FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

岩手・宮城地震:4000ガル超 国内観測史上最大を記録
http://mainichi.jp/select/science/news/
20080616k0000m040116000c.html


 岩手・宮城内陸地震で震源に近い岩手県一関市で、瞬間的な揺れの強さを表す加速度が4022ガルを記録していたことが分かった。観測点を設置していた防災科学技術研究所(茨城県つくば市)が15日、発表した。重力加速度の4倍を上回り、国内の地震で4000ガルを超えたのは初めて。重力加速度を超えると、固定されていない物は飛び上がる。

 観測によると、上下方向の揺れが水平方向の約3倍あり、上下に断層がずれる逆断層型地震を反映している。研究所は「逆断層の真上の地震対策を考える上で貴重なデータになる」としている。

 これまでの記録は、04年10月の新潟県中越地震の2515ガルだった。【江口一】


人気blogランキングへ    FC2blogランキングへ
最近は、2ページ目に脱落して久しいですが(苦笑)、がんばります! 
よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま~す!

↓新鮮 国会生情報 産地直送↓
hosakanobuto 

第169回国会(常会)は6日間延長され、6月21日までの156日間となりました。
  ■参議院審議中継   ■衆議院TV


必ず、隠されているマイナス情報がもっともっとあるはずだと思います。

ベールに覆われた核施設を見た! 四川大地震
6月11日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000979-san-int


そして、日本。日本だって、核に関して言えば同じでしょう。
今回は、核施設には影響は出ていないけれど・・・
国内の地震で4000ガルを超えたのは初めて・・・。
あの阪神淡路大震災でさえ、ここまでの数字じゃなかった。

4000ガルは、耐震のレベルとしては想定外の数字です。
しかし、実際に起こっています。現実に・・・。
もしも、核施設の場所で4000ガルの地震が起こったらどうでしょう。
人知を超える災害が、絶対に起こらないと誰が保障できるでしょう。

今現在、地図に記載されている活断層は極一部にしかすぎません。
これほどの地震大国では、その網の目がないほうがおかしいです。
そう考えれば、自ずと「核施設」をどんどん増やすというのが
どれほど、危険なことなのか・・・小学生にもわかることですよね。

地震のことについて書いているブログで目についたのは下記・・・。
岩手・宮城 内陸地震が来ていない5月の記事と、地震後の6月のもの。
今回の情報・・・きちんとまとめられています。

たまり’Bar から

2008年05月20日
他山の石...日本は大丈夫か?

http://blog.livedoor.jp/tama_liver/archives/51277764.html
~略~
「震度」は体感で、加速度単位「ガル」との、換算基準はないが、
一応の目安は 
        震度4   40~110 (ガル)
       震度5弱 110~240
       震度5強 240~520
       震度6弱 520~830
       震度6強 830~1500
       震度7~ 1500~
       という。
ちなみに、阪神大震災は 834ガルなので、震度6強に相当する。
体感で「震度7」とされる阪神淡路地震が、震度6強なら一段落ち。
~略~
東海地震の地震発生予想地域の中心部に、浜岡原発があるのだが、
ここの原子炉の設計段階の耐震強度は、450~600ガル だそうだ。
東海地震と浜岡原発
これで「四川地震」並の(何「ガル」なのかは、未だ不明)地震に
「耐えられる」建物が、どれだけあると言うつもりなのだろうか?

~略~

2008年06月15日
岩手・宮城 内陸地震

http://blog.livedoor.jp/tama_liver/archives/51298237.html
【地震情報】ほか


(太字・色文字・下線・改行修正など by わんばらんす)


総体的にみてみると・・・
下記の教授のおっしゃっていることを
肝に銘じるべきじゃないでしょうか。

六ケ所村:核施設直下の活断層指摘の渡辺教授、
青森で講演 建物移動訴え /青森

http://mainichi.jp/area/aomori/news/
20080616ddlk02040006000c.html


 ◇「安全性、再検討を」
 六ケ所村の日本原燃・原子燃料サイクル施設直下に、マグニチュード8クラスの大地震を起こす活断層があるとの調査結果を公表した東洋大社会学部の渡辺満久教授(変動地形学)が15日、青森市堤町1の市文化会館で講演した。渡辺教授は活断層の存在を改めて指摘し、「原燃はズレによる被害を考えているのか。ずれてしまう土地にある施設は動かさないといけない」と主張した。

 渡辺教授は六ケ所村や大間町の地盤状況に関して、自身の研究グループの調査結果などを基に説明。今月着工した大間原発周辺の地盤については「急激な高度低下がみられ、断層運動が想定される。ちゃんとした変動地形調査が必要。安全性の再検討を」と述べた。

 講演後、「核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団」の浅石紘爾(こうじ)代表=弁護士=は「裁判をやっている者にとってはとても大きな武器を得たと思っている。成果を裁判の中できちっと立証していきたい」と話した。【後藤豪】

毎日新聞 2008年6月16日


(太字・色文字・下線・改行修正など by わんばらんす)

これは・・・
地震大国日本にとって・・・
重要なことだと思います!



BS11
http://www.bs11.jp/
西川のりおの言語道断

総選挙。自公落として明るい未来。!
       ( Saudadeな日々 Franciscoさん作成)

いのち 小


_______________________________________ by わんばらんす^^

人気blogランキングへ   FC2blogランキング

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。