FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気blogランキング
  平和を願う人々の思いを一人でも多くの人にわかってもらいたい。
いつもクリック応援・・・ありがとうございます!<(_ _*)>




■小池百合子女史考・・・

やっと涼しくなりましたね~。まだ秋には早いけどちょっと一息つけました。

マダム寿司こと「 小池百合子 」 現防衛大臣 が、どれほど政策も信念もなにもない、ただのコバンザメかということは、政治に関心がある人ならばもう気づいていると思う。でも、コバンザメどころかもっとドロドロした野望をもろだしにしたバンパイヤに見えるのは、私だけじゃないでしょうね。まっそれが実現するかどうかは、また別の話として、政治家として自分の野望にしか興味がなくて、「政策」はただの手段にすぎない、最低の「政治屋」ってことですよね。

アメリカのライスも嫌いだけど、彼女もイヤですね~。コイズミチルドレンの女性議員って、どうしてみんな同じタイプなんでしょう。なぜか全員嫌いです。そのなかでも、最近マダム寿司婆は、その厚顔さにおいて抜きん出てきて、一歩も二歩もリードしてきましたね。いや、百歩くらいでしょうか?^^;

政界渡り鳥 (wikipediaから)

1992年7月に日本新党比例区で参議院議員に当選、1993年7月の総選挙で兵庫2区から出馬し、衆議院議員に当選した。その後、諸政党の分裂・統合に際しては新進党、自由党、保守党、そして2002年12月27日に自民党に入党するなど、所属政党を渡り歩く。その為、政界渡り鳥と揶揄されることもある。


まぁまぁ・・とんでもない女史だということです。
忘れないためにここにおいておきます!

◆東京新聞 2007年8月18日
次期防衛次官 生え抜き起用 小池氏案は見送り決着
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2007081802041932.html
◆きっこのブログ 
2007.08.09
小池百合子はアメリカから帰って来るな!
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/08/post_a9fc.html
2005.08.14
環境破壊大臣、小池百合子
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2005/08/post_1973.html
◆現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ
2007年07月07日
小池百合子防衛大臣誕生は末期症状
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50395403.html


ウジウジとらちがあかない安倍のお坊ちゃまを尻目に、すっかり「総理大臣きぶん」で動いているように見える「マダム寿司婆」、さてこの先どう動くのか、ある意味楽しみです。

「専門家の見地、意見をよく聞きながらまずは検討しなければいけない」
「専門家の判断を基に、見直すことを検討させたい」

これ言ってるの、誰だか知らないけど(笑)・・一般論で考えてみよう。
一見、感情論者ではなく相手の立場を考え、きちんとした判断をする人間にみえる。

しかし、裏を返せば、これは人に責任を押し付けて自分では一切責任を取らない便利な答弁で、これを多用する人って、人間としてどうなのよ!?って思う。イザとなったらたぶん自分だけ逃げるタイプ。こんなやつがクラスにいたら、みんな相手にしないでしょ。そんな人が今の日本を仕切っていて、「強い日本」を世界に示したい・・と、日本の構造までも変えようとしているんですよ~。悲しすぎる!こんなことって、こんなことって信じたくないです。「夢」なら覚めて欲しい。


■「日本のこれから ~考えてみませんか?憲法9条」

◆津久井進の弁護士ノート
現実派が支持する憲法9条
◆護憲+グループ・ごまめのブログ
二部 NHK「考えてみませんか?憲法九条」

ことごとく、その通りだと思います。

NHKの番組を見る場合は、ここでチェックできます。
参照: 「sengo62 せんそうとへいわ、いま伝えたいこと」
http://www.nhk.or.jp/sengo62/program.html


この議論、なかなか難しいことはわかっています。でも、何度も書いてきましたが、私は武力でテロがなくなるなんて絶対に思えません。そして、丸腰でもやられるのなら、それまでのことなのかもしれません。世界は悪魔に乗っ取られたのだと諦めるしかないのかな・・かなしいですね。少なくとも人間、国のゆくえを語るなら、覚悟が必要だと思いますが、あの改憲派の人たちにはそれは感じられません。「自分のリアルの状況」と「考え方(強い日本という妄想?)」とが繋がってないように思いました。

参院選で当選した自衛隊の佐藤隊長的なのかな?それは非常に危険だと感じました。

つくい先生も書いておられましたが、改憲派のほうが理想論(願望に近い)ばかりで、護憲派のほうは、現実を見据えていると感じました。私は、日本人の思いあがりがあの戦争を深刻なものにしてしまったと思います。近代国家である大国に、武力で勝てるわけないのに、大和魂風なバカげたプライドが、状況判断をあやまらせたのではないかとも感じています。弱い犬のくせに、キチガイみたいに吠えまくって、大きな犬に噛まれてしまった。

ま~大本営の「机上の空論」では、勝てるという答えが出ていたのでしょう。

今まで、「9条」や「平和」を主張すると必ず理想論だと言われていましたが、今回の番組で普通言われてきたこととまったく逆だと、あらためて気づきました。9条を守ることは、バカげた理想論なんかじゃないんだって。実現不可能なことではないんですよね。

「平和に暮らしたい」という気持ちは、けっして「理想論」なんかじゃない!


衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

 人気blogランキング    FC2blogランキング
多くの人に伝えるためにクリック応援よろしくです!^^
    
人気blogランキング   FC2blogランキング (バナーが見えないかたのために。)

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
スポンサーサイト