FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

朝日新聞さん・・
間違いだと
言ってくださいませ!



いつも愛読(笑)している 朝日新聞ですが・・
いやはや、この社説には驚かされました。
このような、偏見にみちみちた個人のブログ
のようなカキモノが社説であろうとは・・。


まさかまさか・・なにかの間違いですよねぇ?
愛読しているのに・・ガッカリなんですけど・・。


会社には変わったハミ出しものがいるもので、
当然、この小学生のような考察が大新聞社の
考えであろうはずがないですし・・・ねぇぇぇ。

いやいや、小学生に失礼かもしれませんね。
今の小学生はもっと敏感に感じていますよ。
国民生活が誰のせいで疲弊しているのかもね。



人気blogランキングへ    FC2blogランキングへ
いつも、ご訪問&応援をありがとうございます!

かんぽの宿―大山鳴動して何が残った
http://www.asahi.com/paper/editorial20090408.html#Edit2

~略~
かんぽの宿の本質は、旧郵政省が簡易保険事業の名のもと、採算そっちのけで巨費を投じた「国営ホテル事業」の失敗だ。その売却は「国民の財産の切り売り」というより、むしろ「破綻(はたん)処理」の作業に近い。こうした潜在的な不良債権を抱えた事業を、国民負担が膨らむ前に政府から切り離すのが、郵政民営化の目標の一つだった。

 国会論議では、野党も「国民財産のたたき売り」と総務相に歩調を合わせた。たしかに個別に見れば、もっと高く売れた施設があっただろう。透明で、国民や自治体の納得が得られる売却手続きをとることも大切だ。

 ただ、売却が先に延びるほど赤字が累積し、国民負担が膨らむことも考えておく必要がある。総務省と日本郵政は今回の反省を踏まえつつ、早期売却へ向けて出直すべきだ。

 このように、調査結果も考慮して一連の鳩山総務相の指摘・指示を振り返ると、何が何でも「白紙撤回」を急いだことには、やはり疑問がある。

 かつて自民党の強力な集票マシンだった特定郵便局長会に期待して、今も民営化反対の動きが与野党にある。この騒動には、政治のにおいがつきまとうそれが民営化会社の経営をゆがめたとしたら、代償は小さくない。


(色文字・太字・拡大・改行修正など by わんばらんす) 

この社説こそ・・・
政治のにおいが
プンプンします。


この問題を詳しく知りたいかたは・・喜八ログ 2009年04月12日 の 
朝日新聞社説「かんぽの宿―大山鳴動して何が残った」 でお読みください。


総選挙。自公落として明るい未来。!
       ( Saudadeな日々 Franciscoさん作成)
 
↓ 党派を超えて 保坂のぶと議員 を応援しています ↓
      社民党公認 民主 国民新党推薦 

hosakanobuto
  東京8区から出馬します。 
 杉並区のみなさん・・・
 保坂議員の仕事ぶりを見てから
 どうぞよ~く考えてください。


テレビ は ・・・ BS11 (月) 西川のりおの言語道断
ラジオ は ・・・ JAM THE WORLD

いのち 小
_______________________________________ 

人気ブログランキングへ   FC2blogランキングへ

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 

【政権交代】を目指すブログ結集! 晴天とら日和
The Blogger 現政権に「ノー」!!!
スポンサーサイト