わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
国民無視!聞く耳もたぬ政権に対抗するために・・・

藤田社長の意思はやっと届いたそうだけど・・・

今やマスコミも警察も魂を抜かれたと言われているけど本当にダメなのは国民の魂だと思う。ただのヌケガラに成り果ててしまっている。やっぱり魔法にかかっているのか?

「政治、宗教、学校など」は今まで、人と会った時の会話としては代表的なタブーと言われてきんだけど、それをおして最近はあえて様子みいみい話してみることがある。もちろん学校を除いて。それが今できることの一つだと思うからなんだけど、けっこう少し勇気がいる。それでも聞いてみると口を揃えていうことは・・・

「政治はあまり好きじゃないし~」
「政治はよくわからないから・・」
「政治ってあまり興味ないんだよね~」


と、ま~こんな答えが返ってくる。判っているけどガックリですね~。
自分の生活にものすご~く密着しているんだって全く思っていないんです。
それに加えて驚くことは「きっこの日記」の存在など知るよしもないです。

「きっこ???誰それ???」

って感じなのだからガックリなんてもんじゃない。とほほっ!です。
でもこれが現実。あと・・

「ネットは見てるし検索もしてHPも見るけどブログはぜんぜん興味ないから
全く見たことないな~だいたい中途半端なんだよね。専門的なことには特に・・・。」


って言葉も返ってきた。まだまだブログは素人のつれづれ日記で、HPは専門家が綿密に書き上げているサイトだっていうイメージがあるのかな~って、またまたガックリ。(苦笑)これは私の経験だから一概にはいえないけど、けっこう当たっているところもあるのかもしれない。課題は、見ている人をどうするかよりもPCを使っているのに見ない人たちの関心を引くには内容ももちろんのことブログの世界自体のイメージも、どうすればもっと興味深く確固たるものにできるのか、ここがネックなのかとも思う。

PCを使っていて、資質(自滅党に不満)をもっている人でも事実を知らなければどうにもならないし、どうすればそこまで届けることができるのだろうかと考えてみた。
やっぱり「らんきーブログ」でのエントリー<敷居は低く 志は高く【ブログ共闘】>のように「とっつき易く」することが大事なんだと思う。それは、やさしく親しみ易い内容なだけでなく「セミプロ的政治ブログ」のような難しい専門用語などの羅列、かつ段落も何もない長い長い文にならないように心掛けるということも大事なのかもしれない。関心のない人に読んでもらうことを目的としていればの話だけど‥。

私などは難しく書くことが所詮無理なのでいいのだけれど(苦笑)とかく政治ブログは読みたくなくなるほど長いしそのうえ難しいので、たまたまきてくれても読まないで帰る人が少なくないような気がするのでもったいないと思う。過激な特大文字なども「ヒク」原因になる可能性もあるし、政治にアレルギーのある人にはけっこうキツイような気もする。なるべくチョット見ただけで見やすく惹きつけられるような書き方を心掛けるといいのかもしれない。それが無理なら、自分が書くよりも効果的なのは専門家やそれに順ずるかたがたが書いたブログを紹介するかたちのほうがいい場合もあるかもしれないと思う。

そこで・・・今日は知ってるかたは知っている。
知らないかたは目から鱗のブログ紹介にした。(笑)
_________________________________________________________________

「衆院補選」について・・・

◆ 森田実の言わねばならぬ[443]ー以下一部抜粋ー
<民主党が10.22衆院補選の敗北から学ぶべき教訓> 
「終わりよければすべてよし」(イギリスの諺)
民主党は、北朝鮮の金正日総書記と池田大作創価学会名誉会長と政治権力の手先と化したマスコミの大連合軍に敗北した。この敗北にあまりこだわるべきではない。極論すれば、小沢民主党は最後の戦い=2007年参院選に一度だけ勝てばよいのである。それまでは、全敗してもかまわない。2007年夏の決戦に勝てば、安倍自公連立政権をつぶすことができる


◆ 森田実の言わねばならぬ[445]
<安倍内閣徹底批判【15】>
10.22衆院補選は「日本の政治の真の実権者が創価学会である」という真実を露わにした 自民党は創価学会に乗っ取られました。
次には、日本全体が創価学会に乗っ取られてしまうおそれがあります。極論すれば、1億2300万人の日本国民は900万人の創価学会に支配されようとしているのです。これからは、創価学会問題を真正面から取り上げ、議論しなければならないと強く感じました。


実は自滅党は負けていた!!!^^

◆ らんきーブログ
<自由公明党を解体せよ! ー衆議院補欠選挙よりー>
<神奈川16区>結果
  亀井善太郎 109,464 - 30000 = 79464 自由公明党の真の票
  後藤  祐一 80,450  民主
  笠木  隆  9,862  共産
<大阪9区>結果
  原田憲治 111.226 - 30000 = 81226 自由公明党の真の票
  大谷信盛 92.424 民主
  藤木邦顕 17.774 共産


※らんきーブログでは「上の森田さんの記事」「先日の補選」を表をまじえて解りやすく解説してくれていて「さるでもわかる」自滅党の数字マジックですから是非覗いてみてね。この30000の意味がよ~くわかりますから。(笑)
********************************************

「耐震偽装」について・・・

これを読めばまたまた「耐震偽装事件」って何なのか?が
だいたい理解できると思いますのでご覧になってください。

◆ 反戦な家づくり
◇ 2006/10/24(火)
イーホームズ藤田社長のメッセージを解説してみるー以下出だし引用ー
きっこの日記に連日掲載される藤田氏のメッセージを読んで,主旨と心意気は誰にでも伝わると思いつつ,やや専門的なことも出てくるので,ちょっと生意気に解説してみようかな,という気になった。

― ※後日の日記で訂正があったので追記します。―
情報は一人歩きする。活字で伝えることは難しい。
しかしその都度キチンと訂正していくことが大切だと思う。
◇ 2006/10/26(木) ご活用下さい
◇ 2006/10/26(木) 構造計算について
◇ 2006/10/27(金) 藤田氏の決起の意味


徳川吉宗は目安箱をおいた名将軍だった。
悪い代官の不正を暴いてくれた。
それが今は・・・。(--;

錆びついた目安箱の鍵は開いたようだが・・・
総大将は、はたして国民のほうを向くのか???

外国のことに気をとられるように仕掛けられていますが
一番大事なのは国内のこと。美しい日本のことです。



超魔術には気をつけましょうね~~~!!!^^


_________________________________________________________________
★ブログランキング★   それでもまだ‥日本を信じたいよ~!
        ってかたはクリック応援よろしくお願いします!^^


「 AbEnd 」↓こっちでも‥いろんな安倍政権情報みつかるかも!?
 トラックバックピープル「安倍晋三」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。