FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気blogランキングへ  
平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。
よろしければ、クリックのご協力をお願いしま~す!




↓衆議院TV↓
衆議院TV

「予算委員会」第168回臨時国会が開かれています。
会期は9月10日から11月10日までです。


■赤福など、食品偽装問題の本質は・・・

一つ目は・・・

「日本人の体質」に起因しているように思う。

ブームに弱い日本人
便利に弱い日本人
ブランドに弱い日本人

そして・・・貪欲な日本人。

「無添加志向」にも関わらず、何処からでも美味しいものを
手に入れたいという貪欲さにも、罪があるようにも思う。

「旬のもの」や「地のもの」・・・

その時、そこでしか食せないものを度外視してきた日本人。



二つ目が・・・

行政の縦割りにおける弊害が大きく関係があるんじゃない?

いったい何十年すれば、縦割り行政を改善できるのか。だいたい、赤福のような生菓子の業者が、この資本主義の世の中で生き残っていくことの難しさが浮き彫りになっただけで、このような問題は、全国津々浦々で行われていると確信する。ただ、大企業と弱小企業では、まったく違う立場になっていると思う。今の日本は、大企業優先でシステムも何もかも大企業に都合のよいように出来上がっていて、それに着いていけない会社は、消えていけばいいという政治なんだと思う。もうだいたいの人は気づいているけど・・。

今の政権のほとんどの大臣は「しょうがない!」って発想ですね!?^^;


細かい話ですが、だいたい生菓子を冷凍するってのは、なにも赤福だけじゃないですよねぇ。ケーキなどは生ものは、大企業でも堂々と冷凍してストックし、解凍してデコレーションして売る。当然、デコレーションした日が「製造年月日」です。ほらっ!クリスマスケーキなどはニュースでも堂々と発信されているんだしね。だけど、赤福はわざわざ地方行政に質問し、承認されていたわけです。なのに、ある日、国からNOが出された。これは、システムの問題以外の何ものでもないんじゃないかな。他の問題が潜んでいるかどうかは、また別問題として・・ですが。

ちなみに、ホテルなどでも、ケーキバイキングのケーキは同じように冷凍&解凍方式のところだってあり、当然これも解凍&デコレーションの日に、「本日の手作りケーキをどうぞ!」な~んて、平然と提供しているわけです。それが問題にならずに、赤福だけが問題になるのは、なんか変だと思うんですよね~。

                        

何がよくて、何が悪いのか?何処はよくて、何処のがダメなのか?

考えると訳がわからなくなってくるんだけど・・でも、これがいい事なのか悪い事なのか?そんな話とはだいぶ違うように思う。「どこからどこまでがアウトで、どこからがセーフなのか?」そういう判断基準が曖昧で確立されていないことが問題なんじゃないのかって。管轄縦割りばかりで、あちらはああだけど、こちらはこうだ・・みたいなことで、質問してもキチンと答えられる人は、正確にいうと結局誰もいないということになるわけです。

そして、それはとりもなおさず「誰も責任をとらない」って構図になっているのが大問題なんだから、何処の党が政権担当であろうと、早急に改善することが最優先されるべきだと思う。だいたい、誠実に真摯に手作り無添加でやっている弱小企業と営利優先の大企業とを同じシステムの下で競争させることこそ問題なのだと思う。これを考えていると、今の農業への政府のやりかたと同じ構図がみえてくる。

問題があっても、見て見ぬふりでスルーして、消えていくのを待つというやりかた。これは、国民への扱いとも共通していることがわかりますね。結局すべてがそうなんです。

弱者は消え去るのみ!

弱者やマイナーへの配慮・・・今の自公政権ができなのならば、さっさと交代して欲しい!何故ならば、これはどんな事例であってもすべてに通ずることだから。ただ、偽装!偽装!と言ったって、これは耐震偽装とは本質が違うということも忘れてはいけないと思う。これも何故なら、耐震偽装は、「大臣認定プログラム」という根幹のところから発生している事件だから、一緒にすべきことではないのです。

                         

この問題についてとっても考えさせられるエントリーをを紹介します。

一つは、専門家のサイトです。もう一つは、先日ブログを始めた薩摩長州さんのブログ記事です。いつもとても温かいコメントを残してくださる薩長さんの大作です。良かったら、その思いを込めたエントリーをご覧ください!

◆林 志行の「現代リスクの基礎知識」 から

赤福製造日偽装と食品表示の縦割り問題
http://www.nikkeibp.co.jp/style/
biz/feature/risk/071016_akafuku/

2007年10月16日
伊勢土産として長年親しまれている赤福餅で、製造日偽装が発覚した。

今年創業300年を迎えた老舗食品会社の行為に、消費者はまたかと嘆き、裏切られたと離れていく。メディアはそうした不法行為があった体質を暴き、経営トップの責任を追及する。赤福はお詫びをし、反省するとともに、コンプライアンスの徹底を図り、経営改善・再発防止を誓った。ここまでなら、いつもの光景だが、この一件、やや違う側面も見せている。

報道によれば、赤福(三重県伊勢市)は約10年前、本社のある三重県伊勢保健所を通し、冷凍した赤福餅の解凍日を製造日にして良いかを問い合わせ、「(食品衛生上)問題ない」との回答を得ている。

ここに、食品衛生法とJAS法など、複数の法律にまたがる複雑性が存在する。・・・・・・(略)


     ________________________________________
現代リスクの基礎知識 事例で学ぶリスクリテラシー入門 (現代リスクの基礎知識)
現代リスクの基礎知識 事例で学ぶリスクリテラシー入門 (現代リスクの基礎知識)
実践的なリスクマネジメントを学びたい人に
「危機に強い会社をつくる 現代リスクの基礎知識」の続編的位置づけですが、この本から読んでも十分理解できますし、ためになります。
タイトルの通り、個人情報漏洩からBSE、自然災害等まで幅広い事件・事故をケースとして取り上げ、まず概要説明、続いて同様のリスクが顕在化した時には企業・組織はどんな対応をとるべきか、等を分析しています。非常にわかりやすいです。ただ、一つ一つの事例に対して4~10ページ程度しか割かれていないため、特定の事例の背景を深く知りたい方には向かないと思います。
ちなみに、4章では「ステークホルダーの動き」と題して日本の各省庁のリスクマネジメントの取り組みがまとめられています。各省庁の内容・範囲を見ると、重複しているところ等が散見され、お役所仕事の非効率さ加減を垣間見た気分がします。(カスタマーレビューから)
 

◆たわいもない話 から

頑張れ赤福
http://kangun.blog123.fc2.com/blog-entry-17.html

(略)・・・・・・代々受け継がれてきたものを継承するということは並大抵のことではない。とりわけ赤福さんのところみたいに封建社会から継承してきたとなればその努力はとてつもないものだったに違いない。なぜなら、封建社会と資本主義社会では、海と陸地くらいの生存環境に断絶があるからだ。よくぞここまで生き残ってきたと心ならずも賞賛したいくらいだ。
では、その断絶とはなにか?利潤を追求しそれをもって、拡大再生産をして並み居る同業者を駆逐してゆかねばならないということだ。そして、そのことはとりもなおさず商品の価値はめまぐるしく変化させ、景気変動の荒波となって襲いかかる。生存競争も気象変動も一見荒れ狂う荒波も水面下ではおだやかな海とはわけが違う。

原理論レベルでは、赤福資本のような小資本(中小零細企業)は想定されない、それは市場原理のもとにあっては、大資本(大企業)へと進化をとげるか、いち労働者へと解消するかという文脈でしか語られることはない。・・・・・・(略)




衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

_______________________________________ by わんばらんす^^

        
人気blogランキング   FC2blogランキング に参加しています!^^

トラックバックピープルにも参加しています。サイドメニューのリストもみてね!^^
TBP: 郵政民営化凍結
TBP: 「M&Aを止めろ!」キャンペーン 
スポンサーサイト