FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

マスコミは、いつものごとくだんだん民主党の審議拒否を批判し始めた。

そこで、ぶれちゃダメなのだ!!!やるならやる!!!


■応援! / ブログ共闘の立ち位置

最近、民主党がいつまで経ってもしっかりしてくれないので、「何やってるんだ!それじゃ政権を任せられないよ~」 なんていう意見があちこちからあがってきて、反政府のブログの中にも、民主党の 「結束の弱さ」「意気地のなさ」 もっと言えば 「小沢一郎代表の統率力のなさ」 を嘆くような記事が多くなってきたように思う。

応援する方がそんなことで 「7月の参院選」 が勝てるのだろうか?


たしかに、私もイライラするところはある。だって、私は無党派ですから。でも、とことん応援しましょうよ。今一番必要なのはやっぱり 「安倍政権の危険性」 を伝えることであって、他の党への評価なんて正直どうでもいいように思う。こんなことを書くと他の党が何をしても指摘しないほうがいいように聞こえるけど、そうではなくて一番の焦点から目をそらしている場合ではないと感じているわけです。

それが 「たとえ僅差であっても」 消去法でいくべきだと思うんです!


ただ今入試真っ只中だけれど、テストの僅差はその日の運みたいなところがあるから、「消去した低い点の人が実は優秀だった」 なんてこともあるかもしれない。でも、政治はそんな単純なものではない。だから消去法なんて本来無理に思えるんだけど、今の政権は単純明快に答えが出ているから簡単にできると思うんです。

民主党  = 30点(及第点ではない)

自公連立 =  0点(国を戦争に導く)


※注:「平和=100」「戦争=0」とする


これは私の印象からの適当な数字ですが、0は印象ではなくて「平和=100」「戦争=0」とすると確実にゼロになります。あなたが採用担当ならば、どちらの人物を採用しますか? 

0点の人をほ~っておいて、30点しかとれない人の欠点を考察しても始まらないと思う。


民主党も、このようにどうみても及第点はとれないわけですが、それでも 「0点」 よりはずっといいわけです。だから、これだけ政府寄りなどのマスコミがワンサカいるんですから、民主党の悪いところを論う(あげつらう)のはそちらに任せて、いや、ダメだと言ってもやるところはやるんですから
私たちブログ共闘では、なるべく応援主体で書いていきたいと思う今日このごろなのです

まず、「政教分離」に根本から違反し悪で結束している、この 「おどろおどろしい自公政権」 に立ち向かうには、正攻法では無理なんですこういうところは右派の一心不乱に叫び続ける単純明快なところに強さの否決があるんじゃないかな。自虐、自嘲、自己点検、反省などしてる場合じゃない。卑怯者を相手にする戦いで、武士道精神でかかっても「多勢に無勢」結局は卑怯な手でやられてしまいます。時間もなくなりつつある今、尋常じゃないほど気を引き締めてかかる必要があるとは思いませんか?

一心に・・・

ただ一心に・・・

「自公政権」を打倒することだけに力を注ぎましょ~~~!!!


■今日のどこどこ
無党派の「わんばらんす」では、党派を超えて応援しています。

◆ 保坂展人のどこどこ日記 2007年02月03日
報道とは何かを問う「バイト・サクラ」の事実


■白紙委任状? / 戦後レジームからの脱却
ちょっと古いけど、先日こんな記事があった。

◆ 毎日新聞
近事片々:「戦後レジームからの脱却」

 ― 以下転載開始 ―
 安倍首相、あなたの使う言葉がよく理解できません。防衛省へ衣替えすることがなぜ「戦後レジームからの脱却」なのですか。脱却したあとの日本は美しい国となってよみがえるのですか。

 そもそも戦後レジームとは何を指しているのですか。単純化して言ってください。単純化することは本質を明確にする、と塩野七生さんも言っています。戦後の制度はみな平和国家たることを目指して作られたものと思っていましたが。

 選挙で「戦後制度からの脱却か否か」を問われたことがありません。自民党員の承諾はもらったかもしれませんが、国民の多くは「美しい国への脱却」を白紙委任した覚えがないのです。

毎日新聞 2007年1月10日 12時56分

 ― 以上転載おわり ― (太字・色文字・下線 by わんばらんす)

「白紙委任状」・・まさに、私たちは小泉政権お得意のマスコミを使った情報操作で郵政民営化を正当化され「国民投票もどき」で、とうとう大切な議席を多数あけ渡してしまい、やりたい放題の暴走政府をつくってしまった。これはある意味騙し討ちのようなもの、「議席搾取詐欺」と言っても過言ではない。そしてぬけぬけと造反議員を戻し、二度にわたって議席を増やす「郵郵詐欺」です!

「郵政民営化を問う!選挙」・・と言っておきながらそのあとの全ての権限を有してしまった自公政権。法的には違法ではないのかもしれない。でも、私たちは郵政民営化意外の判断を自公政権に任せた覚えはないんです。そうです。白紙委任した覚えはない!!!

アメリカと心中する気ですか???

今度こそ・・・

7月の参院選こそ・・・

国民が「自公の暴走」を受け入れているのかを問う選挙です。

戦争がいいなら = 自公
平和がいいなら = 野党
 

生活苦がいいなら = 自公
生活楽がいいなら = 野党


子供たち、家族のために

選挙に行って・・・あなたの意志を示しましょ~~~!!!

_________________________________________ by わんばらんす^^
ジワジワと上がってきてます♪^^これもみなさんのおかげです。
立ち込める閉塞感を打ち砕くためにブログ共闘をゆるぎないものに!

人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^
スポンサーサイト