FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

「ママはイラクへ行った・・・」
なんと悲しい響きでしょうか・・・。




人気blogランキングへ    FC2blogランキングへ
いつも、ご訪問&応援をありがとうございます!

保坂展人(ほさかのぶと)保坂のぶと 
東京8区 から立候補
杉並区のみなさん
よろしくお願いします


(社民党公認 民主 国民新党推薦)



数日まえのエントリーですが・・・

とむ丸の夢 から

一兵卒にとって、戦争なんていいことなんか何もない
投稿日:2008-09-14
http://pokoapokotom.blog79.fc2.com/blog-entry-884.html


このままアメリカについて行ったら、どうなるか・・・。
何もかもを命令のまま実行している日本政府ですから
下記のアメリカの現実が、対岸の火事ではなくなるだけです。

これでも、自公政権に投票しますか?

NHKスペシャル
総合テレビ 2008年9月15日(月) 午後10時~10時49分

戦場 心の傷(2)
ママはイラクへ行った


▽開戦から5年。イラクに送られた母親兵士に今、我が子に愛情を持てず、育めないという深刻な問題が起きている。母親が銃を手に戦うアメリカの戦争の深い闇を見つめる。

7年前の同時多発テロを機に始まったアメリカの“テロとの戦い”。

 アメリカ軍はイラクなどに、総兵力のおよそ11%にあたる19万人の女性兵士を送り込んできた。その3分の1は子供を持つ母親兵士だ。女性兵士に直接、戦闘を行う任務は許されていないが、イラクではどこからが前線なのかが曖昧で、しばしば銃撃戦に巻き込まれるのが現実だ。子どもに銃を向け、殺害することさえある。

 これまでにない状況を経験し、その後、故郷に帰還した母親兵士に今、深刻な問題が生じている。戦場で負った心の傷が原因で「以前のように子どもを愛することができない」、「子どもを愛おしく思う心さえなくした」という母親が増えているのだ。マーシーさん(26)は12歳のイラク人少年に突然、背後から銃撃され、撃ち殺した経験からPTSD(心的外傷後ストレス障害)になった。症状は息子を出産した後、悪化した。自分の息子の顔がイラク人少年の顔に重なってしまうのだという。育児が出来なくなり、いまは入院治療を続けている。

 イラク人の復興を支えたいと行ったイラクで見た厳しい現実。番組は、家族との葛藤に苦しむ元母親兵士の姿を通して、多くの女性が“前線”で闘うという、これまでにないアメリカの戦争の闇を描く。



お玉喜八アブナイから・・・
玲奈さんとむ丸号も、絶妙なばらんすで頑張ってるよ~!
現政権に「ノー」を突きつけるために・・。 

総選挙。自公落として明るい未来。!
       ( Saudadeな日々 Franciscoさん作成)

いのち 小

_______________________________________ by わんばらんす^^

人気ブログランキングへ   FC2blogランキングへ


トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 
スポンサーサイト