FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

時の権力者って、一事が万事。 みな同じ。

下北沢・・・って街をご存知ですか???

テレビドラマになったので、街の名前くらいは知っているでしょうか・・。
いえ、ドラマなんかにならなくてもこの街は若者に愛され続けてきました。

◆ JAN JAN
<東京・下北沢が危ない!> 
http://www.janjan.jp/special/abunaisimokita/list.php
<大きなみちが街を壊す・原告、下北沢への思いを語る
(東京)道路計画差し止め訴訟> 
http://www.janjan.jp/area/0611/0611210086/1.php

◆ まもれシモキタ!行政訴訟の会
http://www.shimokita-action.net/


「東京の下北沢」という街が行政というブルドーザーに踏み潰されようとしています。

大規模な都市計画構想が進められています。しかし、住民の多くはそれを望んでいません。住民不在の住民置き去りの計画。もちろん協議をしながらの改善策であれば受け入れるはずですし、歓迎されるはずですが、区長やその取り巻きの利権のおかげで味気のない、何処にでもある区別のつかないような構想を押し付けられようとしているのです。もしも、そうじゃないとしたならば、もっと和やかな話し合いが出来るはずですよね。

譲歩と言う言葉は見当たりません。アンケート調査も全住民には届いていませんし、それより何より調査は最初から操作され結果も隠蔽されウソの報告がなされていました。ここでも、要らないものを作りたいがために何でもありです。どこかで聞いたような話だと思いませんか?^^時代劇だと・・「悪代官」と「越後屋」と「悪のおかっぴき」の操作隠蔽計画ってとこでしょうか。やっぱり・・すでに日本は腐ってます。

今、日本では「大切な文化や伝統」などが大きな力で根こそぎ権力者のそれぞれの利権によって壊されようとしています。そして、憲法までもが。それらのすべては、人の心に繋がるものです。それらをことごとく踏みにじろうとしているのです。それもこれも時の権力のやることです。とかく大きな法律や憲法などに目が行きがちですが、他にもたくさんあるのです。もちろん優先順位はあります。当然ながら命や平和が最優先です。しかし、たとえ小さな事柄でも事の本質は同じだと思います。

「人の心を踏みにじって押し潰していく。」 ということです。
一事が万事・・とよく言いますが、すべてに通ずることなんです。


◆ Save the 下北沢
http://www.stsk.net/
“Save the 下北沢”はより良い下北沢の未来のために活動をする市民団体です。
小田急線の地下化に伴い、下北沢の街は今大きな転機を迎えようとしています。私たちは、行政が推進する新規道路と駅前ロータリーを前提とした高層再開発型の都市計画が、下北沢の魅力を大きく損ねてしまうと考え、2003年11月に活動を開始しました。

◆ シモキタな日々 (ブログ)
http://stsk.exblog.jp/
「Save the 下北沢」で尽力しているかたのブログです。

◆ 下北沢フォーラム
http://www.shimokitazawa-forum.net/


これまで、住民が区の対応にどのように四苦八苦してきたかが上のサイトには綴られています。

そう、例えて言えば「藤田社長」のように協議や進言や陳情なども拒否し続けられていました。完全無視に近い対応だったのです。アポイントをとっていても何度もスルーされ、それはある期日が迫るのを見越した策略に起因した最悪な対応だったのです。本当に行政は、何処でもほとんど同じで民のことなんて考えていません。私は少しまえの事情しか知りませんし、現在は裁判の最中ですので迂闊なことはいえませんが、耐震偽装などの行政の対応を見ていてふと、そのことを思い出したので「そこらじゅうにある利権暴走」の一事例として皆さんにも知ってもらおうと思いました。

ローカルなことってなかなか全国には伝わらないけれど、それが盲点なのかもしれませんね。だって、メディアが取り上げることは稀で注目されなければ「のうのうと・・強行に進められる」ってわけです。なんとかメディアに取り上げてもらって救われた例もあるけれど、極稀です。


◆ 青葉通りのケヤキ並木を守る会 (ブログ)
http://keyaki-aoba.cocolog-nifty.com/keyakiaoba/

「杜の都仙台のけやき並木」も、住民置き去りで伐採されようとしていましたが、オンブズマンの努力で回避できそうなところまできているようです。しかし、黙っていたんではクイモノにされていたということです。


このような、国民の財産を破壊する事例は全国にも数えられないくらいあるはず。
これは命には関わらないことですが、大切なのは「命」だけではありません。
その命を育む「心」の問題と捉えれば、しごく重要な事例だと感じています。

選挙では、ここを考えないと日本の財産は「時の政権」に食い潰されてしまいます。
何故、ことごとく国民は体制と戦い続けていかなければならないんでしょうか・・・。


そこのけ!そこのけ!


「ブルドーザー行政」・・・の、お通り~~~~~~!!!


_______________________________________ by わんばらんす^^

みなさま・・いつもクリックありがとうございます。本当に感謝しています!^^
一人でも多くのかたに伝えるためにこれからも応援よろしくお願いします。

FC2blogランキング  現在   1位です♪^^

人気blogランキング  こちらは 5位~♪応援ヨロシク~♪^^ 


「 AbEnd 」
◆ トラックバックピープル「安倍晋三」 ← 安倍政権についてのエントリーを集積♪
◆ 【AbEndフォーラム】          ← 必見♪ 打倒安倍政権情報の宝庫です。
スポンサーサイト