FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気blogランキングへ    FC2blogランキングへ
 
毎日遅くなってしまってまして、面目ないですが・・・
よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま~す!

らんきーお玉喜八アブナイから・・・
玲奈さんとむ丸号も、絶妙なばらんすで頑張ってるよ~!
現政権に「ノー」を突きつけるために・・。 



愚樵空論 の 愚樵さん が下記のように書かれています。良かったら全文もお読みください。

沖縄県警にエール 2008-02-12
http://gushou.blog51.fc2.com/blog-entry-98.html

またもや沖縄で発生した破廉恥な事件。いや、まだ「発生した」と断定するのは早い。容疑者は逮捕されたが、まだあくまで容疑者なのだから。

報道によると容疑者はいまだ容疑を否認しているということであり、事件の全容が明らかになったわけでもなさそうだが、アメリカ海兵隊に所属するという容疑者が、沖縄県警によって身柄を確保されているという点は大きい。もし、米兵が基地内に逃げ込んでいたと思うと、ゾッとする。
~略~

うんうん、日本は過去において、何度おめおめと「容疑者引渡し」ってのをやってきたことか・・。だいたい、そんなだから、いろ~んな輩に「日本は天国だ」なんて言われてきたんだから。何度も書いてますが、「日本はチョロイ」なんて思われてるのかと思うと、ほんと情けないなんてもんじゃないです。

沖縄県警と言えば、過去には捜査自体、まったく釈然としない事件がありましたから許せませんが、ま~今回は、私も一応エールを送ることにしましょう。年月が経てば人事も変わっているのかもしれませんしね。とにかく、どんなに警察が頑張ったとしても、結局は政治の対応次第ということですから、政府も今回だけは毅然とした態度で対処してもらいたいものです。絶対に謝らないアメリカを前に、さてどうなさるんでしょうね。ちょっと期待してしまう私がバカかもしれませんが・・。

そして、下記のように政治の範疇で、野党が頑張っても、政府与党が弱腰では、いつまでたっても同盟国としての日本の地位なんか、まったくもって対等ではない状態が改善されないままになってしまいます。ほんと、またか!?と思いますが、このような悲惨な事件においても、何も言えないようでは、「同盟国」と謳っているだけの、日本をただただ便利に使うだけのエサにしか過ぎないということが、ますます証明されてしまうということです。

「同盟国」自体に疑問を感じざるをえないけれど百歩譲って、とりあえず現実問題として、ここは、与野党が点数稼ぎなどせずに、今こそ日本国として、同盟国であるならば、それなりの対等な立場をもっと強く表明して欲しいと思います。それが出来ないのであれば、そんなもの「同盟国」でもなんでもない・・と誰でもわかることです。

社民福島氏ら地位協定の抜本改定求める
http://www.nikkansports.com/
general/f-gn-tp0-20080213-320918.html


民主党の直嶋正行政調会長、社民党の福島瑞穂党首は13日、それぞれドノバン駐日米首席公使と都内の米大使館で会い、沖縄の中3少女暴行事件について抗議、日米地位協定の抜本改定に応じるよう求めた。

 ドノバン氏は「事件は非常に残念で深刻に受け止めている」と表明、再発防止を図る考えを強調したが、「日本側が身柄を拘束し、捜査にも協力している」として地位協定改定には否定的な見解を示した。

 民主、社民両党は共産、国民新両党にも呼び掛け、在日米軍に日本の法令を適用できるよう地位協定改定を日米両政府に求める考えだ。

 これに関連し民主党の小沢一郎代表は栃木県小山市での記者会見で「日本政府は自らの意思を明確に表示できない。協定見直しも大事だが、同盟国らしい態度をきちんと持たなければならない」と批判した。

[2008年2月13日21時37分]


(太字・色文字・下線・改行修正など by わんばらんす)

【参照】
日米地位協定 出典: 『ウィキペディア』
日米地位協定 (外務省)
http://www.mofa.jp/mofaj/area/usa/sfa/index.html

言ってみれば・・・
米軍って居候でしょ?
しっかりしようよ!!!


衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

_______________________________________ by わんばらんす^^

人気blogランキングへ   FC2blogランキング

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 
スポンサーサイト