わんばらんす

日々の疑問や悩み‥“心のばらんす”がいちばん!素朴な疑問は“なんでなの~っ?”って大空に向かって叫んだら気分は爽快~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
仕掛けられた情報心理戦で惑わされちゃダメ!!!


政府もマスコミも右往左往してどうすんのよ。
もてあそばれてるのよ~日本は。
いつになったらちゃんと危機管理ができるのよ。


安倍こべ内閣・・・頼むよ~!!!


「美しい、日本。」・・・
お笑いです。
ことば遊びはいい加減にして
小学生じゃないんだから・・・
ちゃんと仕事してよね~~~!!!給料分!!!


お坊ちゃまには無理なのか???^^


らんきーブログ
<安倍こべ内閣の周辺事態>でとりあげていたので私も感じたことを書いてみた。


東京新聞<仕掛けられた情報心理戦>(橋本誠、浅井正智)ー以下抜粋ー
独り歩きした誤情報『2度目実験』

日本の危機管理は大丈夫か。

■3時間経過し誤報を認める
結局、日本テレビは十一時半のニュースで
「現時点で北朝鮮が核実験を行ったとの確認に至っておらず、
引き続き情報収集を行うとともに、内容を訂正し、おわびします」
と「誤報」を認めるが 【取材源の秘匿の原則】 を理由に情報の出所
を明らかにはしなかった。

この間、日本列島は上を下への大騒ぎだった。

従来の核保有国は核実験の映像を世界に向けて公開してきた。
「爆発の映像を見せ、相手の国をひるませることで、
初めて軍事的な抑止効果が得られるからだ」と
軍事ジャーナリストの前田哲男氏は話す。

だが北朝鮮は違った。「情報を小出しにしているため、
こちら側が最悪のケースを想定して疑心暗鬼になっている。
主導権が北朝鮮に握られてしまっている。
少ない賭け金で大きな勝負をする、相当したたかなやり方だ」
と前田氏はみる。



そもそも、【取材源の秘匿の原則】って何よ??? 


なぜ、ガセ情報は駆けめぐったのか。ー同上、以下抜粋ー
■政府情報にも問題点あった
軍事ジャーナリストの神浦元彰氏は、今回情報に踊らされた
もう一つの要因として、「日本政府が適切な情報を出さなかった
せいでもある」と強調する。そもそも軍事の世界では、
核実験は短期間の間に複数回するのが常識だ。

■事実を把握し冷静に対応を
危機管理コンサルタント「リスク・ヘッジ」の
田中辰巳代表は、企業の危機管理にかかわった経験から
「暴力団やエセ右翼団体から脅迫されたり、
インターネット上で誹謗(ひぼう)中傷されても、
過剰反応したらかえって相手の術中にはまってしまう。
北朝鮮に対しても同じことだ」としたうえで、こう話す。

「危機管理の第一歩は事実を正確に把握し、
それに即した対応策を冷静に練ることから始まる。相手を過度に
怖がったり右往左往することは、最もやってはいけない愚策だ」


_________________________________________________________________

‥で【取材源の秘匿の原則】について・・・


弁護士“小倉秀夫氏”のブログでのエントリー
「取材源の秘匿」では以下のように締めくくられています。


小倉秀夫の「IT法の Top Front」

ますます急増するネット紛争。
さまざまなインターネット事件を手がけた
弁護士によるネットと法の現在と行方。

<取材源の秘匿>(05.01.03)ー以下抜粋ー
日米の報道機関の「取材源の秘匿」に関する態度の
この顕著な差は「真相を探求して報道する」という
ことに関する意欲の差に端を発しているのかもしれません。
なにせよ、日本の報道機関には、その報道によって
読者又は視聴者が印象づけられる事実が真実か否かを
探求する気が全くありません

自らの報道によって、読者・視聴者が誤った事実認識を
してしまいその結果正しい判断をすることが阻害されること
になろうとも、あるいは報道の対象となった人・企業が不当に
名誉または信用を毀損されて致命的な損害を被ることに
なろうとも、そんなことはどうでもよいというのが、
我が国の多くの報道機関の基本的な発想です。
 

このような考え方でいるものですから、日本の報道機関は、
報道内容の真実性を根拠づける「取材源」をできる限り明示
しようという考えに至らないのでしょう。そして、
2ちゃんねるのような匿名掲示板や匿名blogの隆盛を
見るにつけ、そのとき面白おかしければ、情報の正確性など
どうでもよいというのは、日本社会に根付いた文化なのだろうか
ということで、新年早々暗澹たる気持ちになってしまいます。


_________________________________________________________________

ちょっと古い記事ですが‥
このように日本の報道機関は、視聴率を稼げれば何でもあり。
未だに、サリン事件の時の河野さんにたいして行ったような
ことをまだしているということ。あの時の反省はどこにいって
しまったんでしょうか?呆れ果ててものが言えないよ。

そして、その個人を保護するための秘匿を自分たちのために
行使しているという事実。万死に値するっての!も~!!!

どんなに良さげな法律も権力側の助けにしかならない。
拡大解釈とかっていうヤツでぜんぶ極悪法にすり替わる。



だから信用されないんだよ~!!! 権力側は・・・。



_________________________________________________________________
ブログランキング
↑心理情報戦って恐いよね~~~!!!
ってかたはクリック応援よろしくお願いします!^^


「 AbEnd 」
こっちでも‥いろんな安倍政権情報みつかるかも!?
 トラックバックピープル「安倍晋三」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。