わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日本の政治を「本物」に変えよう!

[公式] 天木直人のブログ

天木直人 元駐レバノン特命全権大使 出典: 『ウィキペディア』


■インスタント法案&ミュータント議員はもういらない! / 7月参院選

ここのところ、天木氏の立候補でちょっとご無沙汰してしまったので、
また改めて紹介しておきたい。それは・・・

上原公子さん(前国立市長)です。

福島みずほさんと・・・
上原きみこ
ひろ子さん!
 
やっぱり・・・彼女はいいです。
まさに・・・
「本物」の議員になれるかたです!^^
強行採決ばかりの汚い政治の流れ・・・
今は・・・
党派に左右されるのはやめましょう!

党ではなく・・・「人間性」を見極めましょう!


■上原公子氏応援特集 / 参院選

◆辻本清美のつじもとWEB
上原公子さんと握手! 2007年5月17日

◆マガジン9条
◇上原公子さんに聞いた(その1)
おかしいと思うことに、黙っていてはいけない
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
「全体主義」は、気がついたらなっているものこういった状況の中で、みなさんに是非、一度手にとってもらいたい絵本があります。 『茶色の朝』 (大月書店)という、1998年にフランスで出版された絵本です(お役立ちブックス参照)。

茶色の朝
茶色の朝物語の内容を簡単に説明すると、ある日突然 、増えすぎた猫を制限するため、「茶色の猫は繁殖率が低い、だから茶色の猫を飼いましょう」という法律 “ペット特措法”ができます。最初はみんな、ばかばかしいと笑っていたのに、いつの間にか「周りに迷惑をかけてはいけない」という雰囲気が広がり、そのうち猫だけでなく犬も茶色でなければならないという“拡大解釈”がされていきます。毒団子が自治会組織で自主的に配られ、愛犬を泣きながら毒殺していく市民。そのうちに、民間憲兵のような市民グループができて、ペットが茶色かどうかの厳しい取り締まりが始まります。

主人公は違和感を覚えながらも、「周りの流れに逆らわないでいさえすれば、自分の生活は安心だろう。茶色に守られた安心、それもいいだろう」と考えるようになります。しかしついに、友達が逮捕されてしまうのです。「彼は茶色の犬に換えたはずなのになぜ?」「以前黒い犬を飼っていただろう。過去に茶色以外のペットを飼っていたのもダメだそうだ」という近所の人の話を耳に、過去に白黒の猫を飼っていた主人公は、恐怖を感じながら眠れない夜を過ごします。そして翌朝、強く叩かれるノックの音で目を覚ますという話です。・・・・・・
 全文は  こちら

◇上原公子さんに聞いた(その2)
一つひとつは小さくても集団になれば大きな力になる

市民不在でルールが決まっていくことへの不安

「民主主義の内実というものは、自由闊達な議論の中で初めて保障されるもの」と上原さん。
数の多さだけで“民主主義”が語られてしまうことに危機感をつのらせます。
今後、9条をどうアピールしていくか、についてもお聞きしました。・・・・・・
 全文は  こちら
 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)



■今日のどこどこ  
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

全文転載させていただきます。

◆ 保坂展人のどこどこ日記 (バックナンバーから)
上原ひろ子記者会見 07.5.17 資料 2007年05月19日

 ―――――― 転載開始 ――――――
社民党は参議員選挙の全国比例区で17日に予定候補に、前国立市長の上原ひろ子さんを公認決定した。上原さんの経歴と政策をここに掲載する。憲法の危機の時代だからこそ、参議院に上原さんを送り出したい。

参議院議員選挙・比例区予定候補

上原ひろ子
 
 【前国立市長】

経歴
1949年5月3日(憲法記念日)、宮崎県生まれ。
法政大学大学院修士課程中退。
東京・生活者ネットワーク代表。
東京都国立市市会議員。
水源開発問題全国連絡会事務局。
国立市景観権裁判原告団幹事。
1999年5月、国立市長に立候補し当選、以降、2期8年間市長を務め、2007年4月に退任。

趣味
手芸、読書
座右の銘
「継続は力なり」(何事も、絶対に諦めません)

著書(共著)
『〈環境と開発〉の教育学』(同時代社)
『どうなっているの? 東京の水』(北斗出版)
『地球を救う133の方法』(家の光協会)
『国民保護計画が発動される日』(自治体研究社)



国立市長として8年間に行った主な政策

景観
建物の高さを20メートルに制限する条例の制定。東京地裁で20メートル以上をカットするという判決が出て、「景観法」制定のきっかけとなる。
住民基本台帳法(住基ネット)
02年の第1次稼動後に、住基ネットを切断する。切断は現時点で3自治体。

平和 
有事関連3法案に対する4項目の質問を、政府に対し繰り返し提出。また、有事関連3法案に反対する意見書、イラク派兵抗議の意見書など、平和関連の数々の意見書を政府に提出、地方自治体としての意見表明を行う。

福祉
しょうがい者の支援費制度の問題で、しょうがいを持つ人たちとともに厚労省に抗議。また、日本で初めての「しょうがい者があたり前に暮らすまち宣言」をする。さらに「地域保健計画」策定審議会では、当事者参加の意義を掲げて身体・知的・精神しょうがい者を委員に任命し、実際の政策に反映させる。

教育
教育委員任命にあたり、全国からの公募制を導入する。

子ども
「子ども総合計画」策定にあたり、子ども自身の参加を呼びかけ、実現。ユニセフのホームページでもその成果が紹介された。

商業
空き店舗の活用を、一橋大、商店街、市、市民の協働で開始。数々の賞を獲得した。


これらの政策を評価され、日経新聞の「素顔の東京 街イメージ調査」では、05、06年のいずれでも7項目においてベスト10にランキングされた。特に「子どもを育て上げたい街」の項目では、2年連続1位にランクされた。

===
上原ひろ子の、考え方

1 九条が危ない。だから私は、起つ。
 ついに国民投票法が成立しました。自民党は早ければ2011年には、憲法改定のための国民投票を実施する方針だといいます。特に安倍晋三首相は、まるでなにかに憑かれたように「憲法改正を参議院選挙の争点に」と叫んでいます。
 なぜそんなに急ぐのでしょうか。現行憲法のどこに、そんなに拙速に改定しなければならないような瑕疵があるのでしょうか。
 戦後60年にもわたって、日本の軍事組織は一人の戦死者も出さず一人の外国人も殺しませんでした。こんな先進国は他にはありません。そのことの偉大さを、なぜかなぐり捨てようとするのでしょうか。その裏づけこそが憲法九条だったはずです。日本が世界で尊敬される最大の手段こそ、九条の実現です。
だから私は、その九条を変えさせません。

2 もっと楽しく働けるよう。

 ニート、フリーター、ワーキングプア、ネットカフェ難民、派遣社員、偽装請負、下流社会、プレカリアート---。
 このところのニュースで伝えられた労働についての言葉です。どれも現場のつらい実態を表しています。こんな悲しい労働を強いる国がなぜ「美しい国」なのか理解できません。とにかく、労働環境の改善は急を要します。
 最低賃金の引き上げ、派遣労働の範囲の明確化、偽装請負の徹底的排除、男女差別賃金の絶対的禁止、高齢者労働現場の確保、定年制の延長、外国人労働者の待遇改善や差別賃金の廃止、育児制度の充実や育児休暇(男女とも)の強制的取得、育児手当の増額、などなど、すぐにでもできる労働環境の改善策はたくさんあります。
 すべての労働者が、もっと楽しく働けるよう、ひとつひとつ具体的に提言していきます。

3 教育を取り戻そう。
 
 安倍首相の諮問委員会である「教育再生会議」の「親学提言」は、まさに呆れ果てるものでした。
 いわく、母親は赤ちゃんの目を見ながら授乳しろ。おっぱいは母乳にしろ。テレビは見せるな。音楽を聴かせて育てろ。などなど----。
 そのあまりの時代錯誤的な提言に、さすがに自民党内部からも「こんな国民を馬鹿にしたような『親学』などを公表したら、逆に反発をくらって参院選は不利になる」と批判が出て、とりあえず公表は取りやめになりました。しかし、この内容が自民党の本音であることは間違いありません。
 教科書問題、日の丸君が代、ゆとり教育と学力低下、全国一斉学力テストなど、教育をめぐる状況はとても厳しい。しかし、政府が教育政策に介入することは、どんなときでも許されるものではありません。戦前の苦い記憶を忘れてはいけません。
教育を、私たち国民の手に取り戻さなければなりません。政府がするべきことは、教育予算の拡充(世界水準のGDP5%にする)、奨学金制度の一層の充実、少人数学級の実現、などの予算措置に限るべきです。

4 温暖化は大量破壊兵器です。阻止します。

 地球温暖化対策は、ほんとうに差し迫った課題です。いくら憲法九条を守ったところで、温暖化で人類が危機に陥ったなら、さすがの九条もその効力を失ってしまいます。日本は、温暖化阻止技術(CO2排出規制技術)に関しては、世界でも有数の国です。だからそれを世界に広める義務を負ってもいるのです。
 いつまでもアメリカの言いなりになっていてはいけません。温暖化対策を定めた「京都議定書」にいまだ不参加のアメリカを説得すべきです。そうでなければ、やはり日本は世界中からアメリカの属国と言われてしまいます。
 中国やインドなどにも訴えかけるべきです。特に中国からの大気汚染物質の日本への飛来は深刻です。放置すれば、特に幼い子どもたちに悪影響を及ぼしかねません。技術移転を条件に、中国に環境改善を迫るべきです。
 技術提供を伴った外交戦略は、必ずや世界から感謝されるはずです。
 しかし温暖化阻止のために原発を、という政府や電力各社のエネルギー政策には反対します。最近の電力各社の原発事故隠しには、あきれるしかありません。いつチェルノブイリ級事故が起きるか分かりません。そうなれば、ヒロシマ・ナガサキの再現です。自然エネルギーへの転換を図るべきです。

5 なんでも明らかにしましょうよ。

 徹底的に情報公開をさせましょう。松岡農水大臣の「なんとか還元水」には思わず笑いましたが、笑っている場合じゃありません。
でも、批判に苦慮した自民党が出してきたのは「5万円以上の支出には領収書を義務付ける」という案です。誰が見てもザル法です。8万円の支出は4万円の領収書2枚に分割すれば通ります。しかもこれは添付義務なし。どうにでもなります。さらにこれは、過去は問わないという法案です。松岡さんはとうとう書類提出を免れて逃げ切った、ということです。
 すべてを、情報公開すればいいのです。どうしても明らかにできない支出は、自分のポケットマネーで処理するべきです。早急に、法律を作って政治と金の問題に決着をつけます。
 また、他の分野でも情報公開を徹底するよう提案します。官僚機構のあり方、談合事業の実態、政治と金、外交情報の期限付き公開などです。そうすることによって、税金の無駄遣いは劇的になくなるはずですし、開かれた政治が見えてくるはずです。

 もし私が国会へ参加することができたなら、以上のような政策を実現するために力を注ぎます。
 たくさんの友人知人や専門家の人たちと一緒になって、これらの政策実現のための法案作りを、すぐにでも開始いたします。


 ―――――― 転載終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

了解を得ていませんが・・・
人柄がよくわかるので全文転載しました。




未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^
明日の日本のために・・・。
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
スポンサーサイト
■消えた年金 / 社会保険庁

つい先日だったかしら・・
平成22年でも完全に割り出すことは無理っていってたんじゃなかった?それなのに・・・

◆中国新聞 '07/5/30
年金特例法案を強行可決 時効撤廃で950億円支給

・・ということらしいですが、本当に大丈夫なのでしょうか???
たった半日(実際はたった4時間余)で強行採決された法案では、結局最後までわからなかった人たちのことは明記されていない。弁護士なりなんなりに頼んで調べるしかないんだって・・。燃やしてしまったり、失くしてしまったりで証明は不可能なんじゃないの?政府が失くしたものを何故国民が証明しなければならないの?それにしても、その弁護士費用って誰が出すんですか?簡単に言ってくれますねぇ。

「なんでもかんでも簡単に・・・」
が自民党のキャッチコピーなんですか?


自分の年金は自分で守りましょう!

年金大崩壊  年金の悲劇―老後の安心はなぜ消えたか  自分の年金は自分で守れ!―六平太がおしえるこれからの資産運用 かしこい確定拠出年金対策



◆J-CAST
「消えた年金」に国民の怒り 世論調査で内閣支持率急落
2007/5/28
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
社会保険庁には、3月末までに「納付したはず」と約219万人が照会したが、2万人超が「記録が見当たらない」と却下されている。領収書が残っていないことが、却下される主な理由だ。 
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

つい最近までこんな調子だったのに・・・・・・・・・・

毎日新聞調査・・支持率32%
日経新聞調査・・支持率41%


だいたい、この大きなひらきも不思議だけど・・・
支持率が急落したとたん・・・この度の・・・

「内閣救済法案」を出してきた!

参院選に勝ちたいがためだけに・・・

しかし、どれほど国民が今まで突っぱねられ、支持率低下後に急変したか・・・
2006年08月03日のあるブログ記事と照らし合わせてみよう・・・
■今日の気になる視点

◆生命保険 ここが知りたい! 
(市川市・松戸市・浦安市・船橋市・江戸川区)
日本一分かりやすい生命保険ブログを目指して!
2006年08月03日
消えた年金 ~ 「未納扱い」問題
■社会保険事務所がミスを認めたケース
■ミスはどのようにして確認されたのか
■なぜこのような問題が起きたのか!?
■社会保険庁の問題意識は...   などなど

騙されないために、是非いってごらんください!
「わかりやすい」をテーマにしているのでその時々の情勢が手にとるようにわかります。


■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
松岡大臣の「突然の死」をうけて 2007年05月29日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
さらに今朝の朝日新聞には、鈴木宗男衆議院議員のHPに見逃せない記載を紹介した記事がある。

24日夜に松岡大臣と会った時のやりとりが書かれている。「明日、決算行政監視委員会で私が質問するから、国民に心からのお詫びをしたらどうか。法律にのっとっている、法律に基づいてきちんとやっていますと説明しても、国民は理解していない。ここは、国民に土下座し、説明責任が果たされていませんでしたと率直に謝ったほうがいい」と進言したらありがたいお話ですが今は黙っていたほうがいいと国対の、上からの指示なのです。それに従うしかないんですと弱気な言いぶりだった。

 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

なお、ムネオ日記では最後にこう書かれている・・・

「そして私は更に言いたい。「人は死ぬ前にウソはつかない」という事を。」




未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^
明日の日本のために・・・。
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■また死亡!? / 政治とカネ

◆asahi 2007年05月27日11時55分
緑資源機構(旧森林開発公団)元理事 死亡
「談合指南役」元理事宅に家宅捜索 緑資源機構談合事件

いつものことだけど・・・
何か政府の関わっている問題が大きくなると
どうしてこう次々に人が死ぬんだろうか・・・?
自殺にしてもそうじゃないにしても、やっぱりおかしいでしょ。
私達庶民には計り知れない「闇」があるということだと思う・・・

参照:◆らくちんランプ


■天木氏応援 / 2007参院選挙
[公式] 天木直人のブログ

「日本のゆくえ」を憂いている人は「闇のない人」を応援しましょう!^^

http://youtube.com/watch?v=bBhKHnazYHM youtube
◆ディヴェルティメント  divertimento
kazunoriさんからの情報です。貴重な情報を、ありがとうございます♪^^

参照:◆らくちんランプ 2007年05月26日
天木直人さんと九条ネットのメンバーの街頭演説


■悪の元凶 / 郵政民営化

公社総裁ってアルバイトしながら片手間にできる仕事なの?
日本において・・・「100年に一度の大事業」なのに?

アルバイトと言っても、時給800円とかのケチなバイトじゃない・・・

◆nikkei
郵政公社の西川総裁、在任中は社外役員の報酬返上
 ―― 以下抜粋 ――
 日本郵政公社の西川善文総裁は25日の衆院決算行政監視委員会で、松下電器産業など6民間企業から受け取っている社外役員報酬を10月までの総裁在任期間中に限って返上することを明らかにした。一方で、兼業自体は「公社業務に支障のない範囲内で継続する」と語った。

 西川氏は06年1月に郵政民営化準備会社、日本郵政の社長に就任したが、4月からは郵政公社総裁を兼務している。さらに社外役員としての活動があるため、郵政公社内部からは「報告案件を上げる際に、総裁に時間をとってもらえない」などの不満が漏れている。 (23:00)


(色文字・太字・下線 by わんばらんす)

合法に範囲内ならば何をしてもいいんですか?
菅総務大臣が承認しているから法的には問題がない。
ならば、これは菅総務大臣の罪でしょ!!!
 

承認する・・・お仕事・・・って
いったい何を基準に判断しているんですか?
自分達の仲良しの申請を全部承認していたら
「承認が必要」という条文も底が抜けたザルです。

この件でもまた、身内に超甘いのが浮き彫りになった

「トンデモナイ閣」です! 
安倍内閣って・・・。


郵政選挙以降、力を握った自公政権の権力者たち
自分たちに不都合なことには聞く耳をもたず
身内の2千万、3千万のアルバイトは容認する
欲しい法案だけは「強行採決」しまくり
本当に呆れるばかり・・・
 
「越後屋、お主も悪よのぉ~!」 

って、越後屋はいったい何人いるんだろか?

国民をバカにするのも・・・
いい加減にしてくださいっ!!!





未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^
明日の日本のために・・・。
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
国民にきちんと説明しないまま逝ってしまった・・・

◆東京新聞 2007年5月28日 19時49分
松岡農相の死亡確認 遺書発見、自殺と断定

 ―――――― 以下抜粋 ――――――
 東京都港区赤坂の議員宿舎で28日、首つり自殺を図った松岡利勝農相(62)は同日午後2時、搬送先の慶応大病院(新宿区)で死亡が確認された。検視の結果、窒息死で、警視庁は自殺と断定した。

 衆院事務局によると、現職国会議員の自殺は戦後7人目で、現職閣僚は初めてとみられる。 ・・・・・・ (以下略)


(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

車のラジオで聞いた訃報に、とにかく驚きました。それほど追い詰められていたということ・・。一般市民からすれば、素直に謝罪して辞任すればいいことだと思うけど、何であんなにはぐらかしを続けているのか、不思議に思っていた人は多いはず。

「安倍氏がかばっている」と言われていたけれど、本当にそうだったの?本当はそうではなくて「認めないで突っ張れ」と言われていたのではないのかな?とも思ってしまう。突っ張れば突っ張るほど選挙には不利なんだけど、それよりも自分の責任を問われるのがイヤな人がTOPだから、もうどうしていいのかって感じだったのかな?ま~裏では、個人的にもいろいろあったみたいだし、本当のところはわからないけど。

想像がつくのは、安倍氏は人をかばったのではなく、あくまでも自己保身に終始していたのだろうってこと。だから、認めて楽になることが出来なかったんじゃないか?「認めても地獄、認めなくても地獄」どちらにしても、選挙にはいいこと無いんだから、楽になる方法は結局これしかなかった・・。安倍氏の罪はいろんな意味で大きい。

「任命責任」ってので、「安倍内閣」の汚点になっちゃうものね。


自殺なら、そうはならないで終りにできると思ってるんだったら甘いと思う。

それにしても、ラジオのニュースでは、「パジャマ姿であった」と言っていた。自殺する人がパジャマ着たまま死ぬんだろうか?私だったら・・と考えてみた。自殺は最大の罪だと思っている自分としては、ハッキリ言って想像しにくいことだけれど、たぶん、その場で出来る範囲の「きちんとした恰好」をするんじゃないかな。いや、私じゃなくてもそうだと思う。普通そうでしょ。

これから自殺しようとする人の気持ちは、やっぱりほんとうには解らないから一概には言えないけれど、なんだかどこかが腑に落ちない。そう思うのは私だけだろうか・・?と言っても、遺書が6通もあったのだから自殺なのだろう。遺書の他に「探さないでください」という便箋があったという。これは、蒸発する時に書く言葉じゃないの?そのあたりがやっぱり腑に落ちない。

しかし、どうであっても目のまえに横たわっている諸問題をこれで終りにするのは許されません。それはそれとして、問題は何も変わっていないのだから、野党にもしっかりしてもらわないと・・。そして、やはり悲しい事件ではあるけれど、これで「自民党も気の毒にねぇ!」なんて思っては、向こうの思うツボですから、そのへんは国民もきちんと判断していかなければいけないと思う。

ラジオのパーソナリティーが「大きな事件があると必ず誰かが死にますよね~」と言っていた。まるで小説のような結末だけれど、「事実は小説より奇なり 」。自殺にしても何にしても、これで「政治の闇は深い」ということが現実の社会の話なんだと、しみじみ恐いと思った。



松岡大臣のご冥福をお祈りします・・・。



■リテラシーを磨く / 時事問題

あんたに暗すぎて見えない黒い塊から

事実をちぎってあんたの前に置き続ける。

それを見て、あんたなりの解釈で選挙に行ってくれ。

おれからのお願いは原則これだけだ。


     ◇◇◇


ハートはいつだって敏感に善も悪もキャッチできる。 




◆灰色のベンチ 国民の憂鬱 2007-05-24
私たちが書けない「ことば」で綴ってくれる
KENさんのブログから極々一部を抜粋しました。

(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

もう・・・ むずかしい理屈はいりません。
きっこちゃんに匹敵するくらいのインパクトです。

毎日読むべし!^^

そして・・・ランキングも毎日押すことによって
気づく人が増えて、日本が少しつづ良くなること請け合いです。

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!




_______________________________________ by わんばらんす^^
明日の日本のために・・・。
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
[公式] 天木直人のブログ

天木直人氏が参院選に立候補を決心してくれました。
「日本のゆくえ」を憂いているかたは応援しましょう!^^


■滑稽パフォーマンス / 安倍内閣

今さらこんな当たり前のことを争点にするって理解不能・・・

◆徳島新聞
首相が樹海エコツアー 環境保護の姿勢アピール 2007/05/26

ぎゃはははは~っ!マンガか~!?
辺野古で環境破壊して・・・山でゴミ拾いですか・・・
地球の環境破壊はもう、ゴミ拾いのレベルじゃないんですよ。
いじましい! 姑息! 滑稽!以外の何者でもない・・・。


「はにかみ王子」を呼んで報道させてみたり・・・(--

パフォーマンスもいい加減にしてよっ!

◆JAN JAN
首相「環境問題を争点に」 順番が「安倍こべ」では? 2007/05/12
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
そもそも、環境を守ろうなど、今さら別にイデオロギーの左右問わずやらないといけないことで、ことさらに争点とは言いがたいと思います。

 その上で、以下のことを考えたい。地球環境問題といっても、きちんと人々が食いっぱぐれない国でなければ、十分対策には取り組めないでしょう。途上国では貧困ゆえに、木を伐採したり草地を過度に荒らしたりしてしまう例があるのは皆さんもご存知と思います。

 それと似たことを国内でも、たとえば以下のことを実感している方は多いでしょう。

 あるいは時間に余裕がない人ほど、例えば自動車に頼ってしまう。壊れやすい安物を買ってしまう(高く長持ちするものを買えない)。暮らしに余裕がないので、リサイクルもおろそかになる。

 私も、要介護者の祖母と暮らしている状況で「クールビズ」や家庭における「リサイクル」を徹底する余裕などありません。ファッションを選ぶ暇もないから、今夏も、ただの半袖カッターで済ますつもりです。

 ましてネットカフェ難民の方々、あるいはそこまでいかなくとも、貧困と長時間労働を強いられ、メシに塩をかけたり、パンと牛乳で食事を済ます方々に、同じせりふを総理は面と向かって吐かれることができるのでしょうか?

 何かマリー・アントワネットの「パンがなければケーキを食べればよいのに」を思い起こしてしまいます 


 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

これが普通の感想だよねっ!
どこまでズレてるんだろ? (--


もう・・・言葉はいらない・・・。


こんな滑稽な報道はいらない!
もっと重要なネタがあるでしょ!?



■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

とんでもない「罠」です!是非全文を・・。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
 ―――――― 以下すべて抜粋 ――――――
裁判員制度に知られざる「罠」、裁判員面接での選別の論理 07/05/27
「アメリカでも陪審制…」と言う人たちに聞いてみたい。アメリカの捜査と日本の捜査は透明度は同一なのだろうか、と。陪審員が全員一致で判断するかどうかで有罪・無罪を決める陪審制と、多数決に従う日本の裁判員制度は同一の制度ではない。さらに、そのアメリカでも冤罪事件が後を絶たないことも忘れてはならない。

裁判員制度の知られざる「罠」、裁判員面接で思想チェック 07/0526
裁判員制度の「くじで選ばれる国民の幅広い意見」という根底から揺らぐような事態が明らかになった。検察側が「警察官」を証人として出廷される時に、裁判所に対して裁判員候補に対して「あなたは警察官の捜査を信用していますか」と質問させることが出来る。「いや、信用ならないですね」と答えると「公平な裁判が保障されない」と検察官が判断して最大4人まで理由を示さずに「忌避」の手続きを行うことが出来るというものだ。

 「くじ」で選ばれた裁判員候補を、捜査権力が「警察の捜査への信頼度」「死刑についての考え方」などに対して「思想チェック」をして、理由を述べずに4人まで「忌避」という排除手続きを取るという仕組みが隠れていたことに愕然とする


6月1日、憲法学校スペシャルのお知らせ07/05/25

裁判員制度と被害者法廷参加で問われること 07/05/24
裁判員制度の導入の時には想定さえされていなかった新制度が導入されようとしている。それが・・・
「犯罪被害者の法廷参加」だ。

当事者としての犯罪被害者関係者(被害者参加人)が法廷参加し、殺人などの重大事件ではくじで選ばれた6名の裁判員と3人の裁判官の前で2~3日という短期間の裁判で判決を出す。

―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

「思想チェック」なんてとんでもないです!やっぱり昔に逆戻りです。

重大な犯罪を、わずか2、3日で判決を出すなんて危険です。アメリカで行われているのは軽犯罪だということです。被害者が参加しているわけですから、軽い刑になると恨まれる可能性もでてきます。それでは、的確な判断はできませんよね~。理解できない法律ばかり出してきて、ほんと今の政府は狂ってるとしか思えません。
 

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!




_______________________________________ by わんばらんす^^
明日の日本のために・・・。
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■100000アクセス達成!^^

今日・・みなさんのおかげで100000アクセスを超えました!^^

いつも、温かい応援とランキングクリックをありがとうございました。

ブログを始める時には、本当に続けられるんだろうか?と心配でした。
庶民の素朴な思いを綴って意味があるのだろうか?私に出来るのだろうか?というのが一番にありました。しかし、「今の混沌とした社会状況を何とかしたい」と、悩んでいる暇もなく必死の思いで書いているうちに、今日に至りました。

日々、忙しい中ブログを書くのも大変ですが、報われることと言ったら「日本が本当の意味で、明るく暮らしやすい国」になることです。そのために、まだまだ頑張っていこうと思いますので、今後もよろしくお願いします!^^
■緊急転載 / 日本の政治のために

[公式] 天木直人のブログ


ただただ嬉しい・・・

カミナリに打たれた気分です・・・

一条の光が射して閉塞感も吹っ飛びそう・・・

◆天木直人のブログ
私の立候補宣言ー憲法9条の心に火をつけて見せる
http://www.amakiblog.com/archives/2007/05/25/#000390

 ―――――― 転載開始 ――――――
2007年05月25日

 私の立候補宣言―憲法9条の心に火をつけて見せる

  このブログを書き始めた今年の1月にはまったく考えもしなかったことである。しかしそれから5ヶ月、ブログを書き始めた時点で、その行き着く先がこうなることは、今にして思えば必然の成り行きであったのかもしれない。昨日24日の日刊スポーツで私の事が流れた。今日25日午後4時半から記者会見を開いて立候補宣言をする。そのまえにこのブログの読者に私の考えを明らかにしておきたい

  何故、今立候補なのか。理由は二つある。いずれも私が選挙に勝利し、これからの6年間を政治家として思い通りの行動がとれる事を前提に書いている。

  一つは、憲法9条を変えさせないためである。私は憲法9条がそう簡単に変えられるとは思っていない。しかし、これから6年間、何が起こるかわからない。何があっても憲法9条を変えてはいけない、日本のためにも、世界のためにも、憲法9条を変えさせてはいけない、そう思っているので、その為に自分がなしうる最善の事を行おうと決意したのである。

  その最善の道とは、政治とは距離を置いた善良な市民たちの心に訴え、その心を一つにすることだ。護憲政党が政治の場で護憲を訴えてきた事には敬意を表する。彼らの役割はこれからが正念場であるから頑張ってもらいたい。しかし残念ながら護憲政党だけでは憲法9条は守れない。憲法9条は平和の神だ。沈黙を続けてきた神だ。その神が動き出さなければならない。その神を動かすことが出来るのは、イデオロギーや組織に縛られた選民ではない。一般大衆の素朴な平和への思いだ。何故神は動いてくれないのか?それは我々一人一人の小さな存在が、自ら動こうとしないからだ。一部の人たちが熱心でも、毎日の生活に埋没した多くの大衆が本気になって動こうとしないからだ。憲法9条という平和の神はそれをお見通しなのだ。お前たち、いいか、この俺を立ち上がらせたいのなら、まずお前たちが動いてみろ、憲法9条の神はそう言っているのではないのか。いやそうに違いない。

  本来ならば今こそ護憲政党が憲法9条の前にひざまずき、一致団結し、一般大衆を率いていくのがあるべき姿である。その場合はもちろん私もその中に入って最善を尽くす。しかし残念ながら現実はそうなっていない。そうなろうともしない。一般大衆がいくらそれを望んでもそうならない。ならばせめてそのような一般大衆の護憲の声を、既存の政治のしがらみから離れて、結束させることが出来ないか。そしてそれを力に、護憲政党統一のきっかけがつくれないか。誰かがそれを始めなければならない。それは成功するかどうかわからない試みであるが、挑む価値はある。そしてその時は今しかない。

  もう一つは、この国の政治を変える事だ。このブログの読者は、もう私の考えを知っているだろう。最近の日本の政治はまったく機能していない。年金の不祥事はどうだ。談合、裏金の不祥事はどうだ。米国の戦争にここまで加担している違憲状態はどうだ。あらゆる嘘が横行しているのに、そして皆がそれを知っているのに、誰もそれを正すことが出来ない。政治が機能していないからだ。

  今の選挙制度から生まれるいかなる政党、政治家も、現状を変える事は出来ない。政界再編や政権交替が行われようと、根本的なところでは何も変わらない。なぜか。それは政治家が選挙や政権取りにうつつを抜かし、国民の為の政治をおろそかにしているからだ。まったく新しい政治家を国会に送り込むことが出来ないものか。その政治家は数は少なくてもいい。最初は一人でもいい。参議院の政治家ならそれができる。6年間選挙の事を考えないで済む政治家が、本気になって国民の為に奉仕すれば、今までの政治家が出来なかった事ができる。国民の為の政治ができる。国会議員の特権を国民に代わって国民のために使える。政府の不正、不作為を情報公開し、監視することができる。政治の裏で行われている国民を裏切る行為をただすことが出来る。それを実践してみよう。そして閉塞感を打ち破ろう。その間に一人でも多くの本当の政治家を見つけ、それを育成し、日本の政治の将来につなげよう、そう思うようになったということだ。


  私は今、池波正太郎の書いた「おれの足音」の中の大石内蔵助を思い出している。なんで俺がこんな役回りをしなければならないことになってしまったのか。俺にはもっと楽な人生があったはずだ・・・そう自分につぶやきながら、女郎屋の暖かい布団の中から立ち上がり身支度をする内蔵助。「外は寒そうだなあ」と言いながらも、最後は運命に従順に決然と立ち上がる内蔵助。これはもちろん歴史上の話ではない。つくられた池波正太郎の世界の内蔵助である。しかし、一般大衆に今求められているのは、まさにこの内蔵助の生き方ではないのか。私はあなただ。そしてあなたは私なのだ。

 しかし私たちはあだ討ちをする為に死に行くのではない。生きて憲法9条を守るのだ。政治を変えるのだ。世界はそんな私たちに喝采を送ってくれるだろう。私は決意した。全力を尽くしたい。

  そういう訳で今日からのブログはこれから7月22日まで続く私の行動と思いを書いていくことになる。しかしその間も、毎日のブログも並行して書いていくつもりである。

  私は選挙のあり方を変えて行きたいと思っている。動き回る従来の選挙活動は勿論いとわないが、ネットの世界でどれだけ票が集められるかを試してみたい。そうすることによって政治もまた変わっていくと思うからだ。読者の皆さんの知恵と協力をお願いしたい。

  それからこんな事は最初で最後であるが、これから2ヶ月間全国を動き回る経費が必要になってくる。なんとか皆さんの支援をお願いしたい。支援していただいた人たちと一緒に政治を変えて行きたい、日本を取り戻したい。そう思っている。

 支援金 振込先

1. 銀行振り込み
栃木銀行 三島支店
普通預金口座 店番号 081
       口座番号 2234551
       名義   天木直人

2. 郵便振込み

振替口座   00140-5-706486
名義      天木直人


3. その他
PAYPAL: naoto@amakiblog.com

 ―――――― 転載終了 ――――――
(太字・色文字・下線・段落修正 by わんばらんす)

待っていました!!!ありがとうございます!!!

「わんばらんす」では・・・今日から徹底して応援させていただきます。

その理由は簡単です。天木氏は、思想信条がと~っても近いのです。
やはり、考えが近い人を徹底して応援するのは当たり前のことです。
自分が出馬できない代わりに・・と言ってはなんですが・・^^
現状、自分が出来うるかぎりの応援をしていきたいと思っています。

みなさんも、今の日本の閉塞感を打破するためにも・・・
できれば、何卒応援をよろしくお願いします!^^

日本が平和へ引き返せる最後の賭けになるのではないでしょうか!?

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!




_______________________________________ by わんばらんす^^
明日の日本のために・・・。
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
短くても温かい応援のメッセージをいただくことがあります。
そんな時は天にも昇る気持ちになり、苦労が報われる瞬間です。
みなさま本当に・・・ありがとうございます♪^^

■消えた年金 / 社会保険庁

またまた「社保庁改革法案」強行採決です!!!

昨日の報道ではこんな記事があったけれど・・・

野党3党、社保庁改革法案の採決反対で一致 (sankei)
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
民主、社民、国民新の野党3党は24日午前の国対委員長会談で、年金記録の紛失問題について、社会保険庁の対応や政府の姿勢を徹底追及することで一致。衆院厚生労働委員会での社保庁改革関連法案の早期採決に反対し、審議を続けるよう与党側に求めていくことを確認した。

こんなことやっても意味がなかったようだ。もう誰でもわかっている。無駄なんだって。何をやっても無駄なんだって・・・。ところで共産党はどうしちゃったの?コンセンサスがないの?もう時間がありません。共闘をお願いしますね!^^
野党の声は国民の声でもあるけれど・・・

「そんなもん知ったこっちゃない!」のが・・・

自公政権「安倍内閣」なのだ!

権力の頂点って凄いんですね~!みなさんの年金は大丈夫ですか?

日々の生活に追われていると、つい忘れてしまいがちですが、早めに確かめないと取られっぱなしになっちゃいますよ。やっと重い腰をあげた「ふり」をしてますが、わかったもんじゃないですからね。^^;

「日本年金機構」・・・また天下りの温床になりかねません。

「かぶりもの」を着替えるだけです。不審なことがあったら、下記に知らせましょう。

◆民主党HP
「消えた年金記録」 2007/05/16
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=10022
 民主党が、年金記録の消失・支給漏れの問題を取り上げて以来、納付記録が消失して本来の年金を受け取れないという、被害者の方からの訴えが増えています。民主党は、こうした被害者の方々の訴えを国会審議に反映し、政府の責任において被害者を救済するよう求めていくため、『消えた年金記録』の情報を募集いたします。皆様からの情報をお待ちしております。

「消えた年金記録」情報募集中

 しかしいったい、いつからこんなことやってるんでしょうか?1年たっても何も変わっていない。真面目に仕事やる気がないってことですよね!行政の失態は、誰も責任をとらない。何十億、何百億円って失っても罪を問われない。全部、それを血税で補填する。これから出すという「お知らせ郵便」に、また10億円もかかるらしいですね。

◆NEWSゆう
http://webnews.asahi.co.jp/you/
<年金問題>
2006/08/03(木)放送
http://webnews.asahi.co.jp/you/special/2006/t20060803.html
<2006/07/06(木)放送 (消えています)
http://webnews.asahi.co.jp/you/special/2006/t20060706.html

参照:
ABC NEWSゆう(えーびーしー にゅーず-)出典: 『ウィキペディア』
2000年9月から放送されている朝日放送(ABCテレビ)のローカルニュース番組。

これは・・・社会保険庁の怠慢以外の何ものでもない!

この番組は関東では放送されていないのですが・・・
戦争についての特集もやっていたようです。

すばらしい特集だと思います!
こんな番組があったなんて知りませんでした。
ローカルのほうが規制がゆるいんでしょうね、きっと。
しかし、何故か 「2005/08/16 」 で止まっている。
熱っぽく番組をつくっていたと思われるのに・・・
いったい何故でしょうか?事実を伝えることは大事なことなのに・・・。

報道したくても出来ないのか??? 

<特集「語りつぐ戦争」>
http://webnews.asahi.co.jp/you/special/sengo.html
1945年、様々なものを奪い、破壊した太平洋戦争が終わりました。それから60年、戦争が語り継がれることが少なくなった今、戦争を若い世代に伝えていく特集をお送りします。


未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!




_______________________________________ by わんばらんす^^
明日の日本のために・・・。
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

◆低気温のエクスタシーbyはなゆー
http://alcyone.seesaa.net/article/42405165.html

◆ミクロネシアの小さな島・ヤップより
http://suyap.exblog.jp/5616907/
http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/963.html


どうしても・・・
許せない!!!


着々と市民を陥れるプロパガンダが開始され始めました。
新聞の記事というのは締めくくりで意図が判ります。
▼読売  (参照)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okinawa/news008.htm

何故、このような酷いことが行われているのに、それを正確に報道しないんでしょうか?それどころか、政府お得意の「自作自演」の学芸会をマスコミに報道させる。「やらせタウンミーティング」が、あんなに話題になったっていうのに、まだ懲りていない。さすがアメリカの同盟国「汚い国、日本。」ですね。


◆基地建設阻止 おおかな通信
http://henoko.jp/fromhenoko/
http://henoko.jp/fromhenoko/2007/05/21_000391.html
http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/965.html
◆辺野古から緊急情報
http://henoko.jp/info/
◆辺野古と共に!国会前、座り込み
http://iogi.kt.fc2.com/
◆シンさんの辺野古日記 2004,12,10
http://diary5.cgiboy.com/2/henokonikki/index.cgi?y=2004&m=12#10
◆ジュゴンの家・日誌 (作業員に暴行を受けて意識不明になった女性の写真)
http://dugonghousenago.web.fc2.com/04_12_1.html

これだけの人々がSOSを出しているというのに、みんなで寄ってたかってそれを叩いているサイトがある。そのうち自分たちが、この政権の「駒」として使い捨てにされるかもしれない瀬戸際だっていうのに、ほんとうに呑気なもんです。それよりも・・・

正直、そんなところを見ていると「心の痛み」や「おもいやり」や「人間の情」みたいなものが全く感じられません。一生懸命で必死な人々をみて、「バカにして、こき下ろして」何が楽しいんでしょうか?こんな時に、右だの左だの立ち位置なんて関係ないでしょ。ほんとうに「かなしい」人たちです。

政府の暴挙をなくすために・・・

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!




_______________________________________ by わんばらんす^^
明日の日本のために・・・。
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■不都合な「沖縄市民運動」 / 安倍・ブッシュ同盟

自衛隊と海上保安庁って・・・
国民の敵だったんですか???


辺野古の市民たちの阻止行動は、アメリカに逆らえない
日本国政府にとっては、まさに「邪魔な存在」なのだろう。

昨日の記事「辺野古からの・・・SOS!!!」でも紹介した・・・

◆dr-stoneflyの戯れ言 2007/05/20
「辺野古からのメール」…ダイバーは殴られ、珊瑚は潰され

これらのことは、一過性のことではなく毎日つづいている。今も・・・。

「きっこのブログ」の記事の多さでもうかがい知ることができる。あまりにも多く長くなるので昨日アップできませんでした。日々の更新で下に下がってしまった記事をまとめておこうと思う。「きっこのブログ」では、文章すべての引用を禁止しており、タイトルも文章の一部ではあるけれど、事柄が公的緊急性があるのでタイトルだけは許していただけると思い、リンクを貼ります。

◆きっこのブログ(きっこの日記)

2007.05.21 金城祐治さんの言霊
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_ee26.html
2007.05.20 私用で自衛隊を使う最高司令官
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_f3ed.html
2007.05.20 辺野古からの訃報
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_bccc.html
2007.05.18 沖縄の叫び
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_7652.html
2007.05.18 辺野古からの続報
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_297d.html
2007.05.18 辺野古の現実
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_e0f3.html
2007.05.17 ジュゴンの気持ち
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_9641.html
2007.05.16 重要なお知らせです!
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_fe39.html


2007.05.16 まだ戦時下の沖縄
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_3495.html

2006.02.15 沖縄はニポンの宝
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/02/post_7264.html
2007.05.13 ジュゴンとウミガメと米軍海兵隊
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_49ae.html
2007.05.13 バカなアベシンゾーよりバカな国民
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_c0fd.html
2007.05.13 緊急メッセージ!
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_7652.html
2007.05.12 沖縄の海と平和を守ろう!
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/05/post_cd12.html
2006.04.08 ジュゴンよりも戦闘機?
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/04/post_80e2.html


今も沖縄では戦争がつづいているのと同じです。戦後そのまま「アメリカ」が居座っているのですから。「きっこの日記」は有名ですが、忙しくしていてず~っと見ていないこともしょっちゅうで、しばらくぶりに行ってみると、こんなにたくさんの辺野古からの「悲鳴」がありました。ニュースで「辺野古」という名前は1度くらいは聞いたような気がしますが、ほとんど報道していませんね。だったら私たちが伝えるしかない。

いったいマスコミは何してるのでしょうか???


■今日のどこどこ (追記)
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
予算委員会集中で「グリーンピア南紀」の責任を問う 07/05/23
厚生労働委員会で「グリーンピア南紀」を徹底追及 07/05/22
「グリーンピア南紀」はどうなっているか 07/05/21

今日は、国会中継を観ていたが、議員の質問に「YESかNO」でハッキリ答えた閣僚が、いったい何人過去にいただろうか?それだけ透明性がないと言うことでしょう。「言い訳」につぐ「言い訳」に終始する。たとえ議員が必死になって調べて質問しても、まともな「答え」なんか出てこない。ま~「口が滑る」のが唯一の収穫かもしれない。国会の運営費用がどれくらいかは知らないけれど、国会運営自体の無駄金も返して欲しいと思う国民は多いんじゃないかな?

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!




_______________________________________ by わんばらんす^^
「ジュゴンと戦闘機」・・あなたはどっちがいいですか?
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。

防衛省になって・・・
最初の大きな仕事が

「自国民への暴力」ですか!?


アメリカに利用される「憲法改正」は絶対阻止です!


■自国に虐げられる辺野古 / 安倍内閣の横暴

◆dr-stoneflyの戯れ言
「辺野古からのメール」…ダイバーは殴られ、珊瑚は潰され 2007/05/20

 **************  メール転載開始  ***************
遅い時間の配信申し訳ありません。

今日一日のことを報告します。
これを読むだけでなく、傍観するのではなく、どうか辺野古に駆けつけてください。

明日、明後日も未明より作業が行われる可能性があります。
この2週間ほとんど休むことなく警戒を続け、今日も10時間以上海上で非暴力の座り込みを行ってきた仲間達は疲れ切っています。どうか、一緒にこの平和を求める活動に参加してください。

わたし達のほとんどは、皆さんと同じ、何にも所属していない一人の市民です。
特にカヌーに乗っている人の半数近くは定年退職者です。

わたし達は反対派でも妨害者、過激派でもなく、ましてや日本の
軍隊が向き合うような「軍隊」とは天と地ほどの違いがあります。

これ以上沖縄を、ジュゴンの海を毀さないでください。
沖縄を、日本を、アメリカと一体となって世界中で無垢の市民を殺し続ける加害へと荷担させないでください。ベトナムでの、イラクで市民を殺戮した爆弾はわたし達の島から飛び立っているのです。

どうか辺野古へ駆けつけてください。

・ダイバーが足りません。
無抵抗で海底の機器設置場所に座り込むわたし達のダイバーに対して、殴る蹴るの暴行が水中で行われています。多くの目撃者、カメラが集中することによってこのような命にかかわる危険な行為を止めさせることができます

・カヌーに乗る方が足りません。
もうみんなへとへとです。来ていただければ、時間を作って練習を行います

===
以下報告です。

昨夜、午前0時には100人ほどの人たちが集まってくださり、交代で寝ながら監視行動を続けました。
午前4時、出航準備をしに外に出たところ、海の方からエンジンの音がゴウゴウと鳴り響いています。海上は海上保安庁の船で埋め尽くされていました。

午前5時半、汀間(ていま)漁港から阻止行動の船を出そうとした時に、海上保安庁は異例の船舶検査などを行ない出航時間を大幅に遅らせるという手段に出てきました。

午前7時、既に作業が強行されている海に出ると海上保安庁の大型巡視艇4隻、中型2隻、小型2隻と数えきれないほどのゴムボートが襲ってきました。結果と して午前中3ヶ所については作業をさせず、午後もカヌー隊が向かったところでは、作業をやめさせることができました。それでも多くのポイントに調査機器が おろされています。

わたし達は、小さなカヌーにのって6艇ずつが小船に曳かれて一日中走り回りました。また、ダイバー達、シュノーケルの人たちも、海底に打たれる杭の切っ先に手を伏せてギリギリのところで止めるようなシーンもありました。

こちらのダイバーはその度に殴る蹴るの暴行を受けています。
浜に戻ったときは午後5時半でした。10時間以上海上にいたことになります。

ところで、わたしは子どもの頃父より「海上保安庁の人間には誇りがある、海上自衛隊は人を殺すためにあるが、彼らは人の命を救う仕事をしているのだから」と聞かされていました。
もちろん、多くの海上保安庁の方々は紳士的でしたが、とても残念な、酷い行為も今日一日でたくさん目撃しました。

例えば作業船にカヌー隊がしがみついていた時に船がバックを始め、雇われている漁民は安全を考えてゆっくり引き離そうとしていたようですが、海上保安庁のボートから「もっとスピードを出せ!」と怒鳴られ漁民の方は仕方なくスピードを上げました。その結果カヌー1艇が転覆しました。彼らは人の命を守るどころ か、危険にさらしたのです。

海上保安庁の職員は、まるで防衛施設局の職員か業者のように漁民に指示し、危険行為、場合によっては生命の危険にある行為を行うよう命じました。

違う場面ではゴムボート2艘でカヌーの隊列を挟み、執拗にカヌーを波で煽り、転覆させました。これも一つ間違えると波と船体に打ち付けられ命を奪いかねない行為でした。

また、少なくとも2ヵ所で海上保安庁のゴムボートが、白化現象から漸く回復しつつある貴重な浜珊瑚に船で激突しました。手前を走る海上保安庁のゴムボートが積む2機のエンジンがその衝撃で飛び上がるのを目撃しました。

海底にしがみついて非暴力で阻止行動をしているダイバーに対して、作業員もしくは海上自衛隊員たちは殴る蹴るの暴行を加えてきましたが、海上保安庁の隊員は見て見ぬふりです。


しかし国は「反対派」というレッテルを貼り、「妨害行為・暴力行為」をしているというネガティブキャンペーンを必ず展開するはずです。

作業を強行している業者の人も海上保安庁も、海上自衛隊も防衛「省」も国もきっと信じられないのだと思います。
金儲けのためでもなく、暴力を振るわれても振るうことなく、他者や自然の平和を守るために行動する人たちの心を彼らは信じられないのだと思います。

全て力でねじ伏せることが出来ると思っている人たちは、非暴力で立ち向かって来る一般市民が心底恐いのだと思います。人の心を信じ、平和を信じ活動する市民たちがいることを心底否定したいがために暴力を持って望んで来るのだと思います。

平和を創るために体を張っている仲間たちは「暴力を振るう者が一番弱い」ということを知っているのです。暴力の弱さを国に伝えるために、愛する日本には暴力に頼る国になって欲しくないという命をかけた訴えをしているだけなのです。

人間は自分にやましいところがあると他者に対して暴力的になるものです。海上自衛隊導入は「国の逆切れ」と理解していただいていいと思います。

これから国がありとあらゆる方法を用いて「辺野古の阻止行動」に対して張って来る「ネガティブキャンペーン」「マイナスイメージ宣伝作戦」に引きずられて はならないと思います。

真実を伝えている仲間たちの声を信じてください。国が今回のことで墓穴を掘っていることに気付くまで、私たちは平和を求めて進むだ けです 


***************  転載終了  ***************
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)


「あらゆる事態想定」海自艦派遣で防衛相 辺野古崎調査
2007年05月17日17時38分 (asahi.com)
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
 米軍普天間飛行場移設先の沖縄県名護市辺野古崎で始まった環境現況調査(事前調査)に関連して、海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」が出港した問題について、久間防衛相は17日の参院外交防衛委員会で、派遣は反対派による阻止行動があっても調査できるようにする狙いであることを明らかにし、ぶんごが直接、現況調査にかかわる可能性も認めた。

 防衛施設庁が行っている普天間移設関連事業に自衛隊が関与するのは異例だ。普天間移設に絡んで、昨年9月には逮捕者も出ており、今回の動きも国が移設を強行しようとするものだとして、地元から反発が出ることが予想される。

 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

すべてはこの・・・
自衛隊最高司令官「安倍晋三・日本国総理大臣」が命令している。

「自国は自分たちで守る気持ちをもつ」・・・
この精神には、私も同感です。自分たちは日本人は何もしないで誰かに守ってもらおうとしているのだから、その相手(アメリカ)につけ込まれるのも事実です。だから、自衛隊を軍隊にして、国民も「権利だけでなく義務もあるのだ」と言うことを認識すべきであり、その両方を備え得るような毅然とした独立国になるためには、今の流れも仕方がないのだと言う理論を、何が何でも反対と「全否定」は出来ません。

しかし・・・

何でも切れる「便利な刃」をもって世間に一目(いちもく)おかれると、必ずや悪魔の心をもった輩が、その「諸刃(もろは)の刃(やいば)」を使い、国民のための安全保障などではなく、まさに「国民にその刃を向ける」ようになる。そのことは、私の考えではなく、見事に歴史がそれを証明してくれています。

そしてまた・・・

それを確実に裏付ける確固たる証拠が、この「辺野古」の事例です。

「根拠」・・には、もうこれで充分じゃないですか!失敗から学びましょうよ!

◆「辺野古 2007」 (動画:約25分)
http://video.google.com/
videoplay?docid=-2353979867180903513


◆辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html

◆辺野古の基地建設に反対している各地の活動

・東京行動「NO BASE HENOKO TOKYO」
http://blog15.fc2.com/henokotokyo/
・大阪行動
http://www.geocities.jp/osakakoudou/
・京都行動「KYOTO ACTION」
http://kyoto-action.jugem.jp/
・滋賀行動「結の会」
http://yuinokai.ti-da.net/
・名古屋行動「NO BASE辺野古・名古屋」
http://blog.goo.ne.jp/henoko-nagoya
・大分行動
http://www.geocities.jp/henokohappy/
・那覇行動「ナハ行動」
http://yaplog.jp/nahakoudou/
・国会前(議員会館前)行動「辺野古と共に!国会前、座り込み」
http://iogi.kt.fc2.com/

◆沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page
http://blogs.yahoo.co.jp/okinawa_maxi

正直、こんなに酷いことになっていたとは・・。唖然です!知らないこととは言え、それはそれは悲惨なことになっているのに平気で生活していたことを申し訳なく思いました。

ゴミ処理問題、原発などなど、世の中には迷惑極まりないモノはたくさんあります。しかし、誰かが引き受けなきゃならないモノもあります。でもその中でも、基地問題は大大迷惑以外の何者でもなく、どうにかしなければならないようなものではありません。いえ、たとえそうであっても、「ふるさとを守りたい」ただそれだけの国民を暴力行使で命の危険にさらすことを命令するなんて正気の沙汰ではありません。

戦争とは、このように「普通の感情」すら踏みにじり、潰してもなんとも思わなくなり、あげくは「命の尊厳」すら認識できなくなる、恐ろしいものです。まだかろうじて平和である今の日本でさえ現実にこのようなことが起こっていることを忘れてはいけません。戦争のできる憲法に変わってしまえば、どんどん加速度がつき歯止めも利かなくなる。私はそう思います。人間は愚かなのですから・・。

やめてくれ!・・・ただそれだけです。 

なんでも「対岸の火事」とみるのは、日本人の悪い癖です。沖縄は日本です。これは日本人みんなの問題なんです。自分に火の粉がかからなければそれでいいのでしょうか?沖縄に押し付けて知らんぷりでいいのでしょうか?今の生活格差の現状で、その頂点に君臨する者達の仕業なんですから、その上流にいる人々が助けてくれるわけありません。みんな生活するのに必死な庶民が、阻止行動を続けています。私たちも、個々の状況それぞれでできることは違いますが、みんなで思いつくことをやりましょう。

何もできなければ選挙だけは行きましょう!

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


参院選2



_______________________________________ by わんばらんす^^
「ジュゴンと戦闘機」・・あなたはどっちがいいですか?
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■安倍カルト内閣の洗脳 / 教育

許せないっ!!! 
子供たちに・・・
こんな洗脳許していいの???


◆Saudadeな日々 さんからTBをいただいた。 

文科省公認・洗脳ビデオ 2007年05月21日
 ―――――― 以下極一部抜粋^^ ――――――
出たー! 「文科省公認・皇国臣民少年少女・洗脳ビデオ」第1弾。
「修行するぞ、修行するぞ・・・」

いろ~んな情報がありそうです。^^

そして・・これがその情報の一部

文科省採用の“靖国DVD”
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
(前略)・・・・・・ 
DVDでは青年の語りを通して、  「日本は自国を守るためにやむをえず戦争した」「アジアを解放するための戦争だった」との主張が繰り返されます。 朝鮮半島や台湾については「植民地支配」という言葉はなく、  「日本はこれらの国を近代化するために道路を整備したり、学校を建設した」と述べています。「従軍慰安婦」や強制連行などの加害の事実にはいっさい触れていません。

 DVD「誇り」は日本青年会議所が地方青年会議所との「協働運動」として進めている「近現代史教育プログラム」の教材です。同プログラムでは学校の総合学習などで中学生に このDVDを見せたあと、会議所のメンバーがコーディネーターになって詳しい説明を加えながら討論。子どもたちから「日本を守るためには戦争をするしかなかったのではないか」「日本が自分の国を守るために戦争したなんて初めて知りました」などの感想を引き出しています。
・・・・・・(後略)
2007年5月18日(金)「しんぶん赤旗」

 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

これはないんじゃないの~???

教育三法どころの騒ぎじゃない。
是非、行ってご覧ください。
すでに着々と・・・
子供たちが洗脳されているっていうのに
ほんとに・・・
自公政権「安倍内閣」でいいんですか?

こんなの絶対に許せない!!!


■AbEnd? / 国政&選挙

最近、見慣れぬサイトからのアクセスが多くなってきたので行って見たら・・・
なななな、なんとっ!AbEndほか「反体制」らしきブログのリンク集サイトだった。
みなさん知ってましたか?私が遅れてるのか~?
それにしても、管理人さんはどなたなんでしょう・・?^^;

◆北朝鮮化する日本を憂える者たち
~ 安倍ジョンイルを叩き潰せ! ~


選挙サイト

◆参院選.com-2007年参議院選挙
2007年参議院選挙に関するニュース、参議院選挙立候補予定者の情報など。

いろんなアンケートもあります。

有名だから・・・という理由で投票するのだけはやめましょう。

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


参院選2



_______________________________________ by わんばらんす^^
「平和と戦争」・・あなたはどっちがいいですか?
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
戦争で得たものは憲法だけだ―憲法行脚の思想戦争で得たものは憲法だけだ―憲法行脚の思想  


我、自衛隊を愛す故に、憲法9条を守る―防衛省元幹部3人の志 
我、自衛隊を愛す故に、憲法9条を守る―防衛省元幹部3人の志この本についての考察・・・

◆日刊ベリタ 2007年03月20日掲載
『我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る
―防衛省元幹部3人の志』
 
憂国の士の「内部告発」 安原和雄


ここのところ紹介が抜けていたので、まとめてアップします。^^

■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
上原ひろ子記者会見 07.5.17 資料 07/05/19
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
社民党は参議員選挙の全国比例区で17日に予定候補に、前国立市長の上原ひろ子さんを公認決定した。上原さんの経歴と政策をここに掲載する。憲法の危機の時代だからこそ、参議院に上原さんを送り出したい。

上原ひろ子の、考え方
1 九条が危ない。だから私は、起つ。
 ついに国民投票法が成立しました。自民党は早ければ2011年には、憲法改定のための国民投票を実施する方針だといいます。特に安倍晋三首相は、まるでなにかに憑かれたように「憲法改正を参議院選挙の争点に」と叫んでいます。

 なぜそんなに急ぐのでしょうか。現行憲法のどこに、そんなに拙速に改定しなければならないような瑕疵があるのでしょうか。
 戦後60年にもわたって、日本の軍事組織は一人の戦死者も出さず一人の外国人も殺しませんでした。

こんな先進国は他にはありません。そのことの偉大さを、なぜかなぐり捨てようとするのでしょうか。その裏づけこそが憲法九条だったはずです。
日本が世界で尊敬される最大の手段こそ、九条の実現です。
だから私は、その九条を変えさせません。


悪法量産・安倍内閣への警告(海渡雄一さん) 07/05/19

『共謀罪とは何か』(岩波ブックレット)を共著で書いた海渡雄一さんから、『悪法量産の安倍内閣への警告』が届いた。小泉政権が終焉し、安倍政権は「強気一本」の「戦後レジーム」と突破でダッシュし始めた。海渡雄一さんらしい鋭角の分析と呼びかけを今日は、皆さんにお届けすることにしたい。

戦争のできる国づくり、人づくり目指す悪法ラッシュの波

07年5月18日衆議院本会議・反対討論 07/05/18

 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)


ビビビッ♪と一目惚れした上原ひろ子さんの基本は「平和」ですね。^^
上記は一部で、「経歴と政策」はまだまだたくさんあります。
全文を読んで政治を任せられるか、是非吟味して欲しいと思います。
上原ひろ子さんの「人となり」をご自分の目で確かめてください。

今・・・党ではなく「人」です!

日本を任せられる「BESTな人」を国会へ送るのが先決です。
ご自分の選挙区の候補者は、誰が信じられるのかじっくり調べましょう!
「無所属」という皮を被っている自民党系の候補者かもしれませんしね。
そのまえに、誰が出ているのか見てみましょう。

 今すぐ候補者を検索 (まだ出揃っていませんが^^;)

そして・・・

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


参院選2



_______________________________________ by わんばらんす^^
「平和と戦争」・・あなたはどっちがいいですか?
今日も応援クリックありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■ビビビッ♪ / 7月参院選・立候補

◆asahi.com 2007年05月17日
参院選に上原公子・前国立市長が出馬へ 社民党公認で

 住民基本台帳ネットワークからの離脱などで注目を集めた前東京都国立市長の上原公子氏(58)が、夏の参院選に社民党公認で比例区から立候補する意向を固めた。17日に正式表明する。

 上原氏は「憲法改正の動きが高まるなか、日本が戦争の道に進まないため、今こそ踏ん張らねばならない」と語った。憲法の堅持や、地球温暖化防止などの環境対策を訴えるという。

 99年に都内初の女性首長として国立市長に当選し、2期8年務めた。議会と対立して議案の否決が相次いだことから「市長でいることが市民にデメリットになる」として3期目は立候補せず、4月に引退した。

都知事選時、浅野史郎氏の勝手連集会で上原公子さんがゲストでいらっしゃいました。 
超リベラルで護憲派で、女性。そこからも想像できますが、お話を聞くまで思ってもいませんでした。何かというと、現役市長の時代に「男尊女卑の権化」のような、あの石原都知事から 「と~ってもカワイガラレタんですよ~。」 とおっしゃいました。 私は「ん~?特別扱い?^^;」な~んて、すぐにピンときませんでしたが、そこには深い意味があったのです。 本当の意味は 「とことん目の仇にされていた」 ということだった・・・。 ここでは具体的には書けませんが、なにしろ呆れました。ほんとに呆れました!

「なるほど、みんなこうやって潰されていくのか!」とイヤ~な気持ちになりました。

まったく知らなかったのですが、考えてみれば、極自然な成り行きかもしれません。「出る杭は打たれる」‥ 人間というのは、自分の領域を侵食してくる「影響力&実力」をもった人を脅威に感じて叩くきらいがあります。それは姑息なヤツほど・・顕著ですね。 しかし裏を返せば、彼女は私たち護憲派にとって、素晴らしい武器になるということです。 上原公子さんには・・是非、議員になって国民のために力を貸して欲しい。 

彼女に「ビビビッ♪」・・・です!^^

「日本の平和」のために・・・できるかぎり応援したいと思います!


■参院選集票術 / 「安倍内閣」

6月6日 
「美しい国土づくり」シンポジウム
 by 安倍教?
http://www.ktr.mlit.go.jp/utsukushii/index.htm

・・・ってのをやるらしいです。

サブタイトルはこれ・・・

~美しい国土をささえるインフラとはなにか~

そして、誘い文句は・・・

・・・・・・
ゆとりや安らぎに満ち、安心して快適に暮らせる国とは・・・
誰もが「ここに生まれてよかった」と思える国づくりとは・・・
(抜粋)

・・・ですって。

今、「ここに生まれてよかった」なんて思えるわけないでしょ!

でも・・
大好きなかたは、行ってみたら如何ですか?
大嫌いなかたでも、もちろんOKですね?敵情視察も対策のうち?ナンチッテ^^

なにせ無料ですから・・・^^

なんだか、変な宗教への誘いサイトのようにも感じてしまうのは私だけでしょうか?^^;そのうち、心を読み取る装置、いわゆる嘘発見器最強バージョンってのが開発されて、入り口チェックでピッピッと弾かれたりして?^^反対の気持ちがあったら皆逮捕されるなんてことになる日がくるのかこないのか、でも、今のうちは大丈夫そうですから、気になるかたはどうぞ!^^

やっぱり・・・平和がいいよ!ってかたは

こちら ↓^^


未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


参院選2



_______________________________________ by わんばらんす^^
あたたかい応援、本当にありがとうございます♪^^
この、過去に感じたことがない閉塞感を打開するために・・・。


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
愛知県の立てこもり事件・・・人質解放されて良かったです。

毎日、事件事件で世の中どうなっているのでしょうか?人生は、以前よりも思い描いたとおりにいかなくなっています。安倍氏曰く、「頑張る人にはチャンス」があるそうですが、世の中、頑張っても成果がでなくなってきているんですよね。「ワーキングプア・・」そういう閉塞感がモヤモヤに変わり、人にぶつけるようになってきているようにも感じます。理由はもっともっとたくさんあります。こんな国がどうして・・・「美しい国」と言えるのでしょう。


■本の紹介 / 日本の危機&アメリカの陰謀

今日はゲストの「うずらさん」推薦の本を紹介します。
うちのコメント欄で、ときどき情報をくださるので助かります。
以前にも紹介した本もありますが・・また再び・・。

まずは・・コメント

三角合併解禁で、我が国の優良上場企業がハゲタカ外資に乗っ取られて、会社も従業員もぼろぼろにされて、社会不安・荒廃になる前に、あらゆる意味で参議院選挙で大波を止めましょう

・関岡英之著「奪われる日本」「拒否できない日本」参照
・関岡英之・和田秀樹共著「「改革」にダマされるな」参照
・関岡英之編集「アメリカの日本改造計画」参照
・田中弘著「時価会計不況」参照
・ビル・トッテン著「日本は略奪国家アメリカを棄てよ」参照
・本山美彦著「姿なき占領」参照

これらの本が我が国の危機的警告を発しています

・堤未果著「アメリカ弱者革命」参照

国家が危うい方向に向かっているとき、これを止める国民の大きな武器が投票だということを堤氏はいいました。決して、一票の重みをあなどってはならないことを我が国の国民は知るべきです

2007.05.18 07:50 URL | うずら

(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

・・ということで、amazonへのリンクを貼りました。
うずらさん・・ありがとうございました♪^^
いつもはリンクはイメージだけですが、そちらが
画がでないので本サイトから・・・

奪われる日本        拒否できない日本
  

改革にダマされるな    アメリカの日本改造計画    時価会計不況
    

日本は略奪国家アメリカを棄てよ   姿なき占領   アメリカ弱者革命
    

未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


参院選2



_______________________________________ by わんばらんす^^
あたたかい応援、本当にありがとうございます♪^^
この、過去に感じたことがない閉塞感を打開するために・・・。


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
マスコミへの不審感が益々つのる・・今日この頃。
しかし、マスコミにも必ず良心が残っていると信じたい。

■危険な電子投票 / 選挙

先日に引きつづき・・scottiさんのコメントです。
今度は ◆らんきーブログ の記事へのものを拝借・・・。
scottiさん・・ためになるブログつくってください!^^

今日のらんきーブログを読んで、これほど酷いコイズミ以降のアベ内閣を、放置する国民がいるのなら、もはや、何一つ考えていないに等しい日本国民に責任は転嫁されると感じました。

日本の政府も、疑惑のブッシュ政権を見習って、
来年には電子投票を導入する目論みです
が、
ブッシュ大統領は、電子投票で改ざんしなければ、当選していなっかった疑惑があります。出口調査で、投票終了直後、ケリー氏勝利と、プロの調査機関が報道しましたが、結果は残念ながら逆でした。その後の調査で、住民より多い電子投票の集計のある町や圧倒的にケリー氏有利の土地でブッシュ氏の方が多い集計など不思議だらけでした。

ネットでの選挙活動に否定的な与党自民党が、電子投票だけ前向きに、強引に進めるところをみると、やはり改ざんの意図を感じてしまいます。まともに集計される選挙は、もしかしたら今回の参議院選挙が、まともな最後の国政選挙になるかもしれません。誰も、改ざんされても検証できない電子投票が導入される前に、少しでもまともな国会議員を誕生させましょう。

決してテレビに出ているだけの理由で、舛添や山本一太などの権力だけしか興味の無いような人を選んではいけないと思っています。 

2007.05.12 22:20  | scotti #-

(太字・色文字・下線など by わんばらんす)

日本では過去、出口調査と実際の結果が大きく違っていたことはあまりない。しかし、電子投票の「ケリーVSブッシュ」の対決は、出口調査が覆った。これはどういうことだろうか?100%ではないにしても、こうなってくると、やっぱり改ざん(裏工作)の臭いを感じるのは自然な感情。

ネットなどIT(電子)は便利だけれど、これほどウィルスやハッキングやその他いろいろな工作が簡単にできるものはないかもしれない。ネットのブログランキングへの不審が話題になったばりだけれど、プロ級の腕があれば誰でもが、どんな大きなことでも「やる気」になれば、秘密裏にできるということ。

選挙運動においてのネットの利用をここまで拒んでいる自公政権「安倍内閣」。それなのに、同じIT利用である「電子投票」だけを積極的に推進するには、それなりの大きな理由があるに違いない。

国民を騙し、自公政権「安倍内閣」を有利に導く魔法の方法が・・。


■沖縄返還35周年 / 国政
遅ればせながら・・・

祖父孝行の安倍ん坊くんの著書
安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介
安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介
沖縄返還には、少なからず因縁のある安部のぼっちゃまであるわけですが、嘘に彩られた過去もあるというのに、本当におじいちゃん孝行ですね。人の人生も人の命もどうでもいい一族って恐いです。権力の頂点にいる人は何でもできますからね。
でも、親孝行や祖父孝行は、家族の中だけでやってください。





沖縄返還  西山事件 出典: 『ウィキペディア』
◆きっこのブログ 緊急メッセージ! 2007/05/12 (土)
◆きまぐれな日々 沖縄返還35周年の日に 2007.05.15
◆google video  辺野古 HENOKO 2007

日本国を祖父孝行の道具に使うのはマジにやめて欲しいです!!!


■今日のどこどこ (追記:23:55)
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
教育3法、無念の衆議院特別委員会の通過 07/05/17
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
今日は、日本の教育が窒息へ向けて転がりだした日である。
・・・・・・(中略)・・・・・・
今日は、参議院選挙の社民党比例区予定候補として上原公子(うえはら・ひろこ=前国立市長)さんが公認決定された。 『マガジン9条』などの活動を手通して、憲法が蹂躙されることへの危機感を表明してきた上原さんが、決意してくれたことは嬉しい。午後、都内で開かれた記者会見にもたくさんの記者が集まり、元気よく抱負を述べてくれた。


与野党合意なく、委員長職権で教育3法の採決へ 07/05/16
(前略)・・・・・・委員会の運営は野党に対してていねいだったが、中身は「激辛」である。「教育免許更新制」「ダメ教員の追放」「学校教育法上の徳目事項の法文化」「地方教育委員会への文科大臣の是正・指導権限の創設」など、教育の国家統制をますます進めるような事態になるのは歴然としている。・・・・・・(後略)

国民投票法の成立とイラク特措法の可決の危機 07/05/14
今日は、教育再生特別委員会の地方公聴会で愛媛に日帰り出張だ。東京では、参議院本会議で「国民投票法案」が可決・成立し、衆議院ではイラク特別委員会で午前・午後と質疑が行なわれて、夕刻には採決されるというシナリオである。「強行採決になるかもしれない」という声もあがっている。
衆議院では、先月から「国民投票法案」「米軍再編法案」「少年法」「更生保護法」と強行採決が続いていて、先週の与野党国会対策委員長会談で野党側から「強引な国会運営」に異議を唱えてきた経過もある。何の痛痒もなく、与党が強行採決に慣れ、審議を「質疑終局」の動議で封じて、野党の抗議をもろともせずに採決する光景が日常の姿になりつつあることは、おそろしいことである。・・・・・・ つづく

 ―――――― 抜粋終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

暗いニュースのなかの一筋の光・・・。
この、前国立市長の「上原公子(うえはら・ひろこ)」さんは、本当に素晴らしいかたです。その彼女が立候補してくれるなんて考えてもいませんでした。なんだか鳥肌が立つほど嬉しい気持ちになれました。しっかし応援しなければ・・とあらためて襟をただす夜です。  

参院選2


未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^
みなさまのおかげで・・「ブログランキング2位」に。
あたたかい応援、本当にありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
自民党 参院選でテレ朝・丸川アナ擁立へ<5/16 日テレHP>

自民党が動き出した。丸川アナ擁立は、安倍のぼっちゃまの「たっての希望」らしい。どこまでも人気取りだけを考えているチンケな人だ。国民のことなんて本当にどうでもいいと言うことがわかる。国民の中にあのボンボンのことを嫌いな人がどれだけいるか考えてない。わかってない。

いない!いない!と言ったって、仕事をまじめに考えている既存の議員はいる。ま~どちらの政策かは別の話だけど・・。それをタレントや有名人しか頭にないらしい。小谷美可子や中山氏・・みんな女性。それは、1議席増えたところに他の出馬議員が獲得できない女性票を狙っている。ピンポイントで・・狙っている!


■報道番組に思う / 国政・国民投票法

「国民投票法成立」後すぐの・・・
◆報道ステーションの 「庶民派を装いつつ」 の偏向報道には呆れた。

キャスターの古館一郎は、庶民派を装って疑問だらけの顔で質問していたが、反対派も入れず不公平な番組づくりであることは明らか。しっかり自民側のゲストに独壇場のテーブルを用意して、たった一人でとつとつと与党の論理をしゃべらせるのは・・・

「憲法改正への世論誘導」として見事なヤラセでした。

◆大津留公彦のブログ2
まだまだヤマがある! 2007年5月13日 (日)
・・に書いた私のコメントをメモがわりにこちらにも貼っておこう。^^

こんばんは。
たった今、報道ステーションで自民党の保岡議員が出演し、最後に「付帯決議はねぇ~、民主党がいろいろ言ったんでね~まぁねぇ・・・」と、真剣に取り組む姿勢どころか、まるで形だけ「おまけ」としてつけたみたいな雰囲気でした。あれじゃ観てる人は、完全に「改正は必要なんだ」って受け取りますね。昔の私ならこれだけ観て、もう「改正賛成」ですよ(苦笑)。

あの人は‥いつも淡々としゃべりますから、視聴者受けがいいように感じました。なんだかサラッと「戦後60年も経って社会情勢も戦後の焼け野原とは何もかも違いますしね、憲法改正は、国民のためには重要なものですからね~もちろんこれからも充分に論議して‥」「戦後初めてのことをするわけですからね。国民としての大事業ですし‥そりゃ~もう大切ですよ」とかなんとか言ってましたから観てる人はへぇ~そうか~憲法改正ってそんなに大事なことなのか~。じゃ~それの大事業に参加したい。賛成しなければ‥」って結論になっちゃいそうで恐いです。

投稿 ココロ | 2007年5月14日 (月) 23時01分


保岡 興治(やすおか おきはる)HP
http://www.yasuoka.org/doc_profile/yokogao/index.htm
「改革なくして日本の将来はない。
だから断固、改革を進めます。
これは、私の信念です。
これは、私のライフワークです。」・・・だそうだ。

平成17年 衆議院日本国憲法に関する調査特別委員会・
筆頭理事に就任自民党独禁法調査会会長に就任
近未来政治研究会・副会長/事務総長・弁護士  etc. (抜粋)
保岡 興治 出典: フリー百科事典『ウィキペディア』

なんで・・・
自民党議員だけなのよ???
不公平きわまりない!!!


参院選2


未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


_______________________________________ by わんばらんす^^
みなさまのおかげで・・「ブログランキング2位」に返り咲きました。
あたたかい応援、本当にありがとうございます♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■歴史は繰り返される! / 国政・社会情勢

「歴史は繰り返される」ということがとても判り易い考察をご紹介します。

引用はできないので全文転載で・・。

◆津久井進の弁護士ノート
歴史上わたしたちはどこにいるのか

 ―――――― 転載開始 ――――――
 
ある出来事を,歴史的に評価するためには,少なくとも
60年の年月が必要だと言われる。
 
ちょうど60年で一回り、という経験則があるのだろう。
 
人間という生物の「心」や「考え」の賞味期間,あるいは「記憶」
の限界が、それぐらいの期間、ということなのかも知れない。  

「不変の憲法」の時代は、昨日の国民投票法の成立で、
一つの節目を迎えることになった。
現在の「日本国憲法」は、放っておけば、無くなってしまう。

もし、このままの形で置いておこうとするなら、
これまでのように、ただボォーっとしているだけではダメである。
積極的に、能動的に、これを支えていく動きが必要である。
この国に,本当に民主主義が生きているのかどうか、
私たち自身が試されているということだろう。

2つ前の歴史のクールの流れを振り返ってみよう。 


1 第一次世界大戦による好景気で成金者が増える
  【好景気】

        ↓
2 しかし、大戦直後から過剰設備投資等の影響で、景気が悪化
  【景気後退】

        ↓
3 大正デモクラシーの高揚=護憲運動(憲政擁護運動)が高まる
  【目覚めの兆し】

        ↓
4 関東大震災と朝鮮人等大虐殺で価値観の転換
  【反動の契機】

        ↓
5 深刻な恐慌、スラムの形成、労働争議の激化などが起きる
  【社会の貧困】

        ↓
6 ヒステリックな国民感情が蔓延する
  【民衆ヒステリー】

        ↓
7 普通選挙法と同時に治安維持法が成立する
  【悪法の成立】

        ↓
8 国家主義とマルクス主義の活発な論争
  【最後の抵抗】

        ↓
9 治安維持法改正等により、共産主義弾圧
  帝国主義、軍国主義の台頭
  【国粋・全体主義化】

        ↓
10 第2次世界大戦へ
  【破滅】

多少の前後はあるかも知れないが、ざっとこんな流れかなと思う。
こうしてみると、ここ最近の出来事の流れは,
このころに酷似しているように感じざるを得ない。


1 バブル好景気
  【好景気】

        ↓
2 バブル崩壊により景気が悪化
  【景気後退】

        ↓
3 細川内閣で政権交代するなど一時的に民主主義への期待が高まる
  【目覚めの兆し】

        ↓
4 阪神・淡路大震災,地下鉄サリン事件,須磨少年事件等
  【反動の契機】
 (※震災が,関東大震災とは違う展開を見せた点は, 唯一よかった点)

        ↓
5 格差社会、貧困層増大、失業者増大
  【社会の貧困】

        ↓
6 小泉政権下の単細胞的な国民感情の蔓延
  【民衆ヒステリー】

        ↓
7 国民投票法が制定され、共謀罪は検討中
  【悪法の成立】

        
 ――― <以降安倍内閣の流れかも?> ―――         
        ↓
8  ・・・・・・・・・・
  【最後の抵抗】

        ↓
9  ・・・・・・・・・・
  【国粋・全体主義化】

        ↓
10 ・・・・・・・・・・
  【破滅】


(注:7~は私の想像の領域です。念の為。byココロ)

 「7」までは、同じ流れかなと思われる。

そうすると、次(8~10)はどのように展開していくのか。
決して【最後の抵抗】ではなく,再び良い方向に向けて
舵を切り直すために,抵抗しなければならない。
いや,「抵抗」というのはおかしい。
本来あるべき形を実現しようとする流れなのだから
「本流の復活」というべきだろう。

いずれにしても,このまま放っておくと、
どんな風に先に展開していくのかが見えている。
ならば、行動方針も考えようがありそうだ。
学習するからこそ人間は,文化や文明を持っているのである。
その場の雰囲気だけで判断することや、目の前のことだけを
見て分かったような気になること、は避けなければいけない。
そこをクリアーできるかどうかが,今後のキーであろう。


 ―――――― 転載終了 ――――――
(太字・色文字・下線・修正など・・ 
※ 流れが判るように色分けしてみました。※ 7~の表現 by わんばらんす)

60年まえと同じ流れにならないように祈るのみです。
上の表の7~がどうなるのかは、誰にも判りません。

もちろん、それは・・・「神のみぞ知る」・・・です。


■つくい先生が書かれている60年という歳月・・・

人間という生物の「心」や「考え」の賞味期間,あるいは「記憶」
の限界が、それぐらいの期間、ということなのかも知れない。

きっと・・・「記憶の限界」以上に、「人間の命の限界」がそうさせるのだろう。十代後半くらいの若者が戦争に行き、その恐ろしい体験をする。その後、60年経てば75~80歳になる。二十歳過ぎていたとしたらもっと年齢は高くなりこの世にいないかもしれない。ようするに、記憶は命と一緒に消えてしまうということ。たとえ存命でも記憶は、それこそ定かではない。

悲惨な経験をした人々が残り少なくなると、それを経験していない人々が次第に権力をもち、「また同じことを繰り返す」というサイクルが60年なのだと考えるのが自然だと思う。

人間には、文字も言葉も思慮もあり、そして歴史資料もある。しかし、それにも関わらず人間は、「先人の知恵と経験で得た大切なもの」を役立てようともせずに、その英知を自ら棄てようとする。

世界中探したって、これほど愚かなことはないとつくづく思う・・・。


未来の日本人へ・・・
 平和のバトン 」 をわたそう!


参院選2



前々から考えていたのだけれど、うまく書けそうもないので記事にしていなかったところへ、とてもいいエントリーをみつけたのでお借りしました。つくい先生・・ありがとうございました♪^^

_______________________________________ by わんばらんす^^
一人でも多くのかたに伝えるために、よろしければポチッとお願いいたしま~す♪^^

 人気blogランキング    FC2blogランキング
  

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■「自公に乗っ取られた日本丸」 / 国政のゆくえ

なんだか・・今、日本はある一派に乗っ取られているような気がする。これは「クーデター」?^^; 「クーデター」ってのは、不利益を被っている側がやむにやまれずやることだと思っていた。でも、案外そうでもないんだなって・・。しかし、今の日本は、ただ単に「悪い輩の乗っ取り」に近いことになっているようにみえる。「クーデター」のように思想からではなく、ただただ私利私欲からの「ハイジャック」に近いように思う。どちらにしてもただ事ではない。正常ではない。それはもう、ちょっと考えれば誰でも気づくくらいに変なんだから・・・・。


◆らんきーブログ で 安倍内閣の問題点をまとめてくれている。

クリックで「らんきーブログ・安倍晋三政権のまとめ」へ飛びます。



■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

今日は、たぶん永田町で一番怒っていたであろう辻本議員のブログも紹介。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
感慨深い回想記に『裁判所秘史』が率直に 2007年05月13日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
数日前、私の内申書裁判の代理人をつとめてくれた弁護士から連絡があり、東京地裁で勝訴した内申書裁判の「逆転敗訴」の東京高裁判決を出した石川義夫裁判長が回想録を出版し、私の裁判について触れているという。『思い出すまま』(石川義夫著・れんが書房新社)だ。次のように書かれていた。
自分が正式に高裁裁判長として処理した事件の中で一番記憶に残っているのはいわゆる「内申書事件」である。原告は現在衆議院議員を勤めている保坂展人氏(判決当時はまだ未成年の少年だった)・・・・・・

(中略)

ところで、率直に包み隠さずに書かれたこの本には「裁判所秘史」も登場するたいへん興味深い記述を紹介しよう。

 ところで、その協議が終わりかけるとすぐに酒盛りとなるのは当時の我が国の官庁では至極当たり前のことだったが、程よく酒が回った頃になると、経理局長が主計課長である私に「石川君、今日だけちょっと付き合い給え」と言葉があり、それから両局長に田宮経理局総務課長と私がお伴して銀座の某クラブ、三原橋の某寿司店などへと赴き、其処で十一時過ぎまで放歌高吟するという毎日だった。そのつけは毎月主計の私のところへ回ってくるので・・・・・・

(中略)

主計課長だった石川氏が思い余って相談した矢口元課長とは、誰あろう後の矢口洪一最高裁判所長官である。さらに、「空主張と裏金」の思い出も書かれている。

更にある日、地裁事務局長が一冊の大学ノートを抱えて私の前に現れた。そのノートは議員の空出張によって蓄えた裏金の出納を記載したもので、それに私の承認印を求めたのである。私はそのようなことが一種の必要悪として各機関で行われていることはもちろん耳にしていたが・・・・・・

 ―――――― 抜粋終了 ――――――

昨夜、参議院憲法特別委で起きたこと 2007年05月12日 )

◆辻元清美つじともWEB
国民投票法案、参議院・憲法調査特別委員会で採決 2007年5月11日
 ***************  転載開始  ***************
5月11日、参議院入りしてから一月足らずで、国民投票法案は参議院憲法調査特別委員会で採決された。中央公聴会も開かれないという異例の事態だ。

最後となった委員会では、なぜか安倍首相の質疑が行われた。法案提出者でない安倍総理がなぜ答弁に立ったのか。自民党の舛添要一筆頭理事は、「95%同じ法案を出した民主党が修正協議に応じなかった理由は、安倍総理の発言だ、と主張してきた。だから安倍総理に出てもらって質疑した。NHKの中継も入った。野党は、与党の運営に感謝すべきだ」と、まるで野党の要求を呑んだかのような説明を、記者相手にしていた。冗談じゃない。安倍総理の宣伝のためじゃないか。

委員会で、「21世紀の日本にふさわしい新しい憲法」などと、とうとうと語る安倍総理を見て、私は本当にここは立法府、良識の府かと目を疑った。傍聴席からも

「これは合法を装ったクーデターだ!」と叫ぶ声。


それでも、福島党首や近藤議員の追及は最後まで衰えなかった。福島党首が「自民党新憲法草案のもとで、海外での武力行使はできるのか!?」と迫ると、安倍総理は「現憲法の下ではできないが・・・」といいながら、新憲法草案についてはできるともできないとも答えず、ただ条文を読み上げて時間つぶしに徹した。「答えられない」ということが、すでに答えになっている。

17時50分、採決。この日の決着を民主党が呑んだために、強行採決にすらならなかった。

来週の月曜日、午前10時からの参議院本会議で採決されれば、安倍総理の悲願「憲法改正を政治日程にのせる」は実現することになる。改憲のレールが敷かれ、国民はトロッコに乗せられて、まっさかさまに「美しい国」へと連れて行かれてしまう。秋の臨時国会でたちあがる憲法審査会で、じっくり改憲原案を審議した後、早ければ3年後には改憲原案が発議されることになるだろう。最速60日間の運動期間をへて、国民投票が行われることになる。

ぎりぎりまであきらめたくない。3年と60日後、「あのときあれだけもめた法案か」という記憶を、社会が、そして一人ひとりが持ち続けることが必ず生きてくる。月曜日の参議院本会議まで、みんなで国民投票法案反対の声をあげ続けてほしい。

 ***************  転載終了  ***************
(太字・色文字・下線・拡大 by わんばらんす)

「官官接待と裏金づくり」の官庁 と 国民無視の「安倍政権」・・・

ほとほと呆れるばかり・・・ふぅ~~~(*´ο`*)=3

一昨昨日の福島議員に引きつづいて、秘書給与問題で辞職した頃からかっている辻本議員を紹介(知っている人にももう一度思い出して欲しいので)しようと思ったのは、何も社民党だからではない。本当に党派は考えていないんだけれど、そこで気づくことがある。こう見てくると、ブログできちんと国会の情勢を伝えてくれているのは社民党の議員であることは認めざるをえないし有り難いことです。

もちろん他の党、他の議員にもいるにはいるでしょう。しかし、少なくとも社民党の議員は私利私欲関係なしに皆一生懸命です。保坂議員の集まりには、「怪しげな人」は一人もいません。それに比べ自公の議員たちはどうだろうか・・?自民が私利私欲の団体なのは言うまでもないけれど、公明なんか・・「どこが『平和と福祉の党』なのよ~っ!?」って感じで、二枚舌には呆れるばかり・・・信者さんもかわいそうに。(--

自公議員は、汚いことを粛々と・・です。
子供たちに恥ずかしくないんでしょうか!?



参院選2


国民のほうを向いていない議員への投票はやめましょう!

_______________________________________ by わんばらんす^^
一人でも多くのかたに伝えるために ・・・ 
よろしければポチッとお願いいたしま~す♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■野党共闘 / 民主党選挙戦略

7月の参院選・・民主が本気で勝つ気があるのなら
「器の底の穴」は塞ぐべきではないでしょうか。
知事選では候補者によっては時間がなかったのもある。

しかし、参院選ではもう、その言い訳は許されない・・・。

はっきり言って応援することは個人の好意からです。
しかし、選対本部がきっちり締めてくれなければ
ボランティアがいくら一生懸命やっても、それは・・・
「底の抜けた器」に水を注ぐようなものだと思う。

「焼け石に水」とも言いますけどね。^^;

都知事選でリアルでの応援をやってみての感想として・・・
私もおもいっきり同感!のブログをご紹介します。
野党だって立派な政治のプロなんだから・・・

思いつくことすべてチャッチャとやってください!!!

◆E I E I の『人生はヒマつぶし』

★ポスターだけで自民に負けた!民主党と浅野史郎
 ―――――― 引用開始 ――――――
(前略)・・・・・・
 (3)民主党は、選挙プランナーをすぐ取り替えよ!

民主党の選挙プランナー(具体的に案を作り実行する選挙業者)、
実は、与党の回し者なのではないか? と思わせるくらい逆効果の
宣伝ばかり・・・

05年郵政民有化選挙のときの民主党岡田克也代表のデジタル修正
したポスターの目のあたりの不自然さは逆効果だった。

さらに、同代表がテレビ画面左端の椅子から立ち上がってそのまま
画面左の外へ去るというTVコマーシャルは、「民主党はもうやる気が
ありません」と受け取られかねない、訳の分からぬコマーシャルだった。

最近の民主党コマーシャルも不評ばかり。

実は、リベラルを意識した政党の陥る失敗パターンがここにあるのでは?

一口に言って、『インテリ趣味の独りよがり』


大衆には、何がいいたいのかさっぱり判らない。浅野史郎のポスターと同じことです。

▽ 『インテリ趣味の独りよがり』によるリベラル派の失敗は今に
始まった訳ではありません。

19世紀末の帝政ロシアにナロードニキ(人民主義)という、歴史上名高い、同様の失敗がありました。 ナロードニキは無知な農民を啓蒙して農民達を専政から開放して社会主義に導こうとする、大学生やインテリゲンツィアによる大規模な政治運動でした。 しかし、立派な理論が災いして、これが理解されなかったために、農民の反発を買って運動は失敗しました。

政治も選挙も、大衆の、むしろ原始的な感情を的確に捉えることが大事です。


○ 最後に、『石原慎太郎が都知事選に勝った秘密』をご紹介します。

今回の都知事選挙でスキャンダルまみれの石原慎太郎を浅野史郎と
100万票の大差で勝たせた選挙プランナー三浦氏についての記事です。

(朝日新聞07年5月3日)

 ― 引用ここから。 ―
 ↓ ↓ ↓
石原氏「反省」戦術を演出
(三浦氏が)依頼を受けたのは3月初旬、都知事選に前宮城県知事の浅野史郎氏が出馬を表明した後だった。
(中略)
選挙前、高額な海外出張費や四男の重用問題が「都政の私物化」と批判されていた石原氏は、情勢調査で浅野氏との接戦が伝えられていた。三浦氏の読みはこうだった。
「石原さんが頭を下げて『反省している。応援してくれ』とくれば、江戸っ子のように『分かった。水に流すから頑張りな』と受け入れてくれる」
 これが、石原氏が選挙戦で繰り出した「説明不足で反省している」につながる。
(中略)
他人から受け取る情報のうち55%は「見た目、表情」という心理学の「メラビアンの法則」を挙げ、「視聴者は話の中身以上に候補者の『好感度』と『本気度』を見る。その点カリスマ性のある石原さんは強い」と(三浦氏は)話す。

 ↑ ↑ ↑
 ― 引用ここまで。 ―

 ―――――― 引用終了 ――――――
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)



参院選2


しっかり考えて・・自分の意志を選挙で示しましょう!


(追記14/ 0:45)
_______________________________________ by わんばらんす^^
一人でも多くのかたに伝えるために ・・・ 
よろしければポチッとお願いいたしま~す♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
  

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
日本の国民は・・・忘れっぽい・・・。

「安倍内閣の閣僚」「与党の自公議員」、「極一部の民主議員」・・・みんな「もぐら」にみえる。叩いても叩いてもエンドレスで悪さをしてくれて終りがないけれど、過ぎ去ったことを風化させてはならない。忘れてはならない。


■忘れてはいけないこと / 悪の元凶 

先日書いた・・・国民が忘れてはいけないこと

やりたい放題のこの国に
何がなされていないのか???
公的な立場の人たちが・・・
責任を取っていないことを・・・
国民は忘れてはいけません!!! 
 でした。

それにたいして・・・
ゲストの scottiさん が 「忘れてはいけないもの」 は他にもたくさんあるというコメントを書いてくださいました。コメント欄では目立たないので、ここでご紹介します。scottiさん勝手にごめんなさい!そして・・<(_ _*)> アリガトォ

思い出してください!

忘れてはいけないことが沢山あります。

イラク戦争を支持した小泉純一郎に川口順子。 
米国のための郵政解散で企業を総動員したトヨタ。 
ヤラセミーティングに共謀していた産経新聞。 
これらの積み重ねが日本の社会を蝕んでいるのです。

そして、
今日も米国のための新聞、読売新聞
が、社説で米国から疑惑のBSE牛を輸入拡大せよと叫んでいます

真実は、実験内容自体に疑問視されていても、強引に日本政府、読売新聞は、安全宣言したいのです
ブッシュ政権から輸入拡大を決められているからです。タミフルと同じ構図です。

日本国民は、国民生活から乖離した政権与党に選挙でNOと投票し、自分や子供たちや孫たちの命を守ってください

戦争を始めたい人たちは、決して戦場で死にません。理屈をつけられて戦場で死ぬのは私たちだけです。イラクでは多くの人が未だに殺されていますが、戦争支持した小泉や川口は今どんな暮らしをしていますか?ブッシュやチェイニーはどうですか?イラクは少しも良くなっていないけど、彼らの本当の目的である石油価格は何倍にも高騰して、彼らは莫大な利益を得ています。チェイニーは、戦場での物資調達でもぼろ儲けしています。戦争の目的は権力者の利権ただ一つです。

再び、米国の指示で、日本が戦争を始められる国にしないためにも、選挙でNOと投票してください。連日近隣諸国を蔑視した報道を繰り返すテレビ大新聞に騙されないで! 


(太字・色文字・下線など修正 by わんばらんす)

「投票する」ことは、ある意味代理を託し勝手を許すことだから、
私利私欲にとりつかれた政治屋を忘れちゃダメなんです!
しっかり記憶にとどめて、選挙にのぞみましょう。



参院選2


国民のほうを向いていない議員への投票はやめましょう!

_______________________________________ by わんばらんす^^
一人でも多くのかたに伝えるために ・・・ 
よろしければポチッとお願いいたしま~す♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
 

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■改憲手続法「国民投票法」 / 憲法問題

扇千影(前国土交通省大臣)氏が引退を発表した。初当選の時の初々しさは別の人物かと見紛うほどふてぶてしい変貌ぶりには驚かされるけど、魑魅魍魎の棲家である永田町ではピュアなままではいられないのかしら~?かわいそうに~あんなになっちゃって~・・って思いながらも、ちょっとだけ嬉しい日だった。

しかし、嬉しいのはそれだけで、至上最悪と言ってもいい日になってしまった。

◆東京新聞 2007年5月11日
国民投票法案、14日成立へ 参院憲法特別委が可決

国民投票法案がとうとう可決されてしまったのだから・・・。

やっぱりね・・という感じですが、このことについて普通の暮らしをしている人々の関心がないのは、国民が政府にたいして「疑うこと」を知らないからだと思う。これは、やはりマスコミの採り上げかたが偏向しているからに違いない。伝播のプロのマスコミならば、やろうと思えば朝飯前なのに・・正しい情報を国民へ伝えてこなかったからだ。日々、どうすれば判ってもらえるのかと考えをめぐらせているんだけれど、私たち庶民の力では日本中の国民に知らせることなんて、到底出来ないんだって思い知らされるばかり・・・。

報道も最低限はされているんだから、「なんか変!」と思えば、とうぜん国民だって自分で考え始めるんだけど、それをしないでスルーしてしまうのは、報道を観ても疑問は感じないということ・・・。

それは何でか?

その原因は・・・やっぱり名前にあるような気がする。

「国民投票」


まさに・・民主主義の見本のような名前なんだもの、これで疑問に思えというほうが無理がある。「共謀罪」などという恐い名前ですら、普通に暮らしていて新聞の何処かに書いてあったって、あまりピンときていないのに、こんな「素晴らしい名前をもった法案」に意義を唱えるなんて余程の政治好きじゃないとありえない。

まえにも書いたけれど・・・

「国民みんなの意思で投票できるなんて、なんて民主的なの~!」
「直に国民にきいてくれるなんて、これ以上の民主主義はないわ」


な~んて声が聞こえてきそうな最悪な日、みなさん如何お過ごしですか???
私は「どよ~~~~~ん!」と凹んでいましたが・・・


ここで諦めては自公政権の思うツボと改めて奮起した次第です。
 


■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。
参議院の自公の悪行を知らしめるために、福島議員のブログも紹介します。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
教育再生会議の「親学」提言は先送りだが2007年05月11日
改憲手続法・国民投票法案が参院憲法特別委で明日採決?
2007年05月10日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
明日11日の金曜日に、参議院で審議中の「改憲手続き法・国民投票法案」の委員会採決に与党・自民党と野党・民主党の筆頭理事同士が「合意」してしまったという情報を国会内で聞いた。

◆福島みずほのどきどき日記

国民投票法案 参議院の委員会で採決 -はらわたが煮えくりかえる日2007年05月11日(Fri)
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
今日は、はらわたが煮えくりかえる日である。
 国会議員は、与党は、恥を知れとさえ言いたい。


 今日、参議院の憲法調査特別委員会で、改憲手続きのための国民投票法案の採決がなされた。
 社民党は、もちろんこれに賛成をしていない。昨日のFAXニュースに書いたように、非民主主義的な手法でずさんな内容の国民投票法を作るのは、憲法と国民と民主主義への冒涜である。


 参議院で、市民を公募して意見を聞く中央公聴会はなされていない。
 ・・・・・・  つづきを読む
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)


これだけは覚えておいてください!

日本国憲法(現行)→国家を縛る
法律     (現行)→国民を縛る

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自民党新憲法草案→国民を縛る
法律     (現行)→国民を縛る


わかりますか?これでは
国民を守ってくれるものが
無くなってしまうんです!


参院選2


しっかり考えて・・自分の意志を選挙で示しましょう!

_______________________________________ by わんばらんす^^
一人でも多くのかたに伝えるために ・・・ 
よろしければポチッとお願いいたしま~す♪^^


 人気blogランキング    FC2blogランキング
  

◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■私たちの本当の敵 / 自公政権「安倍内閣」

本当の敵は・・・
「疑わない」「慣れる!」「諦める!」「忘れる!」 です。

やりたい放題のこの国に
何がなされていないのか???
公的な立場の人たちが・・・
責任を取っていないことを・・・。
国民は忘れてはいけません!!!


「うさぎとかめ」の物語りを知っていますか?
安倍内閣は・・・
「うさぎ」と「かめ」を使い分けていますね。 

政府にとって好都合・・うさぎのように早い
政府にとって不都合・・・かめのように遅い

これは・・・法案提出&強行採決のスピードのことです。

一人で使い分けるって、さすが海外でも「二枚舌」と言われるお方ですね。政府とは、国民にとってより良いものを考えて、それを早期実現するのが仕事です。それを忘れてはいけません。その「かめ」を押し付けられている国民の私たちですが、この「おはなし」の結末では、「かめ」が勝つことになっていますので、希望をすてずに諦めないで頑張るのみです。

国民にとって本当に「必要な法案」は無視してほったらかしか否決。

国民はそのことだって「知る権利」があるのに知らされませんね。


■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
ロワイヤルはなぜ破れたか
(仏大統領選挙報告・飛幡祐規さん) 2007年05月09日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
今日、メールで長文のレポートを受け取った。フランスの大統領選挙結果についての飛幡祐規さんの分析だ。サルコジ候補の主張は、薄ら寒いほどに石原都知事や安倍晋三総理に通じるものがある。テレビ討論とイメージ戦略の織りなす政治ドラマは、小泉劇場以後の日本の光景でもある。ただし、「サルコジ対ロワイヤル」という対決軸は、参議院選挙を前にした日本の政治模様とは大きく違う。じっくりと呼んでみていただきたい。 ・・・・・・
  つづきを読む

教育改革、何も果たせぬままに四半世紀 2007年05月08日

 ―――――― 以下抜粋 ――――――
全文を読む 
・・・・・・「今日の議論が更なる教育の荒廃を生んだ時、その責任はここにいる議員のみなさんにあります。たとえ議員でなくなっていても、責任はとってもらいます」という警句に議場内はシーンとなった。

今日の記事も大事なことですので是非読んでみてください!^^

参院選2


________________________________________ by わんばらんす^^
7月の参院選まであとちょっと・・・。
日本に押し寄せる閉塞感をブログ共闘で打開しましょう!


人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■戦後レジームかの脱却 / 安倍内閣のキャッチコピー

キャッチコピーとは、お笑いの「つかみはOK」のつかみの言葉です。
でもね~やっぱりみんながわからない・・「戦後レジームからの脱却」
「戦後レジームを棄てることは・・・民主主義を棄てること!!!」
でも書きましたが・・・他ブログでもう一度・・・(シツコイ?^^;)

◆JUNSKYblog2007
レジーム (regime) とは? 辞書で引きました。
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
戦後レジームからの脱却
(前略)・・・ 安倍首相の謳い文句であるが、この言葉を辞書で調べる前は、「戦後引きずってきた自虐史観からの脱却」ってな意味だろうと思っていた。
 すなわち、レジームとはそういう“意識”を意味する用語(英語以外の外国語)だろうと思っていた。
 これは、大きな誤解だった。

 実は、上に書いたように、【政治体制】という意味だった訳だ。

 安倍首相の言う、その脱却するべき「政治体制」とは、日本国憲法を基盤とする国民主権・平和・民主主義・人権・地方自治の「政治体制」であり、この政治体制を日本国憲法制定前の『美しい国』すなわち『若者が天皇のために身を挺して戦うという美しい心を持った国』を「再建」するという、【侵略戦争、軍国主義の体制への回帰をめざす時代逆行のスローガン(志位日本共産党委員長)】である。

(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

党派は関係なく・・「色めがね」は棄ててニュートラルな気持ちで考えてみましょうよ。

そして・・下の法案の数を見ればどれだけ拙速でおかしいのかが判るはずです。


■戦後民主主義の崩壊 / 安倍内閣の反逆

先日みせていただいてから時間がたってますが・・・
貴重なので遅ればせながら転載させていただきます。

とても大事なことですので全文を・・・

◆反戦な家づくり
密告社会
第166回「戦争国会」のつづき「教育三法」2007/04/30(月)
第166回「戦争国会」
2007/04/29(日) 
 ***************  転載開始  ***************
「うつくしい」という美しい言葉が、これほどまでに汚されてしまった時代はないかもしれない。

美しい日本の名の下に、今の国会だけでも、数え切れないほどの人間性をないがしろにした法律が成立し、また強行採決されようとしている。まだ、何か見落としているかもしれないが、こんなにも多くの戦争準備と、国民の権利剥奪が一度に強行される国会は、これまであったのだろうか。

おどろくなかれ、
この下のゴチャゴチャした一覧は、ぜんぶ今の国会に出ている法案だ。


■直接の戦争行為や準備
平和憲法から戦争憲法へと準備する「国民投票法」(強行採決)
イラク戦争への派兵を2年も延長する「イラク特別措置法」
実は集団的自衛権やミサイル防衛のためにある「GPS活用推進法」
米軍の再編のために、なんと3兆円もプレゼントする「駐留軍再編特別措置法」
実は、核開発と不可分一体の「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」

■戦争のための体制づくり
日本版NSCという、国民に責任を負わない組織で独断政治を行おうとする「安全保障会議設置法」
目配せしただけでも犯罪になる「共謀罪」
国の言うとおりの教育を強制するための「教育三法」
報道の自由を国家が制限する「電気通信事業法」「放送法」
あいまいな「テロ」規制の名目で、政治活動へのカンパをも犯罪とする「テロ資金提供等処罰法」
中国、韓国との緊張を高める「海洋関連法」

■人の尊厳をとことん踏みにじり、奴隷化する準備
ほとんど審議もせずに、少年への闇雲な厳罰を科す「少年法」(強行採決)
離婚後300日以内に生まれた子には戸籍がなくなる「民法」(改正しない)
一度過ちを犯したものを、とことん人間不信に追い込む「更生保護法」(強行採決)
被害者を参加させ、裁判を感情的な復讐の場に変貌させる「刑事訴訟法」
本人の意思を無視して、場合によっては臓器売買に道を開きかねない「臓器移植法」

■大企業はウハウハ、生活者はキュウキュウ
社員をクビにしやすくする「労働契約法」
半年働けば出ていた失業保険が、1年働かないと出なくなった「雇用保険法」
ちょっと働くと、支給をカットされてしまう「国民年金」
減価償却を1円まで認めることで、大企業に大減税をする「所得税法」

■アメリカと右翼と権力者はなんでもアリ
狂牛肉を輸入再開するための「BSE特別措置法」
故笹川良一氏の日本船舶振興会(日本財団)を支援する「モーターボート競走法」
領収書を添付するという当たり前のことすらしない「政治資金規制法」 (改正しない)
公然と天下りを斡旋し、その権限で官邸が役人を操るための「新人材バンク」

■前の国会までに決められてしまったもの
ついに、専守防衛をかなぐり捨てて海外派兵を合法化した「防衛省設置法」
国民のための教育から国のための教育へ「教育基本法」

この一覧を書いているだけで、背筋が寒くなってきた。

これらはすべて、「美しい国へ」というスローガンの下に進められている。
「うつくしい」などという価値観が、上から強制されたとき、こういう悲劇が起きるのだ。

「美しい国」なんていらない。「平和な国」に、私は生きてゆきたい。 

※各問題についてリンクを貼りたいのだけれど、あまりに膨大で一度にできない。このように、一挙に強引に進めることにより、処理しきれないようにするのが、安倍晋三の狙いなのだと実感する。

参考までに元ネタを披瀝しておくと、何のことはない衆議院のホームページである。しかし、このページを見て、何のことかわかる人は、相当の政治の専門家だ。私などは、この一覧表にまとめるだけで、3時間以上かかってしまった。

と言うか、
政治家でも、全部わかっている人なんていないんじゃないだろうか。

こうして、
誰も全体像をわからないままに、戦争の準備は着々と進められている。

※長らくFC2の政治・経済ジャンルで書いてきたけれども、本日から「ライフ」に変更しました。より多くの方に見てもらえれば幸いです。


集団的自衛権=戦争 です!
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-337.html

ブロガーの皆さんへの提案 読者範囲の拡大のために
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-336.html

 ***************  転載終了  ***************
(太字・色文字・下線 by わんばらんす)


おどろくなかれ・・ってマジに驚いてしまいます。しかしたぶん・・・
まだまだ出てきます。自公政権が変えようとしているのは、こんな数
ではないのです。日本が反転してしまうほどの法案がめじろ押しです。
「国民の権利」は、殆どメチャクチャにされようとしているのです。

今、気づかないと本当に、子供たちの時代は救われないですよ!!!

親として・・・それでも・・・

自公政権「安倍内閣」に・・・
投票しますか???


参院選2


_______________________________________ by わんばらんす^^
一人でも多くのかたに伝えるために ・・・。

人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^

「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
◆asahi.com 2007年05月08日
安倍首相、靖国に供物奉納 中曽根氏以来約20年ぶり
・・・らしい。どこまでも二枚舌のいやらしいやり方です。
『「靖国参拝」をするかしないかは言わない』・・・
なんて、一国の首相の言うことではありませんしね。

「戦後レジームからの脱却」と銘打って「戦後民主主義」を否定する。

まさに軍国に逆戻りするような政治姿勢なんですから、いくら靖国参拝
の件とは別だと言ったって、それを真に受けるわけにはいきません。


■「戦後レジーム」って何? / 政府マジックワード

レジームって・・・「体制」って意味らしい。


カタカナ使って

国民を「けむに巻いたら」ダメですよねぇ。



日本人って外国人がいたら

見なかったことにして下向いて通り過ぎるんだから。^^;

政治の言葉だって判らなかったら

当然そのまま、考えないで済ませてしまう。

政府はいつも、それを見越して使っている。



「戦後レジーム」 = 「戦後体制」 = 「民主主義」



戦後、日本はやっと「民主主義」を手に入れた。

しかし・・・

そこから「脱却」するってことは・・・

「民主主義」を棄てるってことです。



それが・・・

「果たせなかった岸家の怨念」を背負った

安倍家の坊ちゃまの願望なんですね。



安倍さん・・・

「民主主義」を棄てて何処にいくんですか?

「独裁体制国家」ですか?

それとも・・・

  ・・・・・・



そうそう・・・

「規範意識」っていうことばもお好きですよね。

これって「命令やルールに従う」ってことですね。

国家の命令やルールに・・・



憲法で謳っている「主権在民」。

私たちはこれで60年間

自由で平和に暮らしてきました。

私たちは国民自身の意志を反映したルールに従って

生きていきたい・・・。



私たちの大事な「憲法」を奪わないで!

国民の大多数も承認していません。

「ぼくの内閣」で勝手にいじらないで下さい!



大事なものを変えるには、もっと議論が必要です。

あなたは・・・

ずいぶん拙速ぎみですが・・・

ただの「時の首相」に過ぎないんですから


「日本国」に
あなたの一族の思いを押し付けるのは
やめてください!



参院選2


________________________________________ by わんばらんす^^
7月の参院選まであとちょっと・・・。
日本に押し寄せる閉塞感をブログ共闘で打開しましょう!


人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■実態のない幻想・・・21世紀における「一億総中流意識」

◆東京新聞 2007年5月7日 夕刊
仏大統領にサルコジ氏 決選投票 ロワイヤル氏下す
 ―――――― 一部抜粋 ――――――
サルコジ氏は、高失業率を改善するため、従来の社会保障偏重から、柔軟な雇用形態や競争主義を導入した米英型社会への転換を主張し、変革を求める国民の声に応えた。

「競争主義を導入した米英型社会への転換」で格差は増大する。

失業率が改善されたとしても酷い仕事で過労死が増えるんじゃないの?

このサルコジ氏は「社会のゴミ(移民ら)を一掃する」と豪語していた
人物。自分も移民の息子らしいけど、一旦勝ち組になったら人は、自分
のルーツをも棄て去るのか・・。そんな大統領は確実に「弱者切捨て」
に決まっている。

不思議なのは、格差社会を謳って憚(はばか)らない人たちに何故・・
こうも世界中が寛容なのかということ。何故こんなに、福祉や社会保障
よりも競争社会を求めるのだろうか?先日コメント欄でもそんな話が
あったので考えてみた。

きっと、こういうことなのかもしれない・・・

福祉や社会保障などについての署名やビラ配りなどでは多くの人々は
冷たく無視して通り過ぎていくという。選挙だけじゃなくそのような
市民運動すら殆どの人は関心がないらしい。

それは何でか・・・?

毎日の生活で忙しくしていて、そんな気持ちの余裕ははないのか?
とも思うけど、それだけではないだろう。どんなに先を急いでいても
興味があればちょっとの時間足を止めることはあるでしょう。

では何故か・・・?  それは・・・

誰も自分が「負け組」だなんて思っていないってことじゃないのか?
って思う。もちろんこれだけ「ネットカフェ難民」や「ハンバーガー
ショップ難民」や「ホームレス」が増えたというニュースが日々流れて
いるけれど、それでもまだまだ一部なんですね。

それこそ戦後の好景気には、国民全部かと思うくらいみ~んなが
「一億総中流意識」をもっていた。そして、その後バブルになり・・
それが弾け、景気は一気に落ち込んだ。永い時間の経過のなかで
山や谷があり、もう過去のそのような意識はとっくに崩れたと思って
いたわけなんだけど、それがそうでもないんだと最近気づいた。

ある日、私の友人の一人が言った・・・

「人間はみんな自分が一番ではないんだってことには気づいていても、
誰もグループの中で自分がビリだなんて思っていなくて、自分は
だいたい二番目くらいかな~って思っている人が多いんだって~」と。

仕事などよりも、女性の容姿などではとてもこれが顕著だというのだ。
何故って、それは芸術などと一緒で趣味嗜好で決まるのであって数字に
表すことができないからかもしれない。

話はまたそっちになだれ込みそうなので戻すと・・・

人間のそういう意識って何にでもあるんじゃないかって思うわけです。
これだけ格差があらわになってきていれば福祉や社会保障を謳う党や
候補者を支持するに決まっていると思っていたんだけれど、それが・・
選挙結果に繋がらないのは、「福祉や社会保障を受けるのは貧乏人で
あり、それは自分ではない」と殆どの人が思っているということなの
かもしれないな~!?と思わざるをえない。

そう考えると、格差社会まっしぐらの自民党をいつまでも支持している
理由に納得がいくわけです。そうじゃなければ、この状況はおかしい。

「自分は中流であり、けっして下流ではない」という意識は外国で
あろうと、何処であろうと存在するんだろうと思う。冷静に考えられ
れば、競争社会のピラミッドにおいて中流以上なんてのは極一部で
あり、あとの大多数は中間より下位にいるのだと判るはず。仮に今現在
そうでなくても今後そのような社会が進んでいけば、もっと極々少数の
勝ち組だけが全ての恩恵を受けることになり、殆どの国民はまるでその
しもべのように働くことになるのは目にみえている。

それを認めないで・・・

「競争原理を追及し、弱いものは何処までも落ちていくのは仕方ない」
などという方針の自公政権の政治屋たちを、いつまでも支持していけば
必ず自分の首を絞めることになるのだということに・・・

そろそろ気づいたほうがいいんじゃないのかな~???


■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
ロワイヤル大統領候補、サルコジに敗退 2007年05月07日
教育再生会議『親学』提言と「暴走」への危惧 2007年05月06日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
大型連休は、ついに普段出来ない資料整理や質問準備などの作業で終わりそうだ。今朝はNHK『日曜討論』に出演して教育3法をめぐる与野党討論を行った。教育再生会議の『親学提言』は、与野党ともに評判が悪かったので、明日は伊吹文部科学大臣と直接に討論してみたいと思っている。教育再生特別委員会は朝10時から開会し、11時20分頃から私の質問時間となる。8日は午前中のみで参考人質疑、9日は地方公聴会と連続した日程が続く。

連休明けの国会は、会期も残りわずかとなって与野党の駆け引きも限りなく攻防戦に近くなる。強行採決を続けている法務委員会が、さらに暴走を続けるのかにも御注目いただきたい。教育再生特別委員会も来週は「採決日程」をめぐっての綱引きが激しくなる。今日のテレビでも言ったけど「本来、教育をめぐる大きな政策転換は、与野党のいずれかを利するというものであってはならない。安倍内閣は、教育で得点したいと焦りすぎているのではないか」という一点に尽きる。

(中略)

私は教育再生会議の『親学』提言の暴走を危惧している。内容の善し悪しではない。子守歌だって、母乳だって、親子の演劇鑑賞だって、それに反対しているわけではない。ただ、ブレーキが壊れていませんかと言いたい。

国家が「家庭」に、「国民の内面」に入ることは踏み越えてはならない一線である。そこを徹底して議論したい。


(太字・色文字・下線 by わんばらんす)


参院選2


_______________________________________ by わんばらんす^^
一人でも多くのかたに伝えるために応援よろしくお願いします。

人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^

「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■回避可能な事故 / 安全管理

流れるプールでの女児の事故も記憶に新しく、その後の対策がどうなっている
のかも、また夏が巡ってくるというのにあまり報道されていない。
そしてまた、子供たちが楽しみにしているゴールデンウィークに、
痛ましいエキスポランドでジェットコースター脱線事故・・・


もう、聞き飽きた経営側のせりふがある。

「今まで何もなかったので・・」

いつも事故が起きてから、対策を考えることになる。
これでは、初めて起きた事故の犠牲になる人は浮かばれない。
事故が起きてから出来るのならば、その前にも出来るはず。
破壊検査や解体検査などをまったくやっていなかったという。
これは日本にある全ての遊園地の危険な乗り物においても
同じらしいから、きちんとした行政の対応策をみなければ
このような危険な乗り物には乗らないことです。

一種の「不買運動」・・・  そして・・・

来場者が減れば「安全管理」の大切さを痛感することでしょう。
それに、型どおりの検査ではなく金属疲労などを検査するなどの
徹底した検査を車検のように義務化すべきではないでしょうか。

いったい経営者も国も、人の命をどう考えてるの???

亡くなられたかたのご冥福をお祈りします。


■ちょっと気になったこと / ブログ共闘

◆BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」 のヘンリーさんが

【朗報!】憲法施行60年の今日、
「改憲と護憲のポジショニング・マップ」が出来ました!

・・・で、とても判り易いグラフを作ってくださいました。
ありがたく、昨日のエントリーでも使わせていただきました。
大変な状況のなか、ヘンリーさんありがとうございました。^^


ところが、その図形にたいして・・・

◆雑談日記(徒然なるままに、。) の SOBAさん が

ヘンリー・オーツさんのマトリクス図はお粗末過ぎる。
本来ならこう描くべきだ、「憲法を取り巻く現状と目指すべき方向」。

2007/05/04

というエントリーをたてられました。そして、またまたそれにたいして・・

◆タカマサのきまぐれ時評 の タカマサさん が

SOBA氏の政治的位置マッピング [2007年05月05日(土)]

というエントリーをたてられました。


しかし・・・そんなに大袈裟なことなんでしょうか?^^;

口を挟むのはどうかと思いながら・・・確かに専門的に追及していけば、おっしゃるとおりなのかもしれませんね。しかしながら、この図は、座標、縦軸横軸、グラフ、図形、統計‥なんてことを人生の中で考えたこともなく、画というものを日常的にはマンガぐらいしか見ないような人々(←頭が悪いというのではなく慣れていないということ‥^^;)の目にとまり、今の世の中が「そんな状況になっているのか!」って判ってもらえればそれでいいんじゃないかと思うんです。

「専門的」には多少間違っていても・・・

難しい座標軸などを理解できない人々が山のようにいるわけですし。今は、そのような「学者的見解」にこだわっている時ではないと思うわけです。こんなことしていたら多くの人たちへの伝播や啓蒙が7月の選挙までに間に合わない。だから今は、ただただ政治なんかに興味がない人々に「大変なことになっているんだな!」って気づいてもらうことに全精力を注ぐべきではないんでしょうか。如何でしょうか?^^

もし、それでも「完全な図形じゃないとダメ」だと言うことならば、「画期的に判り易い正しい図」を率先して作ってくださるほうがどんなにいいでしょう。批判や忠告のエントリーよりも嬉しいです。私たちには「マンガのように簡単で、なおかつ完璧に言い得ている図」が必要なのです。庶民の理解度が画期的に高くなる図を切望していますので、「我こそは得意だ」というかたには、よろしくお願いしたいと思います。誰かが作ってくれたモノを批評するよりも、みんなの知恵を結集してより良いモノを作ることに総力を注げないでしょうか。

文章でも図画でも、知識が豊富なかたには「人が作ったモノを批評する」のは簡単なことです。それでは・・何故、人が作るまえに作らなかったのでしょうか?「発想・アイデア」も大事な要素なのです。同じ側に立つ者の、このような内輪のスッタモンダが野党共闘が実現できない理由の一つなんじゃないでしょうか。なんだか・・とても哀しいです。

作れない私が生意気いってすみません!指摘が悪いんじゃなくて^^;

「あ~違うよな~」みたいなことがあったら、本人へのメールなりコメントなりでやさしく指摘して、裏で知恵を共有して、そして協力して作った「力作」を修正版として出す。こんな風にできたらな~と・・思わずにいられません。与党である「自公政権打倒」が共通の目的であるならば、自分の意見や知識だけを全面に押し出すのではなく、お互いに足りない部分を補い合って、みんなで助け合う「大同小異」の心意気でいけたらいいな~と思う・・今日この頃です。


それが「ブログ共闘」ということなのだから・・・

________________________________________ by わんばらんす^^
7月の参院選まであとちょっと・・・。
日本に押し寄せる閉塞感をブログ共闘で打開しましょう!


人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■自公政権「安倍内閣」 / 憲法

さすがヘンリーさん・・・とっても判り易く図解されています。
転載歓迎ということなので、さっそく貼らせていただきます。
みなさんもじゃんじゃんチェーンメールのように廻しましょう。
それが、社会に浸透すればいいのですが・・・。

国会やワイドショーでボードにして映したいくらいよく出来ています。

BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」のヘンリーさん作成
憲法ポジマップ



今、改憲したら過去に一直線・・・

未来の平和へ = with 理想の憲法

60年後

改憲 ← 日本国憲法

60年前

過去の戦争へ = with 安倍憲法
 

どちらにしても改正には反対なんですが・・・

改憲についての国民の知識が間違っている場合もあるそうです。
「改憲すれば、世の中は良く変わる」・・・って。
改憲自体の意味を知らないまま世論調査にも答えている人多数。
改憲と言っても、それは一つではない・・・のに。

「過去の時代に戻る改悪」と「新しい時代に則した可憲」その他いろいろ。

・・・で

安倍の坊ちゃまの夢は、当然「過去に戻る改悪」です!


「後ろ向きの憲法改悪」 ・・・
「前向きの憲法改善」 ・・・

みなさんは、どっちがいいのでしょう???

7月の参院選で・・・
「自公政権」 に投票すれば必ず・・・
戦争に翻弄された過去にUターンです!



■あと2ヶ月・・時間がない / 7月参院選
まだまだ、参院選があること自体知らない人もたくさんいるだろう。
投票率が上がれば自公には不利になる可能性は大。
なるべく選挙に行って貰いたくない自公政権では、あまり宣伝せずに
このままそ~っと時間が過ぎればいいと思っているに違いない。

・・・と思っている矢先に
◆kimera25さんから 「参院選準備」 というTBを頂いた・・・

◆JAN JAN
 ―――― 以下抜粋 ――――
オンブズマン候補が大量に落選した理由~不正追及のプロが壊滅寸前 2007/05/03
「オンブズマン候補が軒並み落選……」
4月22日に投票が行われた統一地方選挙から1週間経ち、後始末を終えた候補者たちが取材に口を開き、その事実が判明した。
(中略)
 「民主党の候補が大量に当選したように、地方議会でも政党化が進み、無所属が不利になってきている。あと、オンブズマン系の人に共通しているのは、地元への浸透が足りない点です。不正追及に専念するあまり、有権者に自分の主張や政策、実績を伝えることが疎かになっている。ハッキリいえば、大半の議員がやっているのは、次に当選するための自己アピールです。選挙ではそういう、『選挙プロ』を相手にするのですから、オンブズマン系の人も選挙戦略を立てて、チラシをもって一軒一軒挨拶して回るくらいの地道な活動をしなければならない」

 大貫氏は4年後を目指し、「今後は区民との交流を積極的に行っていくつもりです。これまでは、役人と激しくやりあうことがあっても、区民と対話する機会はほとんどなかった。顔と名前を覚えてもらう努力の重要性を身にしみて感じています」と語る。

 今回は辛酸を舐めたオンブズマンには、4年後の再チャレンジを期待したい。

(及川健二)


**********************
 ―― 以下 kimera25さん ――
地道な活動なんだよね。これが、知名度があるだけで芸能人やスポーツ選手は当選するから自民は利用するんだよね。口惜しい限り。折角巨泉が民主から出ても、民主最悪の岡田や前原ではやめるの当たり前だし。

ともかく、反自民は動かない!

みんな!
選挙に行こう!
毎回負けても!

みんな!
選挙に行こう!
それしかないよ!
自分の声を届けるのは!

みんな!
選挙に行こう!
虚しくとも!
黙っていたら!
若者が戦場に送られるよ!
集団的自衛権は
徴兵がないと実行不可能!

みんな!
選挙に行こう!
非常事態態勢を宣言されたら
表現の自由はなくなり
産経新聞と自由民報しか読めなくなるよ!

ノーモアー ワー
ノータリンアベ
ノーモアー ヒロシマ
ノータリンアベ
ノーモアー ナガサキ
ノータリンアベ


(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

仕事そっちのけで顔と名前を売ることだけに終始する議員が当選する。

自分のことしか考えないしたたかな人たちが得をして・・・
国民のことを真剣に考えて行動する誠実な人が損をする社会。


しかし、これは現実なのです。

素晴らしい人々がもっと効率的に
市民に知られるようにするには
どうしたらいいんでしょうか?


立候補者が一軒一軒廻っても限界があります。
やはり、本当の意味でのタウンミーティングを草の根でやっていく
しかないのかもしれませんね。顔だけ、知名度だけで当選するのは
これも日本の民度が低いからです。

昨日もある集まりで都知事選の話がでました。
そしてもう聞き飽きましたが・・・

「石原氏は、何て言ったって実績がある」
「浅野氏は、人相がよくない」
「立候補者は、全員が良いことしか言わない。」
「だからマニフェストは意味がない」


このことでハッキリと判るのは、多くの人は「表面でしか判断しない」
ということです。軽薄であっても有名であれば当選してしまうのがその
証拠です。ですから、浅野氏のように優先順位を軸にマニフェストを
真剣に吟味して自分で「確認→必須→可能な確証→決断→発表→公約」
などと時間をかけていては、当然顔の表情も重くなり、それを有権者に
「顔つきが信用できない」などと言われることになってしまう。

軽薄でも、確証なんかなくても、もっと言えば実行する気なんかはさら
さらなくても「即断・即決・即答」みたいな軽~~い輩のほうが・・・
受けがいいと言うことです。現在もまだまだ、政治にたいする国民の
意識レベルは高いとは言えません。これは国政でも地方政治でも一緒なのですから、立候補者は今後はその辺を考えて、もっと利口に立ち回ら
ないと調子のよさや要領だけで泳いでいるヤツラには勝てないのです。

だから・・・

いい意味で「したたか」になってください!

そして・・・

私たちはこれ・・・

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

参院選2



_______________________________________ by わんばらんす^^
一人でも多くのかたに伝えるために応援よろしくお願いします。

人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^

「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■「日本国憲法」の前文は・・・すばらしい / 日本国の宝


そして・・・


◆しっとう?岩田亜矢那 
「日本国憲法 前文」というエントリーもすばらしい。


亜矢那さんの文・・・

短い文章ですが心に響きます。

大事なものは失ってからでは遅い・・・




■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
「元気印」のオリジナル語源解説 2007年05月04日

教育再生会議の「親学」提言にもの申す 2007年05月03日
 ―――――― 以下抜粋 ――――――
国会の議論をリードしているつもりなのか、教育再生会議が「子どもの保護者に対して『子育ての留意点』や『教えるべき徳目』などを「提言」しようとしている。
◇「親学」提言のポイント

(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児

(2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない

(3)早寝早起き朝ごはんの励行

(4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す

(5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施

(6)企業は授乳休憩で母親を守る

(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞

(8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施

(9)遊び場確保に道路を一時開放

(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる

(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める

(毎日新聞 2007年4月26日)

まあ、この項目の並べ方から見ても、ハチャメチャでおよそレベルの低いお茶のみ話の域を出ていないことがわかる。

 ―――――― 抜粋終了 ――――――

(太字・色文字・下線 by わんばらんす)

ほんとですね。正直「なんじゃ?(@@ これは!」って感じ。
以前の「教育改革国民会議報告書」にも呆れましたが・・。
もしこれが、その辺の名もなき主婦たちの集まりで出された
提言ならば、あまりにも薄っぺらな素人の思いつきであると・・
誰からも採り上げられることはないでしょう。

小手先の対処療法ばかり・・・

元を正す・・という印籠で、

家庭にまで踏み込んでくるのは

度を越しています。


やっぱり・・・

日本は民主主義ではなかったのか?^^;




今日はまったく時間がないので紹介だけで・・^^
________________________________________ by わんばらんす^^
7月の参院選まであとちょっと・・・。
日本に押し寄せる閉塞感をブログ共闘で打開しましょう!


人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
■やさしい憲法 / 生きている憲法
「われわれは『いつかきた道』を歩まんがために生命を売って銃をとっているのでは
ない。純粋の『自衛手段の必要性』だけを信じて、この泥臭い職業を選んだのである。」

(朝日新聞・自衛隊員投書 昭和35(1960)年夕刊より(抜粋))

これは、戦後20年たった頃の新聞にのった自衛隊員の投書だけど
この言葉の精神は、今でも脈々と生きていると思う。いや、もっと
重く受け止めるべきなのだと、しみじみ思う。憲法が壊されようと
している今だから、なおさらこの言葉の意味は重い・・・。

『いつかきた道』とは・・・まぎれもなく戦争のことだ。

そもそも、「自衛隊」とは何なのか?何のためにつくったのか?
これ自体、アメリカの意向が180°転換して、憲法に違反している
のに無理やり政府得意の憲法解釈ってやつで強引につくってしまった
のだから正当性なんかは皆無なのに、それを「最強の軍隊もどき」に
した責任はあるはず。誤解のないように言うが軍隊の正当性はまた別
の話。

平和を訴えると、すぐに理想論などと言われるけれど、それは違う
と思う。これは「人間としての本能の叫び」なのだから当たり前
だと思うからだ。法律、決議、憲章、もちろん憲法もそうだけど、
それらの前に・・・

「人間としての本能の叫び」のほうが正当性があると思っている。

昨夜、NHKの憲法特集を観た。

◆NHK 「その時 歴史が動いた」
第287回 平成19年5月2日 (水) 22:30~23:29
憲法施行60年 特集 「憲法九条 平和への闘争」
~1950年代 改憲・護憲論~

(再放送) 平成19年5月11日(金)
0:10~ 1:09(木曜深夜) 総合 近畿地方のみ
平成19年5月11日(金)
1:05~ 2:04(木曜深夜) 総合 全国(近畿地方のぞく)

とても公平な良い番組だったと思います。
見逃したかたは再放送でご覧になってください。

今日は憲法記念日・・・

あたらしい憲法のはなし60年間生きてきた憲法

命を犠牲にして・・・
やっと手に入れた・・・
「日本国憲法」

憲法記念日までにゴリ押しで改憲手続き法である
国民投票法を決めてしまおうっていう、まるで
独裁かと思わせるような方法でありとあらゆる
法改正を行おうとしてきた安倍政権。

日本は腐っても「民主主義」の国・・・。

たとえ一国の総理と言えども、華麗なる一族のように封建的な父親の
営む一族の家族会議じゃないんだから、鶴の一声で決まるわけもない。
「民主主義=多数決」だけでは片付けられない。

今の政府(自公政権)は、数の論理で強行採決できる議会をいいことに
暴走をつづけている。これでいいんだろうか?世論調査をみても、とて
も国民が切望しているとは思えない。多数決のまえに議員は主権在民で
ある国民の代表であることを忘れてしまっている。

私たち「国民」は、安倍や岸という一族の家族ではない。

しかし、郵政民営化(詐欺)選挙以降、冷静に見てきても戦後60年を
経た今、その戦後までUターンしているようにしか見えない。どんなに
近隣諸国に力説してみても、海外からみてもそうみえるに違いない。


池田隼人氏が総理大臣になり岸おじいちゃんの野望は潰(つい)えた。

昨日の「その時、歴史が動いた」を観たかぎりでは・・・
戦後、総理になり野望半ばで退陣した岸氏の野望を孫の安倍氏が何が
何でも実現しようとやっきになっているとしか感じられなかった。
やっぱり亡霊としての怨念であるかのような拙速ぶりだからだ・・。

岸信介総理大臣の言葉・・・
「何が何でも新条約を成立させずにはおかないという気持ちだった。
 それが政治家としての私の責務であり、国家、民族の平和と繁栄
に貢献すると確信していた。」

(『岸信介回想録~保守合同と安保改定~』より(抜粋))

この封印されていたものを蒸し返したのが、われらが安倍ん坊君。
「貢献すると確信・・」と書いているが、ではその後60年間の
「日本の繁栄と平和」は、どう説明するというのだろうか?
誰しも、確信していることはあるが、それが正しいかどうかは別の話
だ。少なくともこれだけの復興と繁栄をみたのだから、国民の選択が
間違っていたとは、けっして言えないのだ。

もっと言えば、岸氏の判断は間違っていた可能性も充分ある。

1960年7月15日 - 岸信介内閣総辞職。
1960年7月19日 - 内閣総理大臣に就任。第1次池田内閣が発足。


参照:出典『ウィキペディア』
岸信介  
池田隼人 


盲導犬をご存知でしょう。盲導犬はルールを100%守るように訓練
されます。しかし、唯一「飼い主の緊急事態」には命令に従わないと
いうことがあるとききます。それはルールなんかじゃ計れない本能で
感じる危険を回避できるように、最後の最後には犬であっても自己判断
で選択できるようにされているのだそうです。

動物である人間も同じではないでしょうか。動物としての本能が今、
危険を感じている。それは個々の人間それぞれの自由な第六感であり、
感じない人はその人の自由です。どちらであれ、それを第三者が批判
できることではないと思うわけです。

それが、現与党である自公政権「安倍内閣」の暴走ということです。

「改憲がいい」という人もいれば、改憲=改悪であり「改憲はいやだ」
という人もいる。それをそれぞれの方法で訴えていく。これこそ
「言論の自由」です。そして、それがどのような人がどのような人に
どのような形で伝播していくのも法律を犯さなければ自由なのです。
憲法そのものを専門的見地から語るのもよし。憲法の「けの字」も人生
で考えたことがない人へのメッセージとして伝えるのもよし。遊び暮ら
している若者が自分の国である日本のことをある日気づき疑問をもち
自分で勉強するキッカケになるために書くもよし。

どのようなかたちでも訴えつづけることが大事なのだと思います。

昔、岸総理の時代の国民のように・・・。


■ついてに最近感じていることを少し・・・

前にも書いたような気がしますが・・・
あまりにも難しい論文形式のエントリーは、ほとんどの人は読んでい
ないと思っています。それがどんなに正しい理論に基づいていてミスも
何もない完璧な理論だとしても読んでもらえなければ意味がありません。
それなら自分だけの紙のノートに書いているのと変わりません。

ブログを書く以上、一人でもいいから読んで気づいて欲しいと思って
いると思うわけです。それが完全なかたちじゃなくても別に構わないの
ではないでしょうか。これだけネット情報が豊富になり、ブログを
クリックして読むような人は、疑問に思えばすぐに検索して自分で調べ
るはずです。お代をもらって売っている本にあやふやなことは載せられ
ないのは当たり前ですが、これは素人のブログの話ですからね。

そして、今やこの私でもブログが書けるくらいです。ネット環境があれ
ば誰でもブログ開設できるわけです。それならば、多種多様なブログが
あっていい、いや、あるのが当たり前。読み手も多種多様、書き手も
多種多様、そして、それぞれが簡単に自分の選択でアクセスできるので
すから、「あっちがダメならこっち」とネットサーフィン(今言わない
か?^^;)しながら知識を構築していけばいいのです。

だから公的な場所だからと、きちんと確証を得たことしか書けないとは
思いませんし、「やわらかく」、「不確かで」、「おもしろく」
「ゆれる思い」など、ロボット的な無機質ではない、人間味のあふれる
味というものに彩られた言葉が踊っているブログのほうが、人の心も掴
めるのではないでしょうか?いつも100点の人間よりも失敗もする
けど人の心も思いやれるような血の通った人間のほうがいいと思うのです。

もちろん勉強も反省も大事です。しかし人には個性があるのです。

反論という意味でなく、反対側の意見も重要でありいつもニュートラル
な視点でいたいと思っているので、あえてあらゆる視点のブログを取り
混ぜてリンクを貼らせていただいているわけです。そして、礼節を重ん
じれば、自由には書けなくなることも多々あります。ただ、礼節はとても
大切なことだと私も常に思っています。それならば、事ごとくの長文で
の批判や忠告も少しはわきまえてくださると嬉しいな~とも思っています。

ブログをやっている趣旨はそれぞれに違うのですし
やることなすこと忠告や批判ばかりでは・・・
子どもも大人も育ちません!^^


憲法の条文や六法全書を暗唱できることが人間の価値を決めるわけでは
ありません。それができても、他のことはからっきし・・っていうのが
人間です。計算は速いけど漢字が苦手、料理が得意だけど服のセンスが
最悪、鉄道の駅を全部言えるけど友達がいない、友達はいるけど学校の
勉強がビリ、勉強は一番だけど協調性がない、などなど・・・
必ずそれぞれに長所と短所が混在しているのが人間です。

そのうえで一番重要なのは・・・

「それぞれの人間の価値には上下の差はない」ということ。

難しいけれど、やさしいのも憲法・・・。

「やさしい」というのは人を守ってくれるのが憲法だということです。
守られている人間が憲法を守ろうとするのは当たり前。それを強引に
壊そうとする人間は、「恩人を平気で裏切る人間」と同じ種類の人間だ
と言えるのではないでしょうか。

知識がなかろうが何だろうが人間として、私はこう叫びたい・・・

日本国憲法・・・ありがとう!!!

_______________________________________ by わんばらんす^^
みなさま・・いつもクリックありがとうございます。本当に感謝しています!^^
一人でも多くのかたに伝えるためにこれからも応援よろしくお願いします。


人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^

「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。