなるし、タミフル自体が脳圧を亢進することがあるというデータがあります(予防使用した5か月乳児の大泉門が膨隆など)。
異常行動と呼吸抑制・突然死は同じ作用(脳抑制作用)からくる
熱せん妄(高熱が出ている時にうわごとや異常行動をする)は、文字通り高熱の時に出ます。厚労省の副作用報告例や14歳の子は、熱が下がってきてから異常行動を起こしていますので、熱せん妄でないことは明らかです。
高熱でない子どもにも起きるということは、そこに熱が加われば、一層起こしやすくなります。したがって、熱がある時に異常行動が起きた例でもタミフルの関与を否定する根拠にはなりません。
熱もなく、タミフルだけしか服用していなくて異常行動を起こしている子が何人かいますので、タミフル以外の薬剤による副作用ではありません。そして他の薬剤が併用されていてもタミフルの関与を否定する根拠にはなりません。
脳を抑制する物質(アルコールや睡眠剤、鎮静剤、麻酔剤など)は、人によっては異常に興奮し暴れたりすることがありますし、大量使えば呼吸が止まって死にます。タミフル服用後の異常行動と睡眠中の突然死という一見異なる反応は、同じ薬理(毒性)作用の異なる面ということです。
以上のような多くの理由から、専門家が言う熱や他の薬剤というのはタミフルとの関連を否定する根拠にはなりません。

怖いといわれるインフルエンザ脳症は、いずれも解熱剤や抗ヒスタミン剤などで起きています。インフルエンザは薬を使わなければ必ず自然に治まり何も怖くないふつうのかぜなのです。インフルエンザやかぜにかかれば、ともかく暖かくして体を休めましょう。

2009.05.05 00:57 URL | scotti #4SSKmKVw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wanbalance.blog75.fc2.com/tb.php/1173-fbb21dc3

おーい!不完全だよ!やっぱザル厚生労働省!
アクセスに感謝いたします。 さて お休みの方が多いような気が 少し楽な朝の通勤電車。 人の体に触れないほどの楽さ! いいねえこの距離感なら 絶対痴漢にはおとしめられない。 通常もできるだけ女性には接触しないようにはしているが。 ? さて 新型インフルエ?...

2009.05.01 00:22 | kimera25

豚インフルエンザ国内発生!?もしかしてあいつが...
新型インフルの疑いは横浜市の17歳高校生 カナダへ修学旅行 5月1日1時21分配信 産経新聞 舛添要一厚生労働相は1日未明、同省で記者会見し、横浜市の17歳の男子高校生が新型インフルエンザに感染した疑いがあると発表した。 この高校生は4月10日から25日...

2009.05.01 02:12 | そして誰もいなくなった

金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年5月1日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞・5P政治面・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日新聞・5P政治面・4月の地方選挙結果{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・橋下府知事お腹立ち物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

2009.05.01 19:22 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

田辺真由美 『ムコ★ムコ』 (集英社 「you」 連載中) その7
 いつものレディースコミックの話なんですけど,今日も「you」を買うと真っ先に読むギャグマンガの,「ムコ★ムコ」 のお話の続きです(爆)  上に掲げたのは,作者が先日「マーガレット」で連載中の「ネコまんが」です.内容は 「ドリフターズの加藤茶と志村けんのギ...

2009.05.01 20:04 | Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。