FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

戦いで平和が生まれるわけがない。
生まれるのは・・・憎しみだけ。
憎しみの連鎖が永遠につづくのです。
なぜ、これがわからないの?

アメリカと日本の政治家は・・・
エゴイストなのか?バカなのか?




人気blogランキングへ    FC2blogランキングへ
いつも、ご訪問&応援をありがとうございます!



ちょっとまえの記事ですが・・・

[公式] 天木直人のブログ

目を見開いて凝視せよ。これが「テロとの戦い」の現実だ!
http://www.amakiblog.com/archives/2008/10/18/#001188

2008年10月18日

 新テロ法案の審議をテレビで聞いていて、あまりの緊張感の無さに怒りすら覚えた。

 18日の各紙は、そんな国会審議を、解散をひかえた消化試合だ(毎日)、攻める民主党の対案が自民党から逆に追及される批判合戦だ(読売)、などと書いていた。

 その通りである。

 しかし、審議が白熱しない真の理由は、野党第一党である民主党が、その根本において「テロとの戦い」に賛成しているからである。米国との軍事同盟に賛成しているからである。

 何にもまして、政治家が、戦争というものの非人道性から目をそらしているからだ。

 18日の毎日新聞一面に衝撃的な報道写真が掲載されていた。

 栗田慎一という報道カメラマンの撮ったその写真は、およそアフガンの戦場から遠く離れた日本の国会にあって、政治屋が駆け引きで繰返す無気力な国会審議を吹っ飛ばす、そんな迫力ある写真であった。

 さる8月22日、アフガンで米軍の誤爆により住民90人が死亡したと報じられた事件があった。

 その空爆で家族14人が殺され、倒れた壁の隙間にはさまれて助かった12歳の少年が、拾い集めた家族の肉片を両手に抱えながら厳しいまなざしをカメラに向けている、そういう写真である。

 日本の政治家たちよ。

 両目をかっと見開いてこの写真を凝視せよ。

 これが米国の言う「テロとの戦い」の現実だ。

 一瞬のうちに孤児となった少年の視線に宿る憎しみこそ、米国が「テロとの戦い」に勝てない理由を物語っている。

 その悲劇は、米国が「テロとの戦い」の誤りに気づかない限り毎日のように繰返される。 

 これまでがそうであったように、これからも。



 日本はそんな米国のテロとの戦いから一刻も早く決別しなければならない。

 なぜそれがわからないのか。政治家も官僚もそして彼らを支持する日本国民も。



(色文字・太字・拡大・改行修正など by わんばらんす) 


参照:毎日新聞

アフガン:家族は手のひらの上に--誤爆の現場
http://mainichi.jp/select/world/news/
20081018ddm001030134000c.html


 「ぼくの家は、何時間も攻撃された」。少年は、自宅跡に散らばる黒く乾いた家族の遺体の肉片を拾い集めながら、12歳とは思えない厳しいまなざしをカメラに向けた。

 アフガニスタン西部ナワバード村にあるハミン・ゴル君の自宅は8月22日未明、米軍機による空爆を受けた。家は完全に破壊され、家族14人が死亡。倒れた壁のすき間に挟まれて助かったハミン君は、孤児となった。

 アフガン政府の調査では、この空爆で一般住民90人が死亡した。米軍はあくまで武装勢力を攻撃したとの立場を崩さない。だが現地で取材すると、米軍は誤った情報を元に一般の住宅を武装勢力の拠点と誤認、攻撃を加えた可能性が強いことがわかった。

 一般住民の犠牲が拡大し、反米感情を強めた住民がタリバン支持に転じる。少年の視線に宿る憎しみは、どこへ向かうのか。【ナワバード村(アフガン西部ヘラート州)で栗田慎一】(6、7面に連載「タリバン・ショック 第2部アフガニスタンの現実」)

毎日新聞 2008年10月18日 東京朝刊




【政権交代】を目指すブログ結集! 晴天とら日和
The Blogger 現政権に「ノー」!!!

総選挙。自公落として明るい未来。!
       ( Saudadeな日々 Franciscoさん作成)

いのち 小

_______________________________________ by わんばらんす^^

人気ブログランキングへ   FC2blogランキングへ

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 
スポンサーサイト