FC2ブログ

わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

これがまさに 「ニュース」 です!!!

「ニュース」・・・時事というのは真偽以前のことじゃないんですか???

今日の午前中にアップされた「らくちんランプ」 スパイラルドラゴンさん
のエントリーを、またまたそのまま転載します。

__________________________________________________________
◆ らくちんランプ  Posted by スパイラルドラゴン at 09:13 (2006年11月10日)
日本外国特派員協会で行われた藤田東吾社長の記者会見の報告(その2)
 ー以下ドラゴンさんの文転載ー

2006年11月9日の午後、イーホームズの藤田東吾社長が、日本外国特派員協会で行った記者会見の様子を撮影したビデをを、YouTubeにアップしました。

今日は、一つだけ私からのお願いがあるのですが、本文を一通りお読みになってから、ビデオを見るようにして下さいませ。

尚、日本外国特派員協会での記者会見での要旨は、続きに読むに保存してあります。

◇ 藤田東吾社長日本外国特派員協会で、耐震偽装隠蔽事件の真犯人を世界に向けて告発!(1)(約10分)YouTube


◇ 藤田東吾社長日本外国特派員協会で、耐震偽装隠蔽事件の真犯人を世界に向けて告発!(2)(約10分)YouTube


◇ 藤田東吾社長日本外国特派員協会で、耐震偽装隠蔽事件の真犯人を世界に向けて告発!(3)(約10分)YouTube


◇ 藤田東吾社長日本外国特派員協会で、耐震偽装隠蔽事件の真犯人を世界に向けて告発!(4)(約10分)YouTube


◇ 藤田東吾社長日本外国特派員協会で、耐震偽装隠蔽事件の真犯人を世界に向けて告発!(5)(約10分)YouTube


◇ 藤田東吾社長日本外国特派員協会で、耐震偽装隠蔽事件の真犯人を世界に向けて告発! (6)(約10分)YouTube


◇ 藤田東吾社長日本外国特派員協会で、耐震偽装隠蔽事件の真犯人を世界に向けて告発!(7)(約5分)YouTube

 私は、社会が正常に機能する大前提は、幼い頃に「嘘をついたらダメ!」だと、家族や近所の人々から叱られた経験を忘れずに、素直な大人へと育っている人が、どれだけその社会の多くを占めてるかが、重要なポイントだと思います。

そして、一旦嘘をつくことが上手い大人を社会のトップに据えてしまうと、人々を苦しめる出来事が次々と発生します。
そして、幼い子供達が、その出来事の数々を脳幹深くに記憶してしまうと、その後長期に渡って社会の混乱が続くようになるのだと思います。
ですから、先人達は嘘つきの長を追い出す為の、「選挙」という仕組みを編み出し、社会システムに組み込んだのだと思います。
アメリカの中間選挙結果は、先日私が講演を拝聴した「副島隆彦先生」の予想通りに、アメリカ民主党が勝利し、議会での主導権が入れ替わりました。

日本でも同様の選挙結果が出ない限り、社会の混乱は今後とも長期に渡って継続することでしょう。ただし、マスコミが藤田東吾社長の訴えを、広く人々へと伝えれば、その時期が少しは早まるかもしれません。

「信じる者は救われる」という格言は、社会の混乱の一旦を担っている言葉足らずの格言だと思います。正しくは『信じるに値する者の「言幹=言葉の幹」を信じる者は救われる』だと思います。
 
私は、昨日藤田東吾社長の口から発せられた言葉は、「信じるに値する言幹」だと思います。ビデオには全編に渡って雑音が混じっていますが、藤田東吾社長が発する言幹の、ひと言一言を、じっくりと噛み締めてお聞き下さいませ。
 
さて、今日紹介するビデオをご覧になる前に、最初に断っておきたいことがあります。

それは、ビデオの全編に渡ってピントは合っていませんし、音声にデジカメのオートフォーカス駆動音が混じっている事です。撮影前に、十分なテストを行ったのですが、いざ記者会見が始り壇上に強いライトが当てられると、突然オートフォーカス機能が不安定になってしまい、どうしようもなかったのですが、記者会見の様子を途切れることなく記録することを最優先したので、不安定な状態で撮影したという経緯があります(もちろんデジカメの説明書には、この点に注意して下さいと書かれているので、メーカー側には責任はありません。私は素晴らしいデジカメだと思っています)。

どうかこの点を了解して頂いた上で、ビデオをご覧下さいませ。
また、(3)の3分58秒の所で話が途切れている部分も撮影したのですが、(5)の撮影が終了した時点でメモリーが切れた為に、急遽(2)を削除して、(6)(7)を撮影したという経緯があります。(6)(7)をご覧頂ければお判りになると思いますが、私はこの部分こそが、昨日の藤田東吾社長が行った記者会見の核心部分だったと思います。
 ー以上Posted by スパイラルドラゴンさん at 09:13
*********************************************
                      ー以下藤田社長からのメッセージ本文転載ー

The Truth shall make You Free.  

日本外国特派員協会での記者会見にて
平成18年11月9日
イーホームズ株式会社
代表取締役 藤田東吾
日本外国特派員協会の皆様

 本日は、貴協会での記者会見を開催させて頂く機会を頂き、誠にありがとう御座います。心から感謝の言葉を申し上げます。
 私は、この一年間、日本を揺るがしてきた「耐震偽装事件」を、最初に告発した者です。
 告発した当初から、私は、この事件の原因が、旧建設省の時代から行なわれてきた、「大臣認定の構造計算プログラムの問題」にあると指摘してきました。しかし、国土交通省は、自らの先輩官僚が犯したミスを隠蔽し、同時に、政治家を通じた、癒着業者との利権を死守する為に、この事件とは全く因果関係がない別件逮捕を公権力を用いて行い、少数の民間人に責任を被せて、早期に事件を終結させようとしています。
 こうした政府と国家官僚の不法行為の下、報道規制が行われ、マスコミも、事件の真実と、国民の命と財産が危険に晒されている状況を報道しておりません。そして、この事件を隠蔽しようとしています。正に、国家による、「耐震偽装隠蔽事件」と断定することが出来ます。

 およそ、近代的な民主国家であるなら断じて許されない犯罪です。この犯罪を見て見ぬ振りするなら、日本とは、国家に巣食う一部の者が組織的に独裁している国であると、国際社会の中で笑い者にされてしまいます。この状況は、およそ60数年前に、第二次世界大戦に突入した時期の、日本の間違った時代の様相を感じさせます。同じ過ちを二度と繰り返してはならないはずです。
 また、この事件は、自民党政権に大打撃を与える内容であるに関わらず、民主党は、ここに来て、耐震偽装事件を解明する為のHPを閉鎖してしまいました。ある民主党代議士の話では、民主党としても早期にこの事件を終結させたい意向と聞きました。日本国民として、全く理解できない事態です。

 私は今まで、数々の証言や事実を提示してきましたが、以下に、私が、今年の3月15日に小泉純一郎前総理大臣に送付したメールをコピーします。これは初めて、ここに公表致します。このメールを総理に送り、内閣府に電話をして、ことの火急を告げましたが黙殺され、隠蔽されました。その後私は別件逮捕で投獄されました。アパのマンションも、藤光のマンションも、偽装が隠蔽されたまま工事が進行しました。
 また、もし、この時、小泉純一郎氏が黙殺しなければ、姉歯元設計士の奥様は、名誉を失わずに、自殺することはなかったと私は思います。社会的弱者である一主婦を、自殺に追い込んだ罪と責任が、小泉純一郎氏にはあります。時の杉浦法務大臣、北側国土交通大臣、以下国交省官僚の全てに、同様の責任があるはずです。許しがたき国家的犯罪だと弾劾致します。
 その他にも、不慮の死を遂げた方が複数名いるのです。
 どうか、この現代の日本の危機を救う為、この事件の真実を、国際社会に向けて公表して頂きますよう、何卒、お力を貸して頂けますように、よろしくお願い申し上げます。

----- Original Message -----
From:
To:
Sent: Wednesday, March 15, 2006 12:02 PM
Subject: イーホームズの藤田東吾と申します

> 内閣総理大臣 小泉純一郎様
> 初めまして、私はイーホームズという会社を経営する藤田東吾と申します。
> 今般、大きな社会問題となった耐震偽装事件を世に公表した者です。
・・・(中略)
>
> 私は、この事件をなぜ公表したのかを小泉首相にお伝えしたくてメール致しました。
・・・
この事件が民間開放以前から、建築業界の闇の部分として一部の者達によって行われてきた事実。確認検査制度や大臣認定プログラム制度の不備や盲点を突いた犯罪が繰り返されてきたことを見過ごすわけにはいかなっかのです。
> 私は、民間の指定機関だからこそ公表できたと考えています。・・・
>
> 次のようなことを言う人もいます。公表したのは青すぎたのではないか?行政などなら発覚しても表に出さなかったのではないか?確かに旧態依然の社会であるならそうした通念がまかり通っていたかも知れません。私は、21世紀の日本はそんな時代であってはいけないと思います。間違ったものを間違ったものと指摘し情報公開できる社会でなければなりません。耐震偽装のような人の命や財産を無視した不法行為を世に問うことができなければ、プロ集団としての民間指定機関の意義と誇りを失うことになります。
・・・
イーホームズ株式会社 藤田東吾

 私が、時の小泉純一郎総理大臣に送付したこのメールは、国民の命の危機を伝えた、電子記録としての証拠です。そして黙殺されたのです。
 また、以上と同様のメールを、当時の杉浦正健法務大臣、北側一雄国土交通大臣、日本建築学会会長の村上周三先生(慶応義塾大学教授)、構造設計の権威である東京工業大学教授の和田章先生に送付しました。村上先生と、和田先生からは、事実解明に対する激励のメールの返信を頂きましたが、杉浦法務大臣と北側国土交通大臣は、小泉純一郎首相と同様に黙殺しました。その結果、被害は拡大し、真実の解明は隠蔽されたのです。
以上


*********************************************
2006年11月09日
日本外国特派員協会で行われた藤田東吾社長の記者会見の報告(その1)
                          ー以上転載おわりー
__________________________________________________ 
転載ですので、私も日本外国特派員協会での記者会見という事実を伝えることしかできません。これを見た人がどう感じるのか・・・。今私はそのことのほうが気になります。もちろん見るひとの判断は自由ですが・・これを見て「何事も自分とは関係ない」という発想になるのでしょうか。

まずニュースを即報道してこそのジャーナリズム。真偽はその後から経過を追って伝えていけばいい。現在起こっている出来事を世界では「ニュース」というんです。それならば、ニュースを外国のジャーナリストに頼まなければならない状況・・・はたしてこの国に本当に「言論の自由」があるのでしょうか!?


民主主義国家では、真実か否かではなく事実を報道する義務があります。
真偽は・・・ジャーナリストが判断するものではありません。



真偽よりも・・・今起こっている事実を報道してくださいよ~~~!!!


_________________________________________________________________

FC2blogランキング  現在 2位です♪ ありがとう~♪^^

人気blogランキング
   本当に感謝です♪^^みなさんのおかげで 7位 です♪^^
こちらからもいらして下さってますので応援よろしく。 


「 AbEnd 」↓こっちでも‥いろんな安倍政権情報みつかるかも!?
 ◆ トラックバックピープル「安倍晋三」
 ◆ 【AbEndフォーラム】

 
スポンサーサイト