FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

まだまだあるある??? あるある大辞典システム!!!

今朝のスパモニによると「味噌汁ダイエット」「レタスの誘眠効果」についても全くの嘘(やらせ)であったらしい。「納豆ダイエット」問題が明らかになったときに、他にももっとあるんじゃないの?って思っていた人も多いでしょう。そこへ、思ったとおりの展開が・・。

お昼のおもいっきりテレビや、他にも健康情報番組はたくさんあるけど、番組づくりのシステムは何処も大差はないだろうから、「あるある」の他の物にも疑問はあるけれど、他の話は今のところ全く出ていない。これ以上、タケノコのように出てくる変な予感は外れて欲しいものです。


■企業の構造についての雑感

正直、この手の番組は嫌いじゃなかったから、最初のころはけっこう信じていた。「へぇ~そうなんだ」ってな具合に。たまたま家にいれば観るという感じなんだけど。それだからと言って何かを「買いに走る」「買いだめする」なんていうようなことはしたことがない。まず、そんなに何かに夢中になる、ん~例えば「タレントなどを追っかける」とか「宗教にハマってしまう」とか、そういう体質?ではないので、この件に関しても一緒だった。水泳にはハマってますが。(笑)

とは言っても、この番組は機会があれば観ていたわけです。でもね、けっこう早いうちから、ハマるどころか「何かおかしい」という感覚に捕らわれてきていた。でもそれは、今の問題のように「やらせ」を疑うようなたいそうなものではなかった。じゃ~どんな風に感じていたかというと・・番組を継続して観ていない人はわからないかもしれないけど、永年観ていると無防備じゃなければ気づいていた人もいるかもしれない。


それは毎回、「凄い効果!」というふれこみのタイトルで食品や食材などが採り上げられているからだ。例え観なくても新聞の番組表でタイトルは知ることが出来る。「へ~今日は、みそか~」ってな具合。そうしているうちに永年の間には、気づけば「ほとんどの食品」が網羅されている。 「待てよ~!これって全部じゃないのよ。ってことは全部をばらんすよく食べていればいいってことで、何も一つだけ夢中になって食べる必要なんかないじゃないの!」 ってことに気づいたってわけです~。

そこで私が思ったのは、特殊な効果がどうあれ、昔から言われているように「ばらんす」よく食べることが大切なんだってこと。番組が言っているような効果が「あっても」「なくても」、元どおり普通に食べるのが一番ということなんじゃないかって。何かを偏って多く食べることは体に良くないはず。番組は毎回「激的な効果」をうたっているけれど、こんなに沢山の食べ物がもしそうであるならば、では、「どれを・・どれだけ・・どう食べろというのか?」という疑問が湧かないほうがおかしい。


百歩譲って・・本当だとしても、これだけの種類、数の食品が何かに効くのならば「選ぶことは不可能」。いや、選ぶ必要はない。もちろん病気であれば一つに絞ることはできるけど、健康が目的ならば一つに絞ることはできるはずもないでしょ。どう考えても。いや、絞らず全品まんべんなく食べるほうがいいに決まっている。

・・・というわけで、番組自体嫌いではなかったけれど、なんだか醒めた目で観ていたというのが本当のところです。

しかし、ダイエットを切望している人や病気の人々はこんな番組でも「藁をもすがる思い」で必死で観ていたにちがいない。そういう人の心をよくもここまで騙してくれたものだと呆れ果てるばかりだ。一歩間違えば危険を伴うことだってある。詳しくは知らないんだけど、納豆だって、心臓病?だかに使う薬を飲んでる人には危険だとか聞いたこともあるし、大量に摂ったら危ないのかもしれない。(定かではないので必要なかたは調べてください^^;)


もう一つ疑問が残る。

それは、上記のピラミッド型のプレッシャーシステムのほかに、スパモニでは「始めに結論ありき」からの企画だったと言っていたけど、それじゃ~その企画の決定をするに至った「結論」というのを、果たして何処からもってきたのかということが、どうしても気になる。あるスタッフが夢でみたから・・とかでは、企画としてスタートしない。その結論を肯定できる学者がいないような無理な理論展開の番組を、無理やり子会社に発注してつくれと言ったプロデューサーかディレクターがいるはず。

誰が何処からもってきた発想なのかも調査する必要があるような気がする。

************************
そして、本題だけど・・・

この番組って、けっこう永いように感じてるけど、どれくれい続いていたんだろう?きっと、たぶん、「やらせ」が3件だけってことはないだろうし、他の孫受け会社だってご他聞に漏れないんじゃないのかな?これはもう子会社だの孫受けだのって話ではない。どこの業界にも孫受けってのは必ずと言っていいほどある。

そこでどうしても浮かんできちゃうのは建設業界。

耐震偽装事件では、発注から現場までにどれだけの会社が入って、「うちだけならこれくらいの偽装をしたって大丈夫だろう」なんてやってたんだろう。上流の「詐欺まがいの大臣認定プログラム」から始まって、下流の現場でも、すでに偽装されている危険な設計図どおりにはしないで適当な手抜き施工をしていたらしいから、今でている数字よりももっと危険な数字になっているに違いない。もうこれは計算できないレベルなんじゃないのかって思う。

本社から始まって、どの段階での会社でも皆仕事が欲しいし、断れば次はないかもしれない。これが姉歯建築士が最初に感じていた気持ちだろう。そのプレッシャーから色々な手法(偽装)を思いつく。これがどこの業界にも浸透していて、不二家のように当たり前かのごとく、まかり通っているんだから、もう何も信じられない。日本の各業界の安全基準は、絵画の贋作にお墨付きを与えるようなものだとすれば、安心なんて何処にもないんじゃないかって思えてくる。

「会社は君のところだけじゃないよ」などという上からのプレッシャーが、悪の元凶だとすれば、政府だけじゃなく企業のシステムも根本から改革しないと、今回のような事件はあとを絶たないと思う。

しかし今、私たちはテレビ番組に気をとられている暇はない。
こんなことに惑わされている間にも悪法が通ってしまわないように気をつけなくちゃ。

政治も生活も・・・真偽を見極めましょ~~~!!!


■今日のどこどこ

◆ 保坂展人のどこどこ日記  2007年01月30日
最高裁と新聞社共催フォーラムで「サクラ謝礼」
 ― 以下抜粋 ―
この国の「かたち」が見えてくるニュースが昨晩の深夜に伝わってきた。「裁判員制度」をテーマに最高裁判所とサンケイ新聞社・千葉日報社などの報道機関が共催するイベント「裁判員制度全国フォーラム」の集客のために、ひとり3000円~5000円の謝礼を支払って動員して「盛況」ぶりを装っていたという話だ。最新のものは、なんと今年の1月20日だ。 全文は  こちら 
 ― 以上抜粋 ―

 美しい? 腐ってるよ・・・この国は。
_________________________________________ by わんばらんす^^
ポチッと応援していただけるととてもアリガタイです。
立ち込める閉塞感を打ち砕くためにブログ共闘をゆるぎないものに!

人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
スポンサーサイト