FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

人気blogランキング  とうとう、TOPページからどど~んと落ちてしまいした!^^;
・・・と、思ったらちょっぴり戻ってました。<(_ _*)> アリガトォ
野党の力をこのまま温存するために1人でも多くの人に伝えたいです。
みなさまのクリックで活力をもらっていますのでよろしくお願いします!^^




■戦争 と 憲法 と 言論弾圧

今週は6日ヒロシマと9日ナガサキと、原爆について考えさせられる1週間だった。

「しょうがない原爆」も、「しょうがない戦争」も・・・絶対にない!


土曜日に家にいるときは、「オーラの泉」を観る。

今日のゲストは女優の 「渡辺えり子」だった。
彼女は、「人はどうせ死ぬのに何故生まれてくるのか?」
・・・という疑問に小学生の頃からさいなまれていたという。
それは、前世で戦争に翻弄されて、人生を全うしないで
亡くなった数々の経験が、「死」ということに子どもの頃から
たいへんな恐怖を感じさせているらしい。

彼女は、以前から「マガジン9条」で発起人をしています。

マガジン9条

マガジン9条の「この人に聞きたい」
渡辺えり子さんに聞いた(その2)


戦争で死んでいく子どもたちを守れないなんて、大人じゃない

・罪のない子どもが何万人も殺されていくのが、戦争
・平和憲法のもとで平和活動や発言が制限される社会のおかしさ

編集部    大学での講演会で若い人の反応はいかがですか。

渡辺   学生たちは戦争の歴史について、本当に何も知らないですから、最初からわかるように話します。みんなピュアですから、私の話を聞いて本気で驚いています。従軍慰安婦についた初めて聞いたことだと女子学生が泣いていました。学校の先生はそういうことを、教えてないらしいですから。

やっぱり若い人たちに伝えたいから、学生からの講演依頼はスケジュールが許す限り受けるようにしているのですが、今、講演会を主催する大学の自治会がつぶされてしまうという、悲鳴のようなファクスが私のところに来ます。

安倍晋三の本性
安倍晋三の本性編集部   そんな弾圧みたいなことが今行われているのですか?

渡辺    ひどいですね。もうそんなところまでいっているんです。ほんとうに今、平和的な発言は握りつぶされていきそうで大変です。テレビ番組に出演する時も、渡辺さん、ここまではいいけれど、これはダメとか言われましすね。憲法についてもはっきりとした意見はあまり言わないでとか。スポンサーに気を使っているんですね。

そうなると私自身もストレートなことを言い過ぎて、出演できなくなってしまったら、ソフトなメッセージを伝えることもできなくなってしまう。それはもっと困ると考えざるを得ないわけです。

多くの人は、平和がいいと思っているし、戦争はいやだと思っている。でもこれだけ、言語弾圧みたいなことが行われていくと、声が上げられなくなってしまう。一家のあるじだと、仕事が無くなると困るでしょう。それは有名人だって同じです。だからみんな言わなくなっているんです。

だからほら、悪いことだと知りながらお金や生活のために従ってしまったあの偽造建築の問題と同じです。あの一級建築士のことを悪者にしているけれど、みんな同じです。みんな人のこと言えないですよ。

でも考えてみればおかしな話です。現行憲法は世界に誇る平和憲法であり、私たち国民は平和を願い戦争放棄をうたっている憲法のもとにあるはずなのに、平和的な活動や憲法の話をしてはいけないというのは、このこと自体が憲法違反ではないでしょうか。

・それでも声をあげ続けていこう。平和は作りだしていくもの

 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線・改行修正など by わんばらんす)

このインタビューの日付けは「'06-01-11」ですから、状況は少しだけ好転していると言ってもいいと思いますが、まだまだ「憲法論議」は、どうなってしまうのか、余談を許さないところです。

今日の「オーラの泉」では、美輪さんもハッキリと明言されました。

 戦争のつくりかた
戦争のつくりかた
「戦争をしたい、軍隊をつくりたいと言っている人たちは、60、70、80、いくつでもいいから「言いだしっぺ」が一番最初に最前線に行けばいいんです!」・・・と。
(うろ覚えですが^^;)



これは、日頃、私が思っていることそのものです。ブログをはじめて最初のエントリー 泥舟 “日本丸よ何処へ行く!?”  でも書いていますが、やりたい人はやればいいけど、人を巻き込まないで欲しい。やりたい人たちだけで戦争に行けばいいと思う。やりたい人は、必ず戦地には行かないで命令しているだけなのです。なんと不条理なことでしょうか。

私は美輪さんのファンです。戦争についてどう考えているのかを聞いてみたいと思っていたんですが、質問したわけではないのに、私の希望どおりの答えを番組でキッパリ言ってくれたのです。しかし、これほど正論にも関わらず、それをメディアで明言することが、学生だけでなく有名人にとっても、とてもとても勇気のいることだなんて、おかしいと思いませんか?それを考えただけでも、どれほど言論弾圧が着々と進行しているのかがわかるというものです。

現在、戦争を引き起こしているアメリカは、過去の戦争も現在の戦争も
正当化しようと必死です。子どもたちへの授業にも「原爆投下は戦争終結するためには必要だった」などという教育をしているそうです。しかし、どれだけ政府がプロパガンダを駆使しても、賢い市民たちはアメリカにも存在していて、最近話題になっている「ヒロシマナガサキ」という映画をはじめ、反戦を訴える人々がいろいろなメッセージを、作品をもって世界へむけて投げかけているのも事実ですから、私たちも声をあげるのをやめたらダメだとあらためて思った。

日系3世監督 映画「ヒロシマナガサキ」 異例、米国でテレビ放送
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/70468/


衆議院自公にも・・・NO!
いのち 小

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^

 人気blogランキング    FC2blogランキング
多くの人に伝えるためにクリック応援よろしくです!^^
    
人気blogランキング   FC2blogランキング (バナーが見えないかたのために。)

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
スポンサーサイト