FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気blogランキングへ  FC2blogランキング  
平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。
よろしければ、クリックのご協力をお願いしま~す!

らんきーお玉喜八アブナイから・・・
玲奈さんとむ丸号も、絶妙なばらんすで頑張ってるよ~!
現政権に「ノー」を突きつけるために・・。



団塊ジュニアに歪(ひず)みを見た気がする・・・

私の「戦争反対」の意識は何処まで行っても変わることはない。だけど、なぜ、今の若者たちが右翼化傾向にあるのか?というその訳を知りたいと思っている。以前からそこかしこで見かけている傾向ではあるから、別に今更びっくりもしないけれど、もっとこの事について認識する必要があるんじゃないかって考えている。自然現象と違って、人間の現象にはかならず何らかの原因があるわけで、「臭いものに蓋」的な処置をしていても、けっして解決しないのではないかって思う。だから、いろいろ見て考えてみたい・・・。

先日のエントリーにあった、『丸山眞男』さん・・。今日は、その『丸山眞男』さんを批判しているらしい、フリーターの『赤木智弘』さんの対談記事を見てみたいと思う。彼は彼でとうぜん言い分があるんですね。もちろん許容できない部分もあるけれど、すごくわかる部分もある。ある意味、彼らの世代は被害者世代なのかもしれない。それは、日本の世情がつくり上げた罪でもあるんだから、私たちもスルーできないし、そこのところを改善しないで「教育」だけ変えても意味がないと思う。ぜひ、全文を読んでみてください。

中島岳志的アジア対談:フリーター、「左派」or戦争--赤木智弘さん
http://mainichi.jp/enta/art/news/
20071122dde014070009000c.html

 今回のゲスト、フリーターの赤木智弘さんは『論座』1月号の論文 
「『丸山眞男』をひっぱたきたい 31歳、フリーター。希望は、戦争。」 で反響を呼んだ人物。同誌で福島みずほ氏ら「左翼」の論客が反論したほか、この1年、NHKや『中央公論』から『SPA!』『ナイタイスポーツ』まで各媒体が言及した。初の著書も出した赤木さんに、同い年の中島岳志さんが迫る。【構成・鈴木英生、写真・川田雅浩】

 ◇久々に論争起こした論文だ--中島さん

 ◇社会階層を流動化させたい--赤木さん

 中島 赤木さんの「希望は、戦争。」は、論壇誌で久々に論争といえるような議論を巻き起こした論文です。しかも、いわゆる「左翼」による反論は、多くが赤木さんの主張を誤読していた。それが大きな衝撃でした。まず、あの論文の趣旨をお願いします。

 赤木 「戦争がしたい」って要約すると単なる破壊願望だと思われるし、それを否定すれば「あれはレトリックであって、赤木の本心は別にある」と言われます。そうじゃなくて、本心は両方にあるんです。

 自分たちフリーターは働き続けても、昇給はなく安定は望めない。何とか社会階層を流動化させたい、変えたい。でも、従来の左派が代表してきたのは正規労働者であって、つまり我々は左派からも見放されている。だから、階層が流動化する機会としては、戦争だって希望になるのではないか。本当は、戦争は回避したいのだが、というのが骨子です。

~略~
 


団塊世代の学生運動には卒業があった・・・
でも、失われた10年の世代のフリーターには卒業なんてない。

「社会階層を流動化させたい」 ・・・・・・
スポンサーサイト