FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気blogランキング  
平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。
いつもクリック応援ありがとうございます!<(_ _*)>




■福田首相でも・・・弱肉強食の経済政策は続く=「格差拡大路線」

◆sanspo

衆院本会議で「福田首相」選出 官房長官には町村外相内定

 自民党の福田康夫総裁(71)は25日午後、衆院本会議の首相指名選挙で第91代、58人目の首相に選出された。同日中に正式に選出された後、首相官邸に入り組閣に着手する。内閣の要となる官房長官には町村信孝外相(62)が内定した。ただ、組閣が夜遅くなることから、認証式と正式な内閣発足は26日になる見通し。一方、安倍内閣は25日午前の閣議で総辞職した。

劇場選挙で、「総理大臣」がやっと決まった。結果が判っているのに、どうしてこうも無駄に税金を使うのだろう。もっと合理的にできないものか。もちろん密室談合以外で。

結局・・・町村派だ!!!

町村派独裁政権???




こうも、まがまがしく決ったものだからと言って、それほどのものではない。どうせ短命だから。しかし、「自民丸」という泥舟の船頭が誰であっても、どうでもいい話ですが、総裁ではなく総理大臣となると「日本丸」の船長。一億以上の命がかかっている大型客船なのだから、沈ませられないように国民一人ひとりが国政を監視していかなければならないと思う。みなさん、人ごとではありません。自分と家族の命がかかっているのですから。

そこで・・・船長である「福田康夫総理大臣」が・・・政策が無いなりにもどちらに向いて船を進めるのか?を考えてみると、今までと何ら変わらない「格差拡大路線」だということが判る。ソフトな印象に惑わされてはいけない。

◆SAFETY JAPAN
構造改革をどう生きるか   by 森永卓郎
~成果主義・拝金思想を疑え!~

福田氏の下、弱肉強食の経済政策は続く
http://www.nikkeibp.co.jp/
sj/2/column/o/100/index3.html


~前略~

 では、福田氏はどのような経済政策をとろうとしているのか。彼は、メディアのインタビューに対して繰り返し次のように答えている。

 「構造改革は否定しない。構造改革で出てきた問題については個別に手当てをしなくてはならない」「構造改革路線を修正するということではなく、構造改革に追加していくということだ」

 つまり、構造改革はそのまま進めていき、悪いところが見つかったら措置をするというわけだ。しかし、一歩引いてよく考えてみれば、これは当たり前のことではないか。経済通だった父親の福田赳夫元総理と違って、福田氏には確固とした経済政策の思想や意向がないことが、こうした一連の発言からもよく分かる。

 本人に強い意向がないとなると、福田氏が総理大臣になった場合の経済政策は、必然的に町村派の意向となるだろう。では、町村派の経済政策は‥‥と考えてみると、この派閥は、森総理、小泉総理、安倍総理、そして福田総理と、このところずっと自民党を支配してきた派閥であり、市場原理主義かつ財政再建原理主義を推し進めてきた派閥であることが分かるだろう。

 そこまで考えれば、この先の経済政策は見えてくる。福田内閣が誕生しても、弱肉強食の構造改革政策は、やはり継続されるということだ。

 実は、もし麻生氏が総理大臣になったら、デフレ退治のための金融緩和政策をとることで、日本経済は革命的によくなるとわたしは期待していた。しかし、最後でハシゴを外されてしまったのは気の毒である。

 それにしても、参議院選挙の惨敗を受けてもなお、構造改革路線の継続を目指す総裁をかつぎだした自民党という政党は、格差拡大に関してほとんど反省していないのではないか。


打倒! 「弱肉強食大好き町村派」




衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

        
人気blogランキング   FC2blogランキング

◆ トラックバックピープル「自民党」 ← 自民党についてのエントリーを集積♪
◆ 【オルタナティブ道具箱】          ← 必見♪ 真実の情報の宝庫です。
スポンサーサイト