FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

「美しい国、日本。」・・・一皮剥けば「醜い国、日本。」に。


戦争のできる国に突っ走ろうとしている今日この頃、みなさん如何お過ごしですか?
・・と、きっこの日記風にもしたくなる今日も気になるブログを紹介したいと思う。

◆ 忙しいママのための しんじつのえほん 
では、教育基本法改悪だけでなく私たちには到底理解不能な政府の無謀な政策を、子供たちの気持ちを一番に考えて毎回とっても可愛くて解り易い絵で伝えてくれています。
必見です!良かったらランキング応援もしてあげてください。 

その  <国民の意見について その3> 正しいことを、正しいと、言いたい
では、きくちゆみさんのブログでの記事の紹介があった。
是非伝えたいので、また転載の転載・・。

◆ きくちゆみのブログとポッドキャスト   ー以下転載ー
日本YWCAの藤谷さんが、教育基本法で一番影響を受ける子どもの声を読み上げてくれました。まったくそのとおりなので、切なくて、申し訳なくって、涙がでてしまいました。

お母さん、お父さん、子どもの声が聞こえますか?
こんなことが起きているのです。「知らなかった」ではすみませんよ。本当に大変な(恐ろしい)変化が起きようとしているのです。
これを読んだら、伝えてください。あなたの大切な人に。
=============

教育基本法改悪について、一番先に犠牲になるのに、発言する場も与えられていないぼくたちの声を聞いてください。
学校が荒れている、いじめで自殺する子がいる。こどもの犯罪が増えている。それらは、みんな教育基本法のせいだと与党の政治家たちはいいます。本当にそうでしょうか。
ぼくたちは、教育基本法のせいで、こんなに息苦しい学校生活を送っているのですか。「個性ゆたかな文化の創造をめざす教育」、「真理と平和を大事にする教育を守ろう」といっている教育基本法が、いじめや自殺を増やしているんですか。
ぼくたちには、この基本法のどこがぼくたちを苦しめているのか、わかりません。
むしろ、この基本法を正しく守ることもできない大人にぼくたちは失望します。
この基本法を守れる国の代表を選ぶことのできない大人に失望します。
ぼくたちは、大人を見ています。こどもは大人の真似をして大きくなるからです。でも、嘘をついてはいけないといいながら、嘘をつく大人。いじめはいけないといいながら、ものすごい武器で、戦争を仕掛ける大人。ひとりひとりが大事といいながら、無理やり多数決にしたがうことを強要する大人。

ぼくたちが、なりたくないという大人のお手本はもうたくさんです。

心のノートで道徳の授業をこれ以上つまらなくしないでください。
日の丸君が代はサッカーの試合だけでもうたくさんです。
先生の心をぼくたちに返してください。
ぼくたちの学校に、大人の自分勝手な都合を押しつけられるのはもうたくさんです。

ぼくたちは大人の、おもちゃでも道具もありません。

ぼくたちが、本当に教えて欲しいこと。
勉強はテストためじゃなくて、自分のやりたいことを見つけるためだということ。
授業時間よりも休み時間にいっぱい遊ぶほうが大事だということ
ひとりひとりの個性があるから、みんな違ってみんないいんだよということ。
ぼくたちに、未来が希望にあふれるものだと、教えてください。
ぼくたちの心はいつも自由でだれからも縛られるものではないと教えてください。
ぼくたちは、大人の暖かい愛情にいつも守られているのだと教えてください。
ぼくたちは、人を殺すために生まれてきたのではありません、
いじめられるために生まれてきたのではありません。
ぼくたちの生きる権利、学ぶ権利、幸せになる権利を守るために。
全ての子供たちの未来のために、教育基本法を守り続けてください。
ぼくたちが、早く大人になりたいと憧れるような大人でいてください。

 ー 以上転載おわり -


お願いですから・・・子どもたちの声を聞いてください!
小学校に行って給食を食べる心のないパフォーマンスはいりません。


岸が乗り移っているとしか思えない危険なお坊ちゃまにNO!!!を。

********************************************************
もう一つ・・・

◆ キリスト者として今を生きる の <落ちこぼれゼロ法案>では「ジャーナリスト堤未果さん」の講演会を聴きに行かれたそうでその考察を書かれている。これはアメリカのことだけど、日本の安倍政権がそっくりな法案を通そうとやっきなわけが、法案が通ってからのアメリカでの社会現象について知るとよ~くわかるので必見です。

 ー以下引用ー 「落ちこぼれゼロ法案 (No Child Left Behind Act)」…なんとも美しいスローガンのこの法案は、2002年に議会を通ったブッシュ政権の新しい教育改革法案。全米の高校からドロップアウト(中退)する生徒を救いあげ、その数をゼロにする!そのために公立校を競争させ、競争による教育の質向上をめざす。どこかで聞いたことがあるような気がするのは気のせいではない。今、安部政権が参議院で成立をめざす教育基本法「改正」で本格化するであろう「教育再生計画」の先取りである。

~中略~

落ちこぼれゼロ法案
学校選択の幅を拡大したり、毎年学力テストをやって評価をしたり、「一人も落ちこぼれを作らない賞」を学校にあげて褒めたり、テストの総合成績の悪かった学校(失敗した学校)には制裁を加えたりして、学校同士を競争させる。

~中略~

「裏口徴兵政策」と未果さんは呼んでいた。軍のリクルーターはその情報の中から、貧しい、将来のなさそうな生徒を選んでアプローチし、リクルートする。ちなみにリクルーターはみなイケメン。白い歯をニコっと出してさわやかに笑い、巧みな話術で「獲物」のハートをつかむ。(どうしたらハートをつかめるかの講習をリクルーターは事前に受けている。)ピザ・ハットに連れ出して、ピザはおごり。
「君の夢ってなに?」
「夢」なんか夢みたことのない貧困家庭の若者の心にこつんとハンマーを打ち込む。

「まあ、実はこのピザ・ハットででも働ければいいと思ってるんだけどね」
「エッ?!ピザ・ハット?君みたいなガッツがあって有望な若者がピザ・ハットだって?」
信じられないというような顔をして、若者を褒めると、若者はそれだけでポーッとしてしまう。
リクルーターは赤と青の星条旗のパンフレットを渡す。軍に入隊すると大学費用が全額軍から支払われるとか、除隊した後まで医療がタダで受けられるとか、なんなら予備兵に登録すれば戦争に行く確率はわずかだとか、いいことづくしの夢のような説明を聞いて、入隊申込書にサインしてしまう。


~中略~

日本の国会で今週にも教育基本法が「改正」されようとしている時になぜアメリカの話なんか書いているかというと、「改正」で導入されるだろう「学校評価制」や「教育バウチャー」制が『落ちこぼれゼロ法案』に似ているからだ。法案に記載されている軍へのリクルートについての条項、教育基本法が「改正」されて、こんな条項を盛り込んだ新たな教育法規をつくることを政治家が思いつかなければいいけど。まさか何年後かには導入することを狙ってはいないでしょうね。

 ー 以上引用おわり -(太字、色文字、下線 by わんばらんす)




次から次にろくでもない法案を通そうとしている安部政権。
私たちを恐い方向へと導いてどん底へと突き落とすつもりだ。
これも、自分たちだけは確実に安全だからできることだと思う。
たとえ総理といえども日本という国をたかが一個人の意志で
そんな方向へ向かわせていいはずないじゃないですか。


先日の文部大臣からのなおざりの手紙といい、これほど子ども
たちのことを考えていない政府も過去見たことがありません。
そんな人間に教育を語る資格なんて、ひいては良いほうに改正
する心なんてあるわけありません。

あとから気づいても遅いんです。昔のように国のロボットに
されようとしていることに気づいてください。自分の子どもが
時の政府の一つの駒として命を奪われるようなことがあっても
いいんですか?

自公を支持しているかた・・・
あなたは自分の手で子どもの未来を潰そうとしているのです。



本当に・・・このままほ~っておくと大変なことになりますよ~~~!!!


_________________________________________ by わんばらんす^^
みなさま・・いつもクリックありがとうございます。本当に感謝しています!^^
一人でも多くのかたに伝えるためにこれからも応援よろしくお願いします。

人気blogランキング 5位 スレスレです。よろしければ応援ヨロシクお願いします♪^^

FC2blogランキング  現在 6位 です。こちらも是非ヨロシク♪^^


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
スポンサーサイト