FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

日米同盟 ・・・ 
「同盟国」って響きはいいけど、アメリカがポチにくれた「飴」です!


アメリカが命令するためにくれた飴をなめながら命令書どおりに改革していく日本。

「年次改革要望書」
  ↓ ↓ ↓
「年次改革命令書」

何故ここまで米国の奴隷のようにしなければならないのか。
これはやっぱり、終戦時に原因があるにチガイナイ。


■わかりやすい / 年次改革要望書
またまた うさあさん の出番です!^^是非いってみてね。

◆ 忙しいママのための しんじつのえほん 

これだけは知っておこう
日本に住んでいる人は、これだけは知っておくべき、なこと。
 ― 以下抜粋 ―   (絵:うさあさん作)
アメリカ命令書

『年次改革要望書』というものがあります。→<こちら>

これは、簡単にいえば、
アメリカ政府から→日本政府に提出されている、
その名の通りの、
「要望書」です。

日本の、法律制度を、
「こういう風に変えなさい」という指示書です・・・・・・
   つづきは  こちら

 ― 以上抜粋 ―   (太字・色文字・下線 by わんばらんす)

この年次改革要望書は、実は日本側からも出している。「じゃ~対等なんだ!」 ・・と思うのは大きなマチガイ。日本側からのものは簡単に言えば防衛みたいなもんで、牛肉BSE問題など、あまりに横暴な 「米国の暴挙」 に対しての指摘とか・・ 「あまりに酷いから、ちょっと考え直してください」 みたいな消極的なものが多い。アメリカのように 日本の市場や法律や憲法までもを、自分達に都合よく 「全部つくり変えてしまいなさい!」 などという 「内政干渉としか思えない命令書」 ではないことは誰にでも想像がつく。

その証拠に、日本では両方の要望書が開示されているけど、アメリカでは、日本からの要望書は開示されていない。重きに置いていないのがよく判る。対等である筈がないのだ。


■現状 / 年次改革要望書

◆ MouRa   2006年7月26日 (水)
概要1 「序文」「電気通信」「情報技術

◆ NIKKEI NET プロの視点
イラク米軍増派と日米同盟(2007/1/22)
陸上自衛隊を「もう一度、イラクに」
 ― 以下転載開始 ―
 日本にとって気になるのは、米専門家が口をそろえる第3段階、すなわち多国籍軍方式でのイラク国境警備の強化という新しいミッションにどこまで加担するかという点である。

 小泉純一郎前首相の路線を引き継ぎ、対米重視の姿勢を鮮明にしている安倍政権へのブッシュ政権の期待は大きい。それだけに、一度はイラクから無傷で引き上げることができた陸上自衛隊を「もう一度、イラクに」と米国に依頼される可能性は高い

 折りしも2月20日前後にはブッシュ大統領の片腕的存在であるチェイニー副大統領が急遽来日する。安倍首相が5月の連休まで訪米しないことから、「首脳レベルでの交流に空白期間を設けないため」というのが表向きの説明だが、それだけの理由で副大統領自ら来日することは不自然である。

「いま後退すればイラク政府の崩壊を招く。そうしたシナリオでは、米軍はイラクにさらに長い期間、駐留せざるを得なくなる」

 全米へのテレビ演説でそう述べ、米軍の早期撤収論を退けたブッシュ大統領。その意向を受けたチェイニー副大統領は果たして、そのポケットの内側にどのようなメッセージを携えて来るのだろうか……。
 ― 以上転載おわり ― (太字・色文字・下線 by わんばらんす)

今日もNHKニュースでは、米国が日本への「軍事協力」の強い要請を出したと伝えていた。きたきた!@@;ブッシュ政権も今や四面楚歌、あとは危険なことは日本にやらせようと必死なのだ。「戦争反対!」の国内世論を抑えるためにね。お金だけでなく命も差し出すほどの関係って、ほんとに「同盟国」って言えるの?ただの財布かパシリじゃないの。これに反対しない人は自分が率先して行けばいい。

それはいつからか?って、それは戦後から。

■逆らえない同盟国?日本 / 日米安全保障条約

◆ 連合国軍最高司令官総司令部  Wikipedia
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる ― 以下極一部抜粋 ―
1949年(昭和24年)
1月1日 GHQ、日章旗の自由掲揚を認める。
1950年(昭和25年)
11月24日 米国政府、「対日講和7原則」を発表。
日本への請求権放棄と、日本防衛を日米共同で行う旨を明記。
1951年(昭和26年)
9月8日 サンフランシスコで日本国との平和条約を調印。
続いて日米安全保障条約に調印。

 ― 以上抜粋 ― 


日章旗上記のように、国旗である日章旗(日の丸)だってアメリカに許され自由に使えるようになったわけです(国旗の是非は別として)。日米同盟は、言ってみればアメリカが「おまえの国を守ってやるから言うとおりにしろ!」という、こちらが拒否できる状況ではないところから始まっているわけで、戦後すぐからアメリカのコントロール下に置かれているんです。もちろん 「タテマエ」 は、日本の独立を助けているのだという、今のイラクの現状と同じってことです。 

アメリカは、日本政府に「日本の時は成功した。だからイラクも日本と同じやりかたで・・簡単に統治できるのだ」と言ったらしいのです。そこで政府は「日本とは国の本質は根本的に違うのだから無理なのだ」ということを伝えたらしいんだけど、そこらへんは、そのとおりだと思う。同じわけがない。どこまで思い上がった国なんだろうか。60年間の永きにわたり日本はおとなしく言うことを聞いてきた。だから無事だったってわけです。これを考えても、時系列でいろいろな約束が交わされて今に至っているんだから、今さら覆すことなど無理なのかもしれない。

******
しかし、日本人もアメリカ人も同じ人間、いつまでもこれでいいのだろうか。

そろそろ国の境界線を無くして同じ 「地球人」 として協力して地球保護に目を向けないといけない時期にさしかかっているというのに・・。

あの時、あの米国の大統領選で 「ゴア候補」が当選していたら・・と思うとつくづく口惜しい思いになる。「最初からブッシュが当選することが決まっていた」ということも言われているけど、007のように「巨大な巨悪に牛耳られている」ことが、それが当たり前だと思いたくない。そう思ったらもう、頑張ることができなくなりそうだから。

今、ゴア氏は地球温暖化対策のために政治を止めて取り組んでいるらしい。彼のような人がTOPになることってなかなかない。日本でも同じだ。でも、選挙というのは、まだ完全に牛耳ることは出来ない筈。・・ということは、やっぱり国民自身がそうしているということだ。自分の目先の保身しか考えていないとどうなるか、ということが判っていない。どこまで愚かなんだろうと、本当に感心するばかりだ。

そろそろ・・・気づかないといけないと思う。

選挙では・・ブッシュの方しか見ていない人には投票しないようにしよ~~~!!!


■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記
子どもが産みやすい社会をつくるには 2007年02月07日
「結婚し2人以上子どもを望むのが健全」柳沢第2失言に驚く
2007年02月06日
柳沢トンデモ発言」は大きく貢献する結果となるかもしれない。
そうできるかどうかは、明日からの私たち野党にかかっている。


_________________________________________ by わんばらんす^^
ポチッと応援していただけるととてもアリガタイです。
立ち込める閉塞感を打ち砕くためにブログ共闘をゆるぎないものに!

人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
スポンサーサイト



先日、女子アナの大杉君枝さんがお子さんを残し亡くなった。

◆ iZa
転落死の大杉アナ、難病治療に悩む 
自殺?生後3カ月の長男残し


“元祖アイドルアナ”として人気を集めた日本テレビのアナウンサー、大杉君枝(おおすぎ・きみえ)さん(43)が2日朝、東京都渋谷区の自宅マンションから転落して死亡した。大杉さんは、昨年10月に第1子となる男児を出産、現在は育児休業中だった。最近、線維筋痛症の治療を受けており、遺書らしきものが残されていた。警視庁は自殺とみて調べている   ・・・続きを読む


「線維筋痛症」・・ってどんな病気なのかと思い、検索してみた。テレビでも伝えていたけど、相当辛い病気らしい。どんなに痛かったんだろうか。きっと私たちの想像を超える辛さだったに違いない。乳飲み子がいるママがその子を残して自分の命を絶つなんて、余程のことだと思う。

医療機関では、知らない医師もたくさんいてタライ回しにされているうちに悪化するケースが多いという。今は、「インフォームドコンセント&セカンドオピニオン」は重要。病院や医師によって命の分かれ目が決まると言っても過言ではない。私たちも自分で身を守るために、知識だけは知っておいたほうがいいのかもしれない。

◆ 最新医療情報
全身が痛む線維筋痛症
研究班発足、全国調査へ 原因不明、人口の2%?


実は、彼女とは面識があった。以前、もうだいぶ前になるけど、あるパーティーで一緒になったことがあり、だいぶ長いこと私生活の話に花が咲いたのだった。気が合ったので電話番号の交換をしたが結局は、個人的な付き合いには至らないまま亡くなってしまった。女子アナというと気取っている人もいるんだろうけれど、彼女は、とても明るくて社交的で、気遣いもでき、気さくで、気取りのない好感のもてる女性でした。そんな彼女が耐えられなかった病気。きっと今も苦しんでいる女性がたくさんいるでしょう。早く良い治療法がみつかることを願います。

私の携帯には、今も彼女の電話番号が残っている。彼女は携帯番号の他に会社も自宅も教えてくれたし、本名も。さっき会ったばかりの私に。そんな風だから、みんなに好かれていたのがよくわかる。本当に残念です。

ご冥福を心よりお祈りいたします!

_________________________________________ by わんばらんす^^

人気blogランキング FC2blogランキング