FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

「働けど働けど、ますます貧乏になる社会」・・これが自公改革の真の姿だ!!!


むかしむかしそのむかし・・「一億総中流」ってことばがあった。(ソンナニフルイ?^^;)

「格差社会」なんて言葉もゆるいんじゃないの?格差じゃなくて「差別社会」の実現が安倍政権のねらいだ。みんなが中流じゃ困るってわけだ。暮らしに困った国民を使い捨てにしたいんだから。アメリカの兵隊さんだって今や、貧困層の人たちなんだから。

勝ち組負け組みの社会は、戦争と繋がっているといっても過言ではない。

安倍ぶる三政権
   ↓
差別社会の実現!


自民党に投票している人たちの中で、はたしてその恩恵を受けている人はどれくらいいるんだろうか。格差が大きくなれば、自民党はウハウハだけど、支持者はどうかって言えば極々一部にしか恩恵はないはず。公明党に至っては、言うのも気の毒なくらい生活苦の真っ只中の人たちが沢山投票しているに違いない。あそこの団体も確固たる差別社会です。底辺の信者には事実なんか教えないで、選挙で投票だけさせる投票ロボットにすぎない。

「そうかガッカリ」の会合では、その「福音」がなかなか来ない人に、時間を考えたらダメだって言ってたし、時間を越えたところにあるらしいから、今現在「勝ち組」なんて人は、氷山の一角のそのまた「一角」の数人だけにその「福音」ってやつが流れてるんじゃないかって思うくらい、余裕なんかない人たちが多い。私からすれば、時間を越えて「来世」になっちゃうんじゃ?って思っちゃうくらい、みんな可哀想に素直に信じてる。

この「差別社会(格差社会)」を、さも当然のごとく振舞う自民党。そりゃそうだ。なが~く政権を握っていれば、経済界とも結託して甘い汁を吸いまくって、自分達は生活に苦しむことはないんだから当然っちゃ当然。しかし、どうして「そうかガッカリ員」は、そこんとこ気づかないのかね~。ほんと洗脳って恐い。

しかし今も酷いけど、このまま自公政権に任せていれば、これから先は想像がつかないくらいの二極社会になるのは必至。二極と言っても半々なんかじゃなくて、「ほんの少しの勝ち組と大勢の負け組み」になるのは目に見えている。そこで戦争のできる憲法になり、もしもの場合にはと想像してみれば「泣きをみるのは誰なのか?」は一目瞭然ですね。

もちろんすぐに戦争に・・と言っているわけではない。可能性の問題です。1%でもね。

古代の昔から変わらないのは、戦争の駒にされるのは必ず負け組みだと言うこと。だからこそ、今の安倍政権では私たちの家族を駒として差し出すことになるわけです。いえ、召集令状のことではありません。格差社会の底辺の人たちは一般の仕事がなくなり、家族を養うために確実に報酬を得ることができるところに行かざるを得ないっていうことです。私たち国民は、着々とそこへ追い込まれている。

家族思いの人がリストラで家族にひもじい思いをさせていたら、軍隊であっても行くかもしれない。

民主党が、「格差是正」を旗じるしに今年7月の参院選にむけて小沢民主が動きだした。


◆ 東京新聞  
参院選で与野党逆転を 民主党定期大会

ところが・・・

◆ iza (産経デジタル)
小沢氏の事務所費、1年で10倍・4億円に急騰


・・・なんていうニュースが先日日本を駆け巡った。

しかし、これをけっして小額とは言わないけれど、もしもこれを問題にするのならば、自公連立政権自体の売国行為を過去にさかのぼって総括して頂かないといけないんじゃないの?きっと、こんなもん吹っ飛ぶぐらいなものがキリなく出てきて数えるのに来年になっちゃうと思う。叩きつづけると自分たちの腹を探られること、ま~わかっていらっしゃるみたいだけどね。

それを解り易く書いてくれているのが下記の喜八さんです。必読です!是非是非、一度ご覧下さい。私は全面的に下記の2つの記事に賛同します。



■今日のおすすめ

◆ 喜八ログ

小悪を咎めて巨悪を見逃すな! 2007年01月14日

反虐殺思想 2007年01月16日


参考資料
◆ AbEndフォーラム
防衛「省」昇格の意味--教育および格差社会との関係


■今日のどこどこ

◆ 保坂展人のどこどこ日記
ニッポンの死刑の真実と『ル・モンド』 2007年01月17日

荒れた世相と「しゃぼん玉」の幻影 2007年01月16日
 ― 以下抜粋 ―
「世相が荒れている」と言えば、財界の一部と改革派気取りの学者たちの傍若無人の発想にも驚いてしまう。蟻地獄のようなワーキングプア状態に陥った人に対しては「自己責任」というレッテルを放り投げて、「努力とスキルアップの戦略的思考が足りない」と唾を吐く。「格差なんてあってあたりまえ。甘えているんじゃないよ」と砂もかける。昨年流行した言葉に「品格」があるが、自らがジャングルの覇者たらんとして肉食動物の頂点をめざす強欲ぶりをカモフラージュするために、やたらに「国家」を持ち出す。
 ― 以上抜粋 ―


格差社会がもっと広がれば、いやでも軍に行かざるを得ない場合もあるだろう。そうすれば「人を殺すかもしれない可能性はゼロではない」ということです。もちろん殺されることもね。今の安倍政権がそのまま台頭すれば、日本の未来に希望はない。収入が少なければ身体を悪くしたり、過労死したりでイイ事なんて一つもない。そしてそのうえ、行き場を失ったところに甘い罠が仕掛けられている。

そう言えば北野たけしの家の方程式みたいなのがあったな~。たぶん・・
「貧乏はお金がない。お金がなければ学校に行けない。学校にいけなければ勉強できない。勉強ができなければいい学校に入れない。いい学校に入れなければいい仕事につけない。いい仕事につけなければ貧乏」とかいうやつだったけど、士農工商がなくたってこれが延々と繰り返される。その対極に育ったのが安倍ぶる三ってわけだ。

だから今は好き嫌いを言っている場合ではない。

森幕府を倒さなければ、この生活苦の連鎖は永遠につづく。


すべての選挙で・・・自民党&公明党には投票しちゃダメなんです!!!

_________________________________________ by わんばらんす^^
ポチッと応援していただけるととてもアリガタイです。
立ち込める閉塞感を打ち砕くためにブログ共闘をゆるぎないものに!

人気blogランキング よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  こちらもヨロシクです♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
スポンサーサイト